「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私はフリーランスで仕事をしています。
昨年までは夫の配偶者控除でした。
昨年は事業所得の38万を超えたので、今年は配偶者控除から抜けていますが、今年は収入が少なかったので、経費を差し引くとまた夫の配偶者控除を受けられる額になるかもしれません。
(事務所を通して仕事をしているので現金主義ではなく発生主義でして、まだ12月の振込額によって今年の収入が違ってきます)

夫の会社から、配偶者控除に入ったり抜けたり繰り返すと、税務署から「え~っ?」と言われてしまう事があるかもしれないと言われました。

収入が少なければ払うお金がないので配偶者控除を受けていないのは怖いですし、以前市役所にお伺いした時も、所得額によって配偶者控除になったり、抜けたりの繰り返しです。と言われました。

会社の方が「え~?」と言われてしまうと言ったのは本来の世間一般の事なのでしょうか。。
それとも手続きが面倒なのでそんな事を言われたのでしょうか。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

夫の会社から、配偶者控除に入ったり抜けたり繰り返すと、税務署から「え~っ?」と言われてしまう事があるかもしれないと言われました。


うそです。そんなこと絶対にありません。

「配偶者控除、扶養控除は年を明けたときに確定するので、年内に出たり入ったりするものではありません」という回答をする人がいますが、これも嘘です。

年当初に配偶者控除をうけられると思って、夫が会社に申告をします。
年の途中に「もしかしたら、あかんかもしれん」とその異動申告(配偶者控除をはずす)をします。
年末近くになって「やっぱり配偶者控除を受けても大丈夫だ」と異動申告書を出します。
すべて「オッケー」です。
1月に配偶者控除を受ける申告書を出す。2月に配偶者控除をなくす申告書を出す。3月に配偶者控除を受ける申告書を出す。4月に、、、(以下同様)としても、まったくお咎めをうけることではありません。
毎月の源泉徴収税額が変わりますから、給与担当者は「面倒くさい、ドッチかにしてくれ」といい出すかもしれませんが、そこに税務署が出てくる幕ではありません。

「所得額によって配偶者控除になったり、抜けたりの繰り返しです。と市役所の人に言われた」とありますが、「だからなんですか!?」と聞きなおすしかありません。

平成19年20年21年と配偶者控除を受けていたとします。
20年について所得が多いので配偶者控除が受けられないとしたら、19年は受けて、20年は受けずにいて、21年は受けてとなるにきまってます。出たり入ったりしてるといいますが、それをしてなかったら「20年は控除対象配偶者ではないので、だめですよ」と云うのが市の(あるいは税務署)の立場です。
つまり「出たり入ったりしてる」状態について、ああでもないこうでもないと口にすること自体がおかしいのです。
「あなた、この前、スーパーで安売りのキャベツ買ってたでしょう」と云われるのと同じです。
良い悪いといわれることではないです。
それも、そのことを知りうる公僕に口にされるものではありません。

「どういうつもりでそれを話題にしてるのか?
配偶者控除をうけた年を知ってるのは、あなたが公務員だからでしょう?
配偶者控除を受けた年と、そうでない年があって、それを出たり入ったりしてると咎めるような言い方をするが、法令違反でもしてるというのでしょうか。
そうでないなら、職務上知りえた情報でもって無意味な発言をしないでください。」
と糾弾してやりましょう。

出たり入ったりが悪いことでもなんでもないです。
むしろ法令の求めに応じると出たり入ったりになるのです。
それを話題にするバカには「バカをいうのもいい加減にしてくれ」と云うしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答遅くなってしまい大変失礼致しました。
ご回答下さいましてとても心強く対応出来ました。

結果、出たり入ったりと言う形になりました。

やっと夢が叶って、お金が稼げるようになって来たのですが、毎年税関連の問題には悩みます。
もう少し自分に広い知識が欲しいです;; 

ご丁寧にご回答下さいましたのにお礼が遅くなってしまって本当にごめんなさい。
楽しい年末をお過ごし下さいませ。

お礼日時:2011/12/29 16:40

>昨年までは夫の配偶者控除でした…


>昨年は事業所得の38万を超えたので…

ちょっと違いますよ。
配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

月々の給与から引かれている所得税は、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用ですからどうでも良いんです。
夫が会社員等なら今年の年末調整で、夫が自営業等なら来年の確定申告で、それぞれ今年分の判断をするということです。
これが狩りの成果です。

つまり、昨年が決算を終えたら 38万円を超えていたとのことですから、夫は昨年が配偶者控除を取れなかったのです。

>今年は配偶者控除から抜けていますが…

今年が抜けるかどうかは、今年の決算を見てみないと決まりません。


しかも、38万円を少し超え根程度なら、配偶者控除が配偶者特別控除に代わるだけで、何もかもすべてなくなってしまうわけではありませんよ。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
ただし、夫が「所得」(収入ではない) 1,000万円以上の高給取りなら、配偶者特別控除の適用はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>抜けたり繰り返すと、税務署から「え~っ?」と言われてしまう…

皆さんと一緒ですが、そんなことあり得ません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
そんな事あり得ません。とのお言葉、大変心強かったです。

自分自身に知識が少ないのも、その場で対処が出来ない困りどころなので、税金について勉強に励みます。

お礼が大変遅くなってしまい失礼致しました。

楽しい年末年始をお過ごし下さいませ☆=

お礼日時:2011/12/29 16:42

給料の支払い時に、税金が(所得税)が引かれていると思いますが、昨年の扶養状況を考えて、支払っていると思います。


そこで、去年は扶養・・今年は無しでは、年末調整で追徴される事態も有りませんでしたか(^^

通常は、月の支払いは多少多めに払い、年末調整で還付するのが普通(私だけ)ここで不足が出るのを嫌う事務も居ると思います。

結果、会社の事務がめんどくさいだけですね

今後は、扶養無しで税金の計算をしてもらい、年末調整後にもらえる、源泉徴収票で翌年の確定申告を自分で行うようにしたらどうですか(^^

扶養ありなら、払いすぎた税金が戻ってくるし、扶養無しならそのままにすれば良いだけです。
    • good
    • 0

税務署から「え~っ?」と言われてしまう事があっても,正しい申告をしているのなら何も問題はないでしょう。

市役所の人が言うとおりですから,会社の方が何と言おうとも気にしないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってしまい大変申し訳御座いませんでした。
御回答ありがとうございます!御回答とても強みになりました。
感謝申し上げます!

この質問の後、少し自分でも勉強していたのですが、電話で話し合いまして、納得いく対応をして貰えそうです。

お礼日時:2011/12/29 16:27

いえ、そんなことはありません( キッパリ )。



その年の状況によって、該当・非該当を判断すればOKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなってしまい大変申し訳御座いませんでした。
御回答ありがとうございます!とても心強いです~

少し自分でも勉強していたのですが、電話で話し合いまして、納得いく対応をして貰えそうです。

本当に良かったです。

お礼日時:2011/12/29 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険、出たり入ったりはしても良い事なのですか?

今、主人の扶養家族となって専業主婦をしています。(子供無し)

以前から登録してあった派遣会社から初めて仕事の依頼があったのですが
その時に「3~4ヶ月の仕事ですが、その間社会保険に加入してください」
と言われました。
その短期の仕事が終わったら、また主人の扶養になるということでしたが
そんなに何度も出たり入ったりは面倒じゃないのかな?と思いました。
確か、国民年金もその間だけ払わねばならなかったと思います。

まだ正式に決まっていない仕事なのですが、今後またこの様事があるもしれないと
思い、こちらに相談してみました。

保険料、年金を主人と別に納めることによって、お給料が目減りしてしまう
というのは、あまり重きを置いて考えていません。が、
こう、出たり入ったりするのは、迷惑(特に主人の会社)ではないのでしょうか?
そういう方はよくいらっしゃるのでしょうか?
関係者の方のご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

>こう、出たり入ったりするのは、迷惑(特に主人の会社)ではないのでしょうか?
>そういう方はよくいらっしゃるのでしょうか?

 いいえ。迷惑ではありません。適正に遵法を行なっていますので何ら問題はありません。多くいるかいないかといえばさほど多くはいませんが、実際はいらっしゃいます。あまり気にされなくて良いです。

>確か、国民年金もその間だけ払わねばならなかったと思います。

 はいその通りです。その期間は手続を行なうことにより第3号被保険者となり、保険料はゼロで、年金加入はしている状態です。

 因みに「年金」に関しは、特に留意しましょう。あなたが働いている間は第2号被保険者となり会社で漏れのないよう手続してますが、その後に専業主婦となり第3号被保険者とする場合は必ずご主人の会社へ申し述べ下さい。手続を怠るとその期間は年金加入に関しカラ期間や第1号被保険者(13,300円/月)となります。第3号被保険者であれば年金保険料はゼロです。また、遡及時効は2年です。
 
 「健康保険」に関しても「年金」同様に手続に漏れのないよう留意が必要ですね。特にあなたが離職(派遣会社での健康保険喪失時)には留意です。尚、健康保険は離職時以降の年間収入見込みが130万円未満がご主人の扶養に入れる条件となります。この収入には失業給付金も含まれます。因みに失業給付金は所得税法上では非課税です。多くの健康保健組合は財政赤字のこともあり扶養者増に関しては充分なる確認をしているようです。場合によっては派遣会社の退職証明書などの添付を求められるかもしれません・・・。

  

>こう、出たり入ったりするのは、迷惑(特に主人の会社)ではないのでしょうか?
>そういう方はよくいらっしゃるのでしょうか?

 いいえ。迷惑ではありません。適正に遵法を行なっていますので何ら問題はありません。多くいるかいないかといえばさほど多くはいませんが、実際はいらっしゃいます。あまり気にされなくて良いです。

>確か、国民年金もその間だけ払わねばならなかったと思います。

 はいその通りです。その期間は手続を行なうことにより第3号被保険者となり、保険料はゼロで、年金加...続きを読む

Q扶養から外れまた、入る事はできますか?

6月末まで派遣で働いていました。その時は夫の扶養に入っていて(所得税は払っています)所得が
130万円を越えたら辞めようと思っていました。
運良く7月から転勤になり辞めざるを得なくなりましたが8月からパートで働く事になりました。
それに当たって派遣会社より源泉徴収票をもらったら所得が110万円になっていました。
今のパートも順調に働ければ12月までの5ヶ月で20万以上は越えるので今年の所得は130万円以上
という事になります。国民健康保険に加入する時期を市役所にたずねたらパートなので収入が不安定という事で
130万円を越えたら入ればいいと言われました。
順調に行くと10月からは扶養を外れる事になります。
でも、今のパートをするに当たって扶養範囲内での勤務を希望しているので来年度は103万円以内に
抑えてもらう予定です。となるとまた、来年度は夫の扶養家族になるわけですが、市役所の人によると
社会保険事務所によっては
入ったり抜けたりとコロコロ変更できないところもあると言われました。
概算ですが今年の年収は150万円を少し越える予定です。
このまま知らん振りしてようかとも思いましたが他の方の質問を見るとそれをしてもいつか請求が来るとの
回答が多数あったのでとりあえず扶養は外れようと思っています。
でも、今扶養を外れさらに来年以降も扶養に入れないとなるとこのままずっと国民健康保険に加入していく事に
なるのでしょうか?
もし私が専業主婦になったとしても入れないのでしょうか。
社会保険事務所によって違うのであればそこに確認するのがベストだとも思ったのですが
私はいったいどうしたらいいのか迷っているのでどうかよろしくお願いします。
もし、130万円を越えた時点で辞めた方がいいのであればそうする事も考えたいと思っています。

6月末まで派遣で働いていました。その時は夫の扶養に入っていて(所得税は払っています)所得が
130万円を越えたら辞めようと思っていました。
運良く7月から転勤になり辞めざるを得なくなりましたが8月からパートで働く事になりました。
それに当たって派遣会社より源泉徴収票をもらったら所得が110万円になっていました。
今のパートも順調に働ければ12月までの5ヶ月で20万以上は越えるので今年の所得は130万円以上
という事になります。国民健康保険に加入する時期を市役所にたずねたら...続きを読む

Aベストアンサー

扶養に入ったり外れたり、さすがに1月おきにやられたら堪らないとは思いますが、理屈では出入り可能なはずです。

ただし、
年金・健保の扶養は、1~12月の年収で条件を決めるのではなく、今後の収入の見込みが年収換算で130万円以上になるかどうかで決まります。月収で10万8千円くらいということになります。

一方、所得税の方の扶養条件は、1~12月の収入が103万円です。

ですから、ホントは、派遣で働いていらっしゃった期間が社会保険の扶養条件をオーバーしていたんじゃないでしょうか。(7ヶ月で110万円ですから、年収換算で188万円?)

逆にパートは扶養範囲内にということなので、条件を満たしているはずですね。

Q年ごとに扶養から外れたり入ったりって実際できるのですか?

年ごとに扶養から外れたり入ったりって実際できるのですか?

初めまして、結婚して退職したのを機に数年前からイラストなどSOHOのお仕事を始めました。
現在夫の扶養家族になっているのですが、
今年の収入が既に133万ほどになり、「130万の壁」というものを越えてしまいました。
所得のほうはまだわかりませんが経費を差し引けば0になるかもしれません。
(前年度は所得0でした。)

(1)もし収入が130万円を超え、所得が0円だった場合、
・夫の所得から配偶者控除38万円というのは受けれる
・国民健康保険と国民年金に入らなくてはならない
・住民税と所得税はかからない

という認識であっていますでしょうか。

(2)それとも個人事業主の場合は収入―経費の「所得」が130万円以下であることが扶養を外れる条件だという情報
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1138070.html 
(上のページの回答者1の方)
も読みました。これは本当なのでしょうか? 私は青ではなく白色申告で、雑所得として申告してるのですが当てはまるでしょうか。
確定申告をしていながら無知ですみませんが教えてください。

また、今年はたまたま超えてしまいましたが会社員やパートさんとは違うので、
来年も超えるとは限りません。
来年130万より少なかった場合、また扶養に戻れるのでしょうか。

(3)そういう、「出たり入ったり」て、どうなのでしょうか。
同じように扶養でSOHOをしてる方で毎年出たり入ったりしてる方や、
会社の総務で毎年出たり入ったりの手続きを当然のようにしてる方っていらっしゃいますか?
保険代+年金代はバカにならないので、130万を下回る年は扶養になりたいのですが、
やっぱり迷惑でしょうか。
一度はずれたらそうそうは戻らず我慢して払い続けるしかないのでしょうか?

(4)あと130万円を超えてしまうと、いくらまで稼げば保険代などを考えても得をするようになるのでしょうか?

たくさん質問してしまいましたが、どうぞ宜しくお願いします。

年ごとに扶養から外れたり入ったりって実際できるのですか?

初めまして、結婚して退職したのを機に数年前からイラストなどSOHOのお仕事を始めました。
現在夫の扶養家族になっているのですが、
今年の収入が既に133万ほどになり、「130万の壁」というものを越えてしまいました。
所得のほうはまだわかりませんが経費を差し引けば0になるかもしれません。
(前年度は所得0でした。)

(1)もし収入が130万円を超え、所得が0円だった場合、
・夫の所得から配偶者控除38万円というのは受けれる
・国民健康保険と国...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の核は「社会保険に加入してる夫の被扶養者となる収入額について、事業所得者はどう判定するのか」ということだと思います。
税金の話ではないですね。

一年間に130万円未満だと被扶養者になれる。つまり自分で年金を払わなくて3号扶養者になり、健康保険証も夫の保険組合のものが使える。自分は事業所得者であるが、130万円をどう理解したらよいか。
と言い換えることができる質問だと思います。

まず130万円とは、保険組合が決めてる額ですが、一年間の収入といっても1月1日から12月31日の収入をさしてるのではありません。現在の給与額を12倍した場合に130万円を超えたら被扶養者にはできませんという規定です。
そのため、月額108,334円以上の給与が3ヶ月以上続いた場合には、被扶養者の要件から外れます。
今月からお給料が月10万円から11万円になったというかたは、その額が継続して12ヶ月支払われるなら130万円を超えますので被扶養者要件に該当しないという考え方をします。

では、質問者のように「自分書いたイラストを売る、SOHOをしてる」という方はどうなるかです。
給与ではなく事業所得ですので、上記の「月にいくら」を12倍する考え方はされてません。
事業所得ですから、決算をして、一年間(この場合は1月1日から12月31日です)の所得を出します。
所得とは「収益ー経費」で出る額です。
一年間の所得が130万円以下だと、被扶養者になれるという考え方をしてます。

平成21年の所得は130万円なかったから、被扶養者になれる。
平成22年分の所得は130円をこえたので、被扶養者に該当しない。
22年分の所得が確定するのは、23年になってからですし、所得税の確定申告期限は3月15日です。
3月になって「昨年の所得が130万円を超えているから、被扶養者非該当です」と夫の加入してる保険組合に連絡をして被扶養者からはずしてもらうことになります。

ですから、毎年毎年、昨年の所得に応じて出たり入ったりするわけです。


以上は私が居住してる市の「市職員健康保険組合」の取り扱いです。
旦那様が加入してる保険組合の取り扱いと同じとは限りませんので、確認をしてください。
考え方だけお伝えしてます。
また、税金の扶養(配偶者控除・配偶者特別控除)と社会保険上の被扶養者とは、まったく別物です。
両方ごちゃ混ぜにしてのご質問ですので、保険組合の被扶養者取り扱いの紹介をしました。

夫がいて妻が控除対象配偶者になってる場合の税金の計算と、いくらまでの給与収入だとこうなる、ああなるという計数はあるていど出てますが、ご質問者の場合は給与収入でなく、事業所得ですので、説明が別物になります。
妻がパートなどで給与所得を得てる場合についての各種質問と回答がありますが、それを直接参考にすると間違いですので、気をつけるようにしてください。

ご質問の核は「社会保険に加入してる夫の被扶養者となる収入額について、事業所得者はどう判定するのか」ということだと思います。
税金の話ではないですね。

一年間に130万円未満だと被扶養者になれる。つまり自分で年金を払わなくて3号扶養者になり、健康保険証も夫の保険組合のものが使える。自分は事業所得者であるが、130万円をどう理解したらよいか。
と言い換えることができる質問だと思います。

まず130万円とは、保険組合が決めてる額ですが、一年間の収入といっても1月1日から12月31日の収入をさして...続きを読む

Q扶養から外れた時再び扶養に入れますか?

分からない事があったので教えて下さい。

妻の年収130万以内なら(社会保険上の)扶養範囲内と認められますが、それは扶養に入っている間の年収のことでしょうか。この一年間のうち派遣等で、いったん扶養からはずれ130万以上稼ぎそのあと辞めたら、再びすぐ夫の扶養に入る事が出来るのでしょうか?

また、扶養に入っている時にパートなどの勤務で130万を超えてしまい扶養から外れた場合、パートを辞めたらすぐに扶養に入る事が出来るのでしょうか。扶養に入れない場合、どのくらいの期間まで自分で国民保険等を納め続ければ良いですか。

どなたか教えて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

年収でななく、向こう1年間の収入見込みです。
月額で言うと、10万8333円を超えると、12倍すると130万円を超えます。

なので、たとえば「1月から9月は無収入、10月から1年間の契約で、毎月15万円の収入を得る仕事をする」ことになると、12月末締めの今年の年収は45万円ですが、向こう1年間(10月から翌年9月まで)の収入は180万円になっちゃうので、この仕事をしている間は「社会保険上の扶養から外れる」ことになります。
また、この例ですと、仕事を始めてからの1月~9月の収入は135万円。でも、年収がすでに130万円を超えていても、仕事を辞めて10月から無収入になって、向こう1年間の収入見込みが0円となったら、社会保険上の扶養に入れます。

つまり、年の途中から働き始める場合、12月までの収入が130万円以内におさまれば、いくら働いても社会保険上の扶養に入れるわけではないんです。
また、過去は関係ないので、今までの年収がすでに130万円を超えていても、「向こう1年間の収入見込みが130万円以下」の基準を満たす状況に変化したら、扶養に戻れます。

なお、向こう1年間の収入見込みとは、「○ヶ月契約なので、契約満了までにもらう予定の金額」のことではなく、「もし、この金額を12ヶ月分もらうとしたら」という意味です。
派遣などの仕事が短期間・だけど給与月額はかなりの額の場合、期間満了までにもらうはずのお金が130万円以下でも、社保上の扶養から外れることになります。

年収でななく、向こう1年間の収入見込みです。
月額で言うと、10万8333円を超えると、12倍すると130万円を超えます。

なので、たとえば「1月から9月は無収入、10月から1年間の契約で、毎月15万円の収入を得る仕事をする」ことになると、12月末締めの今年の年収は45万円ですが、向こう1年間(10月から翌年9月まで)の収入は180万円になっちゃうので、この仕事をしている間は「社会保険上の扶養から外れる」ことになります。
また、この例ですと、仕事を始めてからの1月~9月...続きを読む

Q収入が130万円を超えても主人の会社の社会保険に加入し続けられますか?

収入が130万円を超えても主人の会社の社会保険に加入し続けられますか?

先月の私のアルバイト収入が14万円ほどになってしまいました。
このままだと年間130万円を超えてしまいそうです。
妻が扶養から外れて国民年金に加入するかしないかは国で定められているわけでは
ないのですか?
昨日、確定申告に行ったら税務署の方からご主人の会社次第・・・と言われたので
話し合いしだいでそのまま社会保険に加入させてもらっても違法ではないのですか?

Aベストアンサー

こんにちは、bunkou8さん。

先月の賃金が14万円を越えた⇒ご主人の社会保険からは外れるのが普通です。
しかし、必ず外れるとは限らず、各保険組合によっても対応はまちまちなので、結論としてはご主人の会社の保険組合に電話をして確認しないと分らない。
(ご主人の保険は保険組合ではなくて、政管保険かも知れませんのでそ、のあたりも調べる必要も有りますし、一度電話してみるのが一番良いと思いますよ)

一般的に、年間所得が130万円を超える場合と言う、大まかな表現でザックリと、どんぶり勘定で説明されている事が多いのですが、実はもう少し複雑なシステムになっています。
(年間ではなく月単位で判定するシステムになっています)

この質問の回答は凄く複雑なので、書いて説明すると永~~~くなりますので、参考URLのベストアンサーの回答者さんの説明をお読み下さい。

参考URLです。
http://okwave.jp/qa/q4629746.html

他力本願で申し訳ございませんが、お役に立てば嬉しいです。

Q扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

現在、23歳で今年の3月末まで2年弱フルタイムアルバイトとして働いていました。 

父の扶養に入っていて、去年の収入が140万~150万と103万?を超えてしまっているのですが、この場合どうなるのでしょうか?

私自身、お恥ずかしいですがまったく保険や税金の仕組みが分かっておらず
最近市民税の封書が届き気付いたのですが、
一昨年までは来ていなかったので何も考えておりませんでした。。。

ちなみに前に働いていたお店は社員さんにも保険がなく、給与明細はメモ書き程度で、お給料の計算間違いなどもありました。 

年末調整もしてくれていないと思うのですが。。。

私もよく分かっていなかったので、確定申告などもしていません。


扶養控除の金額が超えた場合、罰金はいくらぐらいくるのでしょうか?

私が知っていればしっかり対処できた問題だと思い
今になって色々調べているのですが、 
難しい文章が多くなかなか理解できません。 

詳しい方に、是非教えていただけたら嬉しいです。 

よろしくお願いしますm(__)m

扶養控除の金額を超えた場合どうなるかを教えて下さい。 

現在、23歳で今年の3月末まで2年弱フルタイムアルバイトとして働いていました。 

父の扶養に入っていて、去年の収入が140万~150万と103万?を超えてしまっているのですが、この場合どうなるのでしょうか?

私自身、お恥ずかしいですがまったく保険や税金の仕組みが分かっておらず
最近市民税の封書が届き気付いたのですが、
一昨年までは来ていなかったので何も考えておりませんでした。。。

ちなみに前に働いていたお店は社員さんにも...続きを読む

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。

お書きの内容だと、去年おそらくお父様は税金上も健康保険も貴方を扶養にしていると思われます。
まず、税金上の扶養は今からでもいいので、お父様が貴方の扶養をはずす確定申告をしてもらい控除分の税金を納めてもらうことです。

>扶養控除の金額が超えた場合、罰金はいくらぐらいくるのでしょうか?
今、すれば延滞金(罰金)は、ほとんどかからないでしょう。
ただ、控除分の所得税は納めなくてはいけません。
なお、追徴の税金はお父様の所得がわからないのではっきり言えませんが(所得により税率が変わる)
普通の所得とした場合

貴方が去年22歳なら
630000円×10%=63000円
貴方が去年23歳なら
450000円×10%=45000円
です。

また、住民税も
貴方が去年22歳なら
450000円×10%(所得に関係なく)=45000円
貴方が去年23歳なら
330000円×10%(所得に関係なく)=33000円
増額変更されます。

もちろん、お父様が貴方を税金上の扶養にしていなければ追徴はありません。
扶養は貴方の所得が扶養の範囲でも、お父様がそのような申告を会社にしていなければ、税金上の扶養にはなっていません。

>年末調整もしてくれていないと思うのですが。。。私もよく分かっていなかったので、確定申告などもしていません。
源泉徴収票をもらっていないなら発行してもらってください。
なお、源泉徴収票は雇用主が発行することが法律で義務づけられています。

年末調整されていないなら、確定申告すれば所得税戻ってきます。
また、国民年金払っていればその分控除でき、税金安くなります。
今からでも、源泉徴収票、年金の控除証明書、印鑑、通帳を持って務署に行き確定申告すればいいです。

あと、健康保険の扶養ですが、今、健康保険に入っているからいいということはありません。
貴方が健康保険の扶養からはずれなくてはいけないことが健康保険に分かった場合、もし、去年、貴方が受診していれば、さかのぼって扶養を外されますから、健康保険が負担した7割分の返還請求がお父様にきます。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。

お書きの内容だと、去年おそらくお父様は税金上も健康保険も貴方を扶養にしていると思われます。
まず、税金上の扶養は今からでもいいので、お父様が貴方の扶養をはずす確定申告をしてもらい控除分の税金を納めてもらうことです。

>扶...続きを読む

Q失業保険受給額は、扶養の103万に含まれないのですか?

昨年結婚しましたが、3月まで失業保険を受給していたため、受給終了後に主人の扶養枠に入りました。それと同時にパートタイムで働き始めたのですが、所得税もかからない103万円以内で働きたいと思っています。
こちらのサイトで同類の質問も拝見し、130万円以下の扶養枠(健康保険などの扶養)に関しては失業保険も含まれる・・・というような感じで理解したのですが、103万円以下の扶養枠で考えているのであれば、失業保険の受給額は含まれないということでよろしいのでしょうか?

無知でお恥ずかしいのですが、どなたかお詳しい方、よろしくご回答願います。

Aベストアンサー

 こんにちは。心配ありません。含まれません。関連URLをご覧ください。扶養枠などという制度はありませんので、むやみにそのような言葉で検索などしない方がよいですよ。

 103万円というのは、所得税の配偶者控除に関する金額です。配偶者(質問者さん)の年間所得がこの金額以下ならご主人の税金が優遇される制度ですが、いずれにしろ雇用保険の基本手当(いわるゆ失業保険)は非課税ですので、計算には入れません。給料が年間(元日から大みそかまで)で103万円を超えると、少々一家の税金が増える程度と思えばよいです。

 なお、健康保険の被保険者(いわゆる扶養家族)に認定されるための基準には、失業手当の支給額も含めて検討がなされますが、これももう過ぎたことなので大丈夫ですね。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191_qa.htm

Q税金の扶養内で働くか抜けて働くか悩んでいます

今年3月に結婚しました。そろそろ働こうかと検討中で、税金面の扶養内「103万以内」で働くか扶養を外れ「103万以上」で働くか悩んでます。

色々調べてみましたが、結局は扶養から外れたら私にも所得税が発生しますし、夫は配偶者控除を受けれなくなってしまうから夫の税金もUPするようなので扶養の範囲内で働いたほうがいいのかとも思います。

しかし1000円でも多く収入が欲しいなら税金面は関係なく働いたほうがいいとも聞いたのですが、もし、扶養から外れて働いていた場合、なんらかの理由でまた扶養に入らなければなった場合は再び夫の扶養に入ることができるのでしょうか?今は昔と違って1度抜けたら再度入るのは難しいと聞きました。本当なんですかね?それともこの話は税金の扶養と保険の扶養の両方を外れた場合なんでしょうか。。。?調べてますがなかなか答えに行き着かず困ってます。

質問の整理をしますと。。。
(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?
(2)一度抜けた扶養に再度入るのは難しいのか?

です。初めてのことなので色々無知なのでよろしくお願いします。

今年3月に結婚しました。そろそろ働こうかと検討中で、税金面の扶養内「103万以内」で働くか扶養を外れ「103万以上」で働くか悩んでます。

色々調べてみましたが、結局は扶養から外れたら私にも所得税が発生しますし、夫は配偶者控除を受けれなくなってしまうから夫の税金もUPするようなので扶養の範囲内で働いたほうがいいのかとも思います。

しかし1000円でも多く収入が欲しいなら税金面は関係なく働いたほうがいいとも聞いたのですが、もし、扶養から外れて働いていた場合、なんらかの理由で...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万円が家計に入るわけです。
でも103万を超えると夫の自身の税金や、夫の配偶者控除がなくなったり配偶者特別控除が減ることによって、1万円収入が増えても1万円が家計に入るというわけではないということです。
夫の収入が増えるに連れて1万円収入が増えても、家計に入るに入る金額は9千円になったり8千円になったりという具合に減ってしまうということです。
そういう意味で損だということで、決して働くと収入自体が減るという意味で損ということではありません。
ですから単純に損得というならば、実際には働けば働くほど収入の絶対的金額は増えるから得だということになります。

夫の収入が103万をオーバーして120万になったらどうなるか。
所得税の場合は夫の配偶者控除の38万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の17万が夫の給与にどのように反映するかというと、所得税は課税所得によって税率が変わりますが、一般的なサラリーマンとして税率10%とすると

170000×10%=17000・・・夫の今年の所得税増

ということで17000円所得税が増えます。
一方来年の住民税(住民税は今年の所得に対して来年課税される)の場合は夫の配偶者控除の33万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の12万が夫の給与にどのように反映するかというと、住民税は税率が一律10%なので

120000×10%=12000・・・夫の来年の住民税増

ということで12000円来年の住民税が増えます。
つまり夫の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

17000+12000=29000・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで29000円増える訳です。
夫は収入が103万から120万へ17万増えるのですから、所得税は5%なので

170000×5%=8500・・・夫の今年の所得税増

ということで8500円所得税が増えます。
一方住民税は一律10%なので

170000×10%=17000・・・夫の来年の住民税増

ということで17000円来年の住民税が増えます。
つまり夫の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

8500+17000=25500・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで25500円増える訳です。
ということで二人合わせると

29000+25500=54500

今年の所得税と来年の住民税で54500円増えるわけです。
しかし収入は17万増えているので

170000-54500=115500

ということで確かに夫の税金は増えていますし夫も課税されるということで税金は増えますが、収入はそれ以上増えているので差し引きでは115500円増えているということで、家計全体の絶対的金額は増えるから損ということはないということです。
これが例えば70万から77万に7万増えたのだったら、夫の控除金額も変わらずに夫の税金もゼロのままなので、増えた70000はそのままそっくり家計に入りますが、103万から120万に17万増えると115500と7割弱程度に減ってしまうということです。
でもマイナスになるわけではないので損にはならないということです。

2について言うと。
手当はそもそも法律で決まっているものではないので、その会社の規定によります、ですからどういう規定になっているかを会社に確かめなければ確実なことはわかりません。
ですが例えば妻の収入が夫が配偶者控除を受けられる103万以下という規定であるならばその手当はなくなるでしょうし、場合によっては1月まで遡って返却させる会社もあるので、そうなるとやはり影響は大きいでしょうね。

3について言うと。
たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならない層が存在するのです。
つまり妻の会社の社会保険への加入と夫の扶養になるということについての関係では、下記のように妻は三つの層に分かれることになります。

A.収入の金額的には夫の扶養になれるし上記の条件があっても引っ掛からない為夫の扶養になっている

B.収入の金額的には夫の扶養になれるが上記の条件があるため会社の社会保険に加入しなければならない

C.収入の金額的にも夫の扶養になれないし上記の条件もあるため会社の社会保険に加入している

AとCの層はすぐわかると思いますが、Bのような層の妻たちもいるというのはちょっとわかりにくいと思いますが、まさにそのBの層の妻たちにご質問のような疑問が湧くことになるのです。
ですが収入の金額的には夫の扶養になれるとしても、上記の条件があるため会社が社会保険に加入するようにというならばそうせざるを得ず、どちらかを選択するというわけには行きません。
損得で選ぶという訳には行かないのです。
要するに夫の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダ、国民年金も第3号被保険者なら保険料はタダ。
つまり保険料は一切タダということですが、それが妻自身で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。

ですからこういう質問の回答で多い間違いは、夫の扶養を外れる年収130万を超えたときに妻自身が社会保険に加入すると言う説明です。
これを信じて失敗された方が大勢います。
上記の社会保険の加入条件に当てはまってしまえば、130万に満たなくても社会保険に加入せねばならず、当然夫の健康保険の扶養や第3号被保険者から外れることになります。
また税金のことだけしか考えないとやはり失敗をします。
この点をしっかり理解しておかないと後で後悔します。

なお、雇用保険のほうの加入条件は以下のようなものです。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.1年以上引き続き雇用されることが見込まれること。

結論として妻自身が勤め先で社会保険の適用を受けない範囲で、なおかつ夫が妻に対する手当を会社から受けられる範囲であれば、ギリギリまで多く働いたほうが得ということです。
あるいは年収が170万~180万ぐらいまでバリバリ働くかです。
そこまでバリバリ働くわけでもないがギリギリの線を少し越えるという中途半端なのが一番損です。

つまり肝心なことは本当に家計をプラスにする為には、色々な要素を平行して考えていかなければいけないということです。
ひとつの要素だけを考えてしまっては大きな失敗をしてしまうということです。
一番よくあるのが税金のことだけを考えてしまうと言うパターンです、税金のことだけ考えて「健康保険の扶養」や「扶養手当」のことを考えないと、確かに税金では若干プラスになるが「健康保険の扶養」や「扶養手当」で大きくマイナスになり、トータルではマイナスとなってこんなはずではなかったということが結構多いのです。

>(2)一度抜けた扶養に再度入るのは難しいのか?

