最近子供向け番組でジャンケンを英語でやっているのを
見て疑問に思いました。
「ストーン、ペーパー、シザー、ゴー!」という掛け声で
やっていたのですが、ジャンケンの発祥はどこなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足説明


じゃんけんの起源関連のURLです。

square.umin.ac.jp/~massie-tmd/jyanken.html

www.netlaputa.ne.jp/~tokyo3/kigen.html

www.asahi-net.or.jp/~tx2h-mtok/mes97092.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧に補足頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/05/16 23:30

答えにはならないかもしれませんが参考までに


「ブータン」では日本と似たジャンケンがあるようです。
テレビでやっていました。ブータンはモンゴル系民族です日本と共通のことが
多いので参考までに

参考URL:http://www.geocities.co.jp/NeverLand/1979/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

他の方もおっしゃってますが、やはり
東アジアのどこかで生まれたのでしょうか。
モンゴル系民族に伝わったものなのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 08:34

日本で生れたと思っていましたが,,語源からは中国語の「両拳」liangquanからとの説を広辞苑には載っています.エジプト,ロ-マ、ギリシャ、欧米ではないことはたしかだとおもいます。

なせならば、古代、(ロ-マ時代とか)を扱っている映画には,「じゃんけん」よりコインの裏表を良くしていますから.
東南アジア(私の知っているのは,インドネシア、知らないけれどあるのはベトナムなど)でも「じゃんけん」に似たものがありますが,グ-,チョキ,パ-ではありません., 中国の人はじゃんけんを知らないかなと思っていましたが知っている人がいました.日本にきて知ったかもしれません.東南アジアに広がっていることを考えれば,東南アジアのどこかが発祥には間違いないと思っています.中国で廃れたかもしれませんが、日本に残るときもありますから,「じゃんけん」の言葉からは中国が妥当と思います.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「両拳」liangquanと広辞苑に載っているのですか。
日本以外の東アジア発祥なのでしょうか。

お礼日時:2001/05/06 08:31

じゃんけんは中国か東アジアのどこかで生まれ各地に広まったようです。


中国人の移民を通じて、植民地に暮らした家族を通じて、最近ではアジア人の子供が父親の仕事の関係で世界中に住んでいるので新たに子供を通じて広がっているものと思われます。しかし、こうして広まった国では、国民誰でもが知っているわけではないので、調査すれば昔からの習慣かどうかは分かるでしょう。

専門に研究している人もいるようです。じゃんけんの世界普及地図のURLを下記しますので参考にしてください。またサイトをあちこち覗けば求めている答えが見つかるかもしれません。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/rpsmap.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
東アジア発祥なのですか。そういえば「拳」って「けん」とも
読みますね。
世界普及地図のURLありがとうございました。意外と知ってる国が
あるのですね。もしよろしければ普及地図の載っていたサイトも
教えて頂きたいのですが。

お礼日時:2001/05/06 08:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qじゃんけんのぐー・ちょき・ばーのイラストか文字

ワードでじゃんけんのぐー・ちょき・ばーのイラストかイラスト文字を使いたいのですが、どうしたらよいでしょうか。どこかにありませんか?できれば、すぐに教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
指文字に参考になりそうなものがありましたが、
どうでしょうか?↓

大阪手話 指文字フォント
http://park2.wakwak.com/~tat/font/font_f.htm
[ゆびもじボード]で「う」「さ」「て」が「チョキ」「グー」「パー」に
見えるので確認を。
http://park2.wakwak.com/~tat/yubi/yubi_f.htm

Q【醤油の歴史】 醤油は日本発祥?中国発祥?韓国発祥?

先日、中国人・台湾人・韓国人、アメリカ人などの友人たちとご飯を食べに行きました。
「醤油はSoy sauceと呼ばれ、世界的に有名な調味料だよ。」とアメリカ人(クリス)が言ったので、
私は「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」と言うと
隣の中国人(プーチン)が「ちょっと待て!醤油はおよそ3000年前の中国で発祥したんだよ。中国発祥だ。」と言いました。
すると韓国人(パク)が「醤油は韓国発祥だ。」と言いました。
そこにいた全員が「韓国人が言う歴史だから・・・」といつものように無視したのですが、
醤油は日本発祥?中国発祥?韓国発祥?なのでしょうか?


調べてみると、中国にも大豆から作る「ジャンユ」があります。
韓国ではカンジャンと呼ばれる醤油があります。
インドネシアでも大豆を原料としたケチャップマニス・ケチャップアシンが使われています。
タイでも魚醤であるナンプラーがあり、大豆から作られた醤油(シーユー)もあります。
日本人が多く移民し、現在も日系人が多数在住しているハワイでも独自の醤油が生産されています。
日本では1640年代頃の寛永年間に、1年で製造できるこいくち醤油の生産が開始され、うすくち醤油は、1666年、円尾孫右兵衛によって開発されたとされています。

また「醤油のルーツは、古代中国に伝わる“醤(ジャン)”である。」という説から、「醤油は日本独自の調味料文化である。」という説など、多数ありました。

もし日本の薄口・濃口醤油が中国発祥なら、タイのナンプラーやインドネシアのケチャップマニスも中国発祥ということになりますか?

先日、中国人・台湾人・韓国人、アメリカ人などの友人たちとご飯を食べに行きました。
「醤油はSoy sauceと呼ばれ、世界的に有名な調味料だよ。」とアメリカ人(クリス)が言ったので、
私は「醤油は16世紀に和歌山県(紀州)で発明された日本独自の調味料だよ。」と言うと
隣の中国人(プーチン)が「ちょっと待て!醤油はおよそ3000年前の中国で発祥したんだよ。中国発祥だ。」と言いました。
すると韓国人(パク)が「醤油は韓国発祥だ。」と言いました。
そこにいた全員が「韓国人が言う歴史だから・・...続きを読む

Aベストアンサー

ルーツ・発祥などは「伝搬ルートが解明される事」によって特定出来る物だと言えます。

たとえば日本の麺類、蕎麦・うどんは明らかに中国にルーツを持ち、伝搬時期より前の物はありません。この場合、明確に「日本の蕎麦・うどんは中国に起源を持つ」と言える(うどんは中国で言う「雲呑」の訛ったもの)訳です。

さて、今回の醤油で「明確にルーツを特定出来る」でしょうか。
私は存じませんでしたが、質問者さんの調べた所に寄ると「明確な伝搬ルートは特定出来ず、同時発生的に生まれたとしても無理はない」のではないでしょうか。

先に生まれていたとしても伝搬がつまびらかでなければ、起源を名乗るのは異な物なのではないでしょうか。
これはたとえば日本の足軽と、イングランドのKnightについて、どちらかが先に生まれたとしてもそれを以て起源とする事は無理がある事と似ています。醤油について先に生まれたという事だけではなく、交易・文化交流の有無、文化伝搬などと併せて考える必要があるのではないでしょうか。

Qイラストをネットから使用した本を刊行する場合、広報や教科書や著者不明のネットのイラストは無料ですか。

無料でネットのイラストを本に小さくのせて発行したいです。どのような問題が起こるでしょうか。
広報のイラストの場合は無料でしょうか。
教科書のイラストは どうでしょうか。
イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。

Aベストアンサー

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め、回収指示、著作物の機会損失金銭被害請求、慰謝料の請求など。
ようは泥棒です。

>広報のイラストの場合は無料でしょうか。
有料。頒布範囲が無制限なので高いです。利用料の計算は基本、利用料☓複製枚数。
>教科書のイラストは どうでしょうか。
有料。著作権の買い上げが必要。そうしないと教科書として採用されません。
>イラスト者が分かった場合、相場はいくらでしょうか。
金で解決すると思うなよ。他にも権利保有者がいるのです。
>イラスト者が分からなかった場合 どうなりますか。
許諾のとりようがないので、あなたの発行物は著作権侵害の汚名を拭えない窃盗剽窃物。
それはあなたに権利がない事と同様になります。

再度書きます。著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。
他人の褌で相撲を取るな。

全部のイラストに著作者がおり、著作権が発生し、著作権保有者がいて、著作権フリーを明記されていないイラストの利用は、すべて著作権侵害行為になります。
どんな作品にだって製作コストは発生し、掲載利用できる以上金銭価値の権利を持ちます。
無料ってのは作品の無価値を査定すること。権利者は作品を金銭価値0に扱うそんな利用者に許諾しません。
著作権は、財産権であり、寡占権。許諾しない限り使わせない権利なのです。

>どのような問題が起こるでしょうか。
著作権侵害行為による、発行物の差し止め...続きを読む

Q初心者向けの歴史本(社会人向け)

社会人・女性です。
いまさらですが、歴史がわかりやすいお勧めの本をご紹介ください。
最近のはやりで、いろんなところで歴史の話題になることが多く(どの歴史上の人物が好きか、とか影響を受けたか、とか)話題に入れません。
常識としても知っておいたほうがよいと思い、本を読んでみようかと思います。
歴史にはあまり興味がなく、学生時代の成績もよくありませんでした。
なので、できればわかりやすく、1冊に多くの人物が描かれているものがいいなと思います。子供向けでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 雑学の本で歴史のことを書いているものがよいと思います。
 戦国大名のことなら、つぎの本がお勧めです。

 http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E9%9B%91%E5%AD%A6BOOK-%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E6%88%A6%E5%9B%BD%E5%A4%A7%E5%90%8D-%E6%A0%BC%E4%BB%98%E3%81%91-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4862980104/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1293258466&sr=1-4

Q無料のイラスト

よろしくおねがいします。

介護保険にまつわる、文書(リーフレット)を作成するところです。

おじいさん、おばあさん、介護スタッフ、家など図式化する際、わかりやすくするためにイラストを、と思っているのですが、なかなか無料でイラストを提供してくれるサイトがないようなのです。

もし、どこかご存知のサイトがございましたら教えて頂けたら幸いです。

イラストの素材集なども購入も考えたのですが、経費の都合上、出来たら無料で、を図々しいのですが考えております。

Aベストアンサー

ご希望のイラストがあるかどうか、わかりませんが・・・・・・
http://www.printout.jp/clipart/
かなり自由に使わせていただけるようです↓。
http://www.printout.jp/form/help/help_top.html

Qチャイナドレスの発祥

横にスリットの入ったチャイナドレスは、いつ頃に生まれたものなんでしょうか?

Aベストアンサー

もともとはウィキペディアにあるように、結婚用とかそういった礼服であったのですが・・
スリットは、騎乗が本来の目的ですが、動きやすいという理由に移り、現在では脚線美のためになっていますね。

もともと中国には、旗袍という満州族の女性服がありました。
で、清王朝が倒れる辛亥革命のころになると、そのデザインを洋服に適応したものがあらわれます。それがチャイナドレスの原点です。

中華民国の世になると、女性の社会進出も進み、女性公務員もでてきました。
そのころからだんだんチャイナドレスは、現在の代物に近くなっていきます。
で、蒋介石が1929年に女性公務員について、制服、礼服を定めました。それがチャイナドレスです。
チャイナドレスが選ばれた理由としては、セクシーかつ経済性、機能性にすぐれている・・・ということです。

で、チャイナドレスは2流あるとも見れますね。
いわゆる、普通の平服系のチャイナドレス(現在に続く、「普通の」おしゃれ着の系列。旗袍の子孫)と、礼服系のチャイナドレス(深いスリットがある、日本で「チャイナドレス」といわれている代物。こちらは、モデル着とでもいいましょうかね。旗袍と洋服の折衷)の2つです。
もちろん一般的に広まっているのは前者の流れ。
後者は、現状はどちらかというと、公の場などでしか見られない代物になってはいますね。さすがにあそこまでスリットが深く、扇情的な代物は、たとえ中国でも街中では滅多に見られないと思います。

参考URL:http://www.touekiki.com/tkrekishi.htm

もともとはウィキペディアにあるように、結婚用とかそういった礼服であったのですが・・
スリットは、騎乗が本来の目的ですが、動きやすいという理由に移り、現在では脚線美のためになっていますね。

もともと中国には、旗袍という満州族の女性服がありました。
で、清王朝が倒れる辛亥革命のころになると、そのデザインを洋服に適応したものがあらわれます。それがチャイナドレスの原点です。

中華民国の世になると、女性の社会進出も進み、女性公務員もでてきました。
そのころからだんだんチャイナド...続きを読む

Q無料で入手出来るイラスト

イベントの案内文のイラストに困っています。
白黒のイラストで無料で入手出来るサイトを教えてください。

リソグラフを使用して印刷する予定なので、
カラーイラストだときれいに写りません。
イラスト集も使い古された物が多く 新しさに欠けます

他に何か良い方法があったら、あわせてお願いします。

Aベストアンサー

「フリー素材」でネット検索すれば、イヤと言うほど出てきます。
イベントの種類(秋祭り、運動会、美化運動、文化祭、写真展、バザーなど絵柄が違います)、印刷したい大きさ(パンフレット、大きなポスター、はがきなど)などによって、欲しい絵柄は違うでしょうから、ここが良いとは言えませんが、探して見てください。

モノクロ素材を探すのは難しいでしょうから、画像処理ソフトでモノクロ変換することをお薦めします。
私はそうしていますよ。
カラーの素材を入手して、単色変換したり、複数の素材や風景を重ね合わせて使っています。

ひとつだけサイトを紹介しましょう。
ヒサゴ伝票(株)の「テンプレートバンク」です。

参考URL:http://www.templatebank.com/

Qお金の発祥

金銭というものの発祥について質問です。

お金というものはどこで生まれたんですか?
またどこかで発生して、世界に広まったんですか?
それとも各国でそれぞれ発生したんでしょうか?

