結婚式にて黒留袖を着用する事になりました。
そこで、長襦袢を新しくあつらえる事になったのですが、
大久保信子さん監修の本によると、
留袖、喪服には必ず、”白の無地”の長襦袢着用との事。
オンラインショッピングサイトで、フォーマル向けの長襦袢で検索したところ、
霞、まんじ、花などの地紋入りのものしか、見当たりませんでした。
”白の無地”であれば、地紋が入っていても問題が無いのでしょうか。
留袖着用経験のございます方、お着物に詳しい方、
どうぞ私をすっきりさせてください。

「黒留袖(フォーマル用)の長襦袢、地紋につ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

着物の世界での「無地」というのは、先染めの糸で模様を織りだしていない、後染めで柄を描き出していない、ことです。


洋服の感覚で考えると、「え?」と思いますが、地紋は模様に入りません。
したがいまして、地紋入りの長襦袢で何の問題もありません。

黒留袖とは別にご用意されるなら、袖の長さにご注意くださいね。
少しでしたら、500円玉程度の、ちょっとした重石を入れることでごまかせますが、あまり違うと、飛び出してきたりします。できれば、留袖のサイズを測って合わせてもらうと安心です。

もし、喪服と共用にされるおつもりでしたら、地紋の柄にご注意ください。慶弔両方に使えるものと、片方にしか使えないものがあります。
たとえば、「花」は蓮であれば弔事用、それ以外なら慶事用になります。文字も多いですが、「喜」「寿」なら慶事用、「夢」なら弔事用です。「卍」は微妙です。慶弔両用と仰る方もいらっしゃいますが、お寺のイメージからか弔事用と考えるという方もいらっしゃいます。
無難なのは、波、雲、雪輪、流水といった自然物のものですね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ka28miさま

ご回答ありがとうございました!
なるほど、着物の無地とはそういう事だったのですね。
無地といえば、まっさらなイメージ、まさに洋服の感覚で考えておりました。

袖の長さ、了解です。
きちんと測ってあつらえたいと思います。

また、喪服の事にも触れて頂いて、こちらも目から鱗でした。
弔事用、慶事用。。。長襦袢も奥が深いのですね。
今回は無難な自然物にします。

無地の解釈がわかってほんとうにすっきり!です。
とても詳しく教えて頂いて、これから自信を持って着用する事ができます。
着物は、あり、なし、中間。。。な事が、とても多くて、
自信が無いと着られないな、と感じる事がたくさんあります。
今回の疑問はおかげさまで、解決致しました。
また、着物について疑問が出た時は、お世話になります。
ありがとうございました!!

お礼日時:2011/11/27 08:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTシャツのたたみ方!

Tシャツのたたみ方です…
http://howtofoldashirt.net/に載っている風にTシャツやセーター等をたたみたいのですが、
たたみ方がイマイチ分かりません。
どなたか、分かりやすく解説していただけないでしょうか?
もちろん私もTシャツなどのたたみ方を知っているのですが、この方法だと本当に「あっ」という間にたためてしまうので。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もこの裏ワザを見てからはいつもこの畳み方です。
ただし、少し自己流にアレンジしてます。
仕上がりは同じです。
こっちのほうが分かりやすいと思うんですが、
説明するほうが難しいですね。
えーと。

Tシャツの表を上に、右に首がくるよう置きます。
右手で、シャツの右肩の半分あたりをつまみます。
つまんだとこから、シャツの裾に向かってまっすぐな線
で左手で裾を持ち、両手を持ち上げてください。
ここまでOK?
すると、右袖が向こう側に自然に畳めてますよね。
次に、持ち上げている右手と左手のつまんだ部分を
あわせ、これを右にします。
左手はシャツの真ん中です。
ようするにタオルを半分に折った感覚です。
今、持ち上げている上半分は出来上がりの状態、
そうしたら、自分のひざの上なり、床のうえで、
残りの下半分を適当な位置で折ってください。
シャツの左袖と左半分を同時に折るんです。
ほーら、できあがり。
って、できました?
・・・・・・だめかなぁ。
簡単なんですけど~~~

Q長襦袢を二部式襦袢(うそつき)に改造したいのですが

昨年末ごろより着物の着つけを始めました。近場に教室もなければ身近に着物に詳しい人もいないので、youtubeとかDVDなど見ながら独学です…

なんとか形になるようにはなったのですが、着物で過ごすうちに、どうも長襦袢より二部式のほうが着崩れしにくいような気がしています。

ただ、二部式(半襦袢で袖はうそつきになってるもの+裾除け)は1セットしか持っておらず、長襦袢は6枚もあります。
この長襦袢(素材は正絹と交織です)を二部式に出来たらと思うのですが、どういう感じで改造すれば良いかな?と悩んでいます。
和裁はおろか洋裁も危うい感じなのですが、素人考えでは…

1.長襦袢を上下に分けるため、適当なところで真っ直ぐ裁断する
2.裁断したところを二つ折りなどしてミシンがけor手縫い
3・裾除け(長襦袢の下部分)の腰の部分にさらし(綿)を縫い付ける(画像のようにしたい)

こんな手順でも大丈夫でしょうか??
1枚思い切ってやってみれば良いのですが、もし間違っていたらどうしようと、はさみを入れるのを躊躇っています。

何か注意する点やおかしな点ありましたらご指摘のほどよろしくお願いします。

昨年末ごろより着物の着つけを始めました。近場に教室もなければ身近に着物に詳しい人もいないので、youtubeとかDVDなど見ながら独学です…

なんとか形になるようにはなったのですが、着物で過ごすうちに、どうも長襦袢より二部式のほうが着崩れしにくいような気がしています。

ただ、二部式(半襦袢で袖はうそつきになってるもの+裾除け)は1セットしか持っておらず、長襦袢は6枚もあります。
この長襦袢(素材は正絹と交織です)を二部式に出来たらと思うのですが、どういう感じで改造すれば良いかな?と...続きを読む

Aベストアンサー


適当な位置ではなくてウエストから12cm位下の部分からカット
長襦袢の襟部分を残して4cm位残す感じです
裾は1cmの三つ折り,そこにヒモを縫い付けます(左右)

脇や背中部分の縫い目を15cmほど綺麗に糸を解いて糸を結んでストレートにします
晒やシーチングを足してウエスト〜くるぶしの長さに調整+3cmの長さで縫い合わせる
左右の端や上を三つ折りにしてヒモを左右に縫い付ける

多分標準体型なら晒の幅で4本のヒモ取った残りでウエストに継ぐ分は足りるかも知れないです
ヒモは2cm巾×90cm程度あると結べますね
着物は直線縫いオンリーなので手縫いでもミシン縫いでも出来ます

袖部分のウソツキは袖を外してそこに生地を足してスナップボタン式にすると良いです

Q服の上手なたたみ方

服の上手なたたみ方を教えてください!サイトなどでもOKです。
半袖、長袖Tシャツ・シャツ・ブラウスのたたみ方を教えてほしいです。
出来るだけきれいで小さくコンパクトにしたいんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ユニクロなどで新品で、たたんである服を買ったときに、どうやってたたんであったかを、広げつつまた戻しつつ・・・とやっていきながら、みようみまねに服のたたみ方が、案外分かるような気がします。自分もそれで少しうまくなった感じがしますがまだまだですね。実際ユニクロなどのアルバイトを含めたスタッフが、教えられて覚えていくわけでしょうから、私らでも練習していって、やればできるもんじゃないでしょうか。

Q黒留袖の家紋について

母から譲り受けた黒留袖があります。実家の女紋は梅鉢です。
でも、家紋が五三の桐なんです。五三の桐なら大体の場所は使えるオールマイティー的な家紋と聞きました。この黒留袖は母が嫁入りのときに作ってもって行ったそうですが(約40年前)先に書いた理由で五三の桐にしたそうです。母からそうきいていたのでそれもありなんだなと思っていました。

話は変わりまして3年前に義妹の結婚式がありました。私は長男の嫁です。もちろん、黒留袖です。その時に念のため、五三の桐の家紋がついた黒留袖や帯など、姑に一度見てもらいました。あまりいい返事ではありませんでした。口では「いいんじゃないかな」といってましたが。雰囲気がイマイチでしたが。すると、後日電話が鳴り、(そのときは同居してませんでした、今は同居です)黒留袖1枚買ったからと。「はっ?」と思いました。帯はそのまま自分のを使って着物は新しく買ったと。義妹の嫁入りの衣装として着物を誂える際、呉服屋に見てもらったんだそうです。確かに柄は一般的にあまりない絵羽になっておらず松竹梅の丸い大きい刺繍が7つくらい入っている変わった感じです。姑いわく、「呉服屋がいるときに私が羽織ってみてぎりぎりだったので、○○チャンでは身幅が足りないしその時に注文すればギリギリ間に合うから、あなたたちの結婚のときは何もお祝いをあげてないのでその分よ」と。なんだか腑に落ちませんでした。結婚式では嫁ぎ先の家紋は入っているからどこが誂えたかなんてバレバレですよね。私としては母から譲り受けたものをきたかったのに・・・もちろん、家紋は嫁ぎ先(当然ですね)悲しかったです。買っていただけることには感謝していましたが、その着物の行方も知りません。
五三の桐なら別に大丈夫でしょ?と思ってたんですが。身幅もたりてたと思います。

長くなりましたが質問です。
(1)桐の紋の着物はやはり良くなかったのでしょうか?
(2)着物の柄が良くなかったんですかね?
(3)もし、家紋を入れ替えることはできるのでしょうか?(この先活用できるならしたい)
(4)その場合、やはり嫁ぎ先の家紋ですかね?
(5)この黒留袖の質がどんなものか知りたいのですがどんなところに持っていけばわかりますか?
本人たち(祖母はまだ健在)にきけばいいはなしですが、やはり聞きずらいですよね。
 
(1)(2)は姑に聞けばいいんですが3年前にはなし、姑の中では終わっていますしいまさら聞けません。しかも、覚えてないと思います。覚えていてもはっきり言わずハギレが悪く遠まわし・・・
(3)は身近な親類に着物に目の肥えた方がいるので絶対シールだけは避けたいです。

この時息子は1歳3ヶ月私25歳でした。
結婚式には私の両親も招待され、舅姑(新婦両親)、私旦那息子、私の両親がひとつののテーブルですごく気まずかったです。嫁ぎ先で用意された着物を着ることになったと事前に行ってはおいたのですがやはり、実際に母に見られると気まずかったです。

長々と書きましたがどうかこんな質問にご意見ください。
母の黒留袖の画像がアップできれば後日します。
よろしくおねがいします。

母から譲り受けた黒留袖があります。実家の女紋は梅鉢です。
でも、家紋が五三の桐なんです。五三の桐なら大体の場所は使えるオールマイティー的な家紋と聞きました。この黒留袖は母が嫁入りのときに作ってもって行ったそうですが(約40年前)先に書いた理由で五三の桐にしたそうです。母からそうきいていたのでそれもありなんだなと思っていました。

話は変わりまして3年前に義妹の結婚式がありました。私は長男の嫁です。もちろん、黒留袖です。その時に念のため、五三の桐の家紋がついた黒留袖や帯など、姑に...続きを読む

Aベストアンサー

多くの方がお答えのように、家紋の扱いについては、地域的なこと、各家々の慣習など、様々な考え方や主義があるので、これが正しい、ということはありません。
女紋というものは関西以外ではあまり見かけませんし、女性が実家の紋を持って嫁ぐというのも、習慣としてあるところと無いところ、あるいはある家とない家とがあります。
ですから、それぞれのお家のやり方に従うのが一番正しいと思われます。

次に五三の桐の紋ですが、おっしゃるようにオールマイティーという考え方もありますが、そもそもは自分の家の家紋がない、あるいは家紋を知らない場合に便宜的に桐の紋を入れるようになったのが始まりのようです。近年では貸衣装などに入れられていることが多いので、家に家紋があり、自分の着物を着るのでしたら自家の紋を入れるのが当然で、そういった意味でやや不愉快になられたのではないかと推測します。

お写真の留袖ですが、40年ほど前の物にしては随分斬新で、凝ったものだと思います。実物を見ないと正確なことは申せませんが、かなり良いものだと思います。(根拠を言わないといい加減な答だと思われるかもしれません。詳しく書きますと非常に長くなりますので簡単に説明しますと、40年前の刺繍ということは、日本国内の刺繍である可能性が高いです。当時は現在のように海外の安い工賃で刺繍をするということがありませんでした。また、留袖の柄としては比較的珍しい柄ですので、大きいミシンで一度に大量に生産されたということも考えにくいです。)お手入れをしっかりなさって、長くお使いになれば良いと思います。

紋の入れ替えについては、物理的には出来ないことはないと思います。(現在の紋の入れ方にもよりますが)ただ、紋の入れ替えをしますと、年月が経ったときに前の紋の型が浮き出てくるという事例が、幾つもあります。その可能性をご承知の上で入れ替えなさるならいいと思いますが、その度にお手入れをなさる必要が出てきます。専門家にしっかりとご相談なさるのが良いと思います。

以上、染呉服製造卸業からのアドバイスでした。よろしければご参考になさって下さい。

多くの方がお答えのように、家紋の扱いについては、地域的なこと、各家々の慣習など、様々な考え方や主義があるので、これが正しい、ということはありません。
女紋というものは関西以外ではあまり見かけませんし、女性が実家の紋を持って嫁ぐというのも、習慣としてあるところと無いところ、あるいはある家とない家とがあります。
ですから、それぞれのお家のやり方に従うのが一番正しいと思われます。

次に五三の桐の紋ですが、おっしゃるようにオールマイティーという考え方もありますが、そもそもは自分の家...続きを読む

Q剣道衣&袴の洗い方&たたみ方について

こんにちは。
yuki2です。

実は、
剣道衣と袴を洗いたいんですが、
普通に洗っていいんですよね?
それと、袴のたたみ方が、
まったくわかりません。
誰か教えてください。
たたみ方がのっているHPの
URLでもいいので・・・。

お願いします!

