中小企業の働き方改革をサポート>>

すみません。
皆様の意見が欲しいです。
母が多発性骨転移と診断され余命数ヶ月と言われました。
【経緯】
血尿や節々の痛みがあり、病院で検査したところ、今年の6月に左腎臓とリンパ節に癌を確認。
その後、抗がん剤治療で癌を抑制治療して、10月上旬に手術して摘出。
周辺臓器への転移も無く、リンパ節の腫瘍も小さくなってきているとのこと。
ただ、手術前から首と腰が痛かったのが徐々にひどくなってきた。
そこで、先週木曜日にMRIと、初めて骨シンチグラフィーという検査を行った。
すると、骨シンチにて頭蓋骨・肩・肋骨・背骨・骨盤・太ももの骨etc・・・
全体写真で見えるだけで20~25箇所の黒ずみが確認できる。
主治医としては、これは骨転移で、余命数ヶ月だという。
今後の治療方針としては緩和的治療しかない(とは言わないが、それを勧めるトーク)とのこと。
放射線治療剤メタストロン(ストロンチウム)をうって、痛みを和らげ、活動意欲を増した状態で余命を過ごされるのが良いのではという。
本人の苦痛を覚悟するなら、放射線照射治療と抗がん剤シクロホスファミド(エンドキサン)の併用治療もできるが、その場合は逆に抗がん剤の副作用による体力の消耗で、縮命してしまうかもしれないという。

本当にもう無理なのでしょうか?
いくつか疑問があります。
まず、先日初めて骨シンチを撮って、それで初めて骨の黒ずみを確認できたにも関わらず、この状況で「骨転移」というふうに言いきれるのでしょうか?
実は、骨の癌からスタートしていて、それが血液をめぐり腎臓などに転移したという可能性はないでしょうか?
骨シンチで撮れた画像は、ネット画像でよく見る、多発性骨髄腫と非常に良く似ています。
多発性骨髄腫なら、ベルケイド(ホルテゾミブ)という分子標的薬が有効だとネットのあちこちで見かけます。
もしも多発性骨髄腫だとして、それでも骨シンチで20箇所以上も黒ずんでいるような多発ぶりでは、やはり治療しても無駄なのでしょうか?
また、多発性骨髄腫ではなく、腎臓からの骨転移だった場合だと、ベルケイドの効果は無いのでしょうか?

似たような症例の経験者、もしくはお医者様が居ましたら、なにとぞコメント下さいますようお願い致します。
もし、1%でも可能性があるのなら「緩和」だけでなく「延命・治癒」の方向を向いた治療をしてほしいと考えていますが、主治医が言うように抗がん剤では副作用で体力が削られていき、尚且つ延命の可能性は薄いのでしょう。
しかし、分子標的薬というものは、抗がん剤と比べると重篤な副作用も少ないようですし、第一に治癒率も高くなる可能性があるとのこと。(癌の種類によるそうですが)

数ヶ月が半年・一年になる可能性があり、尚且つ比較的苦しみの少ない治療方法が、ありそうでしょうか?

当然、本来ならしっかりとしたカルテ・検査結果・経過内容が無ければ判断できないのは重々承知しておりますが、素人の私がお伝えできる経過を踏まえた「感想」で構いませんので、是非コメントを頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

かなり重い話ですね。

多分ここでは満足な答えは出てこないでしょう。セカンドオピニオン外来というのがありますのでそちらに相談されたら如何でしょうか?今時は重要な決定をするときには、違う病院の専門医の話を聞く事も大切だと思います。
貴方が思われているような疑問にも答えて頂けると思います。

がんの治療は、確かに大変な負担ですよね。治療も苦痛を伴うものが殆どです。
元気でかなり普通に過ごせる数カ月か、治療で苦しむ一年か…ご家族には難しい判断になると思いますが…
私の義母は、後者を選びました。年齢の関係もあるかもしれませんが、余命宣告よりかなり長く平和に生きる事ができました。最後は緩和ケア病棟で限りなく自然死に近い病死とドクターに言われました。

どちらの地方在住の方か分りませんが、ヤフーで「セカンドオピニオン外来」検索を掛ければかなり出てきます。
どうぞ、早めに相談に行ってください。お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

セカンドオピニオンも検討していますが、私の母が入院している病院が県立大学病院で、どうも県内の病院に影響力が強いようでして・・。
プライドの高いお医者様が多いようで、相談したばっかりに不快に思われても困ると思い、とりあえず事前のアドバイスが欲しかったというところです。

今日、主治医の先生と再度お話をして、大筋の治療方法を決めてきたところです。
放射線照射治療で局部の痛みを緩和して、その後メタストロン注射で骨全体の緩和治療に入るというものです。と同時に、院内の血液内科の先生にも診断していただいて多発性骨髄腫の可能性を確認していただくことになりました。

母はまだ60代前半で、十数年前に父が脳梗塞で半身不随になり、その介護をし、数年前からは祖父が寝たきりの状態になり、父が長男ということもあり、その介護もしておりました。
数ヶ月前に祖父が100歳近くで天寿を全うした形で召されました。
葬儀も、決して痛々しいものではなく、むしろ近しい親戚は「本当にお疲れ様でした。」という感覚だったと思います。
祖父も召され、ようやく介護も少し楽になり、自分の老後を楽しめるであろう時に差し掛かったとたんに、このような状態になってしまいました。

なんでしょうね。
なんとも言えない気持ちになります。
納得がいかないというより、信じられないという感覚でしょうか。
本人の気持ちを考えると、正直なにも手につきません。
私でさえそうなのだから・・。
本人に余命のことは話していません。父の意思でもあります。

緩和的治療で一日も早く退院してもらい、自宅で過ごせるようにしたいと思います。

ご意見いただけて本当にうれしいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/22 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多発性骨髄腫の生存期間について

父が多発性骨髄腫と診断されました。
ステージから考えて、余命の中央値は3年前後と言われたのですが、
この中には高齢者や手の施しようがない人も含まれているとの事です。

父は59歳で現在3段階でステージ3、5段階でステージ4と5の中間(それぞれの診断方法の名前は忘れました)と診断されているのですが、
同じような年齢、ステージの方で存命期間はどのぐらいなのでしょうか?

また、現在VAD療法の1クール目なのですが、今後具体的にどのような感じで生活(外出や旅行、日常生活など)をしていくことになるのでしょうか?

病気なので個人差が大きいかとは思いますが、参考までに聞かせていただければと思います。

Aベストアンサー

はじめまして、私の祖母も多発性骨髄腫でステージ3、闘病生活1年で他界しました。
抗がん剤を始めれば、がん細胞の数値も段々下がり90%から17%にまで
がん細胞の数値が下がるのですが、
17%のがん細胞は生き残りと言うだけあって今度は抗がん剤の効かないがん細胞を作り始め、感染症、敗血症などにもかからなかったので壮絶な最後でした。
サリドマイドなどもありますが、元は睡眠薬なので飲み始めてから
眠くなり、ご飯も食べられなくなり、どんどん痩せてしまいました。
私達にとってサリドマイドは奇跡の治療薬ではなかったです。

体の骨を溶かしていくためレントゲンを撮ると頭蓋骨に穴が開いていたり体中、痛がっていました。
多発性骨髄腫の患者さんを見た事が無いとその痛みの凄さは分からないと言われるくらい痛いようです。

個人差もありますので参考としておよみ下さい。

Q多発性骨髄腫について教えてください

実の姉(47歳)が先週末に大学病院に入院し診断の結果
「多発性骨髄腫」と診断されました。

耳慣れない病名で、気が動転しているのですが、
いつまでも周りがそれではまずいので、この病気について自分なりにどんな病気なのかを把握したいと思います。
インターネットなどや家庭の医学書で病気の概要はわかりました。
しかし、このあと治療を続ける上で以下の内容について教えてください。

(現在の状況)
・多発性骨髄腫 第3期
・昨日より抗がん剤治療を開始
・腰に痛みなどはあるが、歩行などは問題ない状況。

(病院よりの説明内容)
義兄が説明を受けたないようです*概要

・基本的には化学療法を実施(抗がん剤投与)
・骨髄移植については、治療策のひとつであるが現時点として有効な治療かどうかの可能性は低い。
あくまでも本人と家族との相談のうえでこれを行うかどうかについて決定。
 *医者の話ですと「最後の手段」的なニュアンスでした。

(質問)
(1)この 第3期というのはこの病気でどのような状態をさすのか?
(2)一般的にこの第3期の状態での存命率というのは?
(3)抗がん剤投与とのことですが、本人もかなりツライという話を良く聞きますが、実際どのようなつらさなのか?
また、経過をみて通院での治療になるそうですが生活への支障は?
(4)オフレコで医者より以下の説明があったそうです
 『抗がん剤の投与を行うのと、投与を行わずに治療するのとで存命期間に差がない。』

このことは、いったい何を意味するのか?


以上、要領を得ない文章で恐縮ですがよろしくお願いいたします。

実の姉(47歳)が先週末に大学病院に入院し診断の結果
「多発性骨髄腫」と診断されました。

耳慣れない病名で、気が動転しているのですが、
いつまでも周りがそれではまずいので、この病気について自分なりにどんな病気なのかを把握したいと思います。
インターネットなどや家庭の医学書で病気の概要はわかりました。
しかし、このあと治療を続ける上で以下の内容について教えてください。

(現在の状況)
・多発性骨髄腫 第3期
・昨日より抗がん剤治療を開始
・腰に痛みなどはあるが、歩行など...続きを読む

Aベストアンサー

参考サイトにリンク集おきました
日本骨髄腫患者の会という団体もあるようです
http://www.myeloma.gr.jp/

>(1)この 第3期というのはこの病気でどのような状態をさすのか?
>(2)一般的にこの第3期の状態での存命率というのは?

国立かんセンターによる説明がくわしい
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010216.html

(3)抗がん剤投与とのことですが、本人もかなりツライという話を良く聞きますが、実際どのようなつらさなのか?
また、経過をみて通院での治療になるそうですが生活への支障は?

薬剤の種類や量にもよります。
主治医以外の人に聞いてもしょうがないでしょう。

(4)オフレコで医者より以下の説明があったそうです
 『抗がん剤の投与を行うのと、投与を行わずに治療するのとで存命期間に差がない。』
このことは、いったい何を意味するのか?

治療に統計的根拠が無いということです。
治療してもしなくても結果に95%以上の有意差が無い
効果が無いことも大いにありえるということです。

専門外なので自信なし

参考URL:http://www.humanbalance.net/gan3/data21/data21.html

参考サイトにリンク集おきました
日本骨髄腫患者の会という団体もあるようです
http://www.myeloma.gr.jp/

>(1)この 第3期というのはこの病気でどのような状態をさすのか?
>(2)一般的にこの第3期の状態での存命率というのは?

国立かんセンターによる説明がくわしい
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010216.html

(3)抗がん剤投与とのことですが、本人もかなりツライという話を良く聞きますが、実際どのようなつらさなのか?
また、経過をみて通院での治療になるそうですが生活...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報