以上、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

金銭の定義ははっきりしません。
通貨というと広義になるので、金属の貨幣ということに
します。   コインですね。

貨幣については、漢字圏では字の通りもとは貝です。

1.中国では古く寶貝などを貨幣として使いました。
殷~周代(BC  約1000年位まで)
周から春秋戦国時代にかけ、寶貝を模した「貝貨」が登場
します。   土、石、銅製のほか貝に金メッキ?したもの
など出土しています。
これらは糸でつなぎ十個つないだものを「一朋 いちほう」
といいました。
王が臣に褒美として与えたと刻まれている銘文があり、
貨幣のように使用されたと考えられます。
しかし貨幣であることを示すしるしがなくコインとは呼べない
でしょう。

コインと言えるのは BC 660年位の斉の国の「刀貨」と
か「布銭」とよばれるもので、権威や用途を表す文字、記号
が刻印されその資格を備えたものです。

一説には布銭は既に西周(~BC 770年)の時代に鋳造が
始まったと言われ、確かなら、これが世界最初のコインになります。

2.西方の諸国では、歴史の父と言われるギリシャのヘロトドス
が「世界最初の金貨鋳造はリュデイア王国である」と書いたのが
現代の通説になっています。
リュデイアは王国は小アジア(今のトルコ)で BC 700年近くに
誕生したようで、最初のギュゲス王の金銀合金貨が発掘されて
いますが、最古のコインとは確認されていません。

このコインはギリシャに伝わり、ギリシャ金、銀貨となりさらに
ペルシャを経てインドにも伝わりました。
一方西へ行きコイン大国のローマ金貨から欧州全土に広がり
ました。

小国から始まったのには元があります。
オリエント文明発祥の地メソポタニアの BC 1800年ころの
ハンムラビ王の法典(楔形文字)には、医者の報酬は銀
10シクル、労働者には1日銀6シェ、離縁手切れ金には
1マヌーというような条文があるそうです。

商業行為に金、銀、鉛をその量で支払う法制化があったのです。
アッシリアも同様とのこと。
一定量の重さと形の金属塊が発掘されており、中には女神の像
が刻まれたものもあるので、調査によってはヘロトドスの話も
覆るかもしれません。

もうひとつの文明古代エジプトはなぜか、金属貨幣は発明され
ませんでした。
BC 1500年ころの話と思いますが、収穫した麦を倉庫に預け
保管証をかねとして商取引に使っていて、これが続いたたそうです。
貨幣はずっと後年に、ギリシャ王朝になって、ギリシャから導入
しました。

金銭の定義ははっきりしません。
通貨というと広義になるので、金属の貨幣ということに
します。   コインですね。

貨幣については、漢字圏では字の通りもとは貝です。

1.中国では古く寶貝などを貨幣として使いました。
殷~周代(BC  約1000年位まで)
周から春秋戦国時代にかけ、寶貝を模した「貝貨」が登場
します。   土、石、銅製のほか貝に金メッキ?したもの
など出土しています。
これらは糸でつなぎ十個つないだものを「一朋 いちほう」
といいました。
王が臣に褒美として与えたと刻...続きを読む

Qイラスト無料ありますか?

龍のイラストの無料ありますか?
大きく 引き伸ばしたいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

検索エンジンを使って
「龍 無料 イラスト」などで検索をしてみたらどうでしょうか?

Q文明発祥地のその前について

文明が発生する以前の、黄河流域、ナイル川流域、メソポタミア川流域、ガンジス川流域というのは、どういう状態がどれくらい続いてから文明が発祥したのでしょうか。

Aベストアンサー

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した」とあります。
この部分に注目して、新しい情報を得るために検索しました。

気候の変化と文明の発展
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf116-1/p062-078.pdf#search='気候の変化と文明の発展'

71ページに興味深いグラフと解説があります。
紀元前11000年から10000年頃、それまで狩猟・採集をしていたパレスチナの人びとは、気候変動で森と草原の境界あたりに定住し、野生植物の栽培(オオムギやコムギ類、マメ類)を始めた。
他の地方、メソポタミアでは8500年前に農耕が始まった。
そして紀元前3500年頃の寒冷・乾燥化気候は、シュメールに「都市革命」をもたらした。
「乾燥化に伴い、人びとは大河のほとりで灌漑による大規模な農耕を発達させ…以下略」

想像で回答して申し訳ないですが、これらのことからメソポタミアの場合、文明発祥前の5000年間ほどは、人びとは小さな集団をくみ、大河の水を利用しなくても水のある森や草原に散在していたのでしょう。

このご質問を考えたことで、文明は人口が集中して興るということを私は理解できました。

何かのヒントになると思いますので、私の読書メモ(15年前)の一部を書いてみます。

5000年前と3000年前という年代は歴史学では注目。それは古代文明の始まりと終わりだ。
気候の変化と文明の発展には関係がある。
5000年前、ナイル、メソポタミア、インダス、黄河の周辺が乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し、そして河のほとりに文明が発達した。この古代文明はそれから約1500年続き、今から3500年前にはほぼ一斉に滅んだ。

以上ですが、この中の「乾燥し始め、人びとは土地を追われて逃げ出し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報