知人の飲食店での話です。
夫婦で、穴子定食を食べて帰られたお客さんが、数時間後に、蕁麻疹が出たと、言ってきました。
病院に付き添って治療代も出しました。
次の日も症状が出たと、また、病院に行き治療代を払いました。
そのご、また、お店に診断書を持ってきて、アナフィラキシー症状だったから危なかった。慰謝料を5万円払うように言われました。
調べてみると、食物アレルギーで出る症状らしいのですが、事前にアレルギーであることは聞かされていないし、慰謝料を払わなければならないものなんでしょうか…?

今回、払っても、また、請求されるのでは?と心配しています。
長くなりましたが、どなたかアドバイスをおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

加工食品と違って飲食店で提供するものにアレルギーの表示義務は無いはずですし、ましてアレルギーがあると聞かされていなかったとの事であり店側に過失が無いようですから、客の自己責任です。


本来は、治療費の支払いも不要です。
それ以上の支払いは不要だと思います。

例えば、医薬品のアレルギーについても、医者や薬局でアレルギーの情報を申告していない場合は、法的にも医者や薬局や製薬メーカーは責任は問われません。
重大なアレルギー症状が起これば、製薬メーカーが出資している副作用被害者救済機構から治療費が支払われますが、あこれは、あくまでセーフティーネットとしての救済の仕組みです。

微妙な問題として、魚介類が古くなるとヒスタミンが生成されて、それを食せばアレルギー症状を起こしやすくなります。熟成させて提供することがある魚介類ですが、古いものを提供してアレルギー症状が出たのであれば治療費を支払ってもいいかもしれません。
よく、鯖アレルギーだと言う人がいますが、実際に鯖アレルギーは少なく、このヒスタミンに反応している人が多いと言われています。
アナフィラキシーということは、そういった古い物による可能性は低いでしょうから、何か特有の合わないものがあった可能性が高そうな気はします。このあたりは医者でないと分かりませんので、不確実な話ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすく説明していただき有難うございます。
店の人は、もう年配なので、アナフィラキシーという症状を聞いても、よく分からなくて言いなりのようです。。。
皆さんの回答を、見せて教えてあげたいです。

お礼日時:2011/12/15 11:51

私も複数のアレルギーを持っています


よく行くレストランでは私のことを知っているため
アレルギーを引き起こさない料理を作ってくれるのですが
そうでない場所ではどれが食べれるかどうかかなり気を使います

自己判断力の弱い子どもならともかく
既に自分が何のアレルギーもちなのか知っている状態での
アレルギー症状は完全に自己責任です
前もってお店側にアレルギーについて伝えていたのならともかく
そうでないのならお店側には何の問題もありません

恐喝として警察に届け出ましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
アナフィラキシー症状とは、私も聞いたことは、あったのですが無知識でした。
今回のことで知れて良かったです。

お礼日時:2011/12/15 12:04

初めてアレルギーでショックが起きるのは、予測が経たないことが多いです。


しかし、この客は原因を知りながらもクレーマーとして味を占めているとしか思えません…

1度目のショックに対して治療費を出すのは理解できますが、
病院で適切な治療を受けていれば、2度も3度もショックは起こさない筈です。
本人がそのことを一番理解しているはずですが・・・
家での食事でわざと食べてショックを起こしているとしか考えられません。

診断書には何とか来てあったのか分からないのですが、アレルギーの原因が
分からないうちは、丁重に食事の提供をお断りした方が賢明かと。

この場合、すぐにクレームに対してお金を払うのではなく、
一度警察にも相談をされてみてはどうでしょうか?
詐欺の疑いさえあると感じます。

弁護士さんにも相談をされてみるのも得策かもしれませんね。
とんでもない客に取りつかれて、お可哀そうに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
また、クレームをつけられても困るので、警察に相談してみます。

お礼日時:2011/12/15 12:05

確かにアナフィラキシー・ショックは生じると最悪の場合、死に至る可能性もあります。



しかし、このような場合、その「客本人が事前にその事を知っていたのか」が重要です。

アレルギーの発症については、いくつかのパターンがあり、生まれながらにアレルギー抗体を持っていた為発症するもの、外傷などにより抗体ができた為その拒否反応により発症するもの、そして徐々に許容範囲を超えて発症するものなどがあります。

最近では、某メーカーから発売されたお茶石鹸による小麦アレルギーの発症が有名かと思います。

実は、この使用者達は「その石鹸を使用するまでは小麦アレルギーではありません」でした。
それまではケーキもパンも普通に食べる事の出来ていた方達が多いです。

簡単にご説明しますと、花粉アレルギーと同じで、例えばコップに水を注いだ場合、どこまでも注いでいくと「いつかは」溢れますよね。
それが「アレルギーの発症」となります。

このコップには個人差があり、去年までは花粉症ではなかったのに、今年はアレルギーになってしまったと言う方は、その許容範囲を超えた為に発症したと説明出来ます。

今回の小麦アレルギーを引き起こした石鹸も同じで、石鹸の成分にかなりの量の小麦成分が含まれていた為、使い続ける事により皮膚や粘膜などから吸収した小麦成分が個人の許容範囲を超えた事により発症に至ったようです。

この石鹸メーカーは賠償に応じましたよね。
きっとその客も、その事をどこかで見てクレームを付けてきたと言う可能性もあります。

しかし、仮に今まで穴子定食を食しても問題はなかったのに、質問者様の知人の店でたまたま許容範囲を超えた為に発症したとしても、本人にさえ分からなかった事を店側が知るよしもありません。

それでは穴子だけに限らず、全ての食材に対して「アレルギーを引き起こす恐れがあります」と表示しなくてはいけませんよね。

店側の対応としては、病院代を支払っただけでも十分誠意があると断定出来ます。

それでも診断書まで持ち出し、慰謝料を請求してくると言うのであれば、他の回答者様同様、弁護士に相談すると伝えても良いと思います。

ただ裁判を起こしても負ける事はないと思いますが、それこそ店の信用が傷付くというのであれば、それも弁護士に相談して仲介に入ってもらっても良いと思います。
いずれこのまま行けば5万円持って行かれるのは確実ですので、高い勉強代だと思って両者泣き別れで納得するしかないかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明、ありがとうございます。
店の人は、ただアナフィラキシーが危険だとだけ言われて、慰謝料を払わないといけないんだと思ってしまったようです。
どこに相談したらいいかもよく分からなかったみたいで。。。
皆さんの回答を参考にします。

お礼日時:2011/12/15 12:13

ただのクレームですね。


お店には過失はないし、弁護士でも警察でも保健所でも間に立つように相手にいい、直接交渉はやめましょう。
慰謝料の根拠がわからないし、自分の店ではこういう場合が多いので、必ず弁護士経由で話をしてもらっていますと言いましょう。
また、同じ食事を食べて同じ事を言われたらどうしますか?
公的に処理しないと後々面倒ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに当事者同士の話し合い、しかも無知識な者では、あとあと、厄介になりそうですね。
言ってみます。

お礼日時:2011/12/15 12:15

貴方に過失があったのでしょうか。


警察に相談してみては。
何度も繰り返している人ではないですか。
私なら払いません。
何のアレルギーだったのですか。
一般の穴子定食に含まれている物では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アレルギーの原因は分からないそうです。
面倒なことにならないよう気をつけて、といっておきます。

お礼日時:2011/12/15 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • アナフィラキシー<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    アナフィラキシーとはどんな病気か  アナフィラキシーは即時型アレルギーの症状が複数の臓器にみられる病態で、急激に全身の血管の拡張を来すとショックになり、時には死に至ることもあります。 原因は何か  アナフィラキシーの原因抗原は食物、昆虫の毒、薬剤など多岐にわたりますが、患者本人が認識しないほどの極微量の抗原の侵入によって重篤(じゅうとく)なアナフィラキシー症状が引き起こされることも少なくありません。...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナフィラキシーショックでは慰謝料はもらえないんでしょうか?(示談交渉中です)

1歳半になる息子には卵アレルギーがあるのですが、
ある日アナフィラキシーのショック症状が出て、あわてて病院にかけこみました。

その後の確認により、成分表を確認してあげたお菓子の中に
卵(成分表には不表示でした)が入っていたようです。

食品会社もその非を認めていて現在保険会社と示談交渉中なのですが、
提示されたものは会社を休んだ分などの実費がほとんどでした。

アナフィラキシーは突然激しい症状が出るわりに
数日で完治(?)してしまうのと、
まだ乳幼児で医療費がまったくかからなかった為のようですが
何か納得できない思いでいます。

そこで教えていただきたいのですが、
息子の精神的苦痛には慰謝料は支払われないものなんでしょうか?

支払われるとしたらどれくらいなのでしょうか?

大事にはいたらなかったものの、苦しそうに喘ぐ子供を見て
親の私たちも生きた心地がしませんでした。

ちなみに当日のアナフィラキシーの重症度は4程度でした。
下記参照
http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/05/05.html

それなのにこの金額でおしまいなの!?というのが
私たちの正直な感想です。(数万程度でした)

それと、こういう場合刑事事件にはできないものなんでしょうか?
業務上過失傷害は車の事故のみにしか通用しないですか?

保険の知識、法律の知識が全くないので、
どうかアドバイスをお願いします。

1歳半になる息子には卵アレルギーがあるのですが、
ある日アナフィラキシーのショック症状が出て、あわてて病院にかけこみました。

その後の確認により、成分表を確認してあげたお菓子の中に
卵(成分表には不表示でした)が入っていたようです。

食品会社もその非を認めていて現在保険会社と示談交渉中なのですが、
提示されたものは会社を休んだ分などの実費がほとんどでした。

アナフィラキシーは突然激しい症状が出るわりに
数日で完治(?)してしまうのと、
まだ乳幼児で医療費がまったくかか...続きを読む

Aベストアンサー

食中毒でも慰謝料が請求できるようですから、
請求は可能だと思います。

また卵は食品衛生法で表示が義務付けられている物ですから、
保健所などに届け出れば、表示改善の指導はされるようで、
もし指導に従わなければ最終的に刑事罰が課されるようです。

さらに表示が法律で義務付けられており、
製造者として当然に求められる注意義務を怠った結果、
傷害を発生させたということになりますから、
業務上過失傷害に当たると思います。
もっとも逮捕や起訴に至るかは分かりませんが。

Q【食物アレルギー】お店側の責任は??

食物アレルギーを持っていて、食べると腹痛を起こします。
なので外食するときなどはお店の人に聞いてから注文しているのですが、
時々適当な(「あ、入ってないと思いますよ~ 」とか)返答をする店員さんがいます。

そういうときにいつも疑問に思うのですが、
もし注文するときに「アレルギーなんですか、これには使われていますか?」
などと聞いて「入っていません」と言われて食べたものに実はアレルギー食材が
入っていて、万が一それを食べたせいで死んじゃったりした場合、
お店側の責任って問えるものなんでしょうか??

今まで死にかけたことはありませんが、
ちょっと気になったので…。

Aベストアンサー

行列の出来る法律相談所で、昔同じ様な内容がありました。

その時の見解は
「これに○○入ってますか?」程度の聞き方なら店に責任を問うのは難しいとの事でした。

店にも責任が生じる可能性としては
客がアレルギーの事を説明した上で入っているか確認した場合は、責任に問える可能性があると言う物でした。

もし何かあった場合は言った言わないの話になって行くと思うので責任を問うのは難しいかも知れませんね。

Q食中毒の補償及び賠償金について

私を含め三人が食中毒になりました。医者の診断書には「キャンピロバクターによる感染性腸炎」と判断され、その後保健所に連絡し現在調査中です。またそのお店は、私たち以外の人が同じ症状と訴えにより、現在営業停止になっています。(本日知りました)

そこで、補償の問題です。
治療費及び治療にかかった交通費、食中毒によって休んでしまった仕事の給料、飲食代は当然補償してもらえると思うのですが、慰謝料はどのようになるのでしょうか?
私の場合、食中毒が発症し39度の熱、水溶性の下痢(数十回)、頭痛、腹痛などが起こり、最初の3日は自宅療養。それで治らず医者にかかり点滴投与及び二週間薬を飲み続けてやっと治りました。
この二週間+数日に味わった苦痛に対する慰謝料はどのようになるのでしょうか?
みなさまよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 かって食中毒にかかり保険会社と交渉した経験から述べます。
 まず、飲食店はまともな店ならその地域の組合に加入しており、その組合が保険に入っています。そこから、支払われます。慰謝料は当時で5000円でした。(1回のみ)。
 あまりにヒドイので、懇意にしている弁護士に尋ねたら、「交通事故の慰謝料算定」に準じて交渉するようアドバイスを受けました。
 その結果、僕で通院3日(休業2日含む)で約8万円の補償と慰謝料をもらいました。
 ポイントは「赤本」にかかれている算定要領で計算します。そこには軽症、中等症、重症の3分類を更に各分類に応じて、入院、通院と分けてます。

 まあ、入院なしでは重症はかなり厳しいと思いますが
そこら辺は交渉次第ってとこでしょうか?

 あと、無料の弁護士相談とかで名刺の一つももらって
保険屋にプレッシャーをかければかなり効きます。
 基本的に保険屋は弁護士にはお手上げが多いです。
 あと、法的根拠は知りませんが、別に保険屋と交渉する義務はないのですから、相手方に直接プレッシャーをかけるのも手段の一つです。ただし、過度になり刑法犯にならぬよう、細心の注意をして下さい。
 やり取りをボイスレコーダーで撮るのも手です。

 ちなみに僕は全てテープに収めました。

 かって食中毒にかかり保険会社と交渉した経験から述べます。
 まず、飲食店はまともな店ならその地域の組合に加入しており、その組合が保険に入っています。そこから、支払われます。慰謝料は当時で5000円でした。(1回のみ)。
 あまりにヒドイので、懇意にしている弁護士に尋ねたら、「交通事故の慰謝料算定」に準じて交渉するようアドバイスを受けました。
 その結果、僕で通院3日(休業2日含む)で約8万円の補償と慰謝料をもらいました。
 ポイントは「赤本」にかかれている算定要領で計算...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報