結婚式にて黒留袖を着用する事になりました。
そこで、長襦袢を新しくあつらえる事になったのですが、
大久保信子さん監修の本によると、
留袖、喪服には必ず、”白の無地”の長襦袢着用との事。
オンラインショッピングサイトで、フォーマル向けの長襦袢で検索したところ、
霞、まんじ、花などの地紋入りのものしか、見当たりませんでした。
”白の無地”であれば、地紋が入っていても問題が無いのでしょうか。
留袖着用経験のございます方、お着物に詳しい方、
どうぞ私をすっきりさせてください。

「黒留袖(フォーマル用)の長襦袢、地紋につ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

着物の世界での「無地」というのは、先染めの糸で模様を織りだしていない、後染めで柄を描き出していない、ことです。


洋服の感覚で考えると、「え?」と思いますが、地紋は模様に入りません。
したがいまして、地紋入りの長襦袢で何の問題もありません。

黒留袖とは別にご用意されるなら、袖の長さにご注意くださいね。
少しでしたら、500円玉程度の、ちょっとした重石を入れることでごまかせますが、あまり違うと、飛び出してきたりします。できれば、留袖のサイズを測って合わせてもらうと安心です。

もし、喪服と共用にされるおつもりでしたら、地紋の柄にご注意ください。慶弔両方に使えるものと、片方にしか使えないものがあります。
たとえば、「花」は蓮であれば弔事用、それ以外なら慶事用になります。文字も多いですが、「喜」「寿」なら慶事用、「夢」なら弔事用です。「卍」は微妙です。慶弔両用と仰る方もいらっしゃいますが、お寺のイメージからか弔事用と考えるという方もいらっしゃいます。
無難なのは、波、雲、雪輪、流水といった自然物のものですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ka28miさま

ご回答ありがとうございました!
なるほど、着物の無地とはそういう事だったのですね。
無地といえば、まっさらなイメージ、まさに洋服の感覚で考えておりました。

袖の長さ、了解です。
きちんと測ってあつらえたいと思います。

また、喪服の事にも触れて頂いて、こちらも目から鱗でした。
弔事用、慶事用。。。長襦袢も奥が深いのですね。
今回は無難な自然物にします。

無地の解釈がわかってほんとうにすっきり!です。
とても詳しく教えて頂いて、これから自信を持って着用する事ができます。
着物は、あり、なし、中間。。。な事が、とても多くて、
自信が無いと着られないな、と感じる事がたくさんあります。
今回の疑問はおかげさまで、解決致しました。
また、着物について疑問が出た時は、お世話になります。
ありがとうございました!!

お礼日時:2011/11/27 08:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下着の交換時期って 白の無地の下着です 穴が開かず黄ばんできました さすがに廃棄ですよね 皆さ

下着の交換時期って
白の無地の下着です

穴が開かず黄ばんできました

さすがに廃棄ですよね

皆さんならどの位で交換していますか?

Aベストアンサー

№3です
私は色柄ものを一緒に洗ってます。
黒いものと一緒に洗うから色移り?と気になっておいでのようですが、もし色移りするなら部分ではなく、全体が黒っぽくなると思います。

股の部分は気をつけていても、どうしても尿や分泌物が付着し、こすれて汚れがちです。

真っ白の下着なら洗剤で汚れをしっかり落とした後、塩素系漂白剤のキッチンハイターを汚れ部分に直接かけ5分ほど置き、しっかり水洗いの後、脱水 干すと違うかも?

黒ずむ場合はカビの可能性(生乾き・汚れが落ちないままに使用してる間に蒸れて着用中に発生など) 
また、化学繊維などが含まれている素材は長期間使用すると繊維そのものが変色して漂白してもキレイになりません。

洗剤は何をお使いですか?
粉せっけんの場合は長期使用していると、繊維が黄色っぽくなりがちだと聞いたことがありますが真偽のほどはわかりません。

Q質問です♪この女性が着用している「浴衣」は大体、何歳くらいの方々の着用するような感じですか?

質問です♪

この女性が着用している「浴衣」は大体、何歳くらいの方々の着用するような感じですか?

Aベストアンサー

ていうか 写真が誰か知りませんが、この方に失礼では?
質問の段階で、貴方なら絶対選ばないと、記載していれば、他の方も回答の仕方を考えていたかもしれないですよ。
ちなみに貴方の初老とは何歳なんでしょうか?
私の中では、60過ぎると初老という解釈です。

Q着物を長襦袢にできますか?

手元にサイズが小さい着物が何点もあるので、
自分が着物を着る時に使えるアイテムへリメイクできたらなぁと思っております。

そこで質問です。

全てが私サイズには小さめの袷の着物があります。
丈がそのまま着て長襦袢にいい長さで、
衿芯さえ入れられれば長襦袢になるように思うのです。
一度冬に長襦袢として衿芯なしで使ったことがあるんですが、
とてもいい感じでした。衿以外(笑)

二部式うそつき襦袢に作りかえるという方法も考えられますが、
亡くなった母の着物なので、できたら切らないで
長襦袢にできると身近になってうれしいです。

自分でがんばればできるリメイク法、長襦袢として着る場合のアドバイス
(着物は長襦袢とは着られない私がわかってない点など)を教えてください。

あと、「着物、リメイク」で検索すると、
洋装へのリメイク情報が多くて、思ったようなサイトや本に出会えません。
いちから着物を仕立てる方法ではなく(和裁の本は買いました)
着物や洋物から、着物を着る際に使えるものにリメイクするための
参考になる本やサイトがありましたら、そちらもご教示ください。

よろしくお願いします。

手元にサイズが小さい着物が何点もあるので、
自分が着物を着る時に使えるアイテムへリメイクできたらなぁと思っております。

そこで質問です。

全てが私サイズには小さめの袷の着物があります。
丈がそのまま着て長襦袢にいい長さで、
衿芯さえ入れられれば長襦袢になるように思うのです。
一度冬に長襦袢として衿芯なしで使ったことがあるんですが、
とてもいい感じでした。衿以外(笑)

二部式うそつき襦袢に作りかえるという方法も考えられますが、
亡くなった母の着物なので、できたら切らないで
長襦袢に...続きを読む

Aベストアンサー

ウーン、まさに私が大好きなテーマです。
和裁が趣味なおばちゃんです。

別に、昔から、着物の生地で長じゅばんを作ってますからまったく、問題はないです。
逆に言うなら、長じゅばんの生地でちゃんと、長じゅばんを作るというのは、
ひどく、贅沢なんです。

今は、身頃は単衣で、袖は無双(裏表同じ生地)でという長じゅばんが袷の時期に使いますが、
これ、昔は、ちゃんと、長じゅばんも袷として作りました。
つまりは、長じゅばんにも、表の生地と、裏の生地があったとさ・・・ということです。

ならば、着物をそのまま、長じゅばんに転用・・・・してかまいません。

寸法が合っているならです。
タダ、よーっく見てください、長じゅばんの襟と、着物の襟のついている、オクミに相当する幅が違うでしょう?
それと、本当は長じゅばんのすそ裏は引返しといって、表が裏に回っているのが本当なんですが、マ、着物のままで
見えるわけじゃないし、いいと思う、タダ、襟下部分だけ、表を・・・というのにこだわってもらいたいです。

長じゅばんが、着物と同じオクミ幅あると、前見ごろの幅としてありすぎで、歩きにくいと思から。
それと、長じゅばんの襟の、オクミどまり(ケンサキ?)は着物の位置より1寸(4cm?)ぐらい上に上がってます。
内側にある襟のほうが重なりが上になる様にです(半襟が見えるでしょう?)

いじるなら、着物の襟をオクミドマリ(ケンサキ)より2寸ぐらい上まで解いて、
、表オクミだけ残して、裏を取って、表をそのまま、折り返して、内側に回して。
襟をオクミドマリ(剣先)を1寸上げた位置に付け直して、襟の長さを短く(背中心から、片側2尺ちょっと、80cmグライ?)つけると
ちょうど、伊達締めで抑えやすいところで襟が終わります。

それと、リメイクというと、洋服へ・・・ということばかりということですが、基本、
着物は全部ばらして、他の着物、長じゅばん(寄せ集めで)とかになおすことが普通なんです。

今は、表(着物用)は着物にということしか考えないようですが、昔は、表は高価、中にはボロでというようなことですので、
有り合わせで何でも作ります。
見える部分だけ左右対称に、オークションで昔のものを見ていると、身頃が実に多彩につないであって、
すそだけ、あるいは、袖だけ、きれいなもので作っているのがまだあります。
歌舞伎などで、おいらん(女郎)の長じゅばんはつぎはぎです。
組み合わせを考えるのも和裁の楽しみの一つです。

着物の生地で無事なところをつないで、帯にもします。
半幅帯など、簡単に作れる。

リメイク・・・の本ではなく和裁で、そのまま、生地だけ、解いて、また、いろいろと使いまわすというのが、まさに
昔風で、それが着物の本質です。
だから、生地が全部四角いまま、縫いこんで取っておくのです。

見えないところは、全部つないで、ヨセ集めて、縫って、それでいいのです。

着物で長じゅばんするとかなり贅沢な感じがします。
若いころの訪問着など、利用するといいでしょう。
どうせ、柄に流行もあって、お高い着物も、親子3代はうそですから。

イロイロな、お直し、仕立て直しについては、状況、状態を具体的にお書きくだされば、アドバイスできると思います。

ウーン、まさに私が大好きなテーマです。
和裁が趣味なおばちゃんです。

別に、昔から、着物の生地で長じゅばんを作ってますからまったく、問題はないです。
逆に言うなら、長じゅばんの生地でちゃんと、長じゅばんを作るというのは、
ひどく、贅沢なんです。

今は、身頃は単衣で、袖は無双(裏表同じ生地)でという長じゅばんが袷の時期に使いますが、
これ、昔は、ちゃんと、長じゅばんも袷として作りました。
つまりは、長じゅばんにも、表の生地と、裏の生地があったとさ・・・ということです。

ならば、着物...続きを読む

Q長襦袢を二部式襦袢(うそつき)に改造したいのですが

昨年末ごろより着物の着つけを始めました。近場に教室もなければ身近に着物に詳しい人もいないので、youtubeとかDVDなど見ながら独学です…

なんとか形になるようにはなったのですが、着物で過ごすうちに、どうも長襦袢より二部式のほうが着崩れしにくいような気がしています。

ただ、二部式(半襦袢で袖はうそつきになってるもの+裾除け)は1セットしか持っておらず、長襦袢は6枚もあります。
この長襦袢(素材は正絹と交織です)を二部式に出来たらと思うのですが、どういう感じで改造すれば良いかな?と悩んでいます。
和裁はおろか洋裁も危うい感じなのですが、素人考えでは…

1.長襦袢を上下に分けるため、適当なところで真っ直ぐ裁断する
2.裁断したところを二つ折りなどしてミシンがけor手縫い
3・裾除け(長襦袢の下部分)の腰の部分にさらし(綿)を縫い付ける(画像のようにしたい)

こんな手順でも大丈夫でしょうか??
1枚思い切ってやってみれば良いのですが、もし間違っていたらどうしようと、はさみを入れるのを躊躇っています。

何か注意する点やおかしな点ありましたらご指摘のほどよろしくお願いします。

昨年末ごろより着物の着つけを始めました。近場に教室もなければ身近に着物に詳しい人もいないので、youtubeとかDVDなど見ながら独学です…

なんとか形になるようにはなったのですが、着物で過ごすうちに、どうも長襦袢より二部式のほうが着崩れしにくいような気がしています。

ただ、二部式(半襦袢で袖はうそつきになってるもの+裾除け)は1セットしか持っておらず、長襦袢は6枚もあります。
この長襦袢(素材は正絹と交織です)を二部式に出来たらと思うのですが、どういう感じで改造すれば良いかな?と...続きを読む

Aベストアンサー


適当な位置ではなくてウエストから12cm位下の部分からカット
長襦袢の襟部分を残して4cm位残す感じです
裾は1cmの三つ折り,そこにヒモを縫い付けます(左右)

脇や背中部分の縫い目を15cmほど綺麗に糸を解いて糸を結んでストレートにします
晒やシーチングを足してウエスト〜くるぶしの長さに調整+3cmの長さで縫い合わせる
左右の端や上を三つ折りにしてヒモを左右に縫い付ける

多分標準体型なら晒の幅で4本のヒモ取った残りでウエストに継ぐ分は足りるかも知れないです
ヒモは2cm巾×90cm程度あると結べますね
着物は直線縫いオンリーなので手縫いでもミシン縫いでも出来ます

袖部分のウソツキは袖を外してそこに生地を足してスナップボタン式にすると良いです

Q絽の長襦袢の身丈を自分で伸ばす方法

着物初心者です。義母から紗の小紋の着物と羅の帯をもらいました。
長襦袢は自分で揃えてと言われ、ネットで正絹の絽のものを
身丈が短いのに自分で直せると思って買ってしまいました。
裄は大丈夫ですが、身丈は8センチ出す必要があります。
夏物は透けるので長襦袢が短いと可笑しいと聞きました。

裾からは出せませんが、背と左右身ごろに同じ長さの折ってある部分
(7.5センチなので15センチ分)があり、縫い代の始末もほどくだけでよさそうに見えます。

ただ、衿、立衿の部分はどうすれば同じように伸ばすことができるのかわかりません。
どこをどれくらいほどいて、どのように始末するのか教えてください。
図解があるサイトがあれば教えてください。


浴衣はずいぶん昔に縫ったことがあります。和裁はわかりませんが
自分で縫えたらよいなと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。 

Aベストアンサー

【絽の長襦袢のほうは2cm違いで、内上げは前も後ろも同寸です。】

だとすると、後ろの繰越はつまみ繰越ではなく、最初から、後ろに2cmずらしある切り繰越という方法です。

【bekky2さんがおっしゃる身丈とは肩からのものですか?一般的にはどちらを
使うのでしょうか?いままで私は背中心からと思っていました。】

背中心というのは、襟のついている背縫いのところの長さを測るのでしょう?
ここで計らないこともないですが、「総丈」という言い方、あるいは、「肩下がり寸法」という言い方で
全部の長さという意味です。
衣文を抜くのを先取り?したように繰越をたくさんつけていると、あなたの紗の御着物のように、5cmも違ってきますから。

肩山の折り目のところから、すそまでの寸法を、128cmにということで
これはあくまでも、長じゅばんの後ろ身頃の寸法です。

【128cmが良いというのは肩から?】
そうです、後ろはね。
着物なら、前身ごろも、後ろ身頃も、肩下がり寸法(総丈)一緒の長さです。
でも、長じゅばんは再三にわたって、説明している、ダーツ分として4cmぐらいを折りたたんでつけますから、132cmが前の総丈になる。
既製品はこれをつけないので、着付けたときに、衣文を後ろに抜いた分、前が三角に持ち上がります。
これが透けて見えます。
だから、すねまで前があがるということが長じゅばんの丈が短いと夏は見えちゃうのです。

ワンピースなども、前身ごろのほうが、長く仕立てます。
ダーツ分、脇は三角に縫って、後ろ身頃の脇寸法と同じ長さにしているでしょう?
同じことをします。
でも、三角には縫わないで、脇で、長い分をしっかりと、縫いとめておくだけですが。

【着物と合わせて着て身丈を決めようと思いますが長襦袢と着物の差は
夏物で透ける場合何cm位が良いのですか?】

着物の長さが長くても、自分の着付けとしての寸法は着物格?とか決まりですから、
着物の長さで長じゅばんの長さは決めないです。

長じゅばんが長いと逆に、後ろにエモンを抜くと、後ろがはみ出ますよ。

衣文を抜いて、後ろが足首のグリグリの上下の範囲です。
ここは好き好き。
衣文をあまりぬかずにすむように、あなたの母様の紗の着物は最初から、繰越を普通は2cmですが、これを多めにとってあったということでしょう。
タダ、5cmもあるのは、ちょっと、長じゅばんと重ねてのときに着物の後ろ襟が下がるかもしれない。

【立衿のところに布を足して上に上がるというのはわかりました。】

ニコニコ。
ソウ、何でも、足りないところは足せばいいのです。
見えないように、着物として着付けたときにわからなければそれでいいの。

【前を2cm余分につけるのもやってみます。このとき身八どまりでダーツ分を
横に縫うのですか?着付けのときにあげるだけですか?】

違います。
身八つどまりまでは、すそから、後ろと前と同寸(128cmなら128-36=92cm)
身八つから、肩山までの寸法が、後ろ身頃は、9寸5分(36cm)なら、前はこれより4cm長くしておいて、
この4cmを身やつどまりで無理やり?余った分をパタンと出来上がってから、たたんで、たたんだまま、脇の縫い目に止めてしまう。
エーット、紙のマスクのひだを取るという感じ?をイメージしてください。
脇だけでペタットついているでしょう?
同じように、たたんで、脇だけ、脇の縫い目に重ねて、あとから、くくりつける?とでも言うのかな。

そんなことしていいの?とか思うかもしれないが、これが、ちゃんと機能して、胸の辺りが安定しまし、
前のすねが透けて見えて、三角に上がっているということがなくなるし。

【また質問をしてしまいました。】

どうぞドウゾ。
気の長い通信和裁だと思えば楽しいです、私も。
身近にいれば、簡単に教えて、ナンダそうなのか・・・ッテ、ことばかりですから。
実際にやってみると、わかりますし、和裁は簡単なんです。

【絽の長襦袢のほうは2cm違いで、内上げは前も後ろも同寸です。】

だとすると、後ろの繰越はつまみ繰越ではなく、最初から、後ろに2cmずらしある切り繰越という方法です。

【bekky2さんがおっしゃる身丈とは肩からのものですか?一般的にはどちらを
使うのでしょうか?いままで私は背中心からと思っていました。】

背中心というのは、襟のついている背縫いのところの長さを測るのでしょう?
ここで計らないこともないですが、「総丈」という言い方、あるいは、「肩下がり寸法」という言い方で
全部の長さとい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報