いえ、難しくありません。
むしろ健保は収入によってこまめに扶養の切替をするように指導しています。
そうではなくいわゆる夫の会社の担当者が手続きを面倒がると言うことです。
扶養を出たり入ったりすると何度もその手続きをしなければならないので、「一度抜けた扶養に再度入るのは難しい」などと言ってなるべく手続きの手間を減らそうとしているのです。
ですがそもそも会社の担当者はそれが仕事なのですから、その仕事が面倒だなどと言うとしたら、そのほうがむしろおかしいし言語道断な発言です。

最後にこのサイトでもあまりにも間違った回答が多いので繰り返しますが、単純に130万を超えると夫の健康保険の扶養を外れると言うのは誤りです、殆どの場合130万以前に夫の健康保険の扶養を外れると言う場合が多いです。
ですから夫の健康保険の扶養でいられるためにはもっと低い金額に抑える必要があります、詳しく説明すると。

話の順序として以下のようになります。

1.「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」

妻が職場で労働時間や日数が足りていれば社会保険に加入する、労働時間や日数が足りていなければ社会保険には加入しない。

2.「夫の扶養の限界」

これが問題になるのはあくまでも1で社会保険に加入していない場合です、1で社会保険に加入していない場合でなおかつ前述の夫の健保の扶養の規定に該当すれば扶養になれるということです。

ですから例えば

『年収90万でも労働時間や日数が足りていれば』

1の段階で引っ掛かり2の段階に行くまでもなく(つまり夫の扶養になれかどうか以前の問題として)社会保険に加入となります。

『140万でも労働時間や日数が足りていなければ』

1の段階では引っ掛かりませんが、2の段階で引っ掛かり夫の扶養にはなれません。
となれば会社で社会保険に加入するか国民健康保険(会社で社会保険に加入できなければ)に加入するしかないのです。

つまり夫の健康保険の扶養になるためには、労働時間や日数で1に引っ掛からずになおかつ収入で2に引っ掛からないということが条件になります。
要するに130万と言うのは1の「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」に引っ掛からない場合に有効なのですが、パートなどの場合はよほど時給が高くない限り1に引っ掛かってしまうので130万と言うのは殆ど意味がありません。

>(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つま...続きを読む

Q失業手当をもらっている期間中は国民年金と国民健康保険に加入しなくては行けないのですか?

現在、失業中で、失業保険をもらっています。給付を受けている時は国民年金と国民健康保険に加入しなくては行けないのですか?

Aベストアンサー

配偶者の社会保険(健康保険・厚生年金)の扶養(被扶養者)になれるのは、判定の時点から後の12ケ月間の収入の見込みが130万円以下場合です。

失業保険をもらっていると、日額が3612円以上の場合、3612×12×30=1.300.320円で130万円を超えてしまいますから、配偶者の被扶養者になれません。
従って、ご自分で国民年金と国民健康保険に加入しなくてはならないのです。
加入の手続きは、市の国保と年金の窓口へ、会社を辞めた証明書(退職証明書・社会保険資格喪失届のコピー・離職票のコピー)と印鑑・年金手帳を持参して手続きをします。

失業保険の受給が終わった段階で、配偶者の被扶養者になれます。
手続きは、配偶者の会社で健康保険と年金の扶養の手続きをした後に、市で国保の脱退の手続きをします。

Q社会保険130万円で扶養外れる時期について

私は主婦ですが時々派遣やアルバイトしてます。収入は不定期で、あったりなかったり、勤め先も金額もその時によって違います。
保険年金関係は夫の扶養に入っていますが、130万円を超えた月だけ扶養から外れるのでしょうか?それは、いつからいつまでを計算するのでしょうか?
そもそもいくらの収入になるか見当もつかないので、たとえば来年1月初めからパートに出るとして、夫の扶養から外れるのは、130万円に達した時点で手続きするのでしょうか?
最近夫の会社へ社会保険事務所から調査に来たらしく、心配になりましたので、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

社会保険の被扶養者になれるのは、原則として、今後12ケ月間の収入見込額が130万円以下の場合となっています。

ご質問のように、収入が不定期で予想が立たない場合は、社会保険事務所でも、担当者によって回答が違います。

私が過去に社会保険事務所に質問をした時の回答は、下記のようなものでした。

ある程度平均して収入がある場合は、3ケ月程度の期間の平均から、年収見込額が130万(月平均108千円)になるか判断します。

全く予想が立てられない場合は、年間の収入が130万円を超えたときに扶養から外れてください。
その後、収入が減ったら再度扶養になる申請が出来ます。
(当然、収入証明書などが必要です)

従って、あまり神経質に考える必要は有りません。
確実に、130万円を超えそうだと判断された時点で、扶養から外れれば問題ありません。

当然ですが、扶養から外れた場合は、市の国民健康保険に加入し、年金も号数の変更が必要になります。


人気Q&Aランキング