初めての店舗開業を成功させよう>>

当方、土地と家屋の取得にタイムラグがあり、現状の予定では、子供の進学に合わせて、建物の竣工はH25/12月の予定でいます。

「居住年がH23以降、徐々に所得税控除率のは低下し、H25までの居住に供した住宅のためのローンがこの特別控除制度の対象になる、、、」という内容を2010年に発行された某書籍で読みました。
…ということで、H25/12月に家屋竣工して、12月末までに住民票を移して居住すれば、ギリリこの制度を利用できる、と思えましたが、場合によってはH26の正月明けにずれ込む可能性もありそうです。

H26以降の住宅ローン控除・減税制度が、どのようになるのか?情報をお持ちの方がいらしたら、、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>H25/12月に家屋竣工して、12月末までに住民票を移して居住すれば、ギリリこの制度を利用できる…



現行法では確かにそうなっていますね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

>H26以降の住宅ローン控除・減税制度が、どのようになるのか?情報を…

子ども手当の一件をご存じないですか。
昨日作られた法律が明日には改正される昨今です。
(誇張表現ですが、いわんとしているところはおわかりいただけると思います。)

しかも、震災と原発事故対策費を捻出するため、所得税はじめ消費税その他いろいろな税金が増税されようとしています。
3年も先のローン控除がどうなるかなんて、誰にも予測はできませんよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。
そうですね。これからも現行法がどんどん改変されていく可能性がある、、ということですね。
使える制度は使えるうちに、、ということですね。
肝に銘じようと思います。
この度は早々のご回答をありがとうございました。

お礼日時:2011/11/23 21:51

私の知る限りでは情報はありません。

継続されるとしても、最悪平成25年になってからしか決まらないということもあり得ます。過去にも廃止の予定が、年の途中で来年以降の制度が決まったこともありますし。もし、継続されても控除額が増えるか減るかも現時点では分からないでしょうね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

…ということで、H25/12月に家屋竣工して、12月末までに住民票を移して居住すれば、ギリリこの制度を利用できる、と思えましたが、場合によってはH26の正月明けにずれ込む可能性もありそうです。>
何かの理由で12月予定が変えられないのでなければ、もっと早い時期に完成だけはしておけるような予定にしておく方が無難ではあります。いつ引っ越すかはその時になって決めれば良いですし、平成25年中に完成していなければその選択肢はそもそもありません。新しい制度があるかどうかとか、控除額が幾らになるかはその年末までには分かるでしょうから、どちらにでも出来るようにしておく方がベターでしょう。翌年になって賃貸費用が余計に掛かっても、控除額からすれば元は取れるかもしれませんし。家の建築は遅れることも結構多いですよ。

子供の進学に合わせて…>
どうしても住所の縛りがあるなら、最悪子供の住所だけ(母親も?)でも必要な所にしては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分以外の方からの参考意見はとても助かります。
住宅購入は普段扱うのとは桁の違う金額が頭の中で飛び交っているせいか、1人で考えていると煮詰まってきますので。。
余裕を持ったスケジュールで動こうと思います。
ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/11/23 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング