最新閲覧日:

質問:今年の「ボジョレー・ヌーボー」美味しかったですか?

今年の「ボジョレー・ヌーボー」どうでした?個人的には「近年マレにみる不作」と云うか「マズカッタ」です。
7-11の「~~キュベ・スペシャル」を買いました。まぁ「ボジョレー・ヌーボー」は「味」より「初物」を楽しんでいますが。
渋みが半端無い。デキャンタリング(コップ半分シャバシャバ)しても渋みが苦味に変わるだけ。
相棒は「明日はシチューかハヤシライス」と「料理酒」決定のようです。
どうでした?輸送/保存の問題で「私(の買ったボトル)だけ」の問題でしょうか?
サスガに2本目を買って試すつもりは有りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


私は水増しか....と感じました
今年の夏は雨が多かったそうです。

 

この回答への補足

この場を借りて皆様に感謝を。特に「呑んだ感想」を書いてくださった#1さんをBAにさせて頂きます。

補足日時:2011/11/24 21:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いっそ「甘口」にしてくれたら良かったかも?
貴腐ワインやアイスワインの作り方なら、、、「ボジョレー・ヌーボー」じゃなくなりますか?
なんか「本格化」を目指して「フレッシュさ」が無くなった(悪くなった)気がします。

お礼日時:2011/11/17 21:18

ボージョレーヌーボを有り難がる人がまだいたと驚きです。

初物を食べると命が延びるとは、貧乏人の江戸っ子の心意気ですが、走りのものを誰よりも先に食べたいという貧乏人の意地。江戸っ子気質ですね。
私は三代は続いてない江戸っ子ですが、ボージョレーヌーボは飲みません。以前時差の関係で日本が世界で1番早く飲めるとかで、レストランで勧められ一口飲んで吐き出しました。ワインじゃないですね。今、私は中国のGreatWallを飲んでます。中国工場から・中国販社から帰国者や来訪者に頼んで運ばせてます。ボルドーの赤にも負けません。ましてや、ボージョレーヌーボなど足元にも及びません。他のご回答者さまからの意見にも有りますが、無価値な狂騒はもう卒業されては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まぁ習慣を変えるのはケッコウ「しがらみ」がねぇ。「やねこい(難しい)」ねぇ。

お礼日時:2011/11/24 21:42

毎年のボージョレヌーボー狂騒ごくろうさま。


ボージョレヌーボーにおいしさを求めるの方向違いでしょうね。
風物詩なんです。値段はお祭り価格です。値段とおいしさを求めるのであれば一般的なワインがおすすめです。

>フレッシュさ
ボージョレヌーボーは解禁日に合わせて収穫から瓶詰めまで非常な短期間で行われます。未熟なブドウを使用するのは普通です。作業も雑。酸を抜くために行うマセラセションカルボニクはフレッシュさにマイナスです。苦い渋い酸っぱい薄いは宿命というべき作り方です。短期間でつくるということをフレッシュといっているようなものです。

ボージョレのワインはまずいとフランスでは昔から有名なんです。安酒の代表だったんです。何も知らない新たらしい物好きなな日本人にヌーボーと名を付けてお祭り騒ぎで踊らしているんです。日本がもっぱらターゲットなんです。これを扱っている日本の輸入洋酒メーカーなんて酒を愛しているのか疑問ですね。安酒を輸入し大宣伝して高く売るのは商売人の常道ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ラプソディ(狂騒曲/狂詩曲)を踊っている自覚は有るのですが、「踊らにゃソン」とも思っています。
「初物を食べると75日寿命が伸びる」なんて伝統を持つ日本人ですから。「初カツオ」「新タマネギ」「春キャベツ」と同じ感覚ですね。

>ボージョレヌーボーにおいしさを求めるの方向違いでしょうね。風物詩なんです。値段はお祭り価格です。
おっしゃる通りです。ただ通年に比べても「今年」はマズカッタ。私の体調も影響したかもしれませんが。

>苦い渋い酸っぱい薄いは宿命というべき作り方です。
これも おっしゃる通りです。

美味しいモノに恵まれた この国で「マズイモノ」にお金を掛けれる。
これも贅沢の一つでしょうか?

お礼日時:2011/11/20 20:35

私の住んでるところでは当日の航空便より船便の方が種類も少しだけ多く価格も手ごろなのが多いのも理由ですね。


以前、近くにあった酒屋がワイン好きでいいワインやボジョレーを安く仕入れてたので良かったのですが・・・
コンビニ経営のため店を閉めたので残念な状況になってしまいました。
そのコンビニも営業に失敗し家は競売に・・・今はどこでどうしているやら・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うぅ 重いお話しやねぇ。再度 回答ありがとうございます。
3000円くらい/1本は まともなワインなら。。。うーん。
良いヒト(商売人)はソンする世の中は イヤですねぇ。

お礼日時:2011/11/20 19:47

今のようなブームになってからは値段と味が反比例していますね。


その昔と比べれば味が落ちてると思いますが値段はそれ以上に高くなってますね。

私は先取りだけの航空便を無理に買わずに船便をゆっくり待ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>私は先取りだけの航空便を無理に買わずに船便をゆっくり待ちます。
お値段は安くなりますね。「味」は、、、同じでしょうか?
イオンで買えるようですが、、、試す価値有るかなぁ?

お礼日時:2011/11/19 07:50

 ボジョレー・ヌーボーは速く作るために他のワインと違って手が抜かれていますので基本不味いんです。

ブドウを房ごと密閉容器に入れて人工的に炭酸ガスを注入したタンクにブドウを入れて2,3日で無理やり発酵させる。したがって不味いのが当たり前です。
 一部のボジョレー・ヌーボーは普通のワインと同じ作り方をしている。値段が高いがこちらはそこそこ美味い。
 まあ、普通に売らてているを通常のワインと比べるとボジョレー・ヌーボー不味いのが当たり前です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
まぁ「味」より「フレッシュさ」と云うか「グレープ・ジュース+アルコール」くらいの期待しかしてなかったのですけどねぇ。
コンビニ(7-11)が今回リキ入れてる(頑張っている)のを買ったつもりだったのですけど。

来年は「一部のボジョレー・ヌーボーは普通のワインと同じ作り方をしている。値段が高いがこちらはそこそこ美味い。」を試してみようと思います。

お礼日時:2011/11/17 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボジョレー・ヌーボーに合う家庭料理は?

主人がワイン好きで、今日は仕事帰りにボジョレー・ヌーボーを買って帰ってくるそうです。
せっかくなので赤ワインに合うような夕飯を作りたいのですが、いまいちピンと来ません。

私は白ワインをよく飲むので、赤ワインのことはよくわかりません。軽い口当たりのワインだから、あっさりした献立が良いと言われています。

でもパスタやアヒージョ、牛肉の煮込みなどこってり系しか思いつきません。ボジョレー・ヌーボー、どんな料理と一緒に楽しみたいですか?家でできる献立を是非教えてください。

Aベストアンサー

じゃ面倒じゃない「チーズフォンデュ」はどうでしょう。
バゲットだけじゃなく
ウインナーとか
エビとか
温野菜とか
きれいに並べて
いい感じになりますよ。
リゾットなんかあったら締めにいいかも。パスタも良いけど、トマトソースにするといいかな。
簡単だし、バジルを多めにしたら良いかも。

あー魚介のトマトソースパスタはどうだろう。
ラザニアとか・・・・。
もしくはニョッキとか。
うー食べたい。

え・・・・?パスタってこってり系だったんだ・・・とふと思う私。

ペペロンチーノを食べ終えたところです^^;

Q「スミノフカクテル タスカンレモネード」

4月15日に発売された、「スミノフカクテル タスカンレモネード」を探しています。

東北の仙台駅周辺で、販売している店舗をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仙台の土地勘はありませんが、百貨店や大手家電量販店の酒類売り場へ、
電話等で問い合わせをしては如何だろうか?
在庫数やその種類は以外に馬鹿にできませんから…。

