お世話になります。

漫画家の弘兼憲史氏(代表作 課長島耕作シリーズ)が日経新聞紙面でこのようなことをおっしゃっています。

引用
島耕作流 夢のかなえ方
 「夢は必ずかなう」。そんな言葉をよく耳にします。「願えばかなう、だから夢を持ちなさい」というのは、1つの考え方としては理解できます。ただ現実の世界では、夢はいつもいつも、かなうものではありません。かなわない夢だってある。そんな現実を、子どもたちに早く教えた方がいいと思います。

■夢には期限をつけるべき

 例えば絵描きになりたい、という人がいます。東京芸術大学を10年も受験して、それでもまだあきらめない。酷な言い方ですが、こういう人はいいかげんあきらめた方がいい。現実を知るというのも大切なことなのです。夢にはかなうものとかなわないものがある。いつまでも夢を見続けるというのは、必ずしも幸せなことではないのです。
以下略
引用終了

http://www.nikkei.com/life/column/article/g=9695 …


絵描きになるには東京芸大の入学・卒業というのが必須なのでしょうか?
絵を描けばだれでも絵描きなのではないでしょうか?

「収入が伴わなければだめだよ」
というなら、中学・高校の美術の先生の学歴は、たいてい、国公立大学の教育学部美術科ってところですが、彼らは絵描きではないのでしょうか?

「レッスンの対価としての収入では絵描きとは言えん。自分の作品を売って収入を得て生活する人が絵描きなのだ」
というなら、絵をかいて収入を得ている人はみな絵描きですよね。では街中のデザインオフィスのデザイナーは全員東京芸大出身でしょうか? 原宿の路上や上野公園で似顔絵を描いている人たちも全員東京芸大出身?
YouTubeで有名になったスプレーアート(あれ、巧いですよね)の作者も東京芸大?

一体、弘兼氏、および「絵描きになりたくて東京芸大を10年受験失敗する人」の定義する絵描き、ってのはどういう人なんでしょうか?

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そもそも「絵かき」って表現がわかりにくくしてるんだけど、基本的に美術の世界には高級芸術(ハイアート)と大衆芸術(ローアート)という大きな区切りがあるのは知っていますかね?



おそらく質問者は高級芸術の絵かきと大衆芸術の絵かきをごたまぜにしてるから混乱しているのではないでしょうか。
これはおそらく質問者のせいでなくむしろ漫画家の弘兼憲史氏の発言も混乱を招くものだし、日本の美術教育のせいではないかと思います。

例えば漫画は一般にローアートですね、芸術大学で教わる内容というものは本来ならばハイアートに属するものですね。
つまり基本的には大学で芸術を学びハイアートの文脈(コンテクスト)で絵をかける人はとりあえず高級芸術の絵かきと考えて良いのではないでしょうか。
その他のいわゆる自己流的な絵かきやイラストレーションやアニメーションなどの絵を描く人を大衆芸術の絵かきと考えてよいでしょう。
この観点から見るとスプレーで絵をかいたとしてもハイアートの文脈を使っていれば高級芸術の絵描きさんです、と言うか実際にそういうアーティストもいます。ただ逆にどんなにスプレーでうまく描いても(仮に写実的にうまいとします)ハイアートの文脈に合わなければローアートの絵描きさんです。

そういう意味では本来収入はあまり関係のないことではないでしょうか?もし収入で絵かきかどうかを問うならば、ゴッホはおそらく絵かきでなくその他数多くの絵かきも絵かきでなくなるでしょう。中学高校どころか世界中の多くの大学教授でさえもこの定義だと絵かきではないでしょう。

ハイアートとローアートの区別のない日本では収入で絵かきかどうか区別することに集中してしまいがちですが、西洋では絵をかけば絵かきと言えるでしょう、ただ西洋で問題なのはハイアートなのかローアートなのかということです。

そういう区別を教えることができない日本の大学教育ひいてはそのトップである東京芸術大学というものがまず悪いのだと思います。弘兼憲史氏の発言も日本の芸術教育のせいでしょう。 もっとも「夢には期限をつけるべき」というのは芸術に限らず一つの考え方としてはありなのでは。

(補足:実際の西洋の美術ではハイアートとローアートの境界がなくなりつつあることが(やや古いが)今日の関心ごとの一つであると認識はしてるが、日本の美術の状態そういったことを持ち出すとややこしくなるので簡略化)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私はローな人間なので、ちょっと難しい解説でした。

お礼日時:2011/11/21 06:22

これはただの「一般人」に分かりやすい例えを言っているだけです。



ただそれに付け加えると


>絵描きになるには東京芸大の入学・卒業というのが必須なのでしょうか?

答えNOです。

しかし、藝大を10年も浪人しているような人は「藝大が絵描きとして必修」と「思い込んでいる」からそのような長い間受験をしているのです。

そう言う人にとっては、思い込みだろうと何であろうと「必修」なのです。この先、藝大に受かるかどうかの「才能」があるかは、人生80年なのでまだ分かりません。



しかし、10年も浪人していると言う事実は、「プロの絵描きとしては才能がない」と言わざる終えません。才能のある人は、藝大に受からなくても他の進路で「プロ絵描き」の夢を実現する術を持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

たとえ話なんですね。

お礼日時:2011/11/21 06:20

 


 眠れる森の天才 ~ いまはむかしのものがたり ~
 
 世界有数の競争倍率で知られる東京芸術大学美術学部は、だれにでも
合格できそうにみえるらしく、誰彼なしに受験するからでしょう。
 文学や音楽に対し、美術には理論不在だと誤解される傾向もあります。
 
 ところが国立大学なので、一次試験を突破するに、偏差値60以上の
学力が必要です。二次試験で、ようやく画力を問われますが、担当教授
の私塾で指導を受けた門下生が優遇されるので、門外漢は不利です。
 
 もちろん原則として、あってはならぬシステムですが、卒業してすぐ
「日展」などに入賞するのも、担当教授が審査員を兼ねていたからです。
 絵画市場には旧態依然の画商が君臨して、価格を支配しています。
 
 以上の条件を満たすのは、古今東西ダ・ヴィンチくらいで、ピカソは
三浪、ゴッホは(書類選考で)玄関払いされるでしょう。
 どの業界も、それなりの仕組みを知らないと、謎が解けないのです。
 
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1725986.html 売れなかった三人の画家
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060606 ダゲール以後の画家たち
http://d.hatena.ne.jp/adlib/18881223 修羅場の天才たち
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ところが国立大学なので、一次試験を突破するに、偏差値60以上の
学力が必要です。二次試験で、ようやく画力を問われますが、担当教授
の私塾で指導を受けた門下生が優遇されるので、門外漢は不利です。


教授が教授の職を利用して私腹を肥やしているわけですね。

うーん、なるほど、やはり国立大学の教授は黒い副収入が多いなあ、

医学部が「白い巨塔」なら、芸術学部は何でしょうね? 「上野の闇」かな?


> もちろん原則として、あってはならぬシステムですが、卒業してすぐ
「日展」などに入賞するのも、担当教授が審査員を兼ねていたからです。
 絵画市場には旧態依然の画商が君臨して、価格を支配しています。

あ、やっぱり絵の世界にも学歴やハクが必要なんですね。
ってことはスタートラインにつくまでがすでに出来レース、ってことですね。

売れるためには仕組みを知らないとダメなんですね。

お礼日時:2011/11/17 18:31

10年頑張って美大に受かることもできない程度のレベルなら、絵描きとして飯を食っていく才能はないと言ってるだけでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

10年ダメならダメですよねぇ。

お礼日時:2011/11/17 18:27

 大学はあくまでも例です。

他にも沢山あります。
 同じ大学ばかり狙っていて、何度も駄目な場合、駄目な絵をずっと守っていることなんですね。成長していない。よりよく作品を作り上げることが出来るのなら、合格は可能です。
 もし、大学に入れたとしても、出てからがまた苦労の連続です。コンクールなどで賞を取ることが大切です。多くの方に目に触れないと絵描きとして食べていけないです。売れなければ駄目です。

 それと、絵を描いてお金を貰って、数千円程度ではまだまだです。その人の絵を買いたいという気持ちにさせなければ駄目です。雑誌に連載をもてる。個展が何度も開かれるなど。

 そうなったとき、絵描きですと堂々と名乗れるでしょうね。

 作品を愛されて、一人前かな。

 
 でも10年受験ってすごいなぁ。まぁ、ライバルが多い中で勝ち残れないのなら、諦めるのが正しいだろうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

絵描きになるには大変ですね。

> 作品を愛されて、一人前かな。

全ての物事に共通する真理ですね。

お礼日時:2011/11/17 18:26

絵描きって別に美大出の人がなれるってものでもないでしょう。


描いた絵が売れなきゃ絵描きとは言わないと思います
絵を描いて生計を立てている人、公募展なんかに応募して
賞を獲得して認められ有名になり号いくらと評価され、個開いて絵が売れて、
でしょうが、それだけで食べていける人はほんの一握りでしょう。
後は絵の教師か、講座などで教えるか二足のわらじでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに絵が売れなきゃだめですね。

では、「絵描きになりたくて東京芸大を10年受験し続ける人」にとっての「絵描き」とは一体どういう人(経歴、マインド、技術技巧)なのでしょうか?

お礼日時:2011/11/16 16:13

東京芸術大学を10年も受験~というのは、ひとつのたとえであって、絵描きになるための必須条件というわけではないと思います。


目の前のことを必死で取り組み、その結果としてついてくるのが「夢の実現=絵描きになること」であって、「絵描きになること」そのものを目的にしてはいけない、ということなのでは。
つまり、言葉としてのわかりやすい「目的」より、現在その人がやっていること、その内容が大事だと。と、私は解釈しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、と思いました。

お礼日時:2011/11/16 16:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪芸大と東京芸大

この二つの芸大の入試難易度はかなり差がありますか?また関西だと京都市立芸大がトップですか?

Aベストアンサー

東京芸大は言わずもがなトップです。
芸大における東大です。
芸大における京大が京都市立芸大です。
行けるものなら行きたい、何浪しようが行きたい、そゆとこです。
ですから、入試難易度も同様に考えて下さい。
その2大芸大に受かるような人は他の芸大には受かるでしょう(同じ専攻なら)。
という説明でわかりますか?

大阪芸大は私大です。京都精華大学のように独自の学科を作ったりコダワリのある講師を呼んだりしています。憧れの職種に近づけるとか好きな作家がいるという事で選ぶ受験生も多いでしょう。

ちなみにどのような芸術家を輩出するかで大学の真価は問われるべきと私は思っています。鬼才中島らもとかね^^

Q私は芸大を志望している高校1年生なのですが、予備校に通っているわけでもなく特に小さい頃から絵を描いて

私は芸大を志望している高校1年生なのですが、予備校に通っているわけでもなく特に小さい頃から絵を描いていたわけではないので、恐らく周りの芸大志望の人に大きく遅れをとっていると思います。

なので、今からやって間に合うかどうかではなく、どの様なデッサンの練習をしたら効率よく質の良い練習になるか、画力向上には何が必要かを知りたいです。
描くときにどこを気をつけて描いたらいいのでしょうか?コツなどがあれば教えていただけると嬉しいですm(_ _)m

Aベストアンサー

あなたがどれだけ陳腐な質問をしているかと言うことが、予備校に行けばわかりますよ。
それまで何年もデッサンをやっていた人でも、美術部とか美術科のある高校でやってきた人でも、予備校へ行くとまずちょっとしたカルチャーショックを受けます。
実際に受験という現場で闘う相手がそこにいるからですよ。
こういう人達を自分は相手にするのだと実感すると思います。
もちろん敵は浪人生です。
浪人生のデッサン、えらく上手いですよ!
それでも藝大には受からなかったから浪人してるわけですよ。

こんなところでデッサンのコツおしえてください、なんて質問をして、よしんば答えてくれる人がいて、その人の言うことの意味をあなたは理解出来るんだろうか?
デッサンは実技ですよ。机上の勉強とは違いますよ。
現場で自分の五感を最大級に研ぎ澄ませてこそ感じ取れる学び取れるというものです。

また、あなたは自宅にアトリエでも持ってるんですか?
石膏像を何体も所有してるんですか?普通はないでしょう。
学校にも、普通の高校には美大受験に十分と言える設備や環境はありません。
水泳選手がプールに行かないと練習できないのと同じですよ。
そしてコーチがいて切磋琢磨できるライバルがいてこそ記録も伸ばせる、それと同じです。
だから予備校に通う必要があるのです。

あなたがどれだけ陳腐な質問をしているかと言うことが、予備校に行けばわかりますよ。
それまで何年もデッサンをやっていた人でも、美術部とか美術科のある高校でやってきた人でも、予備校へ行くとまずちょっとしたカルチャーショックを受けます。
実際に受験という現場で闘う相手がそこにいるからですよ。
こういう人達を自分は相手にするのだと実感すると思います。
もちろん敵は浪人生です。
浪人生のデッサン、えらく上手いですよ!
それでも藝大には受からなかったから浪人してるわけですよ。

こんなところ...続きを読む

Q絵の描き方など…

今私は絵のコンクールにむけて絵を描こうとしています。

何を描こうか大体考えているのは、

マンション・空・魚・時計・植物を書こうと思ってます。
色塗りとかも不安で・・・
遠距離方?とか立体的に書きたいんですけど、
どうして良いかまったく分かりません。

何か絵の事についてアドバイス・それ関係のサイト様
、ありませんか?

お願いします。

Aベストアンサー

「三原色の絵の具箱」松本きみこ著、
http://www.kimiko-method.com/books/books07.htm
http://www.tarojiro.co.jp/cgi-bin/SearchMain.cgi?operation=3&ISBN=4-8118-0063-X

Q似顔絵の描き方。

似顔絵を描く時のコツってありますか?

全く描けません。
描いても本人と似ても似つかないような絵になってしまいます。

特徴を誇張して描くってのはきいたことありますが
上手くいきません。。
なにか上手く描けるコツのようなものがあれば教えてください。

ちなみに人物デッサンのようなリアルな似顔絵ではなく
キャラクターっぽい似顔絵が描けるようになりたいです。

Aベストアンサー

ANo.#4です

「似顔絵を描く時のコツ」について改めて考えてみました。
kzoasさんのばあいは「特徴を誇張して描く」なんですよね。
わたしは、「相手の顔はみても、自分の描いている絵と見比べてはいけない(デッサンではないから)。」かな。
似顔絵に限った事ではないですけど、絵を描く時は、目と、手で考えているような気がします。「大きい、小さい」など、言葉に置き換えない(「こう」とか「こんな感じ」とか)。

>よろしければ訓練法も教えていただきたいのですが^^;

訓練というよりは、(わたしなりに)飽きてきた時にちょっとやっていた事を、一部紹介します。
(何人か描いてみて、ダメだと思うと、そこで嫌になるけど、ゲームとして考えると、次々取りかかれた記憶があります。)
◎自分では少し描きつらい程度の太いもので描いてみる(マジック等)。
◎知り合いの人(よく知っている人)を、思いだしながら描く(紙の上でにせていく)。
◎似ている人を描きわける。
◎目についた所から描いていく。
◎目、口等の位置関係だけで(パーツにこだわらないで)数人を描きわけ、次に、一番似てそうな人から、記憶を頼りに一ケ所だけなおしてみる。
良くなったと思ったら、もう一ケ所、という具合に、程よいところでやめる。
◎短い時間でかく。小さいものなら30秒、丁寧に描いても5分以内。

自分の描いた絵をみて、「結構、感じ出てるじゃん」と思えると、自分でも、次はどうしたらいいか、自然とアイディアが湧いてくると、思います。
良さそうな例があったら、暇な時にでも、試してみてください。

>大学入試のためデッサンは結構やったことがあります。

デッサンされてたのですね、では、「全く描けません。 描いても本人と似ても似つかない」というのは、少し大袈裟でしょう。
私の勝手な想像なんですけど、まだ、御自分の絵に慣れてないだけなのではありませんか?
理想の絵のスタイルがあると、自分の描いた絵とのギャップばかりが目について、勿体無いことに、真面目に取り組んだ自分の貴重な作品を、「へたっぴ」と勘違いしてしまう事がありますよね。違ってたら謝りますね。でも、ある程度トレーニングを積んだひとが、ここで質問する事を考えあわせたら、何かそんな気がしたもので。

似顔絵が上手だと、老若男女、国籍の差別なく尊敬の的になりますから、ぜひ頑張ってくださいね。

ANo.#4です

「似顔絵を描く時のコツ」について改めて考えてみました。
kzoasさんのばあいは「特徴を誇張して描く」なんですよね。
わたしは、「相手の顔はみても、自分の描いている絵と見比べてはいけない(デッサンではないから)。」かな。
似顔絵に限った事ではないですけど、絵を描く時は、目と、手で考えているような気がします。「大きい、小さい」など、言葉に置き換えない(「こう」とか「こんな感じ」とか)。

>よろしければ訓練法も教えていただきたいのですが^^;

訓練というよりは、(...続きを読む

Q絵描きが出てくる映画

お世話になります。

絵描き・彫刻家など芸術家が主人公の映画で
面白かった作品があれば教えてください。

Aベストアンサー

■アンドレイ・ルブリョフ(1969)
中世ロシアの壮大な歴史絵巻を背景に国民的イコン画家アンドレイ・ルブリョフの生涯を描く,
アンドレイ・タルコフスキー監督の大作。
ずっと昔,劇場で観たときは1部2部連続上映だったようで,
さすがに途中で寝てしまいました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1660

■ピロスマニ(1969)
グルジアの孤高の画家ピロスマニの「静かな」生涯。
隠れた佳作だと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19523

■カミーユ・クローデル(1988)
フランスの女性彫刻家カミーユ・クローデルの「激しい」生涯。
師であり愛人でもあったロダンへの思いがあまりに重く,暗い。
イザベル・アジャーニ,ジェラール・ドパルデューというフランスきっての名優の共演ですが。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4696

■バスキア(1996)
ストリート・アーティストから一躍時代の寵児となり,
27歳で世を去って伝説となった画家の「短くも濃密な」生涯。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=54740

■愛の悪魔(1998)
副題は「フランシス・ベイコンの歪んだ肖像」。
ビートルズやツィギーを生んだ60年代から70年代のロンドンの猥雑な空気が感じられます。
音楽は坂本龍一。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=84809

■フリーダ(2002)
メキシコの女性画家フリーダ・カーロの「激しい」生涯。
2002年公開の作品ですが,公式サイトがまだ営業中のようです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=240457
http://www.frida.jp/


「絵描きが出てくる映画」というのを
「絵描き本人が出演している映画」と解釈するなら,こんなのもあります。

■幕間(1924)
原案フランシス・ピカビア,監督ルネ・クレール,音楽エリック・サティによる実験的映画。
ピカビアやサティが自ら出演しているほか,マン・レイ,マルセル・デュシャンらも顔を見せています。 
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=22025

■黄金時代(1930)
ルイス・ブニュエルとサルバドール・ダリが「アンダルシアの犬」に続いて共同制作した作品。
マックス・エルンストが重要な役回りで出演しています。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3298

あと,ずっと時代が下がりますが,
1970年代にはアンディ・ウォーホルが何本も映画に出演していましたね。

■アンドレイ・ルブリョフ(1969)
中世ロシアの壮大な歴史絵巻を背景に国民的イコン画家アンドレイ・ルブリョフの生涯を描く,
アンドレイ・タルコフスキー監督の大作。
ずっと昔,劇場で観たときは1部2部連続上映だったようで,
さすがに途中で寝てしまいました。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1660

■ピロスマニ(1969)
グルジアの孤高の画家ピロスマニの「静かな」生涯。
隠れた佳作だと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19523

■カミーユ・クロ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報