昨日は大型連休の初日だと云うのに、私は突然、尿を排出することが出来なくなり、救急病院へ行きました。
泌尿器科の医師がいらっしゃらないとの事で、カテーテルによる導尿のみで帰されてしまいました。
今はカテーテル+バルーンを挿入したまま、導尿バックをぶら下げて連休明けを待っております。
現状でとりあえず一時凌ぎにはなっているのですが、大便を催して便所でいきむ際に、カテーテル管の横から尿が漏れるのです。
これはこれで正常なのでしょうか?
また、同じく大便を排便する際、便を切ろうと下腹部に力を入れると、「蟻の門渡り」付近にかなり強い痛みを覚えます。
尿管とカテーテルが強く擦れているような感じなのですが、これは仕方がないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

尿閉の原因となる病気にはいくつかあります。

尿道狭さく、尿道結石、脳卒中後の神経因性膀胱、前立腺がん、前立腺肥大症などで、それによって、尿道が圧迫されたり、膀胱の筋肉の機能障害などによって、尿の出口がふさがれるために起こるものです。
(http://www.tokachi.co.jp/~takayama/zen1/3.htmより抜粋)

詳細は参考URLの「前立腺肥大症 その1」をお読みください。 

いまの症状はカテーテル挿入によるものでしょう。

泌尿器科で早く原因が分かると良いですね。
お大事に。

参考URL:http://www.tokachi.co.jp/~takayama/zen1/3.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
尿閉となったのはこれで2度目でして、前回は僅か1ヶ月前に【前立腺炎】で1週間強入院していました。
前回にカテーテルを挿入された時は、漏れも痛みも無かったものですから、今回は何か異常があるのではないかと非常に不安になっていました。
おかげさまで、この不安は取り除かれました。
あとは、連休が明け次第、直ぐに前回の病院へ駆け込んで治療を受けたいと思います。
こんどこそ完治したいです。

お礼日時:2001/05/05 21:25

 突然、排尿出来なくなる病気として考えられるのは「前立腺肥大症」が一番考えやすいですが、やはり泌尿器科を受診してきっちり調べてもうらうべきだと思います。

導尿カテーテルの横から尿が漏れることに関しては、恐らくカテーテルが尿道よりも細かったためだと思います。
 力を入れた時に痛みがあるのは、尿道の狭い部分をカテーテルが挿入されていく時に、わずかに尿道に傷がついたためだと思います。時々そういうことがありますが、出血していなければ特に問題はありません。しばらく違和感が残ると思いますが、心配はいらないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実はこの発症は2度目でして、前回は1ヶ月前に【前立腺炎】で1週間強入院しておりました。
たった1ヶ月で再発というのも情けない話なのですが、前回にカテーテルを刺された時は、「尿漏れ」も「力んだ時の痛み」もありませんでした。
これはひょっとして、何か異常があるのではないかと、非常に心配していました。
ご説明を頂き、とりあえず安心しました。
連休明けに同じ病院を訪れて診療を受けるつもりです。
こんどこそ完治したいと願っております。

お礼日時:2001/05/05 21:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバルーン付きカテーテル、ステントの内外価格差

1月27日の朝日新聞日曜版に、高齢者の心筋梗塞の治療についての記事がありますが、この中でバルーン付きカテーテルやステント付きカテーテルの内外価格差について書かれています。

バルーン付きカテーテルは、日本では一本25-30万に対して海外では3万から15万、ステント付きカテーテルは日本が約30万に対して海外は10万円前後とのことです。
このほかにも人工関節やペースメーカーも内外価格差が大きいそうです。

