gooID利用規約 改定のお知らせ

私は高校1年です。
進路について質問させてください。。

私の趣味は観劇・読書・音楽鑑賞なので、
将来、舞台芸術や出版社、レコード会社関係の仕事につきたいと思っています。

ですが、その仕事がどんなコトをするのか全然分かりません・・・。
なのでどんなコトをするのか教えていただきたいです。

こんな雑然とした内容の質問で申し訳ないのですが、上手くまとめられませんでした・・・。
回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

では、1の回答から。


  ・編集
 ・・・雑誌、書籍の企画、製作をします。よく、漫画家さんや作家さんが描いていると思いますが。また、全体の進行の管理も行います。作家さんの発掘や作家さんと一緒に作品を考えることも仕事です。編集者は基本的にすべてに関わり何も自分では作らずに雑誌、書籍を作り上げるのが一番いい仕事です。中には、自分で記事を書く人もいますけどね。よい原稿を予定どおりにもらうのも大切な仕事です。編集の仕事は、昔あった広島のコンパイルというゲーム会社の出版部門がモデルといわれる そこぬけRPG で詳しいです。
    漫画では写植はり(今はコンピュータ化されてますが)、校正なども編集の仕事です。デザイナーさんやイラストレータさん、写真の手配などなど、本に必要な部品を集めて組み立てるのも。
    出版社の規模にもよりますが、作ったものの在庫の管理、増刷の手配を行うこともあります。売るための企画をするのも仕事です。この部分で上手い例を見たければ、漫画では よつばと! 小説では、 もしドラ を調べるといいですよ。
    ほとんどの雑誌、書籍では、自社内ですべてを作ることは少なく、一部または全部を外部のプロダクションに依頼をしています。外部プロダクションの仕事は、みそララ という4コマ漫画に詳しいですよ。
  ・校閲
 ・・・原稿の文章が正しいかをチェックすることです。外部に任せることもあるし、自社内に持つこともあります。なお、校正と校閲は違います。校正は、思いどおりにできたかを校正紙などの仮のもので確認する工程を言います。
  ・営業
 ・・・出版社でいう「営業」は、他の会社とちょっと違います。書籍や雑誌は、専用の取次という書籍流通を専用に行う業者があります。この業者の大手は、いくつかの出版社が共同で出資して作ったもので、出版社が作った本を、世界で最も安い流通費用で日本中の書店に届けます。また、書店は本を「仕入れる」ことなく、取次から「借りた」本を置いて並べることができます。
    多くのメーカーの営業は、売る仕事ですが、出版社の営業は、買う人々に知ってもらうという仕事と、書店に本を置いてもらうようにお願いをする仕事になります。
  ・書店員
 ・・・これは、出版社の仕事ではありません。書籍販売と出版は異なる仕事です。本をお客さんに直接紹介して、売ってくれるとてもありがたい方です。図書館の司書さんのスキルも持った難しい仕事ですよね。この辺は、書店の扱う点数を調べてみるだけでも実感できると思いますよ。
    直販中心の出版社もありますし、ネット配信も進んできているので、これからは減っていく仕事なのかも知れません。
    4コマ漫画では、私のおウチはHON屋さん でHな本を扱っている本屋さんの話があるので、参考にされては。
  ・事務
 ・・・本を作るには、著者、イラストレータさん、写真を貸してくれるところなど、いろいろなお願いや本を作るための紙などの仕入れや定型的な連絡があります。そういうお仕事で、他の業種の会社での一般的な呼び名です。編集者も「事務職」なので、特別にそういう担当を置かないこともあります。
    ただ、「進行」を受け持つこともあって、その場合、ちょっと他の会社と違うかも。
  ・総務・人事
 ・・・これもどの会社にもある仕事です。総務は、会社内の環境を整える仕事。人事は、社内の人の配置や評価(給料や地位の決定や管理)を行う部署です。社員の採用も人事の仕事です。
 ・経理
 ・・・2つあります。1つは経営のための数字を管理するところ。予算、実績、株主への発信などをかねる場合もありますし、経営は別の部署でという会社もあります。もうひとつはいろいろな支払いを行う仕事です。

2について。
  どんな大学で、どの学科を選べば良いのでしょうか?

 ・・・大学は関係ないです。よくこのサイトで、東大クラスじゃないと取らないなんて書かれてたりしますが、東大の人もいるけど、高卒の人もいますしね。ただ、大学は出ておいた方がいいですよ。新卒で就職できる可能性がありますから。
    出版社は数が多く4000社くらいあるんですが、大きな会社がないので、毎年の採用数は少ないです。なので、そういう学歴や学科よりも、縁や自分自身のスキルを大切にすることです。人が嫌いな人は、出版社には向かないです。
    とにかく、得意のジャンルを持ったまま、広い好奇心を持って、人脈と知識を広げていくことです。コンシェルジュ という漫画がありますが、これは出版に勤める人にも言えます。
    ただ、「頭のいいだけ」の人や、「興味の範囲が狭い」人は、いらない仕事です。
    たとえばね、「文学部」の人は、本は好きだと思うけど、必ずしもどんな本でも好き!というわけじゃないでしょう? 仕事にする、ということは、何でもやって何でも好きにならないとつらいですよ。

3について。
  文系に進んで大丈夫ですよ、ね・・・?
 ・・・「文系」かどうかは大事な部分ではありません。そして、何について「大丈夫」というかによります。
    有名な出版社には、なりたい、という人が多くやってきて、中小の出版社にもそれなりに人が来る分野です。ご自身に、何をやりたいというのがあって、それに向かってスキルを付けていけるか、ということではないかと思います。そういうことは、大学で学ぶことではないので、大学時代をご自身がどう過ごし、どう縁を築くかでしょう。その意味で「文系」に進んだだけじゃ全然大丈夫じゃないし、他の進路より有利ということもないです。が、不利じゃないことも確かですね。
    ただ、文系で大丈夫っていう人の中には「理系が嫌い」で「文系でいいや」というケースが多いですよね。先に書いたように、「何でも興味を持つ」人が向いている仕事なので、こっちの道がイヤだからこっち、という発想の人は多分向いていません。その点だけ注意かなぁ。

この回答への補足

お礼したのに追加して申し訳ありません(;´Д`)

ライターとはどんな仕事ですか??
ゴーストライターという言葉を聞いたりするのですが・・・。

追加して申し訳ないですm(_ _;)m

補足日時:2011/11/24 18:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます!
とてもわかり易かったです。

参考になる本も載せていただいたので、
読んでみようと思います。

これからは、
いろんなことに興味を持って、
たくさんの人と関わって行きたいと思います。

本当にありがとうございます。

お礼日時:2011/11/24 18:03

ではでは追加で。



> ライターとはどんな仕事ですか??
> ゴーストライターという言葉を聞いたりするのですが・・・。

画家とイラストレータ、芸術家と職人 の違いは分かりますか?
海外で、自分で作った短編アニメを作って芸術賞などに応募して次々と受賞している人がいて、自分はアニメータだといってる人がいますが、この人は間違い。この人の職業も「芸術家」です。

両者の違いは、作ったもの自体が作品になるか、製品の一部として依頼されて作るかです。
前者は作家さんとして、それに対応した後者がライターです。雑誌の記事などは、その雑誌の編集者が企画した内容に沿って書きますから、ライターさんの仕事になります。対して、文芸誌などは、作家さんが書いた内容に編集者が注文をすることはあるけど、細部にわたってこう書いてほしい、ということを言うことはありませんし、言う範囲で出来上がったような質の作品は良い作品にはなりません。一番の違いは、ほとんどの場合ライターさんは著作権を持つことはありません。
でね、作家さんの中には、アイドルなど本職でない人もいます。でも、そういう話題の人の書いたものも読みたいでしょう? なので、本職のライターさんがそういう人を取材して、その人が書いたことにして自分が書くことがあります。前に出ないので、ゴーストライターといいます。
昔、松本伊代 というアイドルがエッセイを書いて出したんだけど、その本の宣伝で、司会の人からどんな内容なの、と聞かれて、「忙しくてまだ読んでないから知らないんです」って答えたことがあります。無邪気で良いですよね。
今、話題のスティーブン・ジョブスの自伝も「唯一の自伝」としながらも自分では書いていません。でも、微に入り細に入り目を通してライターさんに注文をしながら仕上げたそうなので、立派な「自伝」ですよね。
あと、文章が下手な人の文を、すべて書き直して上手な人が書いたように見せる作業をリライトといいます。この作業もライターさんの仕事です。とても有名な大御所の作家さんでも、リライトをしないと世に出せないくらいに文章が下手という人がいるようですね。そう、作家さんは「上手な文章」を書く必要なんて無いんです。必要なのは読者を惹き付ける「ストーリー」を作る力です。それを「読める形」にするのは、編集者の仕事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二回もスミマセンでした・・・。

前回同様わかりやすくて本当にありがたいです。
やっぱりライターさんのお仕事も大変ですねぇ・・・( ゜д゜)

でも、どの仕事もとても魅力的に思えました!

お礼日時:2011/11/27 19:44

えっと、出版社勤務なので、ご質問の中の出版についてなら、ご質問に回答できます。

もう少し具体的に聞かれたいことを書いてみてもらえると回答できますよ。

この回答への補足

遅れてしまってスミマセン(´;ω;`)

ホントですか!
ありがとうございます!

では・・・。

1,出版社に勤めている方は、大きく分けると
  ・編集
  ・校閲
  ・校閲
  ・営業
  ・書店員
  ・事務
  ・総務
  ・人事
  ・経理
  に分けられる様なのですが、それぞれ何をするのですか?

2,出版社に勤めるためには、
  どんな大学で、どの学科を選べば良いのでしょうか?

3,文系に進んで大丈夫ですよ、ね・・・?

こんなアバウトな質問で申し訳ないのですが、
答えていただけると嬉しいです。

残りの舞台芸術・レコード会社関係の質問についても、
1・2、3について知りたいです。

1について。
他の職業はどのように分けられるか分からないので、
教えていただきたいです・・・。

補足日時:2011/11/23 19:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/11/24 18:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング