【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

小野妹子は隋の煬帝からもらった国書を無くしてしまったと日本書紀にはあります。
しかしそれが本当なら小野妹子は何らかの処罰を受けそうなものですが、そのような事は何も書かれてありません。
そうすると実際は「無くした事になっている」というのが真相ではないかと思われます。
その場合
1.もともと国書はもらえなかったので存在していない。
2.国書はもらったが内容に問題があったか何かの理由で存在が抹消されている。
というような事が考えられます。
煬帝は「日出ずる処の天子…」という日本側の国書に激怒して、以後日本の使者は拒否すると宣言したはずなのに、返書を渡すというのは矛盾してるので1の方が可能性高い気がしますが、皆さんはどのように思われますか?

A 回答 (1件)

本当に小野妹子が国書を紛失したなら


何らかの処分が科せられるはずでしょうが
業績をたたえられもっとも冠位の高い「大徳」に
なり次の遣隋使にも大使として派遣されています。
また、国書はもらえなかったということもありません。
返礼として官位は高くなかったようですが裴世清という
役人を使わしてます。
その時に朝廷に書をわたしており、これが国書と思われます。
内容は遠くから海を越えて来たことに対する労いとが書かれている友好的な内容です。
激怒した文章ではありません。
また、以前の倭王ではなく倭皇になっていることが注目です。
だから次の遣隋使の国書には「東の天皇より・・・」から始まります。
このことより隋の皇帝が激怒したのは「日出ずる処の・・」ではなく
天子と名のったところだと想像できます。
だから天子と名のったところを諌め、かつ最大限尊重して皇の称号を
使ったのでしょう。
小野妹子に渡されたのは国書でなく外交上の内々の訓告書だったと
思います。
だから紛失したことにしたのでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング