マンガでよめる痔のこと・薬のこと

AKB48って最初の数年はあまり売れてなかったけど2009年ごろから
売れ始めました。何がきっかけで突然人気でてきたんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。

AKBさんたちに毎日元気を分けてもらっている者です。

私は、今年になってからAKBに興味を持つようになりました。
それこそ、去年の今頃は、正直ほとんど目を向けていませんでした。(^^;

あまり売れていなかった頃から熱心に応援されていた方は、一つひとつの楽曲・イベントに思い入れがおありでしょう。
それゆえに、「どこがターニングポイントだったのか、よう分からない」ということがあると思うんです。
私の場合、超後発組ですので却って過去を冷静に分析できるのかもしれないと思い、回答を寄せさせていただきます。

質問者さんは、「2009年頃から」とおっしゃいましたね。
「はて? なにかあったかな?」と振り返ってみると、この年には第一回選抜総選挙が実施されているんですね。
でもこれだけでは、まだブレークには至りません。
メディアが少々取りあげてくれたことで、ま、ブレークのきっかけぐらいにはなったかもしれません。

そんなわけで、選抜総選挙が6~7月にありました。
これ以降、時系列に沿って主な出来事を振り返ってみます。

2009年

8月 AKB48新内閣の発表---3期までのメンバーは加入期ごとにチームが分かれていたものを、加入期と無関係にシャッフルすると発表。

10月 14枚目のシングル「RIVER」がオリコン週間チャートで1位を獲得。(AKB初)

12月 第60回 NHK紅白歌合戦に2度目の出場。 2年ぶりに紅白へ復帰。

2010年

2月 15枚目のシングル「桜の栞」が初動売り上げで30万枚越え。女性グループとしては7年ぶり。

2~7月 旧チームKの解散を皮切りに各チームの組み換えが実施される。

5月 第二回選抜総選挙の投票用シリアルナンバーが封入された16枚目のシングル「ポニーテールとシュシュ」発売。初動売り上げ50万枚越え。女性グループとしては9年5ヶ月ぶり。

5~6月 第二回選抜総選挙実施。前田敦子2位陥落、大島優子奪首が各メディアに大きく報道される。

8月 17枚目シングル、大島優子センターの「ヘビーローテーション」発売。2作連続となる初動50万枚越え。これは、女性グループとしては初の記録。

8月 25日に発表された「レコチョク」の週間チャートにて、着うた・着うたフル・ビデオクリップ・着信ムービー・着信メロディの各分野で1位となり、5冠獲得。

9月 第一回じゃんけん選抜実施

10月 チームKの秋元キャプテン、辞任。

10月 オフィシャルショップ 海外初出店。一号店は香港に。

10月 18枚目のシングル「Beginner」がミリオン達成。(AKB初)女性アイドルグループとしては5作連続の週間チャート1位獲得。21世紀になって最高の初動売り上げを記録。また、このことにより、AKB48がシングル年間1位を獲得。

12月 3度目となるNHK紅白歌合戦への出場。

2011年

1月 オリコンの週間シングルチャートに4作同時トップ10入り。女性グループとしては初の記録。
また、この状況が3週続きオリコン史上初の記録に。

2月 20枚目のシングル「桜の木になろう」が初動売り上げ94.2万枚を記録。初動90万越えは11年9ヶ月ぶり。また、女性アーティストとしては宇多田ヒカルの「Addicted To You」に次ぐ歴代2位。 ここまで7作連続1位獲得は女性アーティストとしてはピンクレディー以来の記録。

5月 第3回選抜総選挙投票用シリアルナンバーが封入された21枚目のシングル「Everyday,カチューシャ」が、発売第一週で133.4万枚を売り上げ。


ま、ざっと書いてみました。
初めてオリコンの週間チャートで1位をとってからは、右肩上がりできています。
メディアが取りあげると、興味を持つ人が増えます。ファンが増えると、それをまたテレビが取りあげ、歌番組への出演が増えます。歌番組だけではなくて、ドラマや、バラエティのお仕事が出てきます。
露出が増えればまたファンが増えます。
まさに、好循環ですね。

また、あまり有名ではなかったころから放送されているバラエティ番組、「AKBINGO!」、「週刊AKB」が未だに続いていることも見逃せません。
主力メンバーの出演頻度はかなり低下してしまいましたが、それでもたまに姿を見せてくれるとホントにホッとします。
あれだけ多彩な個性、年齢構成のグループが、実は内部ではかなりメンバー同士が仲がよく、見てるとおもしろいんですよね。

ま、魅力を語りだすと長くなりすぎるので我慢しますが、「どこがターニングポイントだったのか?」という観点から言うと、第一回選抜総選挙でちょっと火が着き、第二回選抜総選挙でドカーンときたのではないかと僕は受け止めています。

http://www.youtube.com/user/AKB48

http://www.youtube.com/user/AKB48#p/u/57/Aum60Y9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます^^

いや~すごく詳しく書いていただいて感謝です

確かに総選挙ってインパクトありありですよね~すごいアイデアだなあっておもいます。
不人気メンバーにとってはちょっと気の毒なイベントにおもうけど・・

私も今年からファンになったんですけど、あっという間に結構詳しくなっちゃいましたw

メンバーの名前とか大体掌握しましたし。

なるほど~1位になってさらに露出が増えたことで雪だるま式にファンが増えていったんでしょうね。

私達のような新規のファンもどんどん増えてるでしょうし

お礼日時:2011/12/13 17:06

AKBが人気が出た経緯はあまり詳しくありませんが、


商売ネタとしては昔からある方法です。

雑誌などを通じて段々と露出度が増えて行き、ある時点でブレークします。
素人をスカウトし、育成するというのが正統な手段ですが、
育成期間を省いたケースがおニャン子クラブです。

前回のおニャン子ではTBSには出演させない方式で廃れていきました。
今回は秋山康氏以下も学習してAKBに繋げていると見受けられます。

芸能界は広いようでいて狭い世界です。
早い話が如何に業界受けするかが重要であり、
AKBは集団で話題性があり、かつ無難である。
更に一般人の美少女を集めることで、業界内の好感度を上げています。

結局、日本人はこういうスタンスが好きなんでしょう。
ある意味、資本主義と反対の存在がAKBといえるでしょう。
アジアでは成功し易いスタイルですが、欧米ではどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

モーニング娘とか おにゃんこクラブは割と最初からデカく売り出して
初期から人気ありましたけど、AKBみたいな方法のほうが案外長く人気が継続できるのかもですね。


>前回のおニャン子ではTBSには出演させない方式で廃れていきました。
>今回は秋山康氏以下も学習してAKBに繋げていると見受けられます。

これは初耳でした。
今は満遍なくどの局にも出てますもね~

TBSとは対立関係に前はあったんでしょうか。

>雑誌などを通じて段々と露出度が増えて行き、ある時点でブレークします。
>素人をスカウトし、育成するというのが正統な手段ですが、


なるほど~爆発するってのはある程度じゃあ計算済みだったんですね。
そこまで読めてるってさすが秋元さんですね

お礼日時:2011/12/06 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAKBはなぜ3年目に売れたのか?

AKBは2年間売れなかったと聞きました。なぜ急に売れたのでしょうか?そのきっかけに詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
hosoakiさん、漠然と「いつブレイクしたのか?」と聞かずに3年目と指定されました。

よって、1期生で旗揚げしてから3年目にあたる2007年12月からの1年間に的を絞ってお話しします。
一か月後には年越しですから、実質的には2008年を確認する作業といってもいいかもしれません。

2007年12月31日  中川翔子、リア・ディゾンと共に「アキバ枠」としてNHK紅白歌合戦に初出場。
2008年 1月24日  AKB48 地上波初の冠番組「AKB1じ59ふん」がスタート。(AKBINGO!と改題し現在も継続中)

 2月 デフスターズレコードとの契約解消。販売方法を巡るトラブルから。

10月 レコード会社をキングレコードへ移籍し、初のシングル、通算10作目の「大声ダイヤモンド」を発売。


大きな出来事としては以上です。
hosoakiさんのご質問の前提をいじるようで恐縮ですが、実は、ホントに盛り上がるのはこの後なんです。

2009年(中略) 6~7月 第一回選抜総選挙実施
          8月 大阪、名古屋、福岡で、3チーム分担にてコンサート。
          8月 日本武道館にて全体コンサート。初のチームシャッフルを発表。
         10月 14枚目のシングル「RIVER」がAKB初のオリコン1位を獲得。
         12月 NHK紅白歌合戦に、2年ぶり2度目の出場。

以上、4年目に大きなうねりが来ました。
これは、ロケットで言うとまだ1段目です。
この後続けて2段目に点火します。

2010年 2月 15枚目シングル「桜の栞」。女性グループとしては7年ぶりとなる初動売上30万枚越え。
 
      2~7月 前年発表されたチームシャッフルを実行。
      4月 セカンドアルバム「神曲たち」発売。
      5月 16枚目シングル「ポニーテールとシュシュ」発売。女性グループとして9年5か月ぶりとなる初動売上50万枚越え。
      5~6月 第二回選抜総選挙実施。前年の前田敦子に代わり大島優子が1位に。
      8月 選抜総選挙で選ばれたメンバーによる17枚目シングル「ヘビーローテーション」発売。女性グループとして初めて2作連続での初動売上50万枚越え。
      8月 レコチョク週間ランキングにて、着うた・着うたフル・ビデオクリップ・着信ムービー・着信メロディ5部門を同時制覇。

      (中略)
      10月 18枚目シングル「Beginner」発売。AKB初のミリオン達成。国内女性アイドルグループとして5作連続1位、シングル年間1位、当時としては21世紀最大の初動売上を記録。

      12月  NHK紅白歌合戦に2年連続、通算3回目の出場。

以上です。
第2回選抜総選挙の前後に大きな動きがありました。
総選挙投票用シリアルコードが封入された「ポニーテールとシュシュ」は、AKBの歴史上一つ大きなステップを踏んだシングルです。
たしかに、投票目当てで余計に売れたという面はあったと思います。
しかし、曲自体も良かったと思います。大人数を活かしたフォーメーション、パート割。
アップテンポで、かわいらしくて、楽しい作品です。
ジャケ写とMVは、AKB初の海外撮影でした。

第二回選抜総選挙で、前年と首位が入れ替わったことが、メディアでいくらか大きく取り上げてもらえました。
その話題性と、曲自体の明るさ、楽しさの相乗効果で「ヘビーローテーション」が大ヒット。
その話題性が次の起爆剤となり、「RIVER」でミリオン。そして紅白へと・・・。


いかがでしょう。


☆ポニーテールとシュシュ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5

http://www.youtube.com/watch?v=SwXtaahxjls

こんにちは。
hosoakiさん、漠然と「いつブレイクしたのか?」と聞かずに3年目と指定されました。

よって、1期生で旗揚げしてから3年目にあたる2007年12月からの1年間に的を絞ってお話しします。
一か月後には年越しですから、実質的には2008年を確認する作業といってもいいかもしれません。

2007年12月31日  中川翔子、リア・ディゾンと共に「アキバ枠」としてNHK紅白歌合戦に初出場。
2008年 1月24日  AKB48 地上波初の冠番組「AKB1じ59ふん」がスタ...続きを読む

QAKB48はなぜ爆発的な人気を得たのでしょうか?

今ではミリオンセラーを連発するグループになりました。
雑誌ではAKBのグラビアや特集が毎週・毎月、複数の雑誌で
組まれる状態が1年以上続いています。
ゴールデンタイムのメジャードラマやバラエティ・情報番組で
引っ張りだこで、その上冠番組を何本も持つほどの絶大な人気です。


最初の頃は劇場に5人しかお客が入らなかったというエピソードもあり、
初めから人気があったわけではありません。

AKBグループの活動を「AKB商法」などと称し批判する人もいます。
握手会等のおまけがCDの売り上げ数を押し上げていることは間違いない
とは思いますが、それをすれば誰でも売れるわけはないと思います。
CDや写真集の発売時にサイン会や握手会をやる「AKB商法」は、大昔から
多くのアイドル・アイドルグループ・タレントがやっています。

多様なキャラクターの子がいる、成長するグループという意味では
アイドリングも同じような感じだと思いますが雲泥の差がついています。
またある番組でアイドリングが「AKBさんと同じように握手会とか
やっているのにどんどん差をつけられてどうしていいかわからない」
とさんまさんに相談しているシーンを見たことがあります。


質問は以下です。
・AKB(グループ)はなぜ特別に人気を得たのか
・AKBだけが持つ特別なものは何か
・アイドリングやその他のアイドルグループと何が違うのか
・アイドリングはどうしたら売れるのか(無理なのか)

これを教えてください。よろしくお願いします。

今ではミリオンセラーを連発するグループになりました。
雑誌ではAKBのグラビアや特集が毎週・毎月、複数の雑誌で
組まれる状態が1年以上続いています。
ゴールデンタイムのメジャードラマやバラエティ・情報番組で
引っ張りだこで、その上冠番組を何本も持つほどの絶大な人気です。


最初の頃は劇場に5人しかお客が入らなかったというエピソードもあり、
初めから人気があったわけではありません。

AKBグループの活動を「AKB商法」などと称し批判する人もいます。
握手会等のおまけがCDの売り上げ数を押し上げ...続きを読む

Aベストアンサー

暇なのでまた出てきました。(^^;これを書いたら出かけます。

>最初の頃は劇場に5人しかお客が入らなかったというエピソードもあり、
>初めから人気があったわけではありません。

 ご質問の中にあったこの部分↑ですが、これは重要なポイントですね。ここ一、二年の間にデビューしていきなりもてはやされるようになったわけではないんです。
どの時点で大ブレークしたととらえるかは、人によって見方が分かれるかもしれません。
ですがどうでしょう、昨年の第二回選抜総選挙が世間的に注目を集め、ここで決定的に全国区へと躍り出たのではないかと考えています。
 で、オリメンのデビューから5年目でそこまで登ってきたとなりますと、それなりに”助走”をつけて走ってきたということですから、この人気はそう簡単には陰らないと思うんです。”付け焼刃”ではないということなんです。(NHK紅白にももう3回出ています)
 前回もお話しましたが、研究生を経ずにメンバーとなった娘達、つまり3期生までのメンバーが中心となって固く結束しています。とりわけ中でも、オリメンがまだ結構残っていてしかも人気もあるということで、磐石な体勢となっています。



・AKB(グループ)はなぜ特別に人気を得たのか

 前回の回答の繰り返しになりますが、この人数規模の大きさが一番だと思います。私は現場は未経験ですが、映像で見る限り振り付けがカッコよかったり、かわいらしかったりして、パート割りもかなり複雑に組まれていて、総じて見ていて楽しいです。
何列かに分かれて歌い踊る中で、前列が踊りに徹して後列がボーカルを受け持つなんていうのも、イケてます。
しかも、女の子の集団なのにその女の子達の中にもファンが少なからずいます。同性に受け入れられたら、人気は本物です。

・AKBだけが持つ特別なものは何か

 単に人数が多いだけではありません。この中をチームA,K,Bと3班に区切ってそれぞれにキャプテンを置き、それぞれが独立して公演を行っています。また、同じ事務所に所属している者同士を結びつけて派生ユニットも積極的に展開しています。
AKB48を航空母艦とするなら、この3つのチームはさしずめ右舷・左舷・後方を分担する守備/攻撃隊。
ノースリーブス、渡り廊下走り隊などの派生ユニットは強襲揚陸部隊。
メディア選抜チームは上陸後の執行部隊。
そして、一人ひとりのメンバーは、それ自体がまさに空母艦載機です。(あくまでも、一つのものの例え方です。お遊びとして読んでください)
 選抜チームの存在ですが、AKB48はむやみと大人数を引き連れて回るのではなくて、選りすぐったメンバーでの出演です。ですから、テレビの中での躍動感とおもしろさが担保されています。
メンバー間の相関関係、人間模様も、これだけ大人数ですといろんな切り口があって見ていて楽しいと思います。
さらに、ユニット全体としてのパワーアップを図ると各個人の魅力もさらに高まるといった感じで、全体と個人が共に成長していることも見逃せません。
総選挙19位の娘が自分の番組を持たせてもらっているなんていうのも、事務所の力だけではなくて彼女の個性があってこそのことです。
 
 ”アイドリング”については、私つい先日調べて知ったのですが、元々芸能事務所に籍を置いている人を対象にオーディションを行ったという経緯があったのですね。なるほど、したがって、全員まとめて同じ事務所に在籍しているわけではないということです。
 で、素人を対象に採用活動を行っているAKB48も、やはり、メンバーがあちらこちらのプロダクションに分散して在籍しております。これは、将来、それぞれが自分の目指す道へ踏み出す際に動きやすいようにとの計らいだそうですが、このように所属事務所が分かれていることで活動に柔軟性が出てきます。
総選挙一位と二位、宿命のライバル同士が蓋を開けてみると実は同じ太田プロダクションというのも、なんだか微笑ましいと言いますか、おもしろいなと思います。(^^

 AKBだけが持つ特別なもの、それは総合力と機動力の高度な融合だと思います。金融機関に例えると、大手都市銀行、第二地銀、信用組合にいたるまであらゆるニーズにここ一社で対応してしまっている状態と言えます。
およそ、ガールズユニットに求められるもの、ファンが欲するものをここで一手に引き受けてしまっているように見えます。

 私がアイドリングファンの方の気分を害してはいけませんので、そちらの今後については特に述べません。
ただ、もしもAKBの有力な対抗軸が現れるとしたら、私はそれはまだ少し先の話ではないかと思います。同じカテゴリに現存するニットではなく、これから生まれるユニットではないかと考えています。(お付き合いありがとうございました)

暇なのでまた出てきました。(^^;これを書いたら出かけます。

>最初の頃は劇場に5人しかお客が入らなかったというエピソードもあり、
>初めから人気があったわけではありません。

 ご質問の中にあったこの部分↑ですが、これは重要なポイントですね。ここ一、二年の間にデビューしていきなりもてはやされるようになったわけではないんです。
どの時点で大ブレークしたととらえるかは、人によって見方が分かれるかもしれません。
ですがどうでしょう、昨年の第二回選抜総選挙が世間的に注目を集め、ここで決...続きを読む


人気Q&Aランキング