ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

 外国製の機械のある部品の材質をメーカーに問い合わせたところ、 「1545 HR」 との回答でした。
 HRはhot rolled steelの略で熱延鋼板だというところまで分かったのですが、数字の部分の意味が分かりません。
 どの規格を参照すればよいのか、また日本の規格だと何に該当するのかをご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こんにちは。


 1545に付いてはこのページの最下段に出ています。
http://www.scotforge.com/charts/sf_steel_carbon_ …
ただしSource の欄にはCustom gradeとあり、割合良く使用されるらしい特注品のようです。
 最初のCの量で、JISのS45C辺りかなと感じますが、細かく見ると微妙に異なります。
http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/ …
さりとてJISの一般的な鉄鋼には上記の成分表に近い種類は無いようです。各国の規格が全く同一というわけではありませんから、近似した鋼種で代用することは良くあることではないでしょうか。

 もちろん2番目のページの鋼種はJIS規格のすべてが記載されているわけではありませんから、もっと近い物がないとは言えません。ウェブには詳しい材種の成分表が多分ないと思います。以下は鉄鋼編を所蔵している図書館で調べてください。私は除籍になった10年以上前のものをもらって持っているはずなのですが、手近に見当たりませんのでここまでにします。
http://www.jla.or.jp/link/public.html
 尚、鉄鋼編の付録には各国規格の対照表が載っています。特注品だと出ていないかもしれませんが、そちらも参照してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 ある部品の修理のために材質を調べる必要があったのですが、どこを調べても見つからず、非常に困っていました。特注品なのですね。
 詳しくご説明いただき非常に助かりました。
 
 

お礼日時:2011/12/03 22:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング