巨人の星、侍ジャイアンツ、そして昨日
新巨人の星を見終わりました。

大リーグボール3号で左腕を破壊し、
野球界を去った星飛雄馬
しかし野球を捨てきれず山奥の小屋に
住みついてピッチングマシーンで打撃を磨き、
草野球の代打屋で生計を立てる日々を送っていました。

再開した花形は自分の会社に勤めて
安定した生活を送るように勧め、
明子、一徹もそのように願いますが、
飛雄馬は一徹に対して怒ります。

野球人形に洗脳したのは一徹です。
飛雄馬にカタギの仕事など出来るはずがありません。

親友伴宙太が巨人復帰に協力するために
ビル・サンダースを呼び寄せて飛雄馬の
コーチに就任させます。
一徹はビル・サンダースにシンパシーを
感じて野球の鬼の魂が蘇り
花形もヤクルトのテスト生として
球界復帰を目指します。

最初の頃は人間ドラマが
描かれていて面白かったのですが、
新巨人の星2はやけにあっさりしていて
あまり面白くなかったです。
野球のボールでソニックブームが
起きるわけないですよね。

私はV9の始まった昭和40年に生まれました。
幼い頃は巨人はウルトラマンや仮面ライダー
のような正義の味方で、
他のチームは怪獣やショッカーのような
悪役だと本気で思っていました。

公共の電波で巨人の星や侍ジャイアンツ
を放送していたわけです。
プロパガンダアニメと言っても過言では
無いと思います。
現実のプロ野球中継も巨人戦ばかりで、
巨人大鵬玉子焼き、野球は巨人司会は巨泉、
このような言葉が流行ったぐらいですから
子供が巨人ファンばかりになるのは
当然だったのでしょうね。

みなさんは新巨人の星についてどのような
ご感想をお持ちですか、
みなさんのご意見をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「巨人の星」の頃は川上V9の頃で、割と史実に忠実にやってたんですが、長嶋政権になり、とてもとても「常勝巨人」とは言えず、巨人中心でドラマを展開するには無理がありました。



星飛雄馬は日本シリーズで阪急を4種類の魔球を駆使してきりきり舞いさせて日本一になり、その活躍を見ながら一徹死去。
その後、飛雄馬はメジャーを目指し、船出するところで完結。

しかし、この年は1978年。
実際の巨人はこの年は2位で、セの優勝はヤクルト、日本一は阪急。
まさしく虚構としかいえないもの。

最後に話題の新人・江川を出し、いかにもエースの交代を印象づけましたが、皮肉にも江川こそ、現実の世界で悪役・巨人を誕生させた張本人であり、ヒーロー・星の退場と相成り、一時代の終り、巨人ブランドの失墜を象徴させるような形で終了した。

と、いうような印象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

新巨人の星2は、打ち切りが決定したので
優勝させてハッピーエンディングにしたのだと
私は思います。

魔球漫画なんてもう飽きられていたのでしょうね。
ドカベンとか魔球の登場しない野球漫画が
人気になっていましたよね。
もっとも、殿馬の白鳥の湖や岩鬼の悪球打ちなど
魔球的なプレーはありましたけれども。

失礼ですが1978年の日本シリーズ優勝はヤクルトです。
大杉のホームランに阪急上田監督が猛抗議なつかしいですね。

お礼日時:2011/12/01 15:40

カープファンです。


でも小学生ころは巨人の選手の名前の方が良く知っていました。「巨人の星」の影響です。
1975年(中学生)に「赤ヘル」が優勝。1979年には「江夏の21球」で日本一。

やっぱり 強くないとダメです 勝負ゴトは。
左手がダメなら右手は その後「メジャー」などに引き継がれますが 簡単に出来ないからこそマンガ(アニメ)なのでしょうねぇ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

巨人の星の広島カープは、赤ヘルになる前の
青いユニフォームの時代で
星飛雄馬のライバルも登場しない
失礼ですがかませ犬的な弱いイメージしかありませんでした。

強い赤ヘルをまた見てみたいと思いますが、
金にあかして選手を強奪するシステムがある限り
難しいんでしょうね。

お礼日時:2011/12/01 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「巨人の星」大リーグボール3号の原理に疑念あり

 星飛雄馬が投ずる大リーグボール3号は、打者のバットをよけて通ってしまう魔球です。この魔球の原理を、父の星一徹・中日コーチはこう推理します。これを(A)とします。
(A-1) 今までオーバースローから快速球を投げる本格派投手だった星飛雄馬投手が、突如アンダースローからスローボールを投げる軟投派に転向したため、プロの各打者は感覚にズレが生じている。
(A-2) アンダースローから投ずるボールは上向き軌道を通るため、長打を狙ってすくい上げる打法の打者にとってはバットの軌道とX字に交差することになり、ミートの確率が減る。
 一方飛雄馬は、左門豊作への手紙の中で、かつて左門が不良少女・京子の投げたリンゴを取り落としたことが魔球のヒントになったと述べ、こう解説します。これを(B)とします。
(B-1) 京子は右手小指に怪我をしていたため、左門が予測していた飛距離の感覚とズレが生じた。
(B-2) 下手から投げたボールは上向きの微妙なカーブを描き、左門の手前でストンと落ちた。(これは?)
 また飛雄馬は、魔球の原理をこう解説します。これを(C)とします。
(C-1) アンダースローから親指とひとさし指で軽く押すように投げる。上向きカーブを描くボールは、打者近くで推進力がゼロに近くなり、重みだけで宙にただよう状態になる。
(C-2) そこへプロの猛スイングが来ると。風圧に押されてボールが動いてしまう。(?)
 さて、ここで数々の疑念が生じます。(B)と(C)は全然違うのじゃないでしょうか? 左門はリンゴをキャッチしようとしたときに掌で風を起こしたわけではありませんし、まして掌の風でリンゴが宙を移動したわけではありません。
(C)は大いに怪しいと考えざるを得ません。
 むしろ、(A)と(B)こそが近いではないですか。一徹の推理は正しかったのでは? では、どうして伴は三球三振してしまったのでしょうか?

 星飛雄馬が投ずる大リーグボール3号は、打者のバットをよけて通ってしまう魔球です。この魔球の原理を、父の星一徹・中日コーチはこう推理します。これを(A)とします。
(A-1) 今までオーバースローから快速球を投げる本格派投手だった星飛雄馬投手が、突如アンダースローからスローボールを投げる軟投派に転向したため、プロの各打者は感覚にズレが生じている。
(A-2) アンダースローから投ずるボールは上向き軌道を通るため、長打を狙ってすくい上げる打法の打者にとってはバットの軌道とX字に交...続きを読む

Aベストアンサー

初めてナックルボールに出合ったからじゃないかと思います。
ナックルボールに関して論文が掲載されていたので参考に・・・
私は「1.はじめに」の部分しか理解できませんでした(笑)
恐るべし!カルマン渦

参考URL:http://www.fit.ac.jp/~mizota/kenkyu/knuckle/knuckle1.html


人気Q&Aランキング