Aベストアンサー

小学校から中学、高校の1年まで剣道やってました。

胴着のほうは普通に洗濯機で洗濯してOKですが、
袴は洗濯機で洗濯しちゃうと袴のひだは消えちゃうし、
えらいことなりますのでやめたほうがいいですね。
胴着も紺色のやつなら、白い服と一緒に洗うと
その服、二度と着れなくなりますのでご注意を。

袴は陰干しするか、1ヶ月単位くらいでクリーニングが
お勧めです。

袴のたたみ方ですが、前側を上にしてひだを綺麗に
並べたら、背中あての部分から5cmくらい残して、
両端を内側に折って(縦にね)、足先のほうから
背中あてに向かって内側に背中あての幅くらいで
折りながらくるくるっと巻くように
たたみましょう。最後に腰のヒモで巻いた袴が
広がらないように結んでおしまい。

たたみ方は、人によるのかも知れないですけど、
基本的に縦のひだの線が消えないようにそろえて
たためば大丈夫でしょう。
折り目がなくなった袴は、線のついてないスーツと
同じ位カッコ悪いですから(笑)。

Q黒留袖にあわせるかんざし、どれにしようか迷っています。

こんにちは。
兄の結婚式で黒留袖を着る予定のアラサーです。

かんざしをどうするか迷っています。考えているのは下記3つです。
1、七々子塗の赤
2、螺鈿の青海波
3、本鼈甲
黒留袖の柄は大振りの青海波、帯は総花柄、どちらも色はオレンジと金です。下記URLのような色です。髪の毛は黒ロングです。
http://item.rakuten.co.jp/brandox/0170516006831/

結婚式でふさわしいのは2か3なのかなと思うのですが個人的には1がけっこう気に入っています。ただ、新婦側には茶人の方など着物に詳しそうな方々がいらっしゃるため、あまり結婚式で見かけないかんざしはよくないかも?? ……という感じです。
なお、まだ購入していませんので(海外在住のためネットで購入するしかない)、全部持って行って着付け師さんなどに選んでもらう、という手は使えません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お顔だちや雰囲気にもよるでしょうが。。。
私の印象として

1 は色がハデかも。
2 は伝統柄だから好まれそう。
3 はもう少し年輩の方のイメージ。

2 の螺鈿、高級感と上品さがあって素敵だと思います。

Q着物のたたみ方

着物を今干していて、そろそろたたんで片付けたいのですが、たたみ方が分かりません。たたみ方の分かるサイトを知っている方いらっしゃいませんか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小紋柄でわかりにくいかもしれませんが。
http://www.tokuyama-ch.ed.jp/users/t-mall2/wdg19/teire.htm

袋帯の畳み方も載っています。
http://www.kimono-plaza.co.jp/b-tan/mamechishiki/howto.html

片付けるときにちょっと注意ですが、
紋や、金箔などがおいてある部分には、
和紙をおいてたたむと良いと思います。

Q振袖用長襦袢の半襟について

振袖用長襦袢に半襟(白)をつけたところ
長襦袢の衿が白ではなく長襦袢と共布(ピンク)のためピンクが透けてしまいます。

取り付けた半襟自体の生地が薄いような気もするのですが、通常はどういったものなのでしょう?
半襟を二重にするなどの対策が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

誤解があるといけないので、用尺があれば、長じゅばんといえども、襟は共布で作りますので、
着丈が長いとか、袖丈が長いとか、元の用尺に余分がないとかというときに、襟をさらし・新モス(さらしよりも目の細かい木綿の布)で作ります。

白の半襟は普通、塩瀬といいますが、薄いです。
よって、長じゅばんの襟の色が透ける場合もあります。
2枚取り付けてしまうのも、実は、裏技でとてもいい方法ですが、「同じ襟」を2枚必要とするうえに、
汚れも引き受けてしまうので、昔は、便利グッズもないので、半紙を折って、入れました。

汚れたら、捨てちゃうし。
和紙だから、比較的丈夫でしたし、半紙がどこのうちにもあったからですが。

自分用にちゃんとするなら、三河帯芯(木綿のごわごわした帯の芯)などで、張りを持たせて、透けさせないために
半襟のように一度、包んでしまっておいて、この上から、半襟をかけるようなことをします。

贅沢するなら、三河芯を絹芯にすると、なんともいえない、ふっくらとして、やわらかくて、軽くて、襟になじむ感じにあがります。
三河芯でも、便利グッズでもどうしても、突っ張る感じになりますので。

半襟2枚ー3枚は、この絹芯に近いような感じになるので、実は裏技です。

誤解があるといけないので、用尺があれば、長じゅばんといえども、襟は共布で作りますので、
着丈が長いとか、袖丈が長いとか、元の用尺に余分がないとかというときに、襟をさらし・新モス(さらしよりも目の細かい木綿の布)で作ります。

白の半襟は普通、塩瀬といいますが、薄いです。
よって、長じゅばんの襟の色が透ける場合もあります。
2枚取り付けてしまうのも、実は、裏技でとてもいい方法ですが、「同じ襟」を2枚必要とするうえに、
汚れも引き受けてしまうので、昔は、便利グッズもないので、半紙を折っ...続きを読む

Q柔道着のたたみ方

柔道着のたたみ方を教えてください
すっかり忘れてしまいました

Aベストアンサー

1.まずズボンを二つ折りにします。
2.それを上着の中に縦に入れて上着の両方の襟を閉じます。
3.両袖も内側に折ります。
4.長方形になったと思いますので、さらに両サイドも折って、細長くします。
5.今度は縦に2回二つ折りにします。
6.帯でぐるっと巻いて縛って終了です。

Q写真の草履を結婚式に履いて行くことはできますか? ①フォーマルな草履は、台と鼻緒が同じ素材でないと

写真の草履を結婚式に履いて行くことはできますか?

①フォーマルな草履は、台と鼻緒が同じ素材でないといけないとどこかで読んだ気がします。写真のものは、同系色ですが、台と鼻緒の素材が違います。商品説明にはフォーマルと記載されていますが、着用禁止であったり、同素材より格が下がりますか?

②着物のマナーを調べていたら、結婚式の草履が金・銀・白でないといけないという決まりはないと書かれていましたが、写真のような落ち着いたボルドーの草履は履いて行くことはできますか?
また、写真は、ゴールドとボルドーの2色使いですが、着物のルールの中にバイカラーはマナー違反という決まりはありますか?(例えばゲストのドレスに白は禁止だが、着物の場合は白でもOKというように。帯締めなども2色使いは使用禁止でしょうか?)

Aベストアンサー

①について
これは大丈夫です。
画像ではわかりにくいですが、おそらくつや消しのエナメル台に金銀の織りの鼻緒がすげてある物ですよね。
最近はこのタイプも増えました。
一昔前までは、フォーマルと言えば西陣や錦の台と鼻緒、バッグまでお揃いが相場でした。
なので「同素材が決まり」という擦り込みを受けた方も多いと思います。
しかし決まりではありませんし、格下でもありません。

②について
こちらはちょっと結婚式には不向きと思います。
やはり結婚式には神聖さとか上等さといった品格が求められます。
もっとくだけたパーティーなら結構でしょうが、やめておくのが無難でしょう。
ともすると水商売のママさんのような印象を受けかねません。

帯締めの二色使いについてですが、それは振袖のお嬢さんぐらいでしょうね。
基本的には結婚式という第一礼装で用いる小物(帯揚げ、帯締め、半衿、かさね衿)は白だけです。
色留袖以上はこれは決まりです。
訪問着であれば多少の色物は可ですが、奇をてらわない淡い色が望ましいです。

ゲストドレスに白はNGだが着物の白はOK、の件ですが。
着物であっても真っ白(白無垢)はダメですよ(笑)
白地に柄の入った着物は白無垢とは別物なので、比較する事に違和感を持ちます。

①について
これは大丈夫です。
画像ではわかりにくいですが、おそらくつや消しのエナメル台に金銀の織りの鼻緒がすげてある物ですよね。
最近はこのタイプも増えました。
一昔前までは、フォーマルと言えば西陣や錦の台と鼻緒、バッグまでお揃いが相場でした。
なので「同素材が決まり」という擦り込みを受けた方も多いと思います。
しかし決まりではありませんし、格下でもありません。

②について
こちらはちょっと結婚式には不向きと思います。
やはり結婚式には神聖さとか上等さといった品格が求められます。
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング