ガチンコという番組がありますよね。ブラピの映画にもそんなかんじのがありますよね?ガチンコっていったいどういう意味なのですか??

A 回答 (2件)

“がちんこ”は相撲でいう真剣勝負です。


ブラピの映画は「ファイトクラブ」ですね。
番組のコーナーは「ガチンコ ファイトクラブ」ですね。
    • good
    • 0

元々はすもう(大相撲)の隠語で八百長をしないで(相撲界に八百長が存在するかどうかはここでは触れません)本気でその取組にぶつかっていくこと或いは人の擬音語から定着して一般の世界にも広まったものです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「慇懃無礼」ってそんな意味だっけ?

先程、同じカテゴリに、「丁寧だが、その度が過ぎて失礼」の意味を表わす四字熟語を教えてほしいという質問があり(質問番号625963)、それに対して「慇懃無礼」という熟語をあげる回答が複数寄せられていたのですが、どうもしっくりこないのです。

私としては、「慇懃無礼」の意味は「うわべだけ丁寧で内心は相手を見下している」というような意味だったと記憶しているのですが、これだと上の「度が過ぎて失礼」とは何か違うような気がするのです。

私が知らない間に、最近はこの熟語を「度が過ぎて失礼」という意味にも使うようになっていたということなのでしょうか?
どなたかお答えいただければ幸いです。

なお、国語辞典を見ても私が最初から知っていた意味しか載っていませんでした。

Aベストアンサー

確かに、"goo"の国語辞典(下記参考URL)等には、相手を見下す意味しか載っていませんが、

私のPCに入っている"Microsoft/Shogakukan BookShelf Basic"には、両方の意味が載っています。(辞書の内容をコピー&ペーストしたいのですが、著作権に引っかかって回答が削除されてしまいそうなので・・・。)

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%D8%C0%D8%E9%CC%B5%CE%E9&kind=jn&mode=0&jn.x=35&jn.y=10

Q一人当たりの15%の割引 というのが 一人当たり料金が0.85人分 で済む というのはどういう

一人当たりの15%の割引 というのが
一人当たり料金が0.85人分 で済む
というのはどういうことですか?
料金の話が人数にかわってるのが
よく理解できません。
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

通常の一人分=100円とした場合85円は何人分に相当するのか
つまりそう言う事なのだが、了解か?

Q自動車教習の学科の問題で、"すぐに停止できる速度"と、"徐行"は違う意味ですよね? 例えば"横断歩道

自動車教習の学科の問題で、"すぐに停止できる速度"と、"徐行"は違う意味ですよね?
例えば"横断歩道に横断する歩行者がいるかいないか明らかでない場合は停止できるような速度で進まなければならない"
が"徐行で進まなければならない"だと間違いということですよね?
複雑なんですが分かる方教えてください。

Aベストアンサー

>"すぐに停止できる速度"と、"徐行"は違う意味ですよね?
違います

徐行 = すぐに停止できる速度で進行する

ですから
「徐行で進まなければならない」 は 馬から落ちて落馬する と同様日本語として間違っています。

Q尽力は力を尽くすや努力するという意味を持つ言葉である物事を成す為の力を指しますよね、そこで尽力という

尽力は力を尽くすや努力するという意味を持つ言葉である物事を成す為の力を指しますよね、そこで尽力という言葉の使い方を教えて欲しいです
尽力を尽くす、尽力の努力、などの言い方は正しいですか?
尽力というものは力を尽くすという意味がありますので力を尽くすを尽くすとなり正しくない言葉なのでしょうか?尽力は努力に近い意味を持つので後者の言い方も間違いでしょうか??
正しい言いかたを教えて下さい
尽力をした、尽力をする、などが正しいでしょうか?
教えて下さい

Aベストアンサー

>尽力を尽くす、尽力の努力、などの言い方は正しいですか?
NOです。
>尽力というものは力を尽くすという意味がありますので力を尽くすを尽くすとなり正しくない言葉なのでしょうか?

その通りです。

>尽力は努力に近い意味を持つので後者の言い方も間違いでしょうか??

尽力は「他に対して力を尽くす render services 《to》」、努力は「努めるeffort」です。

社会のために尽力する、など

>尽力をした、尽力をする、などが正しいでしょうか?

あくまでも<他のために>ですが、それで正しいです。

Q18年ほど前にNHKの番組で「世界の神話」という番組がありました。その

18年ほど前にNHKの番組で「世界の神話」という番組がありました。その中でアラーの神様の話があったのですがご存知の方がいらしたら教えてください。あらすじは、3人の兄弟が父親の残した駱駝を遺言どうりに分けようとするのですが上手くいきません。通りかかったおじいさんが駱駝を1頭差し出してくれ、それを足すと遺言通りに分ける事が出来、さらに駱駝が1頭残りました。おじいさんはまたその駱駝を連れて去っていきます。おじいさんはアラーの神様の化身だったというような話でした。そのときに使った代数が思い出せません。どなたかご存知の方がいらしたら教えてください。

Aベストアンサー

18年前の記憶とは、すごいですね。

代数というほどのものではなくて算数ですが、18頭のラクダを、長男が 1/2、次男が 1/3、三男が 1/9 を相続するという話ですね。
長男は 1/2 なので、他の 1/3 や 1/9 とは分母の約数が異なります。
すべての分母を同じにすると、9/18 と 6/18 と 2/18 となり、3つを加えると 17/18 ですから、17頭なら遺言どおりに分配できますが、1頭だけ余ってしまいます。

このお話は、下記のサイトに出ています。
 → http://www.jtvan.co.jp/howa/Sato/houwa081.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報