もしくは、下記へ直接尋ねてみて下さい。

http://www.kirin.co.jp/customer/contact/

他社の食品(缶詰)についてですが、
私の近隣のスーパーから取り扱いが消えてしまったので、
直接、メーカーに問い合わせたことがあります。

その時の電話では、直ちには分かりませんでしたが、
数日後に、卸先(取扱店)を調べて連絡を頂いたことがあります。

Q花の香りの「リープフラウミルヒ」

35年ほど前に好んで飲んでいたワイン「花の香りのリープフラウミルヒ」をもう一度飲んでみたくなり
ネットショップ等で検索をかけてみましたが「これだ!!」という物はヒットしませんでした。

そのワインで覚えている事は・・・

  ①「なで肩、うす茶色の瓶」である事(ドイツワインの特徴ですよね?)
  ②表ラベルに「リープフラウミルヒ」の文字と「何か絵らしきもの」(思い出せない)
  ③裏ラベルに「Q.b.A」である事と「花の香りがするワイン」である事が書かれていた事
  ④当時の価格は、1,000円しなかった記憶あり
  ⑤検索で一番ヒットした「MADONNA」ではない

・・・の5つくらいです。

ワインに詳しい方、上記の5つの情報から何か判ることはありませんか?
もし、何か分かる事が有りましたらご教示下さいませ。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ソムリエです。
リープフラウミルヒのQBAはとてもポピュラーなワインで生産者も多いので、かえって候補がいくつもあり絞り切れませんが、、、

1)なで肩でうす茶色ということで、ある程度地域がしぼれます。
茶色の瓶を使う地域は
・ライン川流域(ラインガウなど)や、ラインヘッセン、ファルツ、ナーエ。これらは「リープフラウミルヒ」という名前を使えると法律で決められている地域でもあります。

2)と3)については、ほとんどすべてのリープフラウミルヒが該当します。リープフラウミルヒとは「聖母の乳」という意味なので、絵柄も聖母が赤ん坊を抱いているものですし、ワインジャンルをしめすものは必ずラベルに書かなければいけませんので。

4)価格については35年前と今と同じとは断言できませんが、QBAでしたらヴィンテージもののように値段の上げ下げが激しくないので、上がったとしても手軽な価格帯のままだと考えます。

なのでお探しになるのでしたら、(1)の4つの地域で1980年より前に創業していたワイナリーの作ったもので絞られるのがよいかと考えます。ネットでみつかるものは大量生産されている大手が主なので、もし小さなワイナリーのものでしたら酒屋さんの方がいいかも。

ネットで見つけるものの中から候補をあげるとしたら
(1)ペーターメルテス、ラインヘッセン
これならばマドンナと並んで大手で1920年代からワインを作っています。
http://item.rakuten.co.jp/sakeishikawa/4955069000057/

(2)シュロスベルグ ラインヘッセン 
こちらも1980年より前から作っています。
https://s501.asuka.jp/kakaisaketen.com/54_2903.html

ソムリエです。
リープフラウミルヒのQBAはとてもポピュラーなワインで生産者も多いので、かえって候補がいくつもあり絞り切れませんが、、、

1)なで肩でうす茶色ということで、ある程度地域がしぼれます。
茶色の瓶を使う地域は
・ライン川流域(ラインガウなど)や、ラインヘッセン、ファルツ、ナーエ。これらは「リープフラウミルヒ」という名前を使えると法律で決められている地域でもあります。

2)と3)については、ほとんどすべてのリープフラウミルヒが該当します。リープフラウミルヒとは「聖母の乳」...続きを読む

Q「自ビール」はどこまで作れる?

この前東急ハンズに行ったら

「自作で作れるビールキット」

が売られていた。
私の実家では父が「梅酒」を作って飲んでいた。
「自ビール」は、アルコール度数はどこまで作れるのだろうか?
(市販ビールは、約4~6%

Aベストアンサー

まず「梅酒」の件ですが、販売されている蒸留酒(焼酎とかブランデーが多い)を使用してこれに果実を漬け込むことは、無からアルコールを作り出すわけではないため、酒税法でも公式に認められています。
ただ、果実のうちブドウの使用だけは禁止されています。それはブドウは簡単に発酵してしまい、新たなアルコール分が追加される恐れがあるからです。

一方、「自家製ビール」の方は禁止されており、#1の方の回答通りです。
個人がビールを製造するレベルの少量であれば、年間60klの製造免許付与の最低量には到底達しませんので、免許自体が与えられることもあり得ません。

酒税法は間接税の中でも、かなり大きな部分を占めています。
従って、国税庁は(というよりは財務省は)、酒造業者から何とか間違いなく酒税を確実に取ろうとして、免許制にし、業者を監視・管理しているのです。
今年発生したサッポロが第三のビールであるとしていた「極0」を酒税法違反として、発泡酒の酒税を追加徴収したのが、典型的なものでしょう。

私に言わせれば、個人が自家用として飲む量なんて、メーカーに比べたら、たかが知れています。
そんな少量のビールに酒税を課しても、国庫収入への影響なんてほとんど無いも同然です。
細かいことを監視するために労力を費やす方が、はっきり言って税金の無駄遣いです。

ですから、むしろ酒税法の規定自体を改正して、
「個人消費が目的の、酒類の自家醸造は認める」とした方が、どんなにか実態に即したものとなると考える者です。

私は以前、このOKWave質問で「シードルの作り方」を見、過去にも同様なQ&Aがあること、他のQ&Aサイトでも似たようなやり取りが多くあることに気づきました。
シードルはリンゴ果汁を発酵させた軽発泡酒ですから、これを自家醸造することは明らかに酒税法違反行為なのです。

このような世間での実態を踏まえて、私は国税庁のHPの「ご意見・ご要望」欄を利用して、
「家庭での自家醸造の蔓延について」と題する意見を提出したことがあります。
国税庁にしても、このような細かいことに目を光らせるより、現状の実態に合わせて、自家醸造を合法とすべきではないかとの意見です。

それに対する国税庁の回答は、
「自家醸造については国税庁HPにおいても注意喚起を行っている。」
「調査・指導を行ったのかなどの、個別にわたる事柄についてはお答えを差し控えさせて頂きます。」
という内容の当たり障りのない、表向きの表現だけでした。

世間の実態は把握しているものの、どうしようもないとあきらめているのでしょう。
であれば、「ビールキット」にせよ、「シードルの自家醸造」、あるいは「ワインの自家醸造」なども、酒税法違反になる場合を理解した上で、こっそりと実行すれば大した問題にならないとも解釈できるのですが・・・。

まず「梅酒」の件ですが、販売されている蒸留酒(焼酎とかブランデーが多い)を使用してこれに果実を漬け込むことは、無からアルコールを作り出すわけではないため、酒税法でも公式に認められています。
ただ、果実のうちブドウの使用だけは禁止されています。それはブドウは簡単に発酵してしまい、新たなアルコール分が追加される恐れがあるからです。

一方、「自家製ビール」の方は禁止されており、#1の方の回答通りです。
個人がビールを製造するレベルの少量であれば、年間60klの製造免許付与の最低量...続きを読む

Q「赤から」で辛くない食べ物はありますか?

会社の飲み会で、「赤から」に行く事になりました。
私は、辛いものがとても苦手で、
七味やわさびなど、少量でも含まれていると食べられず、
やむを得ず口に入れる場合(接待の席で寿司など)は、
涙が止まらなくなり、口から喉にかけてしばらく痛みを感じます。

そんな私でも食べられるメニューが「赤から」にあるでしょうか?

会社の飲み会なので、おそらくコースで出てくると思いますが、
唐揚げや鍋は、ホームページで見る限り辛そうなので、諦めています。
その他の前菜などで、辛くないものが出る可能性はあるでしょうか?

辛いものづくしだと、飲み物とデザートしか口に出来ないので、
憂鬱で、周りにも気を遣われてしまう飲み会になりそうです・・・。

心の準備をしておきたいので、
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

店舗によっては無い可能性がありますが

「0辛」は、その名の通り全く辛くありませんよ

(一度、店員さんに聞いたことがありますが、そこの店員いわく、コース料理中で辛さを選べなくて辛いのは一品二品だけだそうです)

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報