なぜこのような価格差が生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

一つにはskiheilさんもおっしゃる通り日本では流通に中間業者が多くてコスト高になっているのも問題だと思います。
しかし、ペースメーカーやカテーテルが一部の企業の独占市場であって競争相手がいないため殆どむこうの言い値でかわざるを得ないと言う事も価格差の理由の一つだと思います。昔は日本でもペースメーカーを作ったりしていた会社もあったのですが開発費が嵩むため撤退してしまいました。また特許の部分で先行されていてライセンス生産しても儲けにならないのでやりません。他に作って無い以上日本人には幾らでしか売らないと言われると従わざるを得ない状況です。(バブルの頃、海外ブランドが日本だけ異常に高い価格設定をしていたことが騒がれた事がありましたよね?)
また実際にお金を払うのが健康保険組合であり支払い価格も診療報酬の点数で材料費がどこまで認められるかを結局役人が決めていてまた一度決まるとなかなか改正されないため民間の業者にしてみればいいお得意さまになってしまっている点もあろうかと思います。
ペースメーカーなんかは日本の厚生労働相などの審査に時間がかかるため新しい物はなかなか認められずハッキリ言って外国の製造業者は一つ時代遅れの機械の開発費を日本に売りまくる事で回収しているような状態になっていますから・・・。
医療経済は公定価格がきめられた社会主義経済と同じですから病院側も無理に値引き交渉をしなくてもある一定の利ザヤを保証されていますし業者側も専門のスタッフをMEのように派遣したりしてお互いにもたれあっています。こう言った者を使う時全て病院が自前のMEなどを育ててやるには経費が嵩みますしカテーテルなどを全て買い取りにして在庫を持つようにしてしまうと損失になる恐れもあります。MEの資格を持った営業の方が本社の倉庫から何時でも呼べば材料を持って駆け付けて病院の職員よりもある意味役立つ仕事をしてくれたりするので病院としても役立っている訳です。
そういった諸々の事情によって内外価格差はうまれているのだと思います。
しかし医療費全体が抑制され景気も良く無いので企業の方もMEを気前よく派遣できる環境で無くなってきています。そうなると公定価格が高くてサービスが少ない・・・。病院にとって最悪の状況になりそうですね?
私見を述べさせていただきました。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。

一つにはskiheilさんもおっしゃる通り日本では流通に中間業者が多くてコスト高になっているのも問題だと思います。
しかし、ペースメーカーやカテーテルが一部の企業の独占市場であって競争相手がいないため殆どむこうの言い値でかわざるを得ないと言う事も価格差の理由の一つだと思います。昔は日本でもペースメーカーを作ったりしていた会社もあったのですが開発費が嵩むため撤退してしまいました。また特許の部分で先行されていてライセンス生産しても儲けにならないのでやりません。他に作って無い以上日本人...続きを読む

Q手術後尿閉になり、1年半で自己尿と朝と夜の2回残尿を自己カテーテルで排尿しています。この頃残尿は50

手術後尿閉になり、1年半で自己尿と朝と夜の2回残尿を自己カテーテルで排尿しています。この頃残尿は50ml位になりました。でもまだカテーテルで残尿を取らないとダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

できるだけ出しきってください!その為のカテーテルなので!膀胱炎や腎う炎を回避するにはやった方がいいですよ(^-^)/

Q心臓カテーテルでステントを入れました。費用は?

主人が心臓カテーテルの検査を受け、梗塞寸前の箇所が見つかりバルーンでもだめでステントを入れました。

月曜に入院、木曜カテーテル。
そして、「明日お昼に説明し、その後退院できます。」と言われたのですが、うっかり入院費用を考えていませんでした。

概算でいくらくらい用意すればよいのでしょう?

Aベストアンサー

ステントの種類やヶ所などで異なりますが、3割負担で30万円ほどでしょうか。
ある程度は高額療養費として払い戻しの対象ともなりますので保険の担当部署におたずねください

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/sa4a0401.htm,http://www.shinshinkai.net/watashitachi/1_8.htm

Q尿管結石と尿管血石

「尿管結石」の漢字なのですが、「尿管結石」でも「尿管血石」でも大丈夫でしょうか。どっちでも大丈夫なのか迷っています。

Aベストアンサー

「尿管結石」ですね。

「血石」は音感による誤用です。
意味的には通じますし、その字を選んだその気持ちもわかりますが…医学用語としては、「結石」です。

Qカテーテル手術後、ステントに血が固まった。

先日、父親がカテーテルの手術を行い退院したのですが次の日になってまた胸が痛くなり再度入院し、緊急カテーテルの手術を行いました。原因はステント内に血の固まりが出来、それが原因で血管が詰まったということでした。一回目の時は血管が細くなっているからそこを広げたのですが次は完全につまってしまって血液が流れていなかったようです。一回目の手術の前にステントに血が固まることがあるという話を医師から聞いていたので予想していたと言えば予想していたのですが、思ったより早い退院した次の日にこのようなことが起こってしまい父も弱気になっています。今は1回目よりは慎重に医師も経過を見守っている様で血液をさらさらにする点滴をしている状態です。このまま直れば全く問題はないのですが一度そういうことが起こってしまうと次も同じ事が起こるのではないかと心配になります。ステントに血液が固まってしまうというのは癖にはならないのかなど気になっています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

たった1日でステントが詰るなんて、ずいぶん早いですね。あくまで推測ですが、冠動脈の他の部位に出来ていた血栓が流れてきて、運悪くステントに引っ掛かって詰らせた可能性もあるかもしれませんね。
ちなみにステント内での血栓発生を抑制する特殊なステント(DES)が保険適応になり最近使われるようになってきましたが、まだまだ使っている施設は少ないかもしれません。

Q陰茎が朝立ちすることがありますが、手術後尿管ドレーンが尿管に入っている

陰茎が朝立ちすることがありますが、手術後尿管ドレーンが尿管に入っている場合、陰茎が勃起すると問題はないのでしょうか? 痛みは生じるのでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は経験がありませんが、勃起してしまうと結構痛いらしいです。

Qカテーテルで心臓の血管の手術をした後は(ステント)、直ぐ体調がよくなる

カテーテルで心臓の血管の手術をした後は(ステント)、直ぐ体調がよくなるものでしょうか?

何か体調がすぐれなかったり、薬の副作用とかはいかがでしょうか。

気をつける事がありましたら、教えていただけると助かります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓の血管が詰まり気味だったのですからそれが治ったので当然体調は良くなります。
ただ、体がそのような状態であったのですぐ体がぴんぴん元気になるのではありません。またそのほかに何か病気がある人は完全に元気になるわけではありません。

Q導尿カテーテルを抜いた後の痛み

おととい手術をしまして、昨日まで導尿カテーテルというものを繋いでいました。
昨日抜いてもらって、今日家に帰ってきたのですが、管を抜いてからというものおしっこする度に痛くてたまりません。
医者には「そのうち治るから」と言われています。それはわかりました。しかし今のこの痛みを何とかしたい・・・
個人的な感覚ですが、とても細い管の中に無理やり水を通すような感覚です。尋常じゃない痛みです。治るまでのとりあえずの方法でいいので何とか痛みを軽減できないでしょうか?

Aベストアンサー

手術後に飲むようにと言われた抗生物質(炎症止め)さえちゃんと飲んでいれば、カテ挿入で起きた炎症も、いずれ収まる筈です。

当方も手術でカテ挿入の経験があり、抜いた後の4~5日が辛かったですが「我慢する」しかありませんでした。

Qカテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療後(ステント挿入)の症状

カテーテル治療した後、どのような症状が出るのか(例えば薬の副作用)人によりさまざまだと思いますが、経験のある方、あるいは医療関係者の方など、ご存知でしたら教えて下さい。

直ぐ仕事が出来るとの事でしたが、倦怠感、頭痛、微熱、吐き気、喉が痛い、なのど症状で、風邪の症状とも似ていて、治療の後の症状なのか、薬の副作用なのか、区別が難しい。退院後、直ぐ診てもらい心電図には異常はなかったので安心してます。

体調不良で仕事をする意欲がまだ出てきません。気持ちも焦りますし、どんな症状が出るのか教えていただけたらと思います。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

心臓のカテーテル治療と解釈しますが、
症状はまったくないのが通常です。プラビックスの肝障害も症状がでるほどひどくなるには時間がかり、採血してようやくわかるのが通常の経過です。
よって、カテーテル治療とは関係ない、なんらかの病気に罹患した可能性をまず考えます。

Q尿路結石と尿管結石は別物?

病院で尿管結石と診断されたのですがこれは尿路結石とは別の症状でしょうか?
また一番痛い病気は尿路結石だと聞きましたがそれほど痛いのでしょうか?
尿路結石と尿管結石が違う場合、尿管結石はどの程度痛いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

尿は腎臓で作られ、腎盂、尿管を経て膀胱にいたり、そこで一旦貯められてから尿道を通って外部へ排泄されます。この尿の通る経路のことを「尿路」と呼びます。従って、この経路の途上にある結石はそれが腎結石であれ尿管結石であれ、すべて「尿路結石」です。
その中で尿管に位置する結石を「尿管結石」といいます。
つまり尿管結石は尿路結石に含まれます。
尿管結石は非常に痛いことのある病気ですが、「一番痛い」かどうかは疑問です。末期膵癌の癌性疼痛なんかはすさまじいですからね。ただ、尿管結石が尿路結石の中では一番痛い結石なのは確かですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報