中小企業の働き方改革をサポート>>

A 回答 (1件)

 日銀各支店で溶解・裁断処理したのち、払い下げられ


住宅用建材・固形燃料・現金袋など
にされ、リサイクル率は70パーセント以上だそうです\(^^;)..


http://www.innovations-i.com/news/31780.html

紙製品製造の横田(静岡県焼津市)は、古い用済み紙幣を現金袋などに再資源化する事業を始めた。細かく裁断した紙幣のリサイクル業務を日本銀行の静岡、神戸、福岡の3支店から受託し、4月から焼津市の専用工場を稼働させた。これを機に、これまで焼却処分が多かった紙幣の有効活用を促し、金融機関の資源循環活動を後押ししたい考えだ。

 寿命を過ぎた紙幣は1年間に約3000トン発生し、その半分が住宅用建材や固形燃料などにリサイクルされている。残りは焼却処分に回っており、焼却時に発生する二酸化炭素(CO2)の削減対策と資源循環の両面から再資源化が求められていた。それらを踏まえて日銀各支店は、競争入札を通じて横田に今回のリサイクル業務を委託した。

 業務を受託する新工場は、約1億2000万円を投じて建設し3月に完成した。敷地面積は約640平方メートル。裁断済み紙幣の年間処理能力は約600トンだ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング