ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

企業の目的は利潤の追求と言いますよね。
そして、それを大上段に掲げて堂々と発言する経営者もいます。
違法でなければ「利潤の追求のため」で許される現状。

本当に利潤の追求が目的でいいんでしょうか。
一昔前の日本の資本主義は「利潤の追求」よりも
社会貢献、労働者の生活、他の会社との共存共栄
などの価値観で成り立っていたような気もします。

みなさんどう思いますか?
ちなみに企業の目的は利潤の追求とは
暗黙のうちに「正しいこと」と思われていますが
本当に正しいのでしょうか。
お互いに利潤を追求し、切磋琢磨することで
社会が発展すると言う視点は
社会がより良くなるとは必ずしも一致しないような気がします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

> 企業の目的は利潤の追求と言いますよね。



これは明らかに間違いです。そういう企業があるというのと、企業全体が必ずそういう目的だというのは、まったく違う命題です。人の生きる目的は食べることだ、と言っているのに近い。

企業が約束を守る相手はいくつかあります。経営陣、従業員、株主、購買相手、債務相手、顧客 です。それに加えて地域社会を挙げる企業も増えています。
企業の一部、株式市場に上場している企業の多くで、株主をクローズアップする経営者が一時、増えました。日本ではこの企業文化はもともと存在せず、資金を得る手段としての銀行が機能しなくなったバブル崩壊後以降、資金調達を社債、増資にシフトした結果、株主利益を最大化する経営がもてはやされた結果です。そういう経営者や経営陣は、出身や信仰している経営理論がほぼ同じなので、ご質問者さんが調べられた方が面白いと思いますよ。ここ数年、その出身者、経営理論の破綻に関する記事がビジネス書の流行りですし。
でも、もともと日本の企業の多くは、企業の存在意義自身に別のものを挙げている企業がとても多いです。こういうのを収集したサイトや本もあるので見ると面白いですよ。

俗にいう松下イズムは、先に挙げた中で、顧客最優先、従業員、購買相手(ナショナルショップなどの小売店)を大切にした経営をしています。その松下の経営目的は、
http://panasonic.co.jp/rekishikan/tokubetsuten/2 …
としています。

企業の目的のひとつは、永続性 とする人もいますが、これも間違い。一定の社会的役割を終えて解散する企業も存在します。
企業はそれぞれ目的を各々が持っていて、その手段として拡大が必要な場合に、利益の追求が大切な手段になります。拡大再生産による自社の市場の拡大が必要だからですね。Appleというかジョブズがこの商品で世界中の人の生活を革新したい、というのを目的にした場合、その企業は世界市場を制覇する規模が必要になりますからね。
逆に、この商品を末永く地元の人に提供し、生活に役立ててほしい、と考える企業もあります。そういう企業は「老舗」と呼ばれます。末永く、が目的に含まれる場合、生き残ることが最優先になります。利益の最大化にはリスクを伴うことも多いので、多くの場合、利益の追求ではなく、無借金経営や利益の社内留保などの安全志向になります。老舗を目指すのは街中の小さな企業だけでなく、意外かもしれませんがバブル期のトヨタはこの志向を持っています。

私の勤めている会社は、世界で一番、ファンの多い会社になる というのを目的にしています。これが手段ではなく目的の会社って面白くありません? 企業じゃなく、中高生なら似たことを人生の目的にするような人が日本中にいる気がしませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なにか希望を与えてくれる回答、ありがとうございます。

株主至上主義は短期的な利益ばかりを求めてしまい
中長期的な戦略にのっとった企業運営が出来ないという
ことは聞いたことがありましたが、最近は行き詰まり始めているんですね。
また、企業の目的の多様性についても目立たないだけで
色々な考えが実際に存在しているということも再認識しました。

>> 企業じゃなく、中高生なら似たことを人生の目的にするような人が
>>日本中にいる気がしませんか?

私は社会人ですが、確かにそうですよね。
悲しいかな、就職したらその会社の価値観に強制されてしまう人が
多いんですけどね。また、染まれなければダメ社員。
リーダーが優秀であれば良い歯車が回るでしょう。
その逆なら・・・。

「世界で一番、ファンの多い会社になる」
すばらしいスローガンですね。

お礼日時:2011/12/16 22:18

法律の範囲内で利益を出しているのであれば、“概ね正しい”といえます。


利益は仕入れて、売らないと出ませんし、家賃や給料を払わないと企業そのものが維持できません。
継続的に利益を上げようとしたら、利益関係者との良好な関係も大事です。
また企業が利益を出したときに払う法人税は国の重要な税収で、この税収が国を通じて社会に貢献をしていることになります。

むしろ利益が出ないとなると、企業の損失は個人と桁違いで、連鎖倒産の引き金になったり、給料の未払いにつながります。

企業が善行をすると利益につながることが多いです。
逆説的に利益が出れば善行かと言われれば、難しいところですが、でも大体は正しいことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>企業が善行をすると利益につながることが多いです。

そうであることを願いたいです。
正直者が馬鹿をみる世の中は好きではないですから。

昔は地元の名士がほとんど全ての私財を寄付したりといったことも
聞いたことがあります。
私の地元にはその人の個人名がついている地区があります。
最近は私財を投じて街のためにって人も少なくなったような
気がして残念です。

お礼日時:2011/12/16 21:33

おっしゃる通りだと思います。



欧米人というか、中国人もそうですが、彼らの
人生の目的、というのは、金儲けをして贅沢
することなんですな。

昔、東芝の社長であった土光さんが、粗末な食事
しか食べず、目刺しの土光と言われていたことが
あったのですが、ああいう経営者てのは、理解できない
そうです。
ハーバードビジネススクールでも、想定外で、こういう
経営者にはどう対処してよいか解らなかった、
という話を聞きました。

蛇足ですが、中国では、贅沢する為に汚職をするのですが、
日本人は、金を周りに配って、己の権力を強く
することに使います。

私は企業てのは従業員を幸せにするモノだと
考えています。
その手段として利潤を図るのだ。

企業がボランテアなどする必要は無いと思っています。
企業は、本来の仕事をするだけで、社会に必要とされる
モノを供給し、税金を払いなどして、充分社会に貢献しています。

企業が考えるべきは従業員の生活です。

これの典型が同族会社です。
同族会社てのは、一見すると一族が会社を私物化して
良いようにやっている、というようにも見えますが、
多くの同族会社は、業績はしっかりしているし、
従業員を大切にしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

土光さんの話、初めて知りましたが
日本人として誇らしいですね。
贅沢をする力はあるのに、あえてそれをおこなわない、
畏敬の念を感じざるを得ません。

同族会社のところにヒントを感じました。
現代の会社の多くは労働者は使い捨て感覚。
年功序列、終身雇用があって初めて労働者も
自ら自己犠牲をしてでも会社に貢献しようと感じると思います。

お礼日時:2011/12/16 21:54

>本当に利潤の追求が目的でいいんでしょうか。


>一昔前の日本の資本主義は「利潤の追求」よりも
>社会貢献、労働者の生活、他の会社との共存共栄などの価値観で成り立っていたような気もします。

その三つ、仰せのとおりです。
1991年バブル崩壊まで約30年間、企業の社会的責任の主要項目として、周知されていました。
残念ながら昨今は、ほぼ全く忘れ去られている項目でもあります。

原因はいろいろ考えられますが、一口で言うと、企業が社会的責任をきちんと果たす能力が乏しくなってきたことに尽きます。
円高、価格破壊、デフレ、国民の年収が目減りして購買力が低下、などで、企業が疲弊。
幸い、進取の精神の企業、開発型の企業、は、社会貢献と労働者生活堅持の二つは、両立させていますね。
例えば、ソフトバンク、マツダ、シャープ、アイオーデータ、アップル、世界的に有名な中小企業の岡野工業。

利潤というものは、そもそもは、不純な性格を帯びています。利潤が発生するというのは、等価では無いからです。
大昔の物々交換の時代は等価交換でしたので、利潤の概念は無かったわけです。すっきり等価。

ところが貨幣が発明され、欧州の大航海時代に、貿易商人が利潤を目指すようになり、
のちに資本論のマルクスが、利潤と拡大再生産による増殖のメカニズムを提唱し、
資本主義経済というものが世界に認知され、民間企業は資本主義をかざすようになりました。
ただし企業の運営や管理のバックボーンは、近代経済学に基づいていますが。
(例えばケインズの需要供給価格理論や有効需要論、シュンペーターの企業変革イノベーション理論など)。

>本当に利潤の追求が目的でいいんでしょうか。

カネの面での目的は最適利潤の追求となりますが、企業体の存在目的は社会的責任の完遂ということになります。
ちなみに、利潤は、以下の場面で必要かつ不可欠になります。
設備投資、業容拡大、自己資本増強、株主配当や役員賞与の支払い。

なお、極大利潤を目指すと、随所で問題が発生します。
企業実力と利潤必要性、この二つにマッチした、すなわち最適利潤を目指すのが良質の企業であり、
そういう企業は、企業の社会的責任も果たせるようになるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>原因はいろいろ考えられますが、一口で言うと、企業が社会的責任を
>>きちんと果たす能力が乏しくなってきたことに尽きます。
>>円高、価格破壊、デフレ、国民の年収が目減りして購買力が低下、
>>などで、企業が疲弊

やっぱり昔のシステムを維持する体力が無くなってきたということですかね。
一昔前は一億総中流と言っていた時代がありました。
現在は大企業を中心に経営陣は所得が増え、あるいは大企業の正社員は
高待遇で、しかしそれは非正規労働者や下請け孫請けから搾取した結果の
利潤のような気もします。
物価の上昇を考慮した上で、会社の利潤、経営者の給料、株主の配当、労働者の給料の総額は減ったのでしょうか。一度考えてみたいなと感じました。

>>利潤というものは、そもそもは、不純な性格を帯びています。利潤が
>>発生するというのは、等価では無いからです

今まで気付かなかった視点です。
製造や調達に必要なコストで物を売るのではなくて、
+αを乗っけて売る、当たり前に思っていましたが言われてみると
不純ですね(笑)

お礼日時:2011/12/16 22:08

「利潤の追求がそのまま社会の発展に繋がる」といった事を言う人は、「利潤の追求そのものが社会の発展だ」と思い込んでいる人です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

その思い込んでいる人が決して少なくないような気がしてたんですよねぇ。

ただ、ここの回答者の方たちは必ずしもそうではないので
少しほっとしました。

お礼日時:2011/12/16 21:43

企業の本質(≒目的)が「利潤の追求」であることは間違いありません。


なぜなら、企業の別の本質はゴーイングコンサーン(永続企業体)であり、
永久的に存在しなければならないからです。
もし利益を獲得できずに企業が潰れたら、
迷惑を被るのは多くのステークホルダー(株主や労働者などの利害関係者)です。

ただし、「利潤の追求」とは、
「最適利潤の追求」であって「極大利潤の追求」であってはなりません。(ここが重要です。)

確かに伝統的な利潤概念では「極大利潤の追求(つまりは金儲け)」が提唱されていましたが、
ドラッカーの提唱により、今では「最適利潤の追求」が求められています。
ちなみに、「最適利潤」とは「事業の存続と繁栄に必要な最少限度の利益」のことです。

tourisuga様のおっしゃる通り、
社会や労働者(つまりはステークホルダー)との利益バランスを考えれば、
おのずと「最適利潤の追求」になります。

言い換えると、「極大利潤の追求」をしている経営者というのは、
「周り(ステークホルダー)のことを考えていない自分勝手なやつ」です。
企業の本質として、社会システムの一機関であること(つまりは社会の役に立つこと)も
求めらていますから、そのような「自分勝手なやつ」は社会から必要とされていません。

しかし、このような企業の本質(上記に3つ挙げています)を見失われている
企業経営者があまりに多いと感じています。
少し前ではライブドア、今度は大王製紙にオリンパス。「自分勝手なやつ」が多すぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「最適利潤の追求」と「極大利潤の追求」
この2つの概念は初めて知りました。

極大利潤の追求は自分の金銭欲に忠実に動けばいいでしょうけど
最適利潤の追求になると経営者としての倫理観が必要になりますね。
水は低いほうに流れてしまうのでしょうか・・・

ただ、利潤の追求と言っても経営学としての考え方は一つでは無いと言うことは勉強になりました。

お礼日時:2011/12/16 21:39

貴方の望んでいられる社会が在ったならユトピアト呼ばれるでしょう。

日本よりアメリカの企業の経営者達はもっと酷いですよ。会長、社長、重役達は何億ドルと言うボーナスを貰っている一方、容赦なしに他の社員達の首をきっていますからね。ですからアメリカの貧富の差は日本に比べて何倍,または何十倍ではないでしょうか。最近起きている各都市での”座り込み”はこの様な不公平さに対しての怒りを表しているわけです。この様な問題は政府が法律などをつくっても企業の経営者達は必ず抜け道を見つけます。然し仮に社会主義国家にでも成ったらご存知のようもっと酷い社会になりますよ。利潤の追求自体は決して悪いことではないと思いますし、この精神を取り除いてしまったらやる気のない人間が増えてしまうことになると思います。まあ、ちょとカッコいい言い方すれば、各自がそれぞれの立場に置いてより良い社会になるよう努力するのが理想ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一昔前の日本は今よりもそのユウトピアに近かった気がするのです。
結局は、経営者の倫理観であったり、村社会的な日本の良い面がでたり
だとは思うのですが。

その時代は、企業の価値は利潤の追求だけでなく社会貢献であり
利他的な共存共栄の中に価値観を見いだし、そこに対しても努力を
していたような気がします。そこにはは国民の民度の高さが必須には
なるとは思いますが、そこが日本人にあって欧米人には無い強みだった
ような気がするのです。
利潤の追求を第一の目的にしないとやる気のない人間になってしまうのは
欧米人的な感覚なのではないでしょうか。

日本の景気が良かった時に、アメリカからその理由を調べに視察に来たそうです。その結果、我々には無理だと言って帰ったと聞きます。
日本のすごさは、社員は会社のために働き、会社は社員の生活のことを
第一に考える。鎌倉時代のご恩と奉公とでも言いましょうか。
そこで、アメリカはアメリカが日本の優れたシステムに変わることは
不可能だから、日本をアメリカのレベルに落としてやれ、と考えた
らしいです。この逸話が事実かどうかは別としても
実際にアメリカからの圧力で日本も株主が主張するようになり
社員の生活よりも会社の利益という視点が強くなり
国民の購買力が下がり・・・といった負の連鎖のような気も。

日本は世界で唯一成功した社会主義とも言われていますよね。
昔の日本は国民レベルが高くて、今の日本はレベルが下がったとは
いえないでしょうか。


それはそうと、回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/16 02:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の目的って利潤の追求なんですか?

会社の目的って利潤の追求なんですか?
これは方法であって目的ではないと思うのですが、どうですか?
日本の経済学ではこうでも、海外の方ではどう解釈されているのですか?

そもそも、私も勘違いかなんかだったら指摘して下さい。

Aベストアンサー

資本主義のもとにあって、会社の目的とはといわれれば「利潤の追求」です。
資本主義の国ならばどこでもそうです。
社会主義の国では、こういうはずではありませんでしたが。最近の中国は怪しいです。

ところで、ドラッガーという有名なアメリカの経営学者がいます。もう、1970年頃には今のような、情報化社会がやてくると主唱していた人です。
そのドラッガーが最近ゆうには、「会社の目的は利潤の追求だけれども、もっと根本的に大事なことは、会社は存続することが目的である。」というのです。なるほど、会社は存続しなければ、仕入先、取引先、消費者に迷惑がかかります。そして、会社が存続することは、会社自身にとっても、取引先、消費者にとっても、利益になることです。もしかすると、あと十数年後には、ドラッガーの予言したように、存続することが会社の目的になるかもしれません。

Q利潤追求が及ぼす影響

利潤を追求するという行為が、環境に与える影響(環境破壊など)についてどのように思いますか?
また、どういう点で関係していると思いますか??
ご意見を聞かせてください

因みに私が考えていることは大体以下の通りです

企業・政府が自分たちの利潤を追求するために、生産を上げていく
そして消費者に消費を促すためにコマーシャルを行い、需要を増やしていく
(大量生産大量消費が行われる)
これにより資源が使われると共に、環境の破壊が行われていく

Aベストアンサー

利潤追求というのは、資本主義経済において絶対条件だと思います。
そのためには先ず、コストを下げなければなりません。そこで先ず目に付くのが人件費という訳です。
利潤追求という事は、いかに長時間働かせる事が出来て、しかも賃金は安ければ安い程良いという事になります。
つまり、資本主義(≒市場原理主義)においての、理想的な労働力はロボットという事になります。
その為、自分達の生活を犠牲にしてまで働かされ、その結果、社会に様々な歪みが生じています。
うつ病や犯罪の増加はその典型でしょう。
また、企業間の自由競争により、強い所が市場を独占してしまい、その結果格差が拡大するのも当然でしょう。
この事も社会の歪みに大きく関わっていると思います。

当然、環境にも影響を与えますよね。
本来、生活を豊かにするためのシステムだったのですが、いつの間にかお金を増やすことが目的に変わってしまい、その為には物をどんどん作って、売りさばけば売りさばく程良いという事になりますよね。
しかも、市場主義において全ての価値基準は、あくまで人気があるかどうかという事ですから、環境に良いハイブリッドカーや太陽光発電なども、コストがかかるという事で人気がなければ、市場では価値がないものと見なされます。

また、健康問題にも影響を与えていると思います。
大量生産によって飽食の世の中になり、様々な難病や奇病が急増しています。
昔では考えられなかった病気がたくさんありますよね。
いくら健康には悪くても、人々がおいしい物を求めている訳だから、それが市場主義においては良い事になります。
おっしゃる通り、宣伝の効果がものすごく大きいと思います。
そういう意味では、ゲーム機等にも一抹の不安(一抹どころではない?)があります。

そういった意味で、資本主義には限界があると思います。
経済は、あくまで机上の空論などではなく、環境や人に働きかけているという事です。
つまり、地球環境は決して無限ではないという事です。
かと言って、今さら共産主義に戻れる訳はないし、個人的にもちょっと極端だと思うのですが、少なくとも、何でもかんでも自由というのは絶対に良くないと思います。

利潤追求というのは、資本主義経済において絶対条件だと思います。
そのためには先ず、コストを下げなければなりません。そこで先ず目に付くのが人件費という訳です。
利潤追求という事は、いかに長時間働かせる事が出来て、しかも賃金は安ければ安い程良いという事になります。
つまり、資本主義(≒市場原理主義)においての、理想的な労働力はロボットという事になります。
その為、自分達の生活を犠牲にしてまで働かされ、その結果、社会に様々な歪みが生じています。
うつ病や犯罪の増加はその典型でしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング