中小企業の働き方改革をサポート>>

高校の英語の教科書は難易度の高いもの、低いものそれぞれありますが、
下記の中でどれが一番難易度が低いのでしょうか?

・All Aboard English I(東京書籍)
・Vista English Series I(三省堂)
・Viva English ! Course I(第一学習社)
・New English PAL I(桐原書店)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現在の教科書検定制度は、1947年に制定された学校教育法に基づくものです。

(第二次世界大戦の終了までは、一般的に教科書は政府が作成する制度でした。)この制度の下では、民間の出版社が教科書を執筆し、公的な検定と承認のために提出します。教科書は、日本の学校での教育の基準である学習指導要領に沿ったものでなければなりませんが、それ以外については、出版社は自社の教え方や考え方を内容に盛り込むことができます。

 教科書の執筆や検定はいくつかの過程を経ます。最初に、出版社は学者や教師を集めてチームをつくります。このチームが内容や編集方針に関する議論を行いつつ、教科書を執筆します。

 教科書が完成すると、出版社は見本を文部科学省に提出します。そこでは、教科書用図書検定調査審議会が教科用図書検定基準に基づいてその内容を審査します。審議会の提言に沿って、文部科学省は、ふさわしくない文言について再度検討するように出版社に伝えます。その後、出版社の修正が出され、審議会が、十分修正がなされたと判断すれば、適正なものと答申され、これに基づき文部科学省が検定の合否を決定します。(なお、この過程は1989年にかなり簡略化されたため、出版物における出版社の表現の余地は拡大しました。修正が求められても、教科書自体が不合格となることは極めてまれとなっています。)

 文部科学省によって認可された教科書は、市町村・地域にて陳列され、一般国民の閲覧に付されることになります。どの教科書を使用するかの最終決定は公立学校であるならば地元の教育委員会に、私立学校であるならば各学校に委ねられます。いったん学校が教科で使用する教科書を決定すると、出版社に注文が出され、印刷や配送作業が開始されます。

 以上の全過程はかなりの時間を要します。ほとんどの教科書作成プロジェクトでは、執筆チームが結成されてから、教科書が教室で実際に使用されるようになるまでには最低でも丸3年かかります。
 
 従いまして、こうした過程を踏まえた認可教科書に相当程度の格差が生じることは有り得ず、ほぼ同質・同程度の水準を満たしていると理解されてよいはずでありましょう。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
しかし、各教科書会社のHPで見本を拝見する限り、難易度差があるように感じます。

補足日時:2011/11/20 09:13
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教科書の難易度

高校の数学の教科書の難易度についてですが、東京書籍・実教出版・啓林館・数研出版・旺文社・文英堂・知研出版・第一学習社 (進研ゼミの教材に書いてあった教科書会社です) の中でどの会社が難しいとか、ここの教科書は簡単だとか、教えてもらえるとうれしいです。
私の学校では知研出版なんですが簡単すぎてます。数学123ABC全部がこの会社の教科書なんです・・・
(ちなみに大学進学率が50%ぐらいしかなくて、残りのほとんどは短大、専門学校にいくみたいで勉強にあまり力を入れていません。)

Aベストアンサー

数学だったら、数研出版が定評あります。
(数学ではトップシェアをほこり、理系に強いです)
一般受験向けの参考書や問題集でも、
チャート式やオリジナル、4STEPシリーズが
多くの受験生に支持されています。

明確な進路が決まった場合の
個々の用途の問題集や参考書となると話は別ですが、
学習の中心に据える、背骨としての教材なら、
数研の教科書+チャートあたりが良いと思います。

問題集でもオリジナルをきっちりこなせれば、
旧帝大クラスの入試問題には十二分に対応できます。

Q偏差値の高い高校と普通の高校との違い

偏差値の高い高校は偏差値が標準の高校と比べて授業の進め方など何が違うんでしょうか?レベルの高い高校は集まっている人間全員頭のいい人ばかりで互いに刺激しあって向上心がわくというのは理解はできますが、授業の進め方はどうなっているのかなと思って質問させて頂きました。

Aベストアンサー

私の行っていた高校(地方の公立)の場合ですと、
他の高校の1時限あたりの授業時間が50分に対し、65分と長めでした。
その分早く授業が進みますので、1年生の11月~12月には数学IIBを
やっていたと記憶しています。

また、妹も県内でもトップクラスの公立進学校に行っていましたが、
「0時間目」というのがあり、7時くらいには学校に行って授業受けてましたね。

あと外部の実力テストや模試を受験する回数がかなり多いです。

都会の私立はどうかわかりませんが、田舎はこんな感じでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報