『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

猪木祭(仮称?)のメインがミルコクロコップと高山善廣の試合に決まったみたいです。
たしかにビッグネーム同士の対決なんでしょうが、いま最強格闘家のひとりに数えられてるミルコに、バーリトゥード未勝利の高山をぶつけてきたのは、どういった意図があるんでしょうか?
「やる前から勝負が決まってる」というのはオーバーかもしれないんですけど、高山が勝つ可能性は一パーセントもないような気がします。(去年大みそかのサップ戦の二の舞になりそうな気がするんですが…)
また他に出場が予想される日本人選手も、「猪木コネクション」でいけば藤田・中邑・安田・村上といった今まで通りのメンバーだと思うし、これでは観客動員でも視聴率でも「曙対サップ」のダイナマイトにはかなわない気がするんですが…
このカードが組まれた要因には、どんなことが考えられるんでしょうか?「…だと思う」といった回答でいいんで教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今年の猪木祭りのコンセプトは「プロレスラー対世界の格闘家」ですから当初は小川か高山じゃないかと噂されましたね。

今回はプロレスラーに限るという事です。
藤田は2度やって勝てなかったから新鮮身が無い、永田はオファーがあったかも知れませんが受けなかった?(本人は高山が羨ましいとコメントしてますが・・・)

小川に関してはマスコミが勝手に騒いでいただけで本人は最初からやる気なかったんでしょう。

高山にすれば実に「オイシイ」話ですよね。世間の予想は圧倒的不利、勝てば安田の再来です。勝つ可能性は限りなく低いですが、まさしくノーフィアー!な男です(笑)

日テレ側はミルコー高山がメインとは限らないと言ってますから隠し玉があるかも知れませんね。興業的には猪木祭りが神戸、K-1が名古屋、PRIDEが埼玉ですから直接影響は無いと思いますが問題は視聴率ですよね。これはカードが出揃うまで解りません。

ちなみに私はテレビで曙vsサップ見てPRIDEと猪木祭りは録画して正月は格闘技漬けの予定です!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/11/28 23:33

こんばかは、



安田vsバンナの例もありますからね、高山が勝てば盛り上がって面白いですよね、

それより、6日のK―1ワールドGP決勝戦にミルコが参戦して
万一にも負傷して猪木祭に参加出来なくなったら猪木祭ボロボロですよね、

猪木がこけるところをちょっと期待してるんですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/11/28 23:38

個人的な意見です。


観客動員を考えたとき、プロレスファンというのが重要になってくると思います。
だからこそ、PRIDEも初期
にはプロレスラーを起用しましたし(今でも高田がいますね)、
K-1も新日本プロレスとの対抗戦という形でプロレスファンを取り込んだわけです。
で、PRIDEは興行が続くうちに、独自のスター選手(シウバ、ノゲイラなど)を生み出したので、
プロレスファンではない固定ファンは既に獲得できていると思います。
一方、K-1は話題性で勝負ということで、広く一般からも観客を動員しようとしたのだと思います。。
で、猪木祭となると、やはりプロレスファンが来ないことには興行が成り立たない。
さりとて、永田はミルコに秒殺されたし、中西もK-1で全然ダメ、天山にはその気なし、といったことから、
ドン・フライと壮絶な殴り合いを繰り広げ、ノア・新日本でベルトを巻き、一般にも知名度のある高山に白羽の矢が立ったのでしょう。
プロレスラーキラーと呼ばれるミルコにプロレスラーが挑戦することがメインテーマで、
いざ人を探すと高山しかいなかったというところじゃないでしょうか。
乱文失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/11/28 23:37

「テレビだから」でしょうね。


もしテレビじゃなければもっと堅実な試合相手だったと思います。
去年視聴率を稼いだサップVS高山のおかげで一般人にも高山が覚えられましたし、ミルコは格闘技ファンも一般人も認めるビッグネームです。
ミルコが2回りも体格が違う天山に勝つというのは日本人好みの試合だと思います。

視聴率は今回はK-1一人勝ち(厳密には曙対サップのみ)だと思います。
でもその試合のしょぼさに格闘技ブームは低迷するでしょうね。
これはぼくの独断ですが「曙VSサップ」はヤラセ臭い試合になる気がします。
今のプロデューサーの谷川さんは「格闘技ファン」を舐めてる気がして嫌いです。
館長早く帰ってこないかなあ・・・。、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/11/29 00:02

てきとうに書きます。



ほかに組める相手がいなかった。

いい相手がいたが、他のイベントに取られて、予定がくるった。

2月か3月くらいのPRIDEに出る予定なので、怪我をしにくいような相手を選んだ。

PRIDEで、ヘビー級でかなり強いので、負けてイメージダウンすると大変なので楽な相手を選んだ。


猪木さんが、プロレス最強だと、本気で思ってらっしゃるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2003/11/28 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒョードルvs永田裕志はなぜ行われたのですか?

ヒョードルvs永田裕志の試合を動画で見ましたが、なぜこんなに実力差のある2人の対戦が組まれたのですか?誰かが欠場したりして急に決まったカードですか?当時の状況などを教えて下さい。

ヒョードルvs永田裕志の試合は検索で女子格闘家アリサ☆外伝というサイトを探して見ました。

Aベストアンサー

この試合が行われたのはイノキボンバイエ2003という、03年の大晦日のイベントです。前年、前々年に大晦日の格闘技イベントが好評だったため、この年はプライド、K-1、イノキと3つもの格闘技イベントが同日に行われ、紅白歌合戦の裏で中継される(プライド=フジ、K-1=TBS、イノキ=日テレ)異常事態になりました。で、選手の引き抜きや二重契約などが頻発。そもそも手駒があるプライド、K-1は自前選手とサプライズゲストで何とか乗り切りましたが、個人プロデュースのイノキ~は、選手集めに大苦戦。当初出場とされたミルコ・クロコップは怪我ということで中止、藤田和之の相手だったプロボクサーは来日せずドタキャン。ヒョードルも、プライド(当時DSE)と二重契約であることが発覚し、前日まで本当に出れるのかは不明とも言われていました。他の選手集めも困難を極め、窮余の策として猪木の顔が利く新日本プロレスから選手を借り出すことになったのです。で、噂では、永田の出場が決まったのが3日前、対戦相手は前日(実際にカード発表は30日)という話だったとか。アマレス経験があって、一応道場では総合に近い動きの練習もしてたのが理由らしいですが、総合の暫定王者との試合は、そもそも無理な話です。

で、このイベントは、視聴率で紅白含めた裏番組に惨敗、日テレは放送権料を減額、しかも、裏の世界の御方が選手契約も含めてかなり動いてらしたようで、後日、プロデューサーの逃亡騒動や、ヒョードル強硬出場に絡む恐喝などでその筋の方の逮捕者まで出ています。また、その余波で、永田のギャラ(1000万とも2000万とも)は未払いのままだとか。

この試合が行われたのはイノキボンバイエ2003という、03年の大晦日のイベントです。前年、前々年に大晦日の格闘技イベントが好評だったため、この年はプライド、K-1、イノキと3つもの格闘技イベントが同日に行われ、紅白歌合戦の裏で中継される(プライド=フジ、K-1=TBS、イノキ=日テレ)異常事態になりました。で、選手の引き抜きや二重契約などが頻発。そもそも手駒があるプライド、K-1は自前選手とサプライズゲストで何とか乗り切りましたが、個人プロデュースのイノキ~は、選手集めに大苦戦。当初...続きを読む


人気Q&Aランキング