最新閲覧日:

以前テレビで、台湾では放射能で汚染された素材を
使用して作られた建物がたくさんあると言っていました。
このような建物に近づいたり、泊まったりするかもしれない
台湾への旅行者には害はないのでしょうか?
あまり深刻なニュースになっていないのがフシギなんですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 自然放射能が年間2.4ミリシーベルト、胸部間接撮影が約1ミリシーベルトです。

放射線業務に従事する人が1年間に浴びても良い放射線許容線量は50ミリシーベルト以下とされています。台湾で問題のあった建物では、年間1000ミリシーベルトの所があったとのことです。そこで、1日滞在したとすれば、3ミリシーベルトの放射能を浴びることになります。許容を50ミリシーベルトとしますと、半月ぐらいなら大丈夫といえそうです。
(参考)
http://ww3.tiki.ne.jp/~ashinsin/data/koza16.htm

参考URL:http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20001210/f146 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。たいへんな量ですね!そのような建物(もし判別可能ならば)には入らなかったら、影響はないのでしょうか?

お礼日時:2001/05/06 05:22

放射線で汚染されてる度合いにもよると思いますが、長期に渡って滞在、或いは居住してるとなんらかの影響が出る可能性もありますねぇ・・・ただ、それほど汚染された材料(さっきまで原子炉に入ってました!まだアツイです!!)ってのは使ってないでしょうから、それほど考えなくても大丈夫ではないですか?恐らくパソコンのモニタとかTVから受ける放射線量の方が莫大だと思います。


余談ですが、放射能ってのは放射線をだす能力の事です。で、その”能力”を持った物質を”放射性物質”と言います。浴びたり漏れたりするのは”放射線”です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報