中小企業の働き方改革をサポート>>

私47歳会社員  妻43歳、 子供 高校3年(来春就職)、中学3年、中学1年の5人家族です。
昨年、景気低迷により低収入となり、生命保険を解約してしまいました。

保障内容  死亡3000万、 入院1万位 3大疾病、ガン特約付

再度この様な保険に加入出来るでしょうか、保険料はどれくらいになるのでしょう。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは!では早速ですがアドバイス申し上げます。



【結論】
再度保険にはご契約可能です。但し、現在持病をお持ちか?何か薬を服用されているか?手術や入院歴はあるか?健康状態について告知して頂きます(保険会社の様式に従います)。全く何の問題も無ければ、以前通りの保険にご契約できます。仮に何か持病や薬を服用されているのなら保険会社に事前査定を受けて頂きます。

【事前知識】
(1)厚生年金保険加入者には遺族厚生年金(遺族基礎年金含む)が支払われる(妻と18歳未満の子)。
月額概算で約15万円を遺族が受け取れる。
(2)高額療養費制度によって医療費の自己負担額の上限がある。概算で85000円から100000円の自己負担。
(3)会社の保障制度を利用する(福利厚生制度)。

【保障内容】
仮に告知に問題が無い場合

(1)死亡保障:収入保障保険で中学校1年生のお子様が22歳になるまでの約10年間を保障。実際の現在の生活費や持ち家か賃貸か不明なので保険金額は3000万円が必要なのかわかりません。
仮に持家の方の例として、(必要生活費30万円-公的年金約15万=月15万円)×12カ月×10年=1800万円
保険料約3000円
(2)医療保障:終身医療保険で病気やけがで入院された場合の一生涯保障。先進医療特約を付加しても
60日型で保険料約3500円、120日型でも約4000円
(3)生活習慣病保険で3大疾病に備える。日額5000円(180日型)で保険料は約2000円
(4)がん:終身がん保険で入院日額5000円と診断給付金50万円と保険料免除特約付加しても保険料は約2500円

合計で11000円から12000円で賄えます。詳細は保険会社にご相談ください。
なお、保険料が10年毎に上がる更新型は避けた方が良いでしょう。また上記(1)から(4)に終身保険で約300万円程のの死亡保障を付ければ一生涯の保障が得られます。
保険料はその分上乗せになりますが、誰もが必要な死亡保障であります。

実際に保険会社の担当者と十分なコンサルティングを受けられて保障額などを理解してから保険にご契約ください。

御参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座います。
回答者様のアドバイスを参考に、保険会社に相談してみます。
分かりやすく説明して頂き有難う御座いました。

お礼日時:2011/11/23 08:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング