英語で論文を書いているのですが苦戦しております。
添削・改善して頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願い致します。


「これが達成されたとき、山々にそびえ立つ風車をみて、村民は誇りに思える事だろう。」

When this is achieved, people in my village must be able to proud of themselves looking at lofty windmills over the mountains.

A 回答 (1件)

(1)強いて言えばmy villageってところが違和感を感じますね。

our villageにすべきかと。
my villageだと、まるであなたは村長さんとか大地主で、他の連中を住まわせてやっているように響くかもしれません。

(2)must be able to proud of、なにか足りないですね。proudの前にbe動詞がない。
書くなら
must be able to be proud of
にすべきです。でもちょっと長くてうっとおしいですね。単純にwill beで片付けてはだめですか?

ということで、

When this is achieved, people in our village will be proud of themselves looking at lofty windmills over the mountains.

ではいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございます。

>(2)must be able to proud of、なにか足りないですね。proudの前にbe動詞がない。
書くなら must be able to be proud of
にすべきです。でもちょっと長くてうっとおしいですね。単純にwill beで片付けてはだめですか?

分かり易く的確な解説に目からウロコでした!!本当ですね!!そのようにさせて頂きます!(^0^)いつもご教授頂き、本当に感謝しております。

お礼日時:2011/12/12 09:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q‘a government of the people, for the people, by the people’

‘a government of the people, for the people, by the people’

上は、有名な言葉ですが、具体的なことがどうもちょっと分かりません。

つまり、最初の of の意味がハッキリしないのです。

政府の構成員が普通の人々である ということなのでしょうか。
それとも、政府の所有者が普通の人々と言うことでしょうか。

なお、
‘for the people, by the people’については、
「人々のための、つまり、人々の生活を守る為の」そして、「人々によって選挙で選ばれた」と言う意味かと考えています。
これは正しいですか。

Aベストアンサー

私もしっくり来ていなかったこの有名な演説の日本語訳ですが、質問者様の質問をきっかけに調べてみたところ、ここでの"of"は「~に由来する」の意味のようですね。

参考URLからの引用ですが、

「人民自身から(その権限が)由来する、人民自身が行う、人民のための政治」

となるようです。

参考URL:http://www7.plala.or.jp/machikun/rincoln.htm

Qbut you should be able to be go in proud これはどういう意味

but you should be able to be go in proud これはどういう意味ですか?分かる方教えて下さい!

Aベストアンサー

(今は平だが出世とかして)誇りを持つことが出来るようになるべきだ。

Qproud of動名詞 proud to不定詞

(1)be sure ofは「主語が~を確信している」
He is sure of making it. = He is sure that he will make it. (=主語自身が、成功すると確信している)

(2)be sure to 「主語が必ず~する」と話し手が確信している。
He is sure to make it.=I'm sure that he will make it. (彼は必ず成功する)と話し手である私が確信している。

という違いがあると教わりました。

(3)be proud of 動名詞
(4)be proud to 不定詞

(3)と(4)にも何か同じような違いがあるのでしょうか?

連続の投稿で失礼致しますm(_ _)m
通ってる学校の英語の先生では解決に至りませんでした。

Aベストアンサー

具体例でお話しましょう。

1. He is sure of winning the game.
2. He is sure that he will win the game.
3. He is sure to win the game.
4. I'm sure that he will win the game.

1と2は、確かにHeが確信しています。
1は、彼はsureなんだ、試合に勝つことに関してーー
 という意味合いです。sure of と winningの組み合わせで、かなり試合に勝つことを直接的にとらえて、見ています。

2は、彼はsureなんだーーthat以下のことをーー
 that以下は当然、試合に勝つだろう(will)ことをーー
この言い方の場合、すこし、Heとwin the gameの間が離れている印象となります。それは、文の中でも離れていますし、willという助動詞を使うことでも離れています。ということは、客観的に見つめているという印象です。

3と4は、この文を言っている人がsureと思っています。
3は、彼なら確かだよ、ゲームに勝つよ!という感じです。
4は、彼なら確かだよ、ゲームに勝つだろうということはね。
つまり、これまた、3のような言い方が直接的であり、また、不定詞がそちらの方向へ進むという意味合いを持っているのにたいして、
4は客観的なとらえ方となります。willがあることもありますし、that節を持ってきていることもあります。

3. He is proud of winning the game.
4. He is proud of being a part of the team.
5. He is proud to be a part of the team.

3のような、一回の動作を表すwinのような動詞の場合、3のようなproud of ... の後に持ってくれば、過去の事柄として、成立します。しかし、He is proud to win the game. というのは、これから勝つーー超能力等で未来を予見できるか、自信過剰かでない限り無理です。不定詞が未来の方向をさすからです。
4のような状態動詞のときは、5のような文もあり得ます。
4は、チームの一員であることを誇りに思っているーー5は、チームの一員の方向に行って、誇りに思うーーつまり、チームの一員となれて、誇りに思うという意味です。

この場合、4の方が一員であることを直接的に誇りに思い、不定詞だと、そうなってーー誇りに思うという、節ではないので、客観的とまではいえませんが、ofよりも直接的な度合いが少ないように思います。

以上、ご参考になればと思います。

具体例でお話しましょう。

1. He is sure of winning the game.
2. He is sure that he will win the game.
3. He is sure to win the game.
4. I'm sure that he will win the game.

1と2は、確かにHeが確信しています。
1は、彼はsureなんだ、試合に勝つことに関してーー
 という意味合いです。sure of と winningの組み合わせで、かなり試合に勝つことを直接的にとらえて、見ています。

2は、彼はsureなんだーーthat以下のことをーー
 that以下は当然、試合に勝つだろう(will)ことをーー
この言い方の...続きを読む

Qthe people seated? the seated people ?

分詞のあとに何も付かないかたちなのですが、これはどっちでも使えるでしょうか?

Aベストアンサー

>the people seated? the seated people

これは、the people seatedのほうが普通です。 the seated peopleはあまり使われません。

実際にgoogleで検索しても
"the people seated" の検索結果 約 25,600 件
"the seated people" の検索結果 約 260 件
となります。

これは、位置情報と言うのは、その実際の位置が意識されているわけで、文字として表されていなくても、on the bench とかの言葉が続いていると感じるからでしょう。つまり、例えば、the people seated on the bench と言う意識があるわけです。

そのほかの、例えば、the dishes displayed などの表現も、同様の現象だと思います。

Q1.This is big enough for ten people

1.This is big enough for ten people to live in.
最後のinは何故必要ですか?This house がinの目的語になってるのですか?
文法的に説明、あるいは、どの項目を勉強すればいいですか?
inがなければ文として成立しませんか?

2.It is light enough in this to read a book.
これをThis is light enough to read a bookはおかしいですか?
この部屋が読書するには明るすぎるって言う意味になってしますのでしょか?

Aベストアンサー

1,2は根本的に違う性格のものです。

1は言葉のつながりの問題です。in の後に this 目的語として繋がるので in がないと 
 live this, live the house となりつながりがでてきません。

 この問題は受動態、不定詞(上記のように形容詞的用法)関係代名詞(目的格)で取り上げられていま  す。

 I take care of my mother.
=My mother is taken care of by me. (of を省かないこと)

 This is a bag I was looking for. (I was looking for a bag.)
 これは私が探していたバッグです。

Ann got the job she applied for.(She applied for the job.)
 アンは応募した仕事就いた

 George's salary is very low. It's not enough to live on.
(He lives on it [the salary])
ジョージの給料は非常に少ない。(それは)生活していくには十分ではない

 このように文を繋ぐために必要な前置詞はそのまま残さないと意味がでてきません。


2は別の問題です。

 This room is light enough to read a book.
この部屋は本を読むのには十分明るいです。

 It is light enough to read a book.
 It=to read a book の意味です。

 It is nice of you to say so.
 そう言ってもらえるとうれしいです。

 This room is light enough to read a book.では完全文で理解できますが、
 It is light enough to read a book. 本を読むには十分明るい
 これでは不完全な文で意味は捉えづらいので

 It is light enough in this room to read a book.
 この部屋で本を読むには十分明るいです

 It is light enough in here to read a book.
 ここで本を読むには十分明るいです。

 となります

1,2は根本的に違う性格のものです。

1は言葉のつながりの問題です。in の後に this 目的語として繋がるので in がないと 
 live this, live the house となりつながりがでてきません。

 この問題は受動態、不定詞(上記のように形容詞的用法)関係代名詞(目的格)で取り上げられていま  す。

 I take care of my mother.
=My mother is taken care of by me. (of を省かないこと)

 This is a bag I was looking for. (I was looking for a bag.)
 これは私が探していたバッグです。

Ann got th...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報