Clausius-Clapeyronの式についておしえてください。導入法についてもおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門家ではありませんがこんなHPを見つけました。



「Clausius-Clapeyron式」を導出しています。

化学工学基礎 (8) 蒸気圧と湿度
http://irws.eng.niigata-u.ac.jp/~chem/itou/bce_b …

「物理化学 II 第5回」(スライド式です。)
http://s-mac-p92.sap.hokkyodai.ac.jp/info/physch …

「TEOSについて」(グラフから導出しています。)
http://www1a.mesh.ne.jp/kojundo/topics/teos/teos …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのHPを紹介していただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/05/08 00:11

Clausius-Clapeyron の式とは,p-V平面での気体と液体の相境界線について


成立する関係式で
(1)  dp/dT = L/{T(vg-vl)}
をいいます.
Lは気体-液体転移の潜熱,vg は気体の体積,vl は液体の体積,
3つとも単位質量(あるいは1モルあたり)の量です.
dp/dT は相境界線に沿った微分です.

同型の関係式は,気体-固体,あるいは液体-固体の相境界についても
成立します(もちろん,潜熱と体積は読み替える).

> 導入法についてもおしえてください.

導出法のつもりですか?

2つの相が共存しているとき両相の化学ポテンシャルが等しいことを使う方法,
両相にわたる Carnot サイクルを使う方法,
この2つがあります(他にもあるかも知れない).

どの程度のところから話を始めたらいいか分かりませんし,
ここでは式も図も書きづらいです.
Clausius-Clapeyron の式は大学理工系基礎教育程度以上の
熱学,熱力学の本ならたいてい載っています.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/05/08 00:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報