色彩検定2級の魅力はプロへのスキルアップ >>

図で点PはA点を出発点とし、サイコロを投げて出た目の数だけ矢印の向きに移動する。次に、もう一回サイコロを投げて、点Pは移った点を出発点として、同じように移動する

(1)一回目の移動でPがAにある確率を求めよ。
(2)一回目の移動と、二回目の移動の両方ともPがAにある確率を求めよ。

「数学の確立の問題です」の質問画像

A 回答 (1件)

1回目の移動で


目:1―2―3―4―5―6
P:B―C―A―B―C―A の位置にいます。

3か6が出たら、Aの位置にいるので、2/6=1/3

1回目 Aから出発してAにいる確率が1/3で、
2回目 Aから出発してAにいる確率が1/3だから
(2)は1/9ですね。
(3-3)(3-6)(6-3)(6-6)が出た時の4通り
サイコロ2回の36通りの中の4通りだから、4/36=1/9
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2012/03/28 21:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング