出産前後の痔にはご注意!

硝酸アンモニウムは、エタノールに溶けるそうですが、エタノールに溶けるイコールアルコールに溶ける、と拡大解釈してよろしいでしょうか? よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

極一般には、アルコールと言えば、お酒のエタノール、燃料用のメタノールでしょう。


ときどきお目にかかるのは、プロパノール(イソプロパノール)、ガソリンタンクの水抜き、病院等での消毒用。
ブタノールは単体でお目にかかることはほとんどないのでは。
メタ、エタ、プロパ、ブタ、炭素原子の数が、1,2,3,4です。
以下炭素の数が増えればドロドロ?から固体に・・・、学術的にはすべてアルコールです。
アルコールをプロパノールまでに限定すれば、おおよそその通りでは・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

炭素原子の数の御説明、わかりやすかったです。確かに、固体のアルコールもありますね(固形アルコール)。プロパノールまでに限定すれば、エタノールに溶けるイコールアルコールに溶ける、と解釈しておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/29 14:57

アルコールとは、脂肪族炭化水素の水素が-OHに置き換わったものです。


CH3OH メタノール
C2H5OH エタノール
CH2(OH)CH2(OH エチレングリコール
C3H7OH ブタノール
 CH3CH2CH2OH
 CH3CH(OH)CH3
・・・
C18H37OH ステアリルアルコール 完全に蝋状の固体
・・・

 ただ、前後の文脈からエタノールについては、単にアルコールと言うことがあります。「おぃ!、ふらついてるけど、アルコールが入ってないかい?」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか。アルコールをさしてエタノールといっていたかもしれませんね。
なるほど、ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2011/11/22 21:11

それは拡大解釈が過ぎるでしょう。


アルコールは水の水素一つがが炭素鎖で置き換わったものですから世界中に無数にあります。
ほとんど油と変わらない物の方が多いです。
メタノールはかなり水に近いですが、2-プロパノールになると、イオン性の化合物の溶解度はかなり下がります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほとんど油と変わらない物の方が多い……ということは、水には溶けにくい、ということですね。そうですか。ただ、2の方の説明では、アルコール一般に溶けやすい、をエタノールに溶けやすい、と書いてた可能性もあります。これは、その本の著者に問いあわせるしかないかもしれませんね。いずれにしても、詳細な御説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/22 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメタノール可溶な物質

メタノール(99.5%)に溶ける物質というのは
どのような性質を持った物質なのでしょうか??

糖は溶けますか?

あまり、化学に詳しくないものですみません><

Aベストアンサー

>メタノール(99.5%)に溶ける物質
溶けるだけなら無限(言い過ぎ)にあります。
問題はその量、つまり溶解度でしょう。
有機化合物の辞典など見ると、水に…、エタノールに…、酢酸に…、エーテルに…、ヘキサンに…。のように書いてあります。
…のところは、「良く溶け」「少し溶け」「ほとんど溶けず」「全く溶けず」などですから、メタノールに溶けるかどうかで物質を探し回るのは大変。
なお、水、アルコール類、などは非常に良く溶け、有機溶媒類も炭化水素(石油類)以外は良く溶け、アルコールの一種である糖類もある程度溶けます。
蔗糖(sucrose)のMSDS(化学物質安全シート)(英語)
http://www.sciencelab.com/xMSDS-Sucrose-9927285
によれば、
Solubility:Easily soluble in cold water. (冷水に良く溶け)
Partially soluble in methanol. (メタノールに少し(部分的に)溶け)
Insoluble in diethyl ether. (ジエチルエーテルに溶け難い)
だそうです。

>メタノール(99.5%)に溶ける物質
溶けるだけなら無限(言い過ぎ)にあります。
問題はその量、つまり溶解度でしょう。
有機化合物の辞典など見ると、水に…、エタノールに…、酢酸に…、エーテルに…、ヘキサンに…。のように書いてあります。
…のところは、「良く溶け」「少し溶け」「ほとんど溶けず」「全く溶けず」などですから、メタノールに溶けるかどうかで物質を探し回るのは大変。
なお、水、アルコール類、などは非常に良く溶け、有機溶媒類も炭化水素(石油類)以外は良く溶け、アルコールの一種である糖...続きを読む

QKOHはなぜエタノールに溶けやすいの?

水酸化カリウムについての説明で

「水、エタノールによく溶け、水溶液は強いアルカリ性を示す。物性・化学特性としては水酸化ナトリウムとほとんど同じである.水酸化ナトリウムはエタノールに溶けにくい.」

とあるのですが,このエタノールとは無水エタノールのことでしょうか?水に溶けるといううことはイオン化しているこということは,わかりますが,無水エタノールに溶けやすいということは,どのような状態でとけているのでしょうか?イオン化しているのでしょうか?また,水酸化ナトリウムはエタノールなぜ溶けにくいのでしょうか?
誰か教えてください.
それでは宜しくお願いします

Aベストアンサー

この場合は、95~99%程度のエタノールと考えてよいと思います。
(特に乾燥はしていない為、5%以下の含水の可能性はあり)
もし、エタノール中の水に溶解するということであれば、その旨の但し書きがある
ものと思います。

物質が溶媒に溶解するには「溶媒和」が必要であることを考えると、
カリウムイオンの方がナトリウムよりもエタノールによって溶媒和を起こしやすい、
ということではないでしょうか。
カリウムイオンの溶媒和は、エタノールの酸素原子との電気的引力によるものの
はずなので、エタノール中でイオン化(電離)して溶解しているものと思います。

水酸化カリウムが水酸化ナトリウムより強いアルカリであるということは、
よりイオンに解離しやすいということを意味しています。
そのため、水よりも溶媒和しにくいエタノール中であってもイオンとして解離する
ことができる、ということなのでしょう。
また、イオン半径がナトリウムイオンより大きいことも、溶媒和を起こしやすい要因
かもしれません。
(狭い範囲に酸素原子が密集すると、その分、酸素原子同士の反発が大きくなる)

この場合は、95~99%程度のエタノールと考えてよいと思います。
(特に乾燥はしていない為、5%以下の含水の可能性はあり)
もし、エタノール中の水に溶解するということであれば、その旨の但し書きがある
ものと思います。

物質が溶媒に溶解するには「溶媒和」が必要であることを考えると、
カリウムイオンの方がナトリウムよりもエタノールによって溶媒和を起こしやすい、
ということではないでしょうか。
カリウムイオンの溶媒和は、エタノールの酸素原子との電気的引力によるものの
はずなので、エタ...続きを読む

Qレゾルシノール樹脂について

レゾルシノールとホルマリン(ホルムアルデヒド)による、レゾルシノール樹脂の合成の反応式を教えてもらえないでしょうか?

レゾルシノール樹脂の構造式だけでも構いません。

わがままを言って申し訳なおですが、できるだけ早くお願い致します。

Aベストアンサー

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82


ただ、ポリエチレン(PE)やPETなどのように一本鎖の高分子なら「-(CH2-CH2)n-」といった
描き方ができますが、フェノール樹脂などの場合は、「ベンゼン環から2本のメチレン結合が
出る場合」の他に、「ベンゼン環から3本のメチレン結合が出る場合」もあるため、
PEなどのように「-(○○)n-」といった描き方をすることはできません。


ポリエチレン:
  
・・・/\/\/\・・・

  →「-(CH2-CH2)-」(または「-(CH2)-」)で代表させることができる


フェノール樹脂:
(メチレンを2つ持つベンゼン環を「○」、3つ持つベンゼン環を「◎」で表示)

    ○    ○
・・・/ \ / \
      ◎    ○―・・・
      |
      ◎
     / \
・・・―○    ○―・・・

 →「○」と「◎」が不規則に現れるため、一部の構造で代表させることができない

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83...続きを読む

Q有機物が溶けるか溶けないか・・・

高校で習う範囲の有機物(アルカン,アルケン,アルキン,アルコール,アルデヒド,カルボン酸,ニトロ,アミノ,ケトン,エーテル,エステル)が溶けるか溶けないかについて・・・・
1(ⅰ)「溶けるか溶けないか官能基によって違う」と聞いたことがあるんですが、本当でしょうか?よろしければそれぞれの官能基が溶けるか溶けないか教えてください。

2、それぞれ有機物が溶けるか溶けないかについて良い覚え方や判断の仕方があれば教えてください。

是非回答お願いします。ペコリ(o_ _)o))

Aベストアンサー

アルカン、アルケン等の分類だけではなく、その分子の炭素数にも依存します。炭素数の多い分子ほど水に溶けにくくなります。
逆に酸素を多く含むと溶けやすくなります。
官能基云々といっても、それらはアルキル基とくっついているわけですので、官能基のみを取り上げて、溶けるとか溶けないということはできません。
まあ、高校で出てくる有機化合物で水に溶けるものは多くないので、それを覚えた方が良いでしょうね。
メタノール、エタノール、ギ酸、酢酸、アセトン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、糖、アミノ酸、グリセリンといったところでしょうかね。思い付くままですが。

Qアルコールとエーテルの水溶性の違い

エタノールは任煮の割合で水と混合するが、ジエチルエーテルは水に難溶性なのはなぜですか。

Aベストアンサー

アルコールが水素結合を作るのは当然として。

ジエチルエーテルは、分子モデルを考えてみると、酸素の両側にエチル基がついています。よって、極性が打ち消されて、ほぼ無極性になっているんですね。実際は、多少折れ曲がっていて、ちょっとだけ極性がありますが。

同じ炭素数4のエーテルでも、テトラヒドロフラン(シクロペンタンの炭素1個を酸素に置き換えたもの)は水と自由に混和します。分子モデルを考えてみて下さい。ジエチルエーテルよりも極性が大きいことが分かると思います。

Q再結晶のとき。。。

ナフタレンの再結晶時にメタノールと水を加えました。最初メタノールにナフタレンを溶かし、少量の水を加えました。(水は加えても結晶が溶けてる程度)ここで水を加えるのはなぜですか?
ナフタレンは無極性で水には溶けにくいので冷やしたときに結晶が析出しやすくするためですか?
また、冷ますときは放冷ではなく氷水で急冷するとよくないことはあるのですか?

Aベストアンサー

ご質問のように、再結晶の際に2種類の溶媒を混合する操作はしばしば行われます。順を追って説明します。
(1)ナフタレンを熱いメタノールに溶かす。この操作である程度濃い溶液を作ります。飽和である必要はありません。
(2)熱いままの状態で水を少しづつ加えます。水が入ることによって、ナフタレンの溶解度が低下します。
(3)水を加えていくと、ある時点で、濁りが生じます。この時に、溶液は飽和(あるいはわずかな過飽和)になっています。
(4)この飽和溶液をゆっくりと冷やすとナフタレンの結晶が生じ、再結晶が行われたことになります。ゆっくり冷やすことによって、より大きく、純度の高い結晶が得られます。急冷すると、結晶が急速に成長し、その際に不純物が取り込まれることがあり、純度が低下する場合があります。

なお、メタノールだけで再結晶することも可能ですが、1種類の溶媒だけでは、溶解度が高すぎて、溶質に対して溶媒が少なくなりすぎ、操作が困難になる場合などに上述の方法が使われます。また、飽和溶液が作りにくいとか、再結晶溶媒の選択に困って、やむを得ず使う場合もあります。

ご質問のように、再結晶の際に2種類の溶媒を混合する操作はしばしば行われます。順を追って説明します。
(1)ナフタレンを熱いメタノールに溶かす。この操作である程度濃い溶液を作ります。飽和である必要はありません。
(2)熱いままの状態で水を少しづつ加えます。水が入ることによって、ナフタレンの溶解度が低下します。
(3)水を加えていくと、ある時点で、濁りが生じます。この時に、溶液は飽和(あるいはわずかな過飽和)になっています。
(4)この飽和溶液をゆっくりと冷やすとナフタレンの結晶が生じ、...続きを読む

Q発泡スチロールはなぜエタノールに溶けないのか

発泡スチロールはクロロホルムなどにはとけるのにエタノールには溶けません。何故なのですか

Aベストアンサー

発泡スチロールはポリスチレンにブタンなどの有機ガスを
発砲させる事で作ります。
ポリスチレンはスチレンの重合体(ポリマー)の事です。
スチレンはほぼ極性が無いため、一般的に極性の高いアルコールでは
熔解しません。逆に極性の無いベンゼンには溶解すると思われます。
クロロホルムも極性が低いためこれにも発砲スチロールは溶解します。

Qエタノールで溶解度が下がる理由

高校化学無機の問題で、テトラアンミン銅イオン、硫酸イオンの入った水溶液にエタノールを加えると、硫酸テトラアンミン銅(という名前なのかわかりませんが、前記の二つのイオンのイオン結晶なのでしょうか)が析出するという問題に出くわしました。溶解度が下がるからというところまではわかったのですが、なぜエタノールによって溶解度が下がるのでしょうか。回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

心配しないで下さい。この問題は非常に難しいです。2人の方が回答されていますが質問を言い換えただけか、もしくはほかの事を回答されている様な気がします。

なぜ溶解度が下がるか。エタノールはイオン解離性の物質は溶かし難いのです。水はイオン性の物質を溶かし易い。イオンとして解離させるのでその分多く溶解させることが出来るのです。一方エタノール中は水よりもイオン化しにくいので、分子として溶解するしか無く、イオンにならない分溶解度も下がってしまう。(なぜ、エタノールはイオン化させ難いか。。。これは調べてみてください。忘れました・・・笑

では、今まで水に溶けていたものがエタノールを加えることによって、イオン化度が下がり溶解度が下がった理由は?これはかなり難しい質問です。水自体の質量は変わっていないのに、さらに体積も増えているのに溶解度が下がった。。。おそらく、イオン解離を助けていた水分子がエタノールに親和して、其の分解離平衡がずれ、析出してしまったのだろうと思いますが、なぜ水に使われるか、などなどこの辺は難しいです。

高校生でしょうか。残念なが納得できる答えを得るにはまだ知識が足りないと思います。大学で勉強してみてください。

心配しないで下さい。この問題は非常に難しいです。2人の方が回答されていますが質問を言い換えただけか、もしくはほかの事を回答されている様な気がします。

なぜ溶解度が下がるか。エタノールはイオン解離性の物質は溶かし難いのです。水はイオン性の物質を溶かし易い。イオンとして解離させるのでその分多く溶解させることが出来るのです。一方エタノール中は水よりもイオン化しにくいので、分子として溶解するしか無く、イオンにならない分溶解度も下がってしまう。(なぜ、エタノールはイオン化させ難い...続きを読む

Qメチルオレンジについて

教えてください!!

メチルオレンジはなぜ水に可溶なんでしょうか?

またそれにはメチルオレンジのどのような構造が関わっているのですか?

早急に知りたいです!!

Aベストアンサー

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のページで「メチルオレンジ」を検索して構造を眺めてください。水中で溶解しているメチルオレンジの化学式になります。酸性下では、水素イオンがジアゾ基と呼ばれる-N=N-のところに結合して陽イオン、また中性・塩基性下では、スルホン酸基のところが水素イオンを放出して陰イオンとなっています。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html
関わっている、といわれるととても難しいのですが、ジアゾ基やベンゼン環がなければこのような構造はとれません。一番影響が大きいのはスルホン酸基でしょうか。

どなたか、詳しくご存知の方、サポートよろしくお願いします。

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のペー...続きを読む

Qエタノールに対する溶解度

塩化コバルト又は塩化ナトリウムをエタノールに溶解させる際の溶解度を教えてください。
水に対する溶解度なら見つかるのですが、エタノールに対する溶解度はなかなか見つからず困っています。

Aベストアンサー

リンクが開かないのでキャッシュからの引用になりますが、
http://chemed.chem.purdue.edu/genchem/topicreview/bp/ch15/solut.php
NaCl 0.065g/100g エタノールです。(温度不明)
同じくメタノール中1.40g、1-プロパノール中0.012g、1-ブタノール中0.005g、1-ペンタノール中0.0018g。
塩化コバルト(II)不明、
メタノールには385g/L溶ける、↓しかし水和数が不明。
http://www.intox.org/databank/documents/chemical/cobaltcl/ukpid50.htm


人気Q&Aランキング