親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

もしも、民間人が多数乗った旅客機がハイジャックされ、人口密集地や原発への墜落を宣言された場合、日本政府はそうなる前に民間人の犠牲を払ってでも自衛隊に撃墜命令を出すでしょうか?

命令を受けた自衛隊の現場の当事者は、民間人の犠牲が必至であっても、命令を遂行するでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 そういう事態が仮に起こったとしても、決定に時間がかかり過ぎて間に合わないでしょうね。

政府が撃墜命令を出したとしても、突っ込んだ後になるでしょう。

 意思決定が遅過ぎる組織構造が変わらない限り、テロ対策が円滑に解決される可能性はありません。

 旧ソ連が大韓航空機を撃墜した事件がありましたが、あの時は世界中から袋叩きにされていました。日本が民間機を撃墜したりしたら、たとえハイジャック機であっても真相が早期に明らかにならない限りは袋叩きにされるでしょう。

 民間機どころか、軍用機が堂々と領空を侵犯して都市の真上を通過しても自衛隊機は何もしなかったという事件が過去にありましたが、同じ結果になるだけだと思います。

 撃墜すると馬鹿を見るのがテロの現実です。
    • good
    • 0

おそらく政府はそのような命令を出せないでしょう。



ただし、その場合通常アラートはかかると思いますので、
自衛隊機がハイジャックされた旅客機にコンタクトを試みる可能性があり、
目的がわかった時点で「衝突により墜落させる」かも知れませんが。
    • good
    • 0

面白いプロットです。

日本の政治家の危機管理能力が試される事例ですね。

仮に政府の最高責任者である総理が、より広範な被害を避けるために自衛隊機による民間機撃墜を決意し命令したとしても、防衛相がそれを拒否するでしょう。被害を小さくするための措置であっても大勢の無辜の民間人が死亡すれば総理だけでなく、防衛相も世間の批判を受けます。「ほかに方法はなかったのか」と。

それが怖いから拒否します。そして即、辞任するでしょう。自ら泥をかぶる真似はしません。兼務などで後継の防衛相を決めても天皇の認証に時間が掛かります。おそらく数時間は必要です。

現在の法律では総理が直接自衛隊を指揮出来るわけではありません。あくまでも防衛相に撃墜せよ、と指示するだけです。その命令された防衛相が今度は自衛隊の(おそらく)幕僚長経由で現場に命じ、さらにその命令が航空基地司令(佐官級)に行き、武装した航空機が発進する、という手順を踏みます。

このプロトコールの中でたった一人が命令を拒否すれば、撃墜は出来ません。防衛相がOKで幕僚長あたりまでなら命令を聞くでしょうが、部下を持つ基地司令や撃墜に飛び立つパイロットが拒否する可能性が高いと思います。

もっとも幕僚長に命令が届く前に防衛相のキャリア官僚(文官、背広組)が「そんな命令は想定されていない」と猛反対して握りつぶす可能性もあります。

ま、肝心の総理が判断できるようなことではないですから、時間切れで民間機は地上に落下、乗客と住民が大量死する、という結果になると思います。
    • good
    • 0

命令は出せません。


住民に避難命令を出すので精一杯。

瞬時に情報を上げて決断して指令を出せるほど、情報伝達能力も決断能力も無いのが現状。

いや燃料が尽きるまで上空を旋回して待っていてくれる様な親切な実行犯だったら可能性はあるかも知れないけど、それでは避難が完了しちゃうので、そんな間抜けなことはしない。

万一可能でも『エンジンだけを破壊して強制的に不時着させろ』とか、無理難題を現場に押しつける可能性大。
    • good
    • 0

>日本政府はそうなる前に民間人の犠牲を払ってでも自衛隊に撃墜命令を出すでしょうか?



9・11の同時多発テロを彷彿させる設定ですね。
日本では、このような事態が発生しないでしょう。

米国では、同時多発テロでハイジャックされた飛行機が国防総省に衝突しました。
米国の国防総省は、陸軍、空軍に飛行機の撃墜を命令できる立場にありながら、
民間機が多数乗った旅客機を撃墜しませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング