着物を購入したのですが、着物に対しての知識が疎く妥当な価格かご教授いただきたいです。
 購入後、着物教室に通っている友人から高い買い物だったのではないか?と指摘をうけ、実際どうなのかを知りたいです。
 

・つけさげ訪問着(絹画廊・辻ヶ花) 
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻ヶ花)
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻ヶ花)
※和裁専用のハイテクミシン仕立付。
の上記3点で、329,000円
汚れをはじく加工 3点で 24,000円

帯揚・帯締め小物セット 2,000円

辻ヶ花・草履バッグセット(草履付)29,900円

手縫お誂え仕立て 15,000円

合計:399,900円


どうかご回答お願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

正直言って、高いか安いかというなら、「安い、お買い得」といってほしいのだろうと思いますが、


こういうものは、「お買い得」に見せて、実は、アドバイス料金として相当とっていると思って、丁度です。

なぜなら、何も知れない人しか、こういうセット販売では購入しないであろうからです。
知った人なら、長じゅばんからバック・ぞうり・・小物にいたるまで、すでに持ってる。
そして、それらとのコーディネイトも考慮しての【購入】になるから。

「安く」というなら、単品で物品購入して、お仕立てもネットで一級和裁士が15000円というのがオークションでもあります。
仕立て自体をオークション受注する時代です。

だから、高いか?といわれれば、高いです。
しかし、それらを自分ですべてアレンジできないなら、「コンサルタント料金」としての「セット販売」になるということにすぎません。

約40万を高いと思うかどうかです。

私なら、当然に買いません。
自分で仕立てるし、この部分で割愛できるのは仕立て代金だけということですから、私が買ってもほぼ3-4万の節約にしかなりませんが。
バックとぞうりのオソロなんて、ださくて嫌です。
しかも、バックとぞうりも辻が花?
いかにもセット販売ってわかるから。

それに、帯揚げと帯締めは自分のセンスで選びたいし、帯は、この着物に合わせて・・・どうしても買いたいとするなら
他の着物に合うのか?と思うし。

後、まったくの好みの話にすぎませんが、「辻が花」は、一時、呉服屋さん業界の救世主のようにもてはやされましたが、
いまや、下火です。
どうしてかは、わかりませんが、マァ、着物もファッションですから、柄、染など、流行もあるということに過ぎないです。
柄として、濃密なので、うっとうしい感じを私は持ちますから。

親子3代というのも、大嘘。
あなたが5年ー10年着用して、納得のお値段ならということです。
年に一回着用するとして、10回着用するでしょうか?
ここまでの着物を着用するには、美容院にも行くでしょうし、ご自身で着付けをできないと、毎回・万円とかかる。
40万出費して、利用するに、毎回1万円です、ここまで考えてから購入するべき。

着物自体を楽しみたいなら、もう少し安価(10万ドマリ)ぐらいで日常的におしゃれ着物をお楽しみになってから
「晴れ着」に手を出しても遅くないです。
目を肥やさなくちゃ。

家を買うに、マンションを買うに、家具までフルセットで買わないでしょう?
なぜだか、着物はこれが商売として通用するように、無知を利用されて、客がしつけられてしまってる。
成人式のフルセットは、どれぐらい長持ちしているでしょうか?
あれはあれのセットのために。

辻が花のフルセットも、これだけのセットのためにです。
今後、あなたがほかに着物をあつらえても少なくても、バックとぞうりのセットは、合わないでしょう。

今後も役立ちそうなのは、正絹の長じゅばんだけです。(私が思うに)
着物の好みは趣味ですから、それにしても、交織の裏をつけるというのも・・・・ここで節約できる金額はたかが2千円ぐらいでしょうか?
正絹でもお安いのは3000円ぐらいからあります。
裏地にナントカ加工は必要ないし。
そして、辻が花ぐらいになると、いい裏を・・・といわれるかもしれないが、実は、安くて、薄いのを貼ったほうが、着用するには
楽です。
    • good
    • 1

付け下げ一式の価格としては、格別に高いようには思えません。


ただ、他の方がおっしゃることももっともです。

付け加えれば、着物に限らず物の価格というものは、実物を見ないとわかりません。
例えば、同じ職人がデザインも染料も同じ反物を2反染めたとします。
一方はブランド繭の糸を手作業で紡ぎ、それをその道20年のベテランが手織りした布、もう一方はくず繭を機械で紡いで、織り始めて2年目の新人が手織りした布。
当然価格にはかなりの開きがでるはずです。
値段相当か知りたいなら、呉服業界の人や着物への目の肥えた人に見せるしかないだろうと思います。

わたしは着物の価格というものは、結局、その値段を払ってもいいと思うくらい気に入ったかだと思っています。
いくら気に入っても自分の身の丈に合わない高額なもの、気に入ったし安いけど着る機会がないだろうというものは、つまるところ「高い買い物」なのです。
    • good
    • 1

私は着つけを習い始めて間もない頃、セット買いしました。


といっても、帯も着物も別売りだったものをコーディネートした上で気に入って選び、長襦袢から小物までその着物と帯に合うようアドバイスをもらいつつ自分で選んだものをつけてもらったので、少し状況が違いますが、とにかく一回でバッグ以外の全セットを揃えました。

ひとつひとつ揃える方がいいと言われても、何をどう買えばいいのか、初心者にはまるでわかりませんので自力で一点一点揃えるとか、難しいです。
それに、全部揃えないとでかけられないわけですから、着物なり帯なり、欲しい物があった時に、それを中心にその場でお見立てしてもらうとか、気に入ったセットを買うのもひとつの手かと。

その後、知恵もつき(笑)和装といえどもピンキリで、人間国宝が~とか、すごい作家物は別として、自分が払った金額がかなり高い範疇に入るということを知り、ちょっと顔がひきつりましたが、同じ品物が販売されているのを見たことがないので、相場だったのかどうかは未だ謎です。

でも、スタイリング代こみと思うと、まぁ、よかったかと。八掛を選ぶ?はぁ?って時に、自力で全部誂えるなんて、ハードル高すぎます。

他の回答者の方もおっしゃられているように、物を見ないで高いか安いかはわかりませんので、ちょっと気になった点をあげておきます。

ポリやハイテクミシンっていうのは、ちょっとひっかかります。(プレタっぽいイメージ)
帯揚・帯締め小物セット 2,000円は、質を度外視しても新品でしたら相当安いです。
小物は、初心者でも、あちこちお店を見てまわって買えるので、気に入らないものだったらつけてもらわなくていいです。

辻が花の訪問着となると、一般的には着ていける機会が少ないように思います。
着物に対しての知識が疎くとのことですので、これから着つけも習って、どんどんちょっとしたおでかけに着物を着ていきたい!というのでしたら、hanasoupsさんのライフスタイルに合わせてもっと活用頻度のある、フォーマル感の低い格のもの、おしゃれ着の方がいいかもしれません。(小紋とか紬とか)

あきらかに粗悪品だと残念ですけど、rose-roomによると工房自体はきちんとしたところだそうなので、残る判断基準は、hanasoupさんが、そのセットを気に入っているかの一点でじゃないでしょうか。

これ好き!欲しい!!!買った、嬉しい!早くこれ着てでかけたい!(その後、でかけた。嬉しい!)という喜びがないようでしたら、買う必要はなかったのでは?
私は仕立て上がってきた時、嬉しくて、ときめきました。着てでかける日が待ち遠しかったし、何度見ても、あ~、いいな~と惚れ惚れします。
お買いものの金額は、この幸福感の代価でもあるわけで、本人にしかわからない部分もあると思いますよ。
    • good
    • 1

過去問に同じ店(会社?)のものを買われたと思われる方からの同様の質問をいくつか見つけました。


おそらく翠山工房という染め元で作られた着物だろうと思います。
この工房自体はきちんとしたところのようです。
しかしネットで検索してみると扱う店によってずいぶんと価格や品質に開きがあるようです。
つまり同じところの品でもピンキリのようです。
しかし着物自体がまがい物というわけでなくたぶんお値段なりの品質であろうと思います。

気になるのはハイテクミシン仕立てというところと、交織の胴裏を使ってるところ。
高級品にはあり得ないことです。
まあしかしお値段を抑えるための策なのでしょう。
一式30万円台くらいでは本当に高級な辻が花が買える値段ではないのも確かです。
帯揚げ帯締めのセットが2000円というのも本当に正絹なの?と思うような値段です。
なにもかもひっくるめてセット売り。
よくある売り方ですが、セットでついてくる小物や草履、バッグなどはオマケと思った方が良いでしょう。
着物が良いものであれば帯はかなり安物かも知れませんし、とにかくセットにして値ごろ感お得感を出しつつ実は採算をとっている商法です。
手ごろ感もあって初心者は飛び付きやすいのですが、正直おすすめはできません。
買うなら単品で一品一品吟味して買う方が結局は無駄がなく済みます。

過去問の質問者も結局クーリングオフをしたようでした。
着物の値段としては決して高い買い物とは言えませんが、内容がどうなのか?と疑問が残ります。
本当に気に入られて購入されたならもちろんそれで良いのですが。
率直に申しまして、もしまだ間に合うならクーリングオフされた方が、と思います。
    • good
    • 1

着物の値段はピンキリですので、おおまかな条件だけでは分かりません。


同じ大島紬で、同じ証紙がついていて、同じマルキという条件でも、倍になる場合もあるのです。別に片方が割高とか割安というのではなく、細かな違いでそうなるのです。

ご質問の内容では、異様に高いとは思いませんが、疑問に感じることはあります。
・着物と襦袢はハイテクミシン仕立て、帯は手かがり仕立てとあるのに、最後に手縫お誂え仕立てとあります。最後の仕立ては、何を仕立てているのでしょう?
・草履バッグセットとあるのに、(草履付)とあります。草履が2つ付くのでしょうか?

分からない所を訊いて、きちんと答えてくださるようなら、信用しておくしかないように思います。
疑わしく感じるなら、購入されないのが一番です。
    • good
    • 2

上記の内容で高額かどうかが判断できるものとは思えませんが 納得がいかないのなら


他店で自身が比較してご自身に魅力と価値があるかどうか検討されれば良いのでは?

もっと安く買う人も居れば もっと高いものしか買わない人も居るのではないかと思います。
ご友人から見たら高かったのか ご自身が迷っていたからそういったのかも わかりませんね。

この質問を見たら とりあえず高額な買い物を後悔している様子があるものの 何らかの
疑問があるようにも見えず (友人のアドバイスのみ)気に入ったなら、、。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物のお値段教えてください

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が花) 58.000円
※ハイテクミシン仕立付。
・パール帯留 68.000円
・重ね衿 3.465円
・絹・三分紐帯揚S(三分紐中国製) 12.390円
・帯留要三分紐(中国製) 8.400円
・特選ストール 39.800円
・フォーマルバッグ 19.800円
・装履 13.650円
・刺繍半衿 1.995円
小計  525.241円
消費税  26.259円
合計  551.500円

【店員さんのコメント】
・光沢があって品のある優しいお色味(ピンク系)の着物だから、何歳になっても着られる。
・小物の色を変えるだけで、通年着られる。
・不祝儀以外ならどこへでも着ていける良い品物。
・生地自体が辻が花。色は67色使っていて、絞りは型どおりに糸を通して絞っている。散らしてある金は純金。
・金額としては、これ以上はひけないくらいのお値段。

・・・帰宅したら、彼にめちゃくちゃ怒られました「貯金してから買え!」って。
彼の言うことはもっともだと思いつつも、お茶会などに着ていく着物が欲しかったこともあり迷っています。
※今は、いつもピンクの蝶々柄の小紋を着ています。祖母が若いときに買ったお着物です。

補足が必要でしたらいたしますので、どうかご回答お願いいたしますm(__)m

こんにちは。私は26歳の女性です。

昨日、名古屋の呉服やさんで呼び止められて、お着物を購入してしまいました。
しめて60万円ほどなのですが、こんな高い買い物をしてしまったことに迷いが生じています。
着物に対して詳しくないので、妥当な価格か教えていただけませんでしょうか。

【内容】
・つけさげ訪問着(絹画廊・辻が花) 198.000円
※ハイテクミシン仕立付。胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリ100%の羽二重使用
・袋帯(絹画廊・辻が花) 128.000円
※手かがり仕立付。
・長襦袢(絹画廊・辻が...続きを読む

Aベストアンサー

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫っていると運針、特に、ちりめん系統はア・・生地が自分でなじんで糸を運んでいるとわかります。
断っておきますが、私はプロではありません。
しかし、いじっている数がたぶん素人にしては、半端でないと思う。

それと、辻が花は絞りを用いるので生地のでこぼこが本当なら、
すごくミシンでペタンコに縫うにはそぐわないです。
それと、裏に交織物を使うところが実に陳腐。
安物売りの手口、そのまま。
化繊が入ると、生地として吸湿性がないので、きていて暑い。
見かけはわからなくても、着るとわかる。
私は全部、交織の裏は張り替えます。

交織を使うと、妙に張りが出て、本当は、ちりめんや、シボのあるものにはツッパラかって、相性が悪いです。
それに、裏に正絹を使ってもそんなに値段としてそんなに変わりません。
胴裏、すそ回しで両方で1万ぐらいから、あります(正絹)

もう少し、目を肥やしてから、単品でお買いになったほうが懸命です。
今から、キャンセルできるなら、キャンセルすべきです。

裏も、正絹で作られないような辻が花に意味がないです。

小物とセットというのも無駄です。

ネットのオークションでいいから、半年は、見るだけで値段を知るべき。
それから、小物を買うのでも十分。
どの程度の品物かわかりませんが、価格としてもいい値段です。
何もあせって、いっしょに買うこともない。

それと、通年着られるという話も、袷なら、ご存知でしょうが、10-5月の範囲。
他の方も書かれていますが、辻が花に刺繍襟はゴテゴテして余り、
いい趣味とも思えません。
そういうセンスの店での「セット」というのがどうも、お勧めできない。

好みでしょうが、辻が花はあっさりした志向ではないので、あきます。

たくさんいろいろ持っていて、辻が花の濃い感じは捨てがたいですが、
これしかハレ着がなくて、ちょいちょい回数着ると、アーまたあれかというほど、存在感。

オークションでお安く落としてはちまちまといじるのが好きなおばちゃんです。
自分でするので、「手縫い」のありがたさがよくわかっていないのですが
ミシンで縫った辻が花というところで実に胡散臭いです。

あのネ、ハイテクミシンがどれほどのものかはわかりませんが、ふるい物を解いていると実によくわかるのですが、絹は、生地と糸が古くなると一体化してしまいます。
縫い目は細かくないです。
デ、絹の繊維の糸同士が擦れ合うようにして、自分の相方として、布地の位置決めをしている感じです。
縫...続きを読む

Q訪問着の値段について意見を聞かせて下さい

訪問着等一式を購入しました。
最初は問屋街の呉服屋へ小物をふらりと見に行ったのですが、結果的に訪問着を勧められお店側も決算なのでとにかく在庫をなくしたいと安くして頂き、私もいつかは誂えようと思っていたので思い切って購入しました。

着せてもらったり、プリント物と比較したり、自分なりに考えて納得した上なのですが、帰宅後ネットで調べてみると、同じメーカーでも格安で販売しているお店も多々あり、
「本当に安かったのか?適正価格だったのか?」
と不安になってきました。

私は着物初心者で、着物は練習用の安いものか、はたまたえらく高級な振袖しか持っていないので、しっかり着物の良し悪しがわかるか、と言われると「…」といった具合です。

定価はとても高く良い物だとは思うのですが、着物の上代なんて元々あってないようなものだと思っておりますので…。定価の1/10で買えれば良しとすれば良いのでしょうか?

購入したのは下記の通りです。仕立てが気に入らなければキャンセル可能で、一式で25万円(税込)でした。
安いor高いor「それくらいでしょ」、どう思われますか?

(1)京都 久保耕の訪問着+胴裏+ゆのし+お仕立て+ガード加工:上代 1,650,000円
 →「美しいきもの」に掲載された着物らしいです。
(2)新小石丸の袋帯+帯芯+お仕立て:上代 1,100,000円
(3)正絹の長襦袢+お仕立て:上代 110,000円
(4)帯締め&帯揚げ・草履バッグセット
下記は元々購入しようとしていた小物をおまけとして付けてくれました。
(5)化繊の着物:上代 1,950円
(6)正絹の名古屋帯(それなりの質):上代 5,000円
(7)きものバッグ:上代 1.050円

↑見辛くてすみません。詳しい方宜しくお願い致します。(価値もわからないのに安易に購入して…といったようなご意見より、適性価格かどうかを知りたいので、今回は着物の値段についてのご意見をお待ちしております。)

訪問着等一式を購入しました。
最初は問屋街の呉服屋へ小物をふらりと見に行ったのですが、結果的に訪問着を勧められお店側も決算なのでとにかく在庫をなくしたいと安くして頂き、私もいつかは誂えようと思っていたので思い切って購入しました。

着せてもらったり、プリント物と比較したり、自分なりに考えて納得した上なのですが、帰宅後ネットで調べてみると、同じメーカーでも格安で販売しているお店も多々あり、
「本当に安かったのか?適正価格だったのか?」
と不安になってきました。

私は着物初...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。着物愛好家です。
でも正直、着物の価格についてのコメントは難しいです。
実物を見てみない事には、本当に適正なのかどうかは判断できません。
ですので、何となくカンで、という事でお答えさせて頂きます。

まず(1)~(7)の上代価格というのはまったくアテになりません。
実際にお支払いになるのはトータルで25万円なのですね?
その点で考えて正絹の訪問着、帯、長襦袢、小物に加えておまけ付き…で25万円なら妥当もしくはお安い額だと思いますよ。
久保耕というメーカーを私はあまり知りませんでした。
でも検索して商品をいくつか見てみると間違った物ではないようです。
新小石丸というのはメーカーの名前ではなく絹糸の種類をさす商標ですね。
この帯が手織りなのか機械織りなのかで話はまったく違ってきます。
でもさすがに機械織りに万の上3桁の上代をつけないと思いますので(悪徳商法ですとそれが当たり前ですが問屋さんという事ですから)大丈夫と思います。
手織りと機械織りの見分け方は両方を手にとって比べればまったく風合いが違うのでわかります。

(5)~(7)は逆に安すぎてビックリ価格です。
化繊と言えど結構なお値段のする物が多いですからね。
でもネットショッピングの場合はその価格常識は簡単に破られていますので値段だけの事で云々はできません。

総じて言えば主要商品が間違いなく正絹で仕立てやガード加工までついてこのお値段は破格に安いと言っていいと思います。
質については見る事が出来ない以上なんとも不確実ではありますが、吟味して納得し、何より気に入って買ったものなら大丈夫でしょう。
仕立てが気に入らなければキャンセル可能、が本当であればなおまがい物の店という事ではないでしょう。

私は万の上3桁つく価格の物をずらりと並べた店にはあまりご縁がありませんので、こういうお話を聞くだに着物の価格について考えさせられます。
不安になるお気持ちもわかります。
確実なのは店の歴史や信用が確かかどうか、です。

納得されて購入されたなら、あまりネットの情報などに惑わされず仕立て上がりを楽しみにしているのが良いと思いますよ。
できれば着物の目利きが出来る方に同行してもらって受け取りに行けるといいですね。

こんばんわ。着物愛好家です。
でも正直、着物の価格についてのコメントは難しいです。
実物を見てみない事には、本当に適正なのかどうかは判断できません。
ですので、何となくカンで、という事でお答えさせて頂きます。

まず(1)~(7)の上代価格というのはまったくアテになりません。
実際にお支払いになるのはトータルで25万円なのですね?
その点で考えて正絹の訪問着、帯、長襦袢、小物に加えておまけ付き…で25万円なら妥当もしくはお安い額だと思いますよ。
久保耕というメーカーを私はあ...続きを読む

Q着物の購入について

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値段などの説明を簡単にしてくださり
その後で、着物の生地代と小物の価格のみでいいといってくださりました。

わたしも気に入ってしまったのもあり、
また断るのが苦手というせいかくもあり、つい親に相談もせずに購入するといってしまいました。

先ほども書いたように
ずっと着物に興味があったこと、また柄、色がとてもすてきだったこともあり
わくわくする反面
いままで経験したことのない額の買い物をしてしまったこと、
親に相談をしなかったこと
なにも調べずに店員さんにだまされているのではないかということ
などなど、不安でいっぱいです。

なので、この着物の購入が妥当なものなのか、
みなさまにアドバイスをいただきたいです。


○内容○
・つけさげ訪問着:絹画廊・辻ヶ花「御所桜」 ¥329,000
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」胴裏は縦糸絹100%、横糸ポリエステル100%の羽二重使用)
・袋帯:絹画廊・辻ヶ花 ¥0
 (「手かがり仕立て付」商品)
・長襦袢:3点セット品(生地中国・染日本)
 (和裁専用「ハイテクミシン仕立て付」商品) ¥0
・新はじく絹加工:付下げ訪問着、袋帯、長襦袢 ¥24,000
・帯〆 ¥9,900
・帯揚 ¥9,900
・辻ヶ花・装履バッグセット ¥29,900

合計(消費税込み) ¥402,700

○店員さんの言葉○
・こんなにやすいのはいまだけ(いろいろなフェアが重なっていた)
・帯は西陣織で登録番号が9番。とても貴重
・着物のもように貝がつかわれている
・辻ヶ花は高嶺の花
・クリーニングなどメンテナンスも責任を持つ(いまいちどういうことなのかよくわからなかったです;;)
・ながく続く呉服屋なので安心してください(チェーン店)
・決めるなら今、家に帰って考え直すとわからなくなるから
・お母さんには仕立て上がって、着姿をみせて説明するべき

とにかく私の着姿をほめられ、なんだか逆に不安になりました。
とてつもないなで肩のせいもあるとおもいますが。。。

いろいろ意見いただけたらなとおもいます。
よろしくおねがいいたします。

はじめまして。
私は21歳の会社員です。

先日たまたま通りがかった呉服屋さんで、店員さんに声をかけられ
あわせるだけただなのでと、気づけばお着物を合わせられていました。
以前から着物には興味があったのですが、特別購入を意識したことはありませんでした。

しかし、とてもきれいですてきなお着物だったので
思ったまま素直にほめると
そのお着物に合わせて特注したという帯や小物類もだしてきてくださり
そして購入を勧められました。

相場も全くしらなかったのですが、仕立て代や帯の値...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着なれている人間の晴れ着なら訪問着は便利ですが、着物を着なれていない方では、訪問着は箪笥の肥やしになりがちです。最初の着物は紬か小紋で、日ごろのお洒落に使える物の方がお勧めです。
次に、店員さんがあまり信頼できる方ではありませんね。その店員さんだけか、店自体がそういう傾向なのか分かりませんが、私なら、そのお店では買いません。
解約できるものなら解約し、できなければ勉強代と思って、せっかくの着物は楽しんでしまうことでしょう。同じ着物には巡り合えないでしょうから。


以下は、質問者さまの書いていらっしゃる着物や、店員さんの態度について、私が推測した所を書いてみました。

まず、「特注した」という点について、質問者さまは非常に特別なことと思っていらっしゃると思います。実際、今の日本で「特注」なんて聞かないですよね。でも、着物の世界では、実は「特注」は珍しくもないことです。
老舗の呉服屋さんなら独自の職人を抱えていて、オリジナル商品というのも当然ですし、個人で着物を一から染めてもらうことも普通です。一般的にはカタログをみて決めるのですが、その時に「ここの色を変えてほしい」「ここに模様を足してほしい」「刺繍を足してほしい」というのも、よくある話なのです。もちろん、お金がかかる話ですから、やらない人も多いですよ。


そして着物そのものについて、です。

「つけ下げ訪問着」というのは、訪問着のお手軽版です。
訪問着と呼ばれる着物は、一般的に縫い目に模様がまたがっています。これを作るには、まず着物の形に縫った後で、模様を入れていくのです。できあがりの「訪問着」も多いですが、本来は受注生産で作る方が綺麗に仕上がるものです。
ただ、この方法だと高価なうえに時間もかかります。仕上がりが思ったようにはならない場合も多いです。反物に最初に模様を入れておく方が、手軽だし、自分に似合うか確かめられますよね。
元々、反物に模様がある着物もあるのですが、それだと仕立てた時に上下が逆になったり、縫い目で模様が途切れたりするのです。
そうならないように、仕立て方を計算して模様を付けていったものが「つけ下げ」と呼ばれます。つけ下げの中でも、訪問着のように華やかで、縫い目にまたがる柄の物を、特に「つけ下げ訪問着」と呼んでいます。着ていく場所は訪問着と同じ、披露宴とか、パーティとかですね。

「ハイテクミシン仕立て」というのは、従来のミシン仕立てと手縫いの中間に位置するものです。
着物というと、仕立て直しができるイメージがありますよね。ところが、ミシン仕立ての場合は、基本的に仕立て直しは利きません。縫い目が残ってしまうからです。
でも、手縫いは時間もかかるし、高い技術の職人さんだと、それなりに高価です。職人さん事態が減ってきていらっしゃいますしね。
そのため、縫い目が残りにくい特殊なミシンで仕立てる呉服屋さんも出始めています。それがハイテクミシン仕立てです。それでも、あまり仕立て直しをしないことを前提に勧めるようです。

「辻が花」というのは、模様の種類です。
「貝が使われている」というのは、螺鈿のようなものでしょうか。
現在では、「辻が花」と呼ばれるものは高嶺の花でも、珍しいものでもありません。
元々は室町時代から江戸初期にかけての技法です。友禅に押されて一時は途絶えたのだそうです。そのため、「幻の染め」と言われたりもします。
しかし、久保田一竹という染色家が、辻が花と再現し、それに雰囲気の似通った「辻が花調」の着物も多数出回っています。

袋帯について、西陣織なだけでは高級品か廉価品かは分かりませんし、登録番号と希少性、品質の高さは何の関係もありません。
京都の西陣は錦織や唐織りなどの帯のメッカと言えますが、当然ながら割安な商品も作っています。
そして、登録番号と言うのは、織元さんが工業組合に何番目に登録したかというだけなんですよ。9番は現存していますし、非常に老舗の織元さんだと言えます。工業組合設立時からのメンバーでしょうね。でも、それだけです。
番号が小さくても一般向け商品しか作っていない織元もあれば、大きくても高級品を多く作っている織元もあります。

クリーニングについてですが、着物は普通はあまり洗わないのです。下に肌襦袢等の下着を着ますし、あまり汚すものでもないでしょう?毎日着物で生活していらっしゃる方は別ですが。
汚れが付けば部分洗いでシミ抜きをする、何度か着たり夏場に着たりすれば水洗いで汗をとる、それで無理な汚れになれば糸をほどいて反物に戻し「洗い張り」という方法で洗う、これが一般的です。
でも、最近は着物を着るのは数年に一回という方も多いです。何度か着てから洗うとなると何十年、汚れが落ちなくなりそうですよね。それにガード加工をしていると普通に水洗いはできません。そのためにドライクリーニングをするケースが増えているようです。
もっとも、私は個人的にはクリーニングはお勧めできません。汗は水でないと落ちませんし、着物は袷に仕立てていますから、狂いが出てしまうことがあるそうです。


最後に、店員さんが信用できない理由です。勧め方が、どうも良くないですね。私がお世話になっている呉服屋さんや着付けの先生だと、「残念ですけど、そういうお店もありますなぁ」とため息をついてしまいそうな気がします。

先に、着物と帯について書かせていただきましたが、その中で店員さんの説明を否定している箇所があることにお気づきだと思います。
店員さんが「高級品」と言っている内容が、私からすれば「別にそうとは限らない」となっていますよね。どうも、そのあたりで説明を端折っている感じがします。

そして、ご質問を拝見した限りでは、「どこへ着ていきたいか」「何に着たいか」を聞いていませんね?
良心的な呉服屋さんだと、必ずと言っていいくらい聞きます。「どんなものをお探しですか?」「どちらへお召しになりますか?」と。
と言いますのが、着物の世界には、結構お約束事が多いのです。気にしなければそれでいいようなものですが、楽しもうと思えば無視したくないものであるのも事実です。
先にも書きましたが、訪問着は披露宴だのパーティだのに向く着物です。正式なお茶席や観劇にも使いますが、辻が花では華やか過ぎて、あまり適当とはいえないでしょう。お正月にお出かけする晴れ着なら、「有」でしょうけれど、その場合は道行コートが必要ですね。

最後に、「考え直すと分からない」「家族には仕立て上がってから説明する」これは、ありえません。私が、この店では買わないという最大の理由です。
着物や帯は、同じものをあまり作りません。ですから、「一期一会です」「これも出会いです」という勧め方は、呉服屋さんはよくなさいますね。実際、同じものを後から欲しいと言われても作れない場合も多いのだそうです。特に帯は織元さんが廃番にするケースが多いそうです。確かに何十万も出して買ったものが、ゴロゴロしていたのでは悲しいでしょうからね。
しかし、値段が高いものですから、「お取り置きしておきますよ」と言うことはあっても、相談するなとは言いません。家庭でモメてしまったら、その後、買ってくれなくなるでしょう?
着物と言うのは、「着物一枚に帯三本、帯一本に着物三枚」と言われるくらい、帯との組み合わせで雰囲気が変わります。それに女心として同じ格好って飽きてくるでしょう?飽きた頃に違う帯なり、着物なりを買ってもらえば、また着てもらえる、そう考えるのが一般的な呉服屋さんです。

長々と失礼しました。
着物は楽しいですよ。それだけに、あまり好ましくない買い方をしたためにケチが付くようなことになっては残念だと思います。
解約できるといいのですけれどね。

遊びで着物を着ている者です。

つけ下げ訪問着に袋帯と小物一式で40万強というのは、とんでもなく高い値段とは思いません。
もちろん品質によって変わってきますけれど、粗悪品を乱売している店というのも、それほどありませんし、着物で詐欺をするなら、もっと高額にしそうだと思います。

ただ、私の感覚では、解約できるものならば解約した方がいいと思います。理由は二つあります。
まず、ひとつめは着物自体が質問者さまに向いているかどうかが疑問である事。
和の習い事をしてらっしゃっる方や、着物を着...続きを読む

Q夏の着物を一式そろえるとしたら、単?絽?

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、着物は単がいいか、絽がいいか、です。
6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

帯はどうでしょうか。

ちなみに、着るとしたら、ちょっとしたコンサートや
ショッピング、友だちとのランチなどですが、
もし6月~9月に結婚式があって着物で行くケースが
あった場合のために、付け下げなどにしたほうが
いいかもしれません、その場合のアドバイスなども
お願いいたします。

質問事項が多く、ご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単衣は基本的に透けない着物です。盛夏の薄ものは絽や紗で知られるように透け感の強い着物です。
この「透け」の程度が単衣と薄ものを分ける要素ですが、最近は中間的な微妙な透け感の生地が開発されているのです。
透けるような透けないような、まさに単衣と薄ものの中間ですね。
それが変わり織りの夏物です。
他にはごく普段着になりますが綿シルクというものもあります。
名のとおり綿と絹の混紡です。これは自宅で手洗いできるメリットがあります。

また、絽ちりめんや竪絽(たてろ)は昔は単衣の時期と言われましたが、昨今は単衣から盛夏まで通して着られています。
絽ちりめんは絽目のあるちりめんです。竪絽とは、通常の絽が横に絽目が入るのにたいし縦方向に絽目の入った生地です。

以上にあげたものが単衣から盛夏まで着られる着物となります。
まず一枚目としては適したものになると思います。
またごくラフな用途であれば上等の浴衣を着物のように着るという方法もあります。

<6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

これは温暖化の事情もあり判断は人それぞれといったところです。
単衣の時期が前倒しされ5月くらいから着始めるのが最近の事情です。
そして6月でも真夏のように暑い日であれば絽を着る方もいます。
9月も残暑の残るうちは絽を着てかまわないでしょう。ただし下旬にもなれば避けたいところ。
紗は、やはり暑い盛りの着物ですから7、8月の限定にされたほうが、と思います。
普段着であれば麻や夏紬もおすすめしたいですね。
盛夏に単衣を着て悪いとは申しませんが、本当に暑い時期に単衣は着てられませんよ。
しかしフォーマルとなると、昨今は夏の結婚式でも袷を着る方が増えています。
空調のきいた場所であればそれも可能ですね。

<長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

長襦袢は上に着る着物を考慮する必要があります。
正絹の絽や紗を着る場合にはやはり長襦袢も正絹の絽が良いでしょう。
とくに紗の着物は完全に長じゅばんが透けて見えますから気を抜けません。
麻や綿麻、夏紬などかたい着物を着る場合には何と言っても涼しさ一番の麻の襦袢がおすすめです。ほかに綿や綿麻の襦袢もあります。
これらは自分で洗えるのが魅力です。
麻にも絽麻と平織りの麻がありますが、平織りであれば夏以外の暑い日にも着られて重宝です。
下から薄くしてかまわないので単衣にも絽や麻の襦袢を着て差し支えありません。
半襟、帯揚げ、はやはり絽を用います。正絹、化繊、麻や綿麻などあります。着物にあわせて選びます。
帯締めは夏専用のものでなくてかまいません。
暑苦しさを感じない色や太さのものであれば袷と共用できます。
レースなど特別に夏用に組まれたものがありますが、それを使わなければいけないわけではありません。

帯は単衣には袷用の中から薄手のものを選んで締めますが、6月後半ごろからは夏帯に変えたほうが良いでしょう。
盛夏には夏帯です。夏帯とは絽や紗をはじめ素材が夏用に薄く織られたもので、袷同様にフォーマルとそれ以外があります。
ですから着物や場にあわせてどんな帯を締めるか考える必要がありますね。

また、附け下げにした方がよいか紬や小紋にしたほうが良いかは、やはり着る頻度で決めることだと思います。
フォーマルと普段着の共用ができないのは袷となんら変わりません。
普段には着ないからこそフォーマル、なのですから。
ランチやショッピングに着る着物と結婚式の着物は別にすることをおすすめします。

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単...続きを読む

Q店舗契約の着物のクーリングオフの可否について

まずは、契約からクーリングオフを考えるまでの状況を記載します。

先日扇子の購入を考え、着物を扱っている某チェーン店に初めて立ち寄りました。この時点で、店舗内に足を踏み入れていました。着物への憧れはありましたが、知識は無いに等しい状態です。扇子の購入のみを考えていて着物を購入するつもりは一切ありませんでしたが、雑談のついでのような形で店員さんに着物の安売りコーナーに案内されました。

着物の購入は考えていないと何度も繰り返し店員さんに伝えていましたが、「とりあえず試着してみて」と誘われ、試着だけならと、店の中程に入った所(商品で店の表からは見え辛い所)で何点かの着物を試着させてもらいました。この間も、一切購入しない事は言い続けていました。

最後に着物のような形で体にあてがった反物は、素人目に光沢がきれいで高価そうなものでしたが、店長が出てきて「この反物を仕立てて一式揃えたら幾らくらいになると思う?」と尋ねられた後、130万円程か?と返すと110万円弱という答えが返ってきました。

その後「決算期だから今しか出せない価格」「こんな値引きは初挑戦。皆には内緒で」「家の耐久年数よりも着物は長く持つから」「扇子の代金は頂かない」等々言われ、40万円弱の金額を提示されました。聞いているうちになんだか買わないともったいないような気持ちになり、つい契約書にサインをしてしまいました。その他、「着物のあらゆるトラブルに対応できるから」とのことでVIP会員の入会も勧められ、流れでサインをし、入会金3千円程を支払いました(ここでも「ほんとは3万円なんですよ」と、お得感を強調されました)。扇子は無料で引き渡されました。

帰宅したのちに、対応してくれたお店の評判や着物について興味がわいたのでネットで調べてみたところ、じっくり物を選ぶ時間や考える隙を与えられずに契約に持っていかれたことに気付きました。できるのであれば一旦クーリングオフをして、着物の知識をしっかりつけてから改めて購入を考えたいという思いに至りました。また、扇子は封を開けておらず、返品をしようと思いました。

そこで質問をさせていただきたいのですが、

・店舗での契約はクーリングオフができないと聞きますが、当初契約することになった品物を全く買うつもりが無く店を訪れた場合でも、クーリングオフができないのでしょうか。

・見積書(お客様控)の裏にはクーリングオフについての記載があります。契約書受領後8日間は申込みの撤回・解約をすることができると明記してあり、除外されるケースについての記載がありません。クーリングオフが有効と見て良いのでしょうか。

・VIP会員の明細書の裏にはクーリングオフの記載がありません。入会金の返金は諦めるべきでしょうか。すぐ解約するという形しか方法がないでしょうか。

・反物を仕立てに出してハサミを入れられると、クーリングオフが効かないという情報を見ました。契約した反物は一点ものであると聞きました。明日の朝一番に店へ行って、反物があるかを確認し、仕立てに出さないようお願いするのが良いでしょうか。それよりも先に消費生活センターに相談した方が良いでしょうか。

長々とした文章になり、申し訳ございません。
どうしたものか気になって明日の朝が待てず、質問をさせていただきました。
足りない情報があればご指摘くだされば追記いたします。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

まずは、契約からクーリングオフを考えるまでの状況を記載します。

先日扇子の購入を考え、着物を扱っている某チェーン店に初めて立ち寄りました。この時点で、店舗内に足を踏み入れていました。着物への憧れはありましたが、知識は無いに等しい状態です。扇子の購入のみを考えていて着物を購入するつもりは一切ありませんでしたが、雑談のついでのような形で店員さんに着物の安売りコーナーに案内されました。

着物の購入は考えていないと何度も繰り返し店員さんに伝えていましたが、「とりあえず試着して...続きを読む

Aベストアンサー

>・・・40万円弱の金額を提示されました。聞いているうちになんだか買わないともったいないような気持ちになり、つい契約書にサインをしてしまいました。

と云うことで、その時点では契約は成立しています。
その契約を解除できるか否かが問題ですが、
1、支払いは割賦ですか ?
そうであるならば、割賦販売法と云う法律に従うことになります。
2、割賦でないならば「特定商品取引に関する法律」になりますが、この法律は、訪問販売や電話勧誘等を対象としているので、本件とは関係なさそうです。
3、次に「契約書受領後8日間は申込みの撤回・解約をすることができると明記してあり」と云うことなので、これを考えますと、法律より契約が優先するので、8日以内ならば契約解除できそうです。
ただし、条件がなければ、ですが。
なお、VIPに関しては、着物と一体化しているので、着物が解除できれは解除でき、できなければできないと思います。

Q着物のそろえ方、買い方

独身40代です。着物に興味があり少しずつ購入しています。
同世代で同じ立場の知人に全く着物を着たことがない人がいたり、袷の訪問着だけで10枚もある方もいたりで驚いています。
その方のライフスタイルやお考えによると思いますが、大体人様がどれくらいのどういった着物を何着くらいそろえているのか知りたいのです。平均的なところでも。あと、これもあいまいで申しわけないのですが、訪問着、小紋、紬などの各着物に使ってもいい購入金額ってどれくらいでなのでしょうか?ピンきりだとは思いますが、これも平均的な相場が知りたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。40代既婚、着物愛好者です。
友人には独身者も多く同世代の着物仲間とのお出かけを楽しむのに着ています。
すでにいろいろと回答が寄せられているように、こればかりは個人の価値観によるところで、平均というのはないと言っていいと思います。
私の周囲を見ていましても普段着の紬にポンと大枚(いや、それなりに覚悟してと思いますが)出す方もいれば、もっぱら自分で縫っては着ているとかお譲りの着物を直して着ている方とか、それは様々です。
まずどういう用途でお召しになりたいかが一番で、「必要におうじて」揃えて行くのが一番です。

まず着付けを覚えてとにかく着慣れたいというならお下がりやリサイクルなどを上手に利用するのがいいでしょう。
そうするうちに着慣れると同時に目も肥えてくるし自分の好みの傾向がつかめます。
ある程度着慣れたら、自分が本当に着たい着物を探すと良いでしょう。
それが訪問着なのか紬なのか小紋なのか、はたまた木綿やウールなのか、それは人それぞれです。
嫁入り仕度のように「一通り」揃える必要はないと思います。
枚数も人それぞれ、平均などありません。

そう言ってしまっては何の回答にもなりませんから、ここではきちんとした呉服店(チェーン店等でない)で新品のある程度間違いのない着物を揃えるのにどれくらいの予算を見たら良いかという話をしたいと思います。
大変大雑把で私感もあり、仕立て代や裏地等を含まない価格であることをお断りしておきます。
木綿・ウール…1万円台から。夏物か冬物かにもよりますが2~3万円前後が最多価格帯かと。しかし手織りなら一気に値があがります。
色無地・小紋…確かな品が買える相場と考えるのは最低7万円くらいからです。小紋は柄付けの手間がかかるのでもう少し高めで10万円以上、20~30万円くらいするのも普通です。
新品でこのレベルに満たない価格の品は「染め」ではなく「プリント」である可能性を疑うべきです。
紬…無形文化財指定などの特別なものを除きます。機械織りの廉価品ならウールと変わりません。
手織りならやはり最低でも20万。通常30万円台以上みます。それ以下の物もありますが長いこと着込むうちには着心地の善し悪しがはっきり値段にあらわれますのでできればこれくらい見たほうが後悔のない買い物になるでしょう。
手織り紬の着物は今や実用よりも趣味の着物です。芸術品としての価値を求めるならそれこそ天井知らずですが、お値頃な物でも十分楽しめます。
付け下げ…柄付け次第でピンキリですが20万円台から50万前後までが妥当な金額と考えます。
訪問着…きちんとした場に胸をはって着られるものとすれば40万円台くらいから天井知らずですが100万を越えるような物は不要と私は考えます。
黒留袖、色留袖となるとこれ以上になるのは言わずもがな。必要かどうかも人それぞれの価値観によるものとなります。

また、初心者の方はつい着物の値段に気持ちが行きがちですが実は帯にお金をかけるのが通な買い方です。
訪問着にしても着物はそこそこのお値段の上品な柄ゆきのものにして帯をいいのにしたほうが何倍も映えるのです。
反対にせっかくのいい着物も陳腐な帯では死んでしまいます。
帯や小物は添え物という感覚で揃えるために、いい着物を台無しにしてしまってる方を正直多く見かけます。
洋服の場合でもシックな黒のドレスがアクセサリーや小物次第でどんなふうにも生きるように、着物自体はそこそこ、小物に手を抜かない、という揃え方をしたほうが結局は安物買いの銭失いになりません。

非常に個人的経験と見解からのアドバイスでしたが少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。40代既婚、着物愛好者です。
友人には独身者も多く同世代の着物仲間とのお出かけを楽しむのに着ています。
すでにいろいろと回答が寄せられているように、こればかりは個人の価値観によるところで、平均というのはないと言っていいと思います。
私の周囲を見ていましても普段着の紬にポンと大枚(いや、それなりに覚悟してと思いますが)出す方もいれば、もっぱら自分で縫っては着ているとかお譲りの着物を直して着ている方とか、それは様々です。
まずどういう用途でお召しになりたいかが一番...続きを読む

Q道行、コート、羽織について

桜の散る頃に脱いで、楓の色づく頃に着るという
慣わしがあると思うのですが
具体的に言うと
11月から4月上旬までは
道行またはコートを着て
帯を隠すというのがマナーなのでしょうか?
それ以外の
5月から10月までは帯付き姿でも良いのでしょうか?
単に寒いから着るものかと思っていましたが
わきまえないと、「帯び付き」という揶揄が
背後から来るそうなので
教えていただきたいです。

また、羽織はカーディガンのようなものといいますが
洋装では、コートの下にカーディガンも有りですが
和装では道行きやコートの下に羽織は有りなのでしょうか?
厚着になってしまい、変なきもします。

帯び付き姿の時に羽織るもののようなイメージです。
結構着物は暑いので、夜とか少し冷えたけれど
春だし、コートまではいかないでしょう、と言う時に
羽織る感じで良いのでしょうか?

どなたかアドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
きちんとめの小紋に無地の一つ紋の羽織を着れば、服装を整えた感がでます。
アンティークの着物のお店で、夏生地の黒紋付の羽織を見かけることはありませんか?
これなどは明らかに防寒の役割ではありませんよね。

また、同じ小紋に友禅の絵羽の羽織を着れば、お正月やちょっといいレストランへのおでかけに。
小紋の羽織ならば普通のおでかけ着です。
これらは「ただのおしゃれ」の用途です。

ご存知のようですが、洋装で言うなら道行きはコート、羽織はジャケットやカーディガンです。
道行きは汚れを防ぐために着るものなので、よそのお宅に伺うなら玄関前で脱ぎます。
これは洋装でも同じことですね。
コートを着たままお座敷に座りません。
反対によそのお宅の応接間で、勧められてもいないのにジャケットを脱ぐ人がいますか?
そんなことをしたら、「この人なんだか馴れ馴れしい」って思われてしまいます。
ビジネスマンならお客さんが訪ねてきたら、スーツの上着を着て、ボタンを留めてから応対するのと同じです。

羽織や道行きもやはり季節のものがあります。

真夏は紗や絽などのシースルーの生地で単衣仕立にします。
4~5月、9月終わりから10月半ばは、夏生地以外で単衣仕立てにします。
秋から冬は透けない生地を袷仕立てにします。
さらに真冬には綿入れ羽織にもできます。
これは真綿をごく薄く入れたもので、ほんの少しふっくらしてあたたかいのです。
鹿の子絞りの羽織も空気の層ができるせいか、すっぺりした生地の羽織よりもあたたかいものですよ。

秋から春に帯付では・・・というのは、季節的に寒々しく見えておかしい、ということではないかと思っています。
洋服でさえ、寒い季節にコートを着ずに歩いていたらみすぼらしく見えます。
季節感を大事にする和装ならなおさらだと思いませんか。

おっしゃる通り、桜の季節、日差しが明るくなったら帯付で十分なのですが、
個人的にはGW前までくらいは薄いストールくらいは羽織った方がかっこいいと思っています。
洋服ならUネックのワンピースに春っぽいカーディガンでも体感は寒くないけど、
首周りがでていると寒々しく見えて物足りないので、ストールやスカーフをふわりとあしらうかんじ。

私の場合、単衣羽織や夏羽織は自分の楽しみですね。
だっておしゃれしたいんだも~ん!というワケです。
真冬にミニスカートの裏にカイロをたっぷり貼ったり、真夏に純白の編み上げブーツをはく若い女の子と変わりません。
もちろん暑いものを我慢して羽織を着たりする必要はないのです。
でも少しくらいなら我慢して、自分が素敵に見える(と自分が思う)格好をしたいだけなのです(^^;)ゞ
そんなことありませんか?

ここ5年ほどの間に羽織の人気も盛り返してきて、素敵な羽織紐なんかも手に入りやすくなりましたよね。
うれしいことです。
あとは羽裏なんかの種類が増えてくれればいいんですけど・・・。

羽織の上に道行きや道中着を着るのはアリです。
重ねる時は羽織が隠れる丈にしてくださいね。
コートの裾から羽織が見えているのはかっこわるいので・・・。

防寒だけでなく、羽織には「あらたまった服装にする」「ただのおしゃれ」、
道行きには「塵よけ」という役目もあります。

女性の正装には羽織は着ません。
だから留袖や喪服用の羽織というのはありませんよね。
礼装用のコートを着て、目的地で脱ぎます。

礼装するほどではないおでかけ(入学式の付き添いや盆暮のご挨拶など)の時に、
き...続きを読む

Q男性の着物はおよそいくら?

こんにちは

茶道ではじめて着物を着ようと思います。
思い切って、リーズナブルなものを購入してもいいかなと思っているところです。

そこで、以下の質問があります。

1.一式(すべて)を揃えるといくらくらいになりますか?
(安い場合だといくらになるか教えてください)
2.何を買えばいいのですか?
(予備知識として教えてください)
3.着物を使うどれくらい前に、店に行くと間に合いますか?
(仕立ててある着物があるとも聞きました。その辺の事情も教えてください)

以上、よろしくご指導くださいますようお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。いちおう、和裁士のものです。

実は、ですね。
男物の着物って、見た目地味だけど、
けっこう高額になってしまうものだったのです。
それは女物の着物は、表地が派手なものが多いですね。
男物は、それと反対に地味だからこそ、反物そのものを
高価な良いもので仕立てていたのです。
そして羽裏と呼ばれる、羽織の裏地はそれはそれはとても
綺麗なんですよ。
見えないところにすごくおしゃれをしていたのです。
昔の人たちは、その羽裏の模様がいかに粋で華麗であるのかで、
その殿方の羽振りの良さを見たのですね。

…ちょっと前置きが長くなりすぎましたね。

反物は、絹の紬でなく、木綿の反物で仕立てれば、
かなりリーズナブルになります。
これだと、反物自体の値段も一万円以下にできるはずです。
袷で仕立てるのか、単で仕立てるのかで、
お仕立て代もかなり変わりますが、
最低でも、綿反物の場合、五千円は見た方が良いですね。
そうするとこの場合、着物代として一万五千円前後くらいかな?

あとは、揃えるものとして、羽織や、袖なし羽織を着るのか、
ということと、
下着の肌襦袢と、半襦袢もしくは長襦袢、
半襦袢着用なら、裾よけという、腰巻が要ります。
それと角帯、あとは足袋に雪駄。
腰紐も数本要るでしょう。
これで、3万円近くはかかりそうです。(羽織無しでの場合)
羽織を考えると、袖ありなしで変わりますが、
同種類の生地のものと考えても、一万円はいくでしょうね。

…合計すると、5万円以上は、いってしまうかも…。

お店に仕立てを頼む時は、一ヶ月みれば余裕ですが、
2週間くらいでも早く仕立ててくれるはず、です。
急ぎで1週間でも、やってくれるところもありますけど、
ちょっと難しいかな?

男の着物の、良いサイトがありますので、紹介しますね。
ここ、かなり勉強しています。(安いということです)
http://www.menz-kimono.com/

男物の和装関連品について、です。
http://www.kimono-taizen.com/know.htm

少しでも参考になればうれしいです。

参考URL:http://www.menz-kimono.com/,http://www.kimono-taizen.com/know.htm

こんばんは。いちおう、和裁士のものです。

実は、ですね。
男物の着物って、見た目地味だけど、
けっこう高額になってしまうものだったのです。
それは女物の着物は、表地が派手なものが多いですね。
男物は、それと反対に地味だからこそ、反物そのものを
高価な良いもので仕立てていたのです。
そして羽裏と呼ばれる、羽織の裏地はそれはそれはとても
綺麗なんですよ。
見えないところにすごくおしゃれをしていたのです。
昔の人たちは、その羽裏の模様がいかに粋で華麗であるのかで、
その殿方の...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q着物や帯の価格について

着物の帯と、作家モノと言われるものについてお尋ねいたします。知人が勤めている呉服屋チェーン店に寄ったとき、「問屋さんの蔵出し」という催しが行われていました。そこで見た帯なんですが、

●帯単体だと28万。
●帯だけ購入だと28万のところ、値段交渉の結果12万。
●着物とセットにすると、着物+帯+お仕立て代込みで25万。
●『伝統工芸士二代目仁衛門』と刺繍が入っているので、作家モノ。(でも、誰の2代目かはわからない。)
●西陣織り。絵柄の糸は帯の生地に織り込まれている。

お店の人によると、蔵出しは歳末セールなど、”価格を下げて売りつくす”という催しではないので、通常はモノを単体で買う場合は商品に付いている値段を下げてはいけないという決まりになっていて、本来なら帯だけだと半額以下にはならないし、作家モノで12万はお買い得…らしいです。帯は本当に気に入っているのですがどうしても価格などに疑問が残ってしまいます。何年かしてお金に余裕ができたら着物一式を揃えたいとは思っていたのですが、このような帯にはこの先出会わないかもしれないと思うととても気になります。けれど12万は私にとっては大金なんです。(>_<)

 そこで、教えて下さい。セットになればイキナリ半額ということは、表示されている元値は客のおトク気分を盛り上げる為でしょうか? 『伝統工芸~』といった字が入ったものでも作家モノになるのでしょうか? そもそもこの文字がどういう意味を指しているのかもよく分かりません。もし作家モノでなかった場合、商品が価格に見合うモノかどうかを判断するには、どういったところを見れば良いのでしょうか?
 実際にモノを見なければ妥当な値段か分からないとは思いますが、本当に困ってます。どうかご回答よろしくお願い致します。

着物の帯と、作家モノと言われるものについてお尋ねいたします。知人が勤めている呉服屋チェーン店に寄ったとき、「問屋さんの蔵出し」という催しが行われていました。そこで見た帯なんですが、

●帯単体だと28万。
●帯だけ購入だと28万のところ、値段交渉の結果12万。
●着物とセットにすると、着物+帯+お仕立て代込みで25万。
●『伝統工芸士二代目仁衛門』と刺繍が入っているので、作家モノ。(でも、誰の2代目かはわからない。)
●西陣織り。絵柄の糸は帯の生地に織り込まれている。

お店の...続きを読む

Aベストアンサー

この手の疑問には正直、専門家でもわからないナゾの部分が多いのです。
お店の仕入れや流通形態でも左右されます。
まったく同じメーカーの同じ品が銀座では地方より1割は高く売られていますし…。
ですので「目利き」と言うことが重要になるのですね。
これは経験と知識から「値頃」である事を判断するもので、○○織りならいくらが妥当、などと金額を査定できる事とはまた違います。
これが初心者の方にはサッパリわからない事ですし判断のしようがないところですね。
お品を実際に拝見すればGOかNOか判断できるのですが、言葉の上で言える事だけ申し上げておきます。

<セットになればイキナリ半額ということは、表示されている元値は客のおトク気分を盛り上げる為でしょうか?
そう思って差し支えないと思います。
ただし品が悪いという事ではなくチェーン店という事でそれだけの値引きをしても赤字にならないという事なのでしょう。
セット売りはチェーン店の専売特許みたいなものです。得意分野なのですね。
もともとの値段が妥当かどうかは判別できませんが。

<『伝統工芸~』といった字が入ったものでも作家モノになるのでしょうか?
これも正直どこからを作家物と呼んだらいいか明確な定義はありません。
作家さんはもともと職人さんです。メーカーや工房で独自の技法を産みだした職人さんやそれを受け継いだ人が「作家」と呼ばれるようになります。
そのような場合、きちんと姓名で名前を表すと思います。
私が「作家物」と認識するのはこのレベルです。
『伝統工芸士二代目仁衛門』とは伝統工芸士仁衛門の二代目という事なのでしょうが、仁衛門が個人名であるわけもなくいわゆるブランド名と捉えてよいのではないでしょうか。
というのもNO.1さんの検索された結果を見るとジャガード織りだとはっきり記載されています。
つまり手織りではないという事ですね。
機械織りの作家物…聞いた事ありません。私の推論でしかないので間違っていたらごめんなさい。
ただ、申し上げておきますと西陣織りの手織りの袋帯がその値段で出る事はまずありません。
ですが、そのような「ホンモノ」は非常にお高い事も事実です。
留め袖用の袋帯なら100万を越える物もザラです。
(悪徳業者は機械織りをこの値段で売りつけます)
慣れた人が見れば一目瞭然なほど品質は違います。

このような点を承知の上でお気に召したのなら買ってよいと思いますよ。
代々に受け継ぎたい上質な品を求めているのでなけでばね。

この手の疑問には正直、専門家でもわからないナゾの部分が多いのです。
お店の仕入れや流通形態でも左右されます。
まったく同じメーカーの同じ品が銀座では地方より1割は高く売られていますし…。
ですので「目利き」と言うことが重要になるのですね。
これは経験と知識から「値頃」である事を判断するもので、○○織りならいくらが妥当、などと金額を査定できる事とはまた違います。
これが初心者の方にはサッパリわからない事ですし判断のしようがないところですね。
お品を実際に拝見すればGOかNOか判...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング