gooID利用規約 改定のお知らせ

世界中に在る、金の量は?50mプール程度といっていましたが、本当ですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

金の量は他の方が言われるとおりですが、価格が


高くなっている理由は別にあります。

金価格変動要因は主に8つあるのですが、そのうち
6つが金価格上昇に働いています。
ドルの信用低下、原油価格の上昇、社会不安の台頭、
低金利、戦争・紛争の勃発、金融不安の台頭の6つです。

ちなみに残りの2つは、株・債権価格の下落、インフレですが
これらが働いてくると、さらに上昇する可能性があります。
    • good
    • 0

WIKIPEDIAによれば


「1910年からこれまでに、究極可採埋蔵量のうち75 %ほどの金が産出されてきたと考えられている。地質学的に、地球上にある採掘可能な金の埋蔵量は、一辺が20 mの立方体に収まる程度と考えられている。」とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91
そうすれば、その体積は20x20x20=8000立米。
一方「50mプール」の体積は、50x20x2=2000立米といったところですから、世界中(地球上および地球内)にある金の総量は「50mプールで4杯」くらいとなるでしょう。
またすでに掘り出された金の量と考えると50mプールで3杯」というところです。
WIKIPEDIAの同項にも
「イギリスの GFMS の統計によれば2009年末時点で総量は165600トンである(オリンピックプール3個分)。」とあります。

余談ですが金の価格現在1g約4000円ですので金の総資産額は1656億(グラム)x4000=660兆円。
てことになりましょうか(計算あってるかな?) 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、疑問が解決しました、
プールでその位なら、日本の技術である金箔で世界に利用できる商品にすべきかな

お礼日時:2011/11/20 11:44

現在までに、採掘出来た金はオリンピック・50mプール約3杯分ですね。



限定された金属・一切酸化しない金属として、投資資金の集中ですよね。

業界では5000円超えは年内には起こる・・・です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング