人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

電気設備管理の仕事をしています
こんど避雷針の接地抵抗を測定するのですが、
正しい方法がわかりません
避雷針の端子ボックスの中に避雷針よりの線がプレートにより接続されていて 
その両側に補助極の様なアース線が固定されています
三電極法の接地抵抗計で測定をしたいのですが E端子はわかりますがPとC端子の接続をどのようにしたら良いか解かりません 試しにPとCを逆にして二度測りましたが同じような値で0.数Ωでした 
図面ではアース端子は鉄骨に溶接したものの様です
なにか根本的に間違っているのかもしれません
アドバイス戴ければ幸いです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おそらくはやり方はまちがってないと思いますよ。


ただしこの文面だけでは確実とは言えませんが。

定期的に正確に接地抵抗の抵抗値を測定するために、対象の接地抵抗測定端子のそばに測定用の補助極端子を設けてある場合があります。
接地抵抗測定の度に補助極のリード線を伸ばさなきゃならないのですが、伸ばす方向や距離、あるいは刺し込む補助極の刺し方ひとつで接地抵抗測定値が微妙に変わるのを防ぐためです。
初めから土中にきちんとした設置極を埋設しておき、それを設置抵抗測定時の補助極にすべく半永久的に埋めてあるものです。
理由としては単純明快、ビル等では何しろ測定箇所付近には補助極を刺す土が無い場合がほとんどで、それではとても接地抵抗値など計れないからです。

質問文だけでは本当に補助極用の端子かどうかは判りませんが、ビル街の避雷針用接地抵抗測定箱の中には比較的補助極端子は良く付いてます。
三電極測定用の接地抵抗測定器を使うのであれば、P端子とC端子はどちらに接続しても接地抵抗値は同じです。
ですがせっかく補助端子があるんですから、どこに何を繋ぐのか決めておけば間違いはないでしょう。
その端子付近に表記がないのであれば、いつも同じところに接続するように印でも付けておけばいいでしょう。

測定値が0.数Ωとの事ですが、避雷針はだいたいそのような抵抗値にしてあるものと思います。
ましてビルの鉄骨にアースを逃がしているのでしたらそのくらいの数値は当然です。
ただしまちがっても三極間で導通があったり、どこかで漏電してしないかだけは事前に確認してから接地端子に触れて下さい。
意外に接地抵抗値が0に近いほど、土中の電位を逆に拾ってる場合もあります。
感電にだけは注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
質問の仕方が悪かったようでした
主旨は、三つの端子がありそのうち中心の電極は屋上避雷針からのものと思われるのですが、
その両脇にある二つの電極の意味が解かりませんでした
おそらく、PとCの為の補助電極ではないかと思いましたが PとCの表示も無くまた、
PとCの電極を入れ替えても測定値が変わらなく 疑問でした周囲に、
この様なことを相談できる人も無く解からないままでしたが、

ビル街の避雷針用接地抵抗測定箱の中には比較的補助極端子は良く付いてます。

三電極測定用の接地抵抗測定器を使うのであれば、P端子とC端子はどちらに接続しても接地抵抗値は同じです。

この二つの説明は特に参考になりました

三電極測定用の接地抵抗測定器を使うのであれば、P端子とC端子はどちらに接続しても接地抵抗値は同じと言う事は全く知りませんでした
理論的なことはこれから勉強していきたいと思います

かさねて、お礼申し上げます 
ありがとうございました

お礼日時:2011/12/30 11:27

取扱説明書など探してください。


業務を引き継いだので前任者が何処にしまったか分からないという事もあるでしょうが…。
前任者に連絡が取れれば場所を聞いて、取説などの資料は備え付けておきましょう。

参考に
http://as76.net/asn/earth_meas.php
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/12/17 18:58

明らかに接地抵抗の測定方法が間違っています。


大体どの測定器にも、上蓋の内側に測定方法が記載されていますので、もう一度確認してみてください。

ちなみに、3極法による測定の方法は、2本の電極棒をそれぞれ離して地中に打ち込み、P、Cのクリップを接続し、測定します。
一般的な離隔距離は、コードが5m(黄)、10m(赤)なので、その長さだけ測定地点より直線距離で離して打ち込みます。
本当はもっと離した方が良いそうですが、そのような長いコードの測定器は高価なので、見た事がありません。
この事は、電気工事士の試験にも出てくるほど当たり前の事ですので、管理者としてはもう少し勉強をした方がよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/12/17 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q避雷器の接地抵抗が30オームでも良い理屈

このジャンルの質問で良いかどうか疑問ですが

避雷器の接地抵抗は基本的に、10Ω以下だと思うのですが、

1.B種接地の変圧器の近傍であれば、
2.柱上変圧器の接地極と避雷器の接地極が1M離れていれば

等の除外事項があったと思うのですが、30Ωにしても良い理屈ってのはあるんでしょうか?

2.だと1m離れれば電位上昇の影響を受けないなどでしょうか?

ご存知の片、詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
間違えました。

>となっていますが、正しくは電技に設置義務がなく、任意に設置する高圧および特別高圧の電路に施設する避雷器の接地抵抗が30オームでも、、、となります。

ではなくて
正しくは電技に設置義務がなく、任意に設置する高圧架空電線路に施設する避雷器の接地抵抗が30オームでも、、、となります。

Q接地極間の距離

今 既設コンポールにA種の接地線と 多分 避雷器用?の接地が立ち上がってます。

このコンポールに盤を設置したく、コンポール付近に D種の接地を個別に

打設(接地棒)でしたいのですが、既設 A種及び避雷器用の接地極からの離れに規則は

あるのでしょうか? また コンポールからの離れの規則はあるのでしょうか?

ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

Aベストアンサー

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、避雷針用の接地線とその他の接地線は、2m以上離隔する必要があるとしているので、避雷器の雷サージ対策のA種接地極とは、少し離した方が良いと思います。
もう一つ、公共工事では電気通信設備共通仕様書で、C種D種も、A種B種と同様に敷設するとありますので、上記規程に合わせる必要があります。

ちなみに、接地極相互の距離に対しての条文はありません。
金属体とは、地中に埋まっている金属体が、地上にも露出しているものを指しており、接地極のような地中に埋まっているだけものに対してではありません。
つまり、高圧の地絡による電位上昇や電流が、金属体を伝って人体に影響を与えないよう求めた条文なのです。
埋設深さや、接地線保護の条文も、同様の観点で規定されています。

接地極敷設条件を箇条書きすると、下記になります。
A種、B種接地工事
・金属体との、1mの水平離隔又は、0.3mの垂直離隔が必要。
・埋設深さは0.75m以上。
・接地線保護は、地下0.75~地上2mの間に合成樹脂管を施設。

C種、D種接地工事
・重要点は特になし。

つまり、C種D種の接地工事については、厳しい規程がありません。
接地抵抗値が適正で、電線保護が出来ていれば良いのです。
接地極を、コン柱より離す必要もありませんし、A種接地極と離す必要も無いわけです。
ただ内線規程では、...続きを読む

Q避雷針 接地抵抗測定方法

都合で本年は自分で接地抵抗測定を行う事になり、以前専門業者の作業立会いで測定端子箱内で 避雷導線を切り離して測定する業者と
切り離さずに測定している業者がおりました。
実際の結果は差異はなかったとおもいました、
正式な測定方法はどうなんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、さっそくなんですが、測定端子箱にて切り離しをしている業者の方が正しいと思います。接地の方式によって異なりますが、接地元の値を知る必要があるためです。地盤の変化によって値が多少変わってくるかと思います。たとえば切り離ししないで測定した場合、どこかで構造体と接触していて、当然値は良いはずです。これでは話になりませんよね。D種など測定する場合でも同じです。照明器具など壁や天井などについていますが、必ずと言っていいほど接地は取れています、アースを持っていなくても、建物がRCや鉄骨造などであればなおさら、切らずに測定すれば値はいつでもいいはずです。測定方法として、切り離しを行って測定した方が良いでしょう。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q避雷針の接地抵抗値

避雷針及び避雷設備の接地はA種接地工事が普通ですが、接地抵抗値は10Ω以上でもよいという話を聞きました。その際の条件などご存知の方がありましたらお教えください。

Aベストアンサー

A種接地に条件はなかったと記憶しています。条件つきで10Ωを超えることができるのはB~D種だけでは?あるいは避雷針の設置に関するJISに別途条件が設定されているかもしれませんね。

Q接地抵抗の測定・計算法

 接地抵抗の問題がわかりません。

問題: 
 接地抵抗の測定を行う。1:本接地極、2:補助接地極A、3:補助接地極Bとする。
 1-2間の抵抗値を測定すると、0.6Ω、同様に1-3間は0.8Ω、2-3間は1.2Ωであった。
1の本接地極の抵抗値はいくらか?

 選択肢が5つあり、0.1Ω,0.2Ω,0.3Ω,0.4Ω,0.5Ωです。
 私の計算では0.184Ωとなり、0.2Ωを選んだのですが、正解は0.1Ωとのことです。



 解説と計算式はどうなるのでしょうか?
 教えてください。

Aベストアンサー

測定図を貼り付けましたので、参照して下さい。
3箇所の測定点を(1)~(3)とします。接地抵抗をR1~R3とします。
(1)と(2)間の抵抗値:0.6Ω
(1)と(3)間の抵抗値:0.8Ω
(2)と(3)間の抵抗値:1.2Ω
ですので

R1+R2=0.6Ω
R1+R3=0.8Ω
R2+R3=1.2Ω
となります。

(R1+R2)+(R1+R3)+(R2+R3)=0.6Ω+0.8Ω+1.2Ω
です。これは次のように整理できます。
2R1+2R2+2R3=2.6Ω
R1+R2+R3=1.3Ω
となります。

この式を次のように変形できます。
R1=1.3Ω-(R2+R3)
R1=1.3Ω-1.2Ω
R1=0.1Ω
となります。

Q絶縁抵抗測定の使用方法

まだまだ電気の知識が初心者なので、教えてください。
1、絶縁抵抗測定とはなんですか?
2、使用方法ですが、どんな時に使用し、何ボルトではかればよいのですか?
3、絶縁抵抗が0の時にかんがえられることはなんですか?
説明不十分ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・200V電路 : 250V
 ・400V電路 : 500V
これは、昔(といっても、私の会社も3年前まではそうでしたが)は低圧回路は500Vメガーで、高圧回路は1000Vメガーで測定していました。
しかし、100Vや200Vの回路に対地間とはいえその数倍の直流を印加した場合にインバーター等の半導体機器の損傷や雷ガード付OA用コンセントのショックアブソーバー機能などにより、正常にもかかわらず放電されることにより、あたかも不良かのような値が測定されてしまう(500Vメガーで、0.2MΩだが125Vメガーではinf)事が頻発したので、現在年次点検の際は、前述した通り、当該回路の使用電圧に近い電圧で測定しています。したがって、回路によっていちいち測定電圧を変える為、測定器は4レンジ(125V,250V,500V,1000V)のものを使用しています。

3.絶縁抵抗値が0MΩであれば、対地間では完全地絡、線間では短絡であると考えられ基本的にはいずれの場合もブレーカトリップとなると考えます。しかし、その値がメガーによるものであれば、0MΩと表示されても幾分かのインピーダンスがあると思われますので、遮断には至らない場合もあります。
ご質問の”絶縁が0”と言うのがどういう回路かにより説明が異なってきますので、宜しければもう一度投稿していただければ再回答致します。

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・...続きを読む

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング