トルクレンチで締め付ける場合いくらの設定値で締め付ければ良いでしょうか?
軽、普通車どちらも知りたいです

A 回答 (6件)

軽 90N・m


普通車 105N・m

ホイールナット専用トルクレンチの方が 設置間違いなど 無く 確実ですね!

実用的には ホームセンターの 3千円程度の物で大丈夫 意外とトルク精度は、悪くない様です。
使い方や 使用頻度による狂いは?

個人的には、KTC製と 空研クロストルクレンチを使用しています。 トルク値覚えなくてOK

参考URL:http://www.kuken.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=7
    • good
    • 60

こんな所へ質問しなくても車の説明書に記載されているはずですが。

    • good
    • 55

車の大きさが大きくても19mmx5と小さいのに21mmx4の場合があります。

これは21mmのほうが大きいトルクです
ただし10Nmくらいの差でしかないですが。記憶ではスターレット12kgf.mに対しレガシィ10kgf.m。今のNmでいうと110少々と98です
http://www.autobacs.com/static_html/techinfo_01/ …写真の数値から想像できます。
エマーソンかどこかのトルクレンチで外箱に書いてあった覚えがあります。
    • good
    • 34

私の車は1.6lで小型車ですが,85Nmと指定されておりますので軽,普通車,小型車でも車種によって異なると思います。

    • good
    • 34

アルミの場合:10kgf.mです。



軽く体重掛ければ10kgf.mにはなります。

こんなので良いの?の感じです。

詳細は下記にて
http://cars.blog.eonet.jp/com/2010/09/post-6fd3. …
    • good
    • 27

軽自動車なら8~10kgf・m


普通車なら10-12kgf・m

で良いです。
    • good
    • 32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[mol/l]を[g/ml]に単位変換?

鉄の濃度の単位で[mol/l]を[g/ml]に単位変換しなければいけなくなりました。

どのように単位変換すればいいのでしょうか?どなたか教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

単位計算をすればいいわけです。

まず 物質量[mol]=質量[g]/原子量[g/mol]
ですから、上式を変形すると
   物質量[mol]×原子量[g/mol]=質量[g]
物質量に原子量をかけてやることで[mol]→[g]に変換できますよね?
ここでは鉄(Fe=55.85)の濃度を求めるのですから、
あらかじめわかっている[mol/l]の濃度に原子量55.85をかけると
[mol/l]→[g/l]に変換できます。

あとは、1リットル=1000ml ですから、
これを 1000[ml/l] (1リットルあたり1000ml)
という単位をつけて考えれば
[g/l]/[ml/l]→[g/ml]
と変換できるハズです。

まとめると、
 濃度[mol/l]×55.85[g/mol]÷1000[ml/l]=濃度[g/ml]


あんまり上手く説明できないんですけど(^^;
どうでしょうか?
頑張ってください!

※原子量には単位はありませんが、便宜上、[g/mol]ということにしてます。

Qホイールナットの締め付けトルクについての疑問

通常ホイールナットを締め付けるトルクは10kg/m前後です。

しかしホイールによってはボルト穴部分の肉厚が厚かったり、スペーサーを使用したりする場合、ハブボルトへのナットの掛かりが若干浅くなります。
そうなるとボルトとナットの噛み合わさっているネジの溝の総面積は小さくなるので、ネジの力の掛かり具合が変わるわけですからトルクもそれに合わせて調節するべきなのでは?と、単純に考えてしまいます。

その場合、締め付けトルクは強くしたほうがいいのでしょうか。それとも弱くしたほうがいいのでしょうか?

まあ例えば15mm掛かってたのが13mmになったところで実際には同じトルクで問題無いんでしょうし、また掛かりが純正の半分以下になったり等の場合は強度が不足しすぎで現実的な話ではなくトルク云々以前の問題なので、結局この疑問自体がナンセンスとも言えますが、一応理論的に変化の方向としてどちらへ向くのかを知りたいのです。
(そんなこと知っても何の役にも立たないよ的なご意見は無しで^_^;)

なんだかくだらない質問ですが、よろしくお願いします。

※条件としてハブボルトへのナットの掛かる長さは、一般に言われているボルトの直径分(12mm程度)7~8回転は最低確保できているものとします。

通常ホイールナットを締め付けるトルクは10kg/m前後です。

しかしホイールによってはボルト穴部分の肉厚が厚かったり、スペーサーを使用したりする場合、ハブボルトへのナットの掛かりが若干浅くなります。
そうなるとボルトとナットの噛み合わさっているネジの溝の総面積は小さくなるので、ネジの力の掛かり具合が変わるわけですからトルクもそれに合わせて調節するべきなのでは?と、単純に考えてしまいます。

その場合、締め付けトルクは強くしたほうがいいのでしょうか。それとも弱くしたほうがいいの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

少し長くなりますが、なるべくかんたんに説明しますと、
ボルトとナットで物を締め付けると、ボルトのネジ部には引張方向の力が働き、ナットのネジ部には圧縮方向の力が働きます。お互いの力が釣り合っている状態が、ネジが締まっている状態です。また、この力の事を軸力:F(Kgf又はN)と言います。

次に締め付けトルク値:Tの考え方ですが、ネジの弛みに対して「強く締めれば弛みにくい」と言う考え方があります。そこで、ボルトの引張強度(降伏点)の70%の強さの軸力を発生させる事が出来る締め付けトルク値を算出します。

締め付けトルク値:T=K×F×d (Kgf・m又はN・m)

ここで、K:トルク係数(摩擦係数のようなもの)F:軸力 d:ネジのサイズ

したがって、一般的にはボルトの強度から締め付けトルクは算出するのですが、ナットにも条件があります8割ナット以上なければなりません。8割ナットと言うのは一番よく使われている物でネジのサイズの約8割の高さ(ねじ山)の物です。

今回の12mmの場合12×0.8=9.6ですが実際のナットは10mmです。
この値を参考に7~8回転×ネジピッチ≒10であれば締め付けトルク値を下げる必要は無いと思いますよ。

こんにちは。

少し長くなりますが、なるべくかんたんに説明しますと、
ボルトとナットで物を締め付けると、ボルトのネジ部には引張方向の力が働き、ナットのネジ部には圧縮方向の力が働きます。お互いの力が釣り合っている状態が、ネジが締まっている状態です。また、この力の事を軸力:F(Kgf又はN)と言います。

次に締め付けトルク値:Tの考え方ですが、ネジの弛みに対して「強く締めれば弛みにくい」と言う考え方があります。そこで、ボルトの引張強度(降伏点)の70%の強さの軸力を発生させる事が出来る...続きを読む

Q1秒は何ミリ秒とか、単位変換の問題が苦手です。

今ITパスポートなどの情報処理技術者試験などの勉強をしているのですが、
1秒は何ミリ秒とか、3,600,000ミリ秒は何時間とかの単位変換の問題が苦手です。

また、4,096バイトは何kバイトとかの単位変換の問題とかも苦手です。
どのようにしたら、早く正確に解くことできるようになるでしょうか?

答え間違っていたり、答えが正解してても時間がかかってしまったりします。

計算方法や早く正確に解く方法など、教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には慣れの問題だと思いますが・・・。

あとは下記のことを覚えるぐらいでしょうか。

■ 一般的に使われる1000の倍数の単位を覚える
1K = 1000
1M = 1K × 1000
1G = 1M × 1000
1T = 1G × 1000
1m = 1 ÷ 1000
1μ = 1m ÷ 1000
1n = 1μ ÷ 1000
http://ja.wikipedia.org/wiki/SI%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E


■ 2は10乗すると約1000(1024 = 1K)になる


■ 2の10乗までの数は暗記する
 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512, 1024

 計算が楽になります。
 例えば、2の5乗だったら、「2,4,8,16,32」と(心の中で)数えながら、指を折っていけば32が求まります。片手の指を全部折って開けば1024になるはずですから、そうならなければどこかで間違えた事になります。

Qホイールナットの締め付け

タイヤ屋やスタンドでのこの作業、レンチで手締めでなく名前がわかりませんが機械で普通に行われています。これがまた自分でレンチではずせないトルクで締めこんできます。あの機械は普通にレンチではずせるような締め込みトルクにできないのでしょうか。

Aベストアンサー

これに関しては非常にやっかいな問題なんですが、本当ならば『きちんと適正トルクで締め付けを行う必要がある』んですが、スタンドやタイヤ屋さんには『そういった事を気にしていない』ところも多々あります。

ご質問にある機会は『インパクトドライバー』というんですが、こちらは腐食したボルト等でも外せるように非常に強力な力がかかるようにできています。
もちろん、このトルクの調整はできるんですが『ほとんどの物は何kgのトルクがかかるかの表示が出ない』のが実情です(業務用の高価な物だとあるかもしれませんが)
そこで、一般のスタンドやタイヤ屋さんは『締め付け不足でタイヤが外れたといった事が起こるくらいなら、少しぐらい締めすぎてもいいだろう』といったところですね。
もともと、整備士免許を持っていない方が整備しているところも多々ありますし。

きちんとしたディーラーに持っていけば、適性トルクで締め付けてもらえるところもありますが、ひどいところもありますので微妙なところですね。

Q化学 気圧の単位変換 確認

気圧の単位変換についてです。
(1)0.500atm[Pa]
(2)99.8hPa[atm]
この値を[ ]に単位変換するのをどなたか確認してください。

(1)50650Pa
(2)0.0985atm
自分でやってみたところ↑のようになったのですが、合っているでしょうか。

Aベストアンサー

(1)0.500×101300=50650
(2)99.8÷1013=0.09851……≒0.0985

Qタイヤの締め付けトルクについて

前から不思議に思っていたのですがどうして店でタイヤの交換を頼むと必要以上に締め付けるのでしょうか。
自分ではトルクレンチを使って冬タイヤに交換してるのですがお店で交換して貰った後は外すのが大変です。
店はある意味専門家なのに何故締め付けすぎるのか不思議です。万が一緩んだとき責任があるからでしょうか。
本当にねじ山が壊れるかと思うほど締め付けてあるので本当に困ります。
皆様そう思いませんか。実際の所どうなんでしょう。

Aベストアンサー

 確かにそういう店って結構あるでしょうね。しかし全ての店がお馬鹿ではありません。私は整備士をやっていたことがありますが、最初はインパクトレンチで締めますが、そんなに強く締めないで最後はトルクレンチです。おそらくちゃんとそうしてる店はいっぱいあると思います。

>店はある意味専門家なのに何故締め付けすぎるのか不思議です。万が一緩んだとき責任があるからでしょうか。

 そんなに深く考えてないでしょう。ただ単にお馬鹿なだけです。後で本締めするのがめんどくさくてインパクトレンチを強めにしてガンガン締めてしまっているのでしょう。それではトルクレンチを後で使っても意味がありません。

 締め過ぎが原因で緩まないのは店にクレームを付けて規定トルクで締め直させましょう。そして今後利用しないようにしちゃいましょう。実際私もタイヤの組み換えをやってもらって、その後にスタッドレスにしようと思ったらちっとも緩まず、店に行って締め直させたことがあります。もちろんクレーム扱いで…

Q単位変換

単位変換

KJ/molの値をKcal/molに変換するのはどうやってやったらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、wikiをご覧下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC

Qホイールナット締め付け時の異音

よろしくお願いします。

去年、車(新車・国産コンパクト)を買い換えました。
純正でスチールホイールが付いています。
冬に雪山に行くのでスタッドレスとアルミのセットも購入してあります。

夏タイヤから冬タイヤへの交換作業は、いつも自分でやってきました。
ただ、今まで何台か車を乗り継いできましたが、スチールホイールは初めてです。
スタッドレスからサマータイヤに交換した時、ナットを締めていくと異音というか「キュッ!」っていうような音が出るときがあるんです。
今までアルミホイールの交換作業のみしか経験が無く、こんな音が出る事はありませんでした。
スチールホイールの場合、こういう音が発生する物なのでしょうか?

状況としては、4穴のスチールホイールにナットを手で回して仮締めをし、十文字レンチで対角線上に3回くらいにわけて徐々に締め付けていきます。
これで結構締まってきた感じになります。
この後、力を入れて「ヨイショ!」とレンチを回すと「キュッ!」っていうような音が出るときがあるんです。
気になったので、もう一度全部ナットを緩めてやり直したのですが、1つのナットだけ「キュッ!」っていうような音が出るんです。
全部のタイヤから音が出たわけではなく、1つのタイヤだけで、さらにその中の1つのナットだけです。

ためしに音が出るナットと、隣の穴に使っていたナットを交換し、それぞれ締め付けていたところ、今度はどちらからも音は発生しませんでした。
そのナットとスチールホイールの特定の穴を合わせた場合のみ、音が発生する感じです。
なので、ナットとホイールの接点の状況が、双方の何らかの特性というか、相性というか、そんな原因で音が発生しているように感じています。
十文字レンチで締め付けてから、ジャッキをおろしてトルクレンチで指定トルクに締め付けているので、締めすぎという事は無いと思います。

長くなりましたが、スチールホイールの場合は、このようにナットを締め付けていくときに音が発生しやすいとか、そのような特性があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

去年、車(新車・国産コンパクト)を買い換えました。
純正でスチールホイールが付いています。
冬に雪山に行くのでスタッドレスとアルミのセットも購入してあります。

夏タイヤから冬タイヤへの交換作業は、いつも自分でやってきました。
ただ、今まで何台か車を乗り継いできましたが、スチールホイールは初めてです。
スタッドレスからサマータイヤに交換した時、ナットを締めていくと異音というか「キュッ!」っていうような音が出るときがあるんです。
今までアルミホイー...続きを読む

Aベストアンサー

鉄とアルミだとアルミのほうが柔らかいので音がしにくいです。
逆に締めすぎるとアルミを痛めるってことですね。
で、ご質問の件ですが、ナットの精度がごく微妙に悪いか、錆が出てきしんでいるんじゃないかな?って思います。特段、気にするほどでもないですが、かみ合わせがまずいとキュって鳴きますね。気にされるようでしたら、ブレーキダストクリーナーを吹きつけて、ほんのちょっと注油でいいのではないでしょうか? 
ちゃんと規定トルクでしまっていて、ハンマーででも叩いて異音がしていなければ、ヒビもないと思われますので、締め付け時の小さな異音なんかは、問題ありません。でも、そこまで気になさるってとても、良いことだって思います。ぜひ、大事に、メンテして長く乗られてください。

Q物理 力学の単位変換

力学の単位変換で質問です。
kgf表示からN(ニュートン)表示に力の単位を変えるときに
例)100kgfをN表示に直せ。の問題があるとすると

   1kgf=9.8N だから
   1 N = 1/9.8 kgf なので

   100×1/9.8 = 10.20 N と間違えてしまいます。
   実際には 100×9.8 = 980 N なのです。

m → cm 、 t → kg などの単位変換はこのやり方でできるのに
1 m = 100 cm よって 1 cm = 1/100 m
したがって、m → cm にするには1/100をかければいいとわかるのです。

何かいい覚え方はありませんか??
誰か教えてください!!
よろしくお願いします。
     

Aベストアンサー

>   1kgf=9.8N だから
>   1 N = 1/9.8 kgf なので

この操作は、N→kgf の単位変換ですよ。だから、

>   100×1/9.8 = 10.20 N と間違えてしまいます。
となるのです。

>1 m = 100 cm よって 1 cm = 1/100 m
>したがって、m → cm にするには1/100をかければいいとわかるのです。
これも変です。
100mをcmに変換するのに、1/100をかけると、100m=1cmになっちゃいます!

1kgf=9.8N だから、 100kgf=100×9.8N=980N と考えればよいのです。

1m=100cm よって 100m=100×100cm=10000cm ですよね

Q15インチホイールと165/55R15タイヤの組み合わせ この15インチホイールに165/55R15以外で可能なタイヤサイズは?

15インチホイールに
165/55R15 
のタイヤが付いている車に

タイヤ交換として
先述の15インチホイールに
先述サイズ以外のタイヤを取り付けることは可能なのでしょうか?

付けられるとしたらどんなサイズになりますか?
○○○/○○R○○ 形式でお答えいただけますか?

その場合の安全性に関しては上下するのでしょうか?

お車に関するお仕事にかかわりのある方様
並びに的確な御答えをいただける方様

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンドル 切った際に 内側にタイヤが擦れることも有ります。

155・55と 幅を細くした場合 
外形が小さくなり 速度は速く表示されます トリップメーターは 多く加算されます。
車高が下若干がります フェンダー隙間が広く 見栄えがわるくなります
走りは軽く感じますが 多く回転させないと 進まないので 燃費面でもメリットありません グリップ力は細くなった分 落ちるでしょう
コーナーなど怖くなります。

基本 ドアを開け 車体に貼られた タイヤ空気圧表示に書かれてる
タイヤサイズ以外は 
適合サイズではなく 車検には通りません
インチUPするにしても 外形サイズを狂わせないような サイズ選び
幅と扁平率のチョイスが必要です。

サイズを変える メリットがありません(自己満足だけの世界)

サイズを変える目的が明確で無い限り(スポーツ走行など)は、純正サイズをお勧めします。
純正15incなら 純正サイズ
インチUP 2インチUPするなら 多少変える(変わってしまう)程度でしょうか。

極端にサイズを変えなければ
履けますが タイヤ外形が変わり メーター誤差が出ます。

同じタイヤで 55扁平のままと仮定し
185・55など幅を広くすると 
外形は大きくなります メーター速度は遅く表示され トリップメーターは少なく加算
幅が広がり 燃費加速は悪化傾向になります グリップは良くなりそうですが 過剰な幅ですし μの低い 未舗装路やウエット路面では 滑り易くなります。
大きすぎると ボトムした際 インナーフェンダーを擦り 剥がし取ってしまうことも有ったり ハンド...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報