初めての店舗開業を成功させよう>>

その他有価証券の評価差額の処理変更について質問します。

前期:全部資産直入法で処理
当期:部分資産直入法で処理

というふうに処理方針を変更した場合
前期でその他有価証券の時価が簿価を上回った場合、
当期首での洗替仕訳は
どうなるでしょうか。
また前期で時価が簿価を下回っていた場合は
どうでしょうか。

どちらにせよ色々な仕訳を見ると
全部or部分の選択する基本方針は
「その他有価証券評価差額金が残らないようにすること」
のように思えるのですが、いかかでしょうか。

さらに前期:部分→当期:全部の変更は
さらにややこしいように思えますが
基本的な方針はどう覚えればよいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

前期:全部資産直入法で処理


当期:部分資産直入法で処理

◎時価上昇時(前期・当期)
例:簿価1,000<時価1,200の場合で税率40%の場合 
【前期末の処理】
(投資有価証券)200(繰延税金負債)80
           (その他有価証券評価差額金)120
【当期首】
翌期首に振替処理が必要なので前期末での処理した仕訳と逆仕訳をする。
(繰延税金負債)80          (投資有価証券)200
(その他有価証券評価差額金)120

この仕訳を行った時点で簿価の1,000に戻る。

例:簿価1,000<時価1,100の場合で税率40%の場合
【当期末】
部分純資産直入法で処理する。
(投資有価証券)100(繰延税金負債)40
           (その他有価証券評価差額金)60

以上の様に処理すれば良いのではないでしょうか?


前期:全部資産直入法で処理
当期:部分資産直入法で処理

◎時価下落時(前期・当期)
例:簿価1,000>時価800の場合で税率が40%の場合
【前期末の処理】
(繰延税金資産)80         (投資有価証券)200
(その他有価証券評価差額金)120

【当期首】
翌期首に振替処理が必要なので前期末での処理した仕訳と逆仕訳をする。
(投資有価証券)200 (繰延税金資産)80
            (その他有価証券評価差額金)120

この仕訳を行った時点で簿価の1,000に戻る。

例:簿価1,000>時価900の場合で税率40%の場合
【当期末】
部分純資産直入法で処理する。
(投資有価証券評価損益)100(投資有価証券)100
(繰延税金資産)40     (法人税等調整額))40

以上の様に処理すれば良いのではないでしょうか?

>どちらにせよ色々な仕訳を見ると
>全部or部分の選択する基本方針は
>「その他有価証券評価差額金が残らないようにすること」
>のように思えるのですが、いかかでしょうか。
これは違う様に思われますよ。
上記の仕訳でも前期末の貸借対照表にはその他有価証券評価差額金は表示されます。
この問題は未実現収益を許さないと言うところからきているはずです。
部分純資産直入法を採用しても、時価上昇時にはその他有価証券評価差額金は算出されますよ。

>さらに前期:部分→当期:全部の変更は
>さらにややこしいように思えますが
>基本的な方針はどう覚えればよいでしょうか。
1つ1つの会計処理の仕方が分かっていますでしょうか?
上昇時と下落時の仕訳を上記に記載したものが基本的な仕訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まず私の質問内容がざっくりしすぎていたことをお詫びします。
期首の洗い替え仕訳に限って質問したのですが。。。
要するに基本は洗い替えの仕訳は
前期の評価方法に依ることは理解しました。

ただ前期:部分→当期:全部の場合、
例外として前期末で時価が簿価を下回っていた場合にのみ、
当期首で洗い替えをせず、下落した時価を簿価とする。
と記憶しているのですが。

しかし丁寧なご回答をいただきましたこと、感謝します。
重ねてありがとうございます。
時間も経過していますので、ご回答に感謝し、
この質問を閉め切ります。
また何か質問させていただきました際、
よろしければ、ご教授をお願いいたします。

お礼日時:2011/11/27 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング