ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

初めての質問になりますが、よろしくお願いいたします。

現在学校のプロジェクトで Affordance=「動物と物の間に存在する行為についての関係性そのもの」について調べております。
自分では無意識にそれを認識できるもの、例えば蛇口はひねるもの、青信号は進むやタンスの引き手は引くものという様に解釈しています。

その無意識に行っている行為のうち読む/書く行為。この文章は左読みで書かれていますが、本来の日本語の書式は縦書きで右方向に読み進めて行くもの。この左横書きは英語やその他のヨーロッパの地域で広く使われている書き方ですよね。アラビックはその逆の右横書き。

地域によってAffordanceが変わる。
これにはやはり訳があるはずだと思いいろいろ検索した結果、
3,500年ほど前、文字が作られた当時のアラビア世界、文字は石版に、鑿(のみ)と槌(つち)で石に刻み込まれた。人間は圧倒的に右利きが多い。左手で鑿を持ち、右手に持った槌で鑿の頭を叩き文字を石版に刻む。物理的に右から左に進む方が作業しやすい。石版文字文化は「右から左」を選んだ。
時代が進化し、紙(パピルス)が作られるようになると、文字はインクで書かれる様になる。右手で文字を右から書くと、インクを手でなするようになり書きにくい。所詮、「言葉が生み出されたのが先」で「文字は後」、書き方はどうにでもなる。書くのに便利な方がよい。書くのに便利な方、即ち、紙文字文化は「左から右」を後世の人は選んだ。紙が利用されるようになっても石版文字文化に慣れたアラビア世界は「右から左」形式を継承した。
参考URL http://dankaisedai.iza.ne.jp/blog/entry/1493553/

この仮説が横書き文化のなかでは一番有力なのではないかと思います。
もしほかの説があれば是非聞かせていただきたいです。

日本における縦書き文化は中国から受け継がれたものでもあり、古代中国語が縦書きだったのは、文字を記していたモノに由来します。
古代中国語が文字を記していたモノとは、「竹」です。
よく日本の遺跡などから「木簡」というのが出土することがありますが、あれはなぜ木に書いたかというと、古代中国の「書類」が竹をうすく削いだものを並べてひもで結び合わせたものを使っていたのでそれがそのまま日本に輸入され、けれども日本では竹より木のほうがはるかに身近な素材であったので、慣習的に公的文書などでは「紙」よりも重宝がられていたのですよ。なにしろ当時、「紙」は超貴重品でしたから。
参考URL http://riki615.sblo.jp/article/28975684.html

この説も縦書き文化で一番有力だと思います。この件に関しても他の説がありましたらお伺いしたいです。

ここで本題なんですが、モンゴル語も日本語と同様に中国からの影響が濃いため縦書き文化なのはわかります。しかし、なぜモンゴル語はなぜ左から右へと行を進めるのか?
反対に日本語、中国語はなぜ右から左へと行を進めるのでしょうか?
今まで縦書き文化、横書き文化について述べてきた様に、なにかしら訳があるのではないでしょうか?

ご教授の方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    #1です。

補足です。

    書き方の方向を纏めた例には下記があります。
    http://www.w3.org/International/questions/qa-scr …

    僕はド素人ですが、行き過ぎると、「中千家の人はみんなぎっちょだ」みたいな結論になるのでご用心。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたお返事ありがとうございます。

なにか理由があるとは思うのですが。。
うーん、本当はそんな結論なのかもしれませんね。

もう少し調べを進めてみます。
行き過ぎないように注意しないと。。

お礼日時:2011/11/20 03:58

私は中国語・日本語の右から左がむしろ不自然でモンゴル語が正しいのではと考えます。


上から下に書くのは自然の摂理だと思いますが、横書きの場合はどちらでも同じです。
同じであれば世界をリードする欧米の言語が横書きなんですから、それに合わせて左から右へ書くのが便利です。
翻訳なども逆方向ではやりにくいし、第一、数字は12345となっているんですからおかしなことになるんです。
縦書きの場合でもどちらかというと左から右がより国際的な慣例に添っていて良いと思います。
縦書きでも左から右にすればどのようなメリットがあるかというと本が縦書きであろうと横書きであろうと同じサイドが表紙になるんです。これは便利だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私は自然に私たちに身に付いてるものをAffordanceと定義しています。
何が不自然で何が自然なのかは場所によって変わることを今までの調べでわかりました。

私は大きな流れに任せるのではなく、その土地固有の文化を生かしその文化が育てたものの理由が知りたいのです。

お礼日時:2011/11/19 11:04

世界には Boustrophedon という書き方もありますよ。


    http://www.omniglot.com/writing/direction.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

私も他の読み方ができる言葉も調べていたんですが、調べていくうちにきりがなくなり現在使用されている言葉にしぼって調べを進めております。

とても参考になるサイトなんですが、まだまだ調べが必要みたいですね。。

お礼日時:2011/11/19 06:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング