ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

高校生女子です。

すごく悩んでいるわけではないのですが、
自分を好きになれません。

理想の自分像があるのですが、現実の自分はまったく反対であり、そんな自分が時折ものすごく嫌になります。

これは若ければ、ごく普通のことでしょうか。

また、理想の自分に近づこうと努力するか、今の自分を受け入れようと努力するのか、どちらが良いと思いますか。


この年代にはよくある悩みなのかもしれませんが、ご回答いただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

72歳、男性です。


歳を取り過ぎていて、こんな老人からの回答は、欲しくないかな?
逆に、72年生きてきて、何が本当か、分かることもあります。

>理想の自分像があるのですが、現実の自分はまったく反対であり、そんな自分が時折ものすごく嫌になります。これは若ければ、ごく普通のことでしょうか。
⇒その悩みは、若さとは関係なく、人間なら誰しもが持つ悩みだと思います。
でも、どちらかと言うと、自分に厳しすぎる人が抱える悩みではないかと思います。
本当は、自分を許し、もう少し、楽に生きて行って良いのでは、・・・と思います。
勿論、常に自分を向上させようとすることはいいのですが、・・・。


>理想の自分に近づこうと努力するか、今の自分を受け入れようと努力するのか、どちらが良いと思いますか。
⇒今の自分を受け入れながら、一方で、理想の自分に近づこうと努力するのが良いと思います。
何を言われても、今の自分はそれしかないのですから、あまり自分を責めないで、あるがままの自分を受け入れ、一方で、今の自分を改善するようにすれば、それで良いのではないでしょうか?
あまり自分を責めると生きていくのが辛くなりますからね。


実は私も、最近まで、貴方と同じ悩みを抱えていました。

自分を好きになれないで悩んでいたある日、斉藤一人さんという人の書いたものを読んで、自分を嫌う考えを、少しずつ変えることが出来るようになりました。
斉藤一人さん曰く、『自分が嫌いな人は、「自分はダメ、イヤな人間」と考える人。これは、間違い。そもそも人間は不完全なもの。でも、本当に困ったとき、自分を助けてくれるものは自分だけ。他人はどうすることも出来ない。だから、自分を大切にしなさい。』

また、かめおか・ゆみこさんのメルマガ「今日のフォーカス・チェンジ」の中の『未熟を生きる』という文章にも、教えられました。
曰く、『私たちは、未熟なのです。未熟というプロセスを歩むように、プログラミングされているのです。だから、許していいのです。自分を許し、自分を許すように、人を許していいのです。許しあえるようになることが、プログラムの目的なのです。そのために、あえて、未熟を生きるようにできているのです。』

我々は、未熟な自分を許していいのだと思います。
そして、気が付いた時に、出来るだけ改善するように、努力すればいいのだと思います。
たとえ、努力が失敗しても、また起き上がって歩き出したらよいのだと思います。
人生は、その繰り返しだと、最近、しみじみ思います。

現在の自分をあまり否定すると、とても苦しくなるばかりで、良い事は何もありません。

自分を許し、他人を許し、大らかな気持ちで生きていってください。
人生には、素晴らしいことが沢山あります。
人生を楽しんでください。
お幸せを祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親身な回答、ありがとうございます。
斉藤一人さんの言葉、心に響きました。
また、長く人生を経験されていても、同じように感じることもあると知り、自分の全てを肯定しようとしなくても良いのかなと感じました。
理想の自分に近づけるよう努力しつつ、そんな自分も好きになれたらいいなと思います。

皆さんとても丁寧に親身になって答えてくださったので、ベストアンサーを決めるのに悩みましたが、ANo.9さんのご回答は特に心に響いたので、選ばせていただきました。

他のみなさんも、ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/18 00:46

理想の自分像があるのなら、近づこうと努力する方が絶対いいだろうと思います。



目指しているものがあるということは、今の自分は未完成の途中経過ってことですから、「まだまだこれじゃダメ」と思うのが当たり前。

でも、理想を捨てない限り、少しずつでも確実にそっちに向かっていけるんだし、進化していく過程で少しずつ自分を好きになっていくわけですよね。

理想を捨てて、今の自分でいいと思ってしまったところで成長は終わり、その後は妥協の人生を送ることになるんじゃないですかね。妥協が悪いとは言いませんが、これ以上できないってぐらいの努力をして、これ以上は無理だと答えが出た時にすればいいことです。

若ければごく普通のことですかって質問だけど、高校生の若さで、理想の自分像を持っているっていうのは、普通じゃなくて、特別だろうと思いますね。

理想の自分像をイメージすることすらできず、現状の不満を愚痴るだけの生き方をしている人が世の中の多数派であり、普通です。

まだ理想には遠いんだとしても、理想という特別なものを持っているということは、誇りに思っていい素晴らしいことなんですよ。頑張ってね。
    • good
    • 0

今は嫌いでも、いつか好きになれる日が来るかもしれませんね



好き嫌いは努力して思うものではなく、自然で素直な気持ちです
嫌いなのに無理して好きになろうなんて思っても、ストレスになるだけです

私も自分が嫌いでしたが、40歳過ぎた頃から自然と好きになりました

これから先、一生自分とは付き合っていかなければならないので、まぁ焦らずのんびり行きましょう
    • good
    • 0

嫌いになれるなら、好きにもなれるでしょう。



思春期はバカですからね。

生まれたときは誰も自分のことが嫌いだとか思いません。

ある時から自分のことが嫌いになる。
バカだから。

自分のことを嫌いになって何かいいことがあるのでしょうか。
自分のことを嫌いになることで誰が喜ぶのですか。
無駄です。


理想にはただ近づけばいいです。
理想に近づくのはそれが好きだからであって
自分が嫌いかどうかは関係ありません。
    • good
    • 0

もちろん「今の自分を受け入れようと努力する事」だと思います。



>理想の自分に近づこうと努力するか

これって、あくまで理想ですから現実の自分と比べてしまうんですよね。
そして、そうなれない自分に落ち込み自己否定してしまいます。
結果、理想の自分に近づこうと思えば思うほどそれがなかなか実現できない事に悩み苦しみ、こんな自分はダメだ~・・・と自己否定と自己嫌悪のスパイラルにはまってしまうものなんだと思います。

今の自分を受け入れる事ができてきた時、
自然と自分を好きになり
自己否定する事がなくなり
気付いたらそんな自分が理想の自分だと思えるようになっているんじゃないかなぁと思いますよ。

つまり、今の自分を理想の自分に変えようとするというより
今の自分が理想の自分だと思える心に変わる事の方がいいんじゃないのかなぁと思います。

みんな誰でも自分らしいのが一番ですから、無理に自分を変えようとしないで自分を受け入れるとか、今のままの自分でいいと思う努力をするとか、今の自分のいいところに目を向けたり、自分が既に持っているいいところをさらに伸ばすという感じで頑張ってみるといいのではないかなぁと思います。

すぐに変わる事はもちろんできないので、日々の積み重ねが大切ですよ。
変わらない、変わらない・・・と思いながら落ち込む日々を何度も乗り越え、気付いた時に変わっています。
チリも積もれば山となる!少しずつ自分を認め、ありのままの自分の良さを引き出す努力を頑張ってみるといいと思いますよ~
    • good
    • 0

んーやっぱり後者でしょう。

今のままの自分を受け入れようと努力する。

私は今自分の性格の1つだけ好きな所ありますもん。(自分の事全て好きって言うワケじゃないですけど。)

そこだけですね。後大半は嫌いな所が多い。
    • good
    • 0

>理想の自分像があるのですが、現実の自分はまったく反対であり、そんな自分が時折ものすごく嫌になります。



これは若いと誰でも思うことだと思います。
経験や実績が足りないために、自信をもてない状況ですね。

>また、理想の自分に近づこうと努力するか、今の自分を受け入れようと努力するのか、どちらが良いと思いますか。

ケース・バイ・ケースで、両方やっていくことですね。
できることを少しずつやっていって、それを自信につなげること。
いきなり一足飛びに理想の自分には近づけないし、なったとしても違和感を感じると思います。
徐々に目的の場所に近づくことが心にもちょうどいいと思います。

「考え半分、行動半分」これを実践していってください。
考えることばっかりでも何も進展しないし、考えなしに行動するのもよくありません。
あせらず、自分のペースでいってください。
    • good
    • 0

若い世代に起こる全く普通のことですよ。



自分が嫌で、こういう自分になりたい、あの人のようになりたい、って思いでいっぱいかと思います。
この辛い日々をなんとか乗り切ってください。

そうすると、いつの日か長所も短所も全て受け入れられるときがきます。
それが「自分」を見つけた瞬間であり、
自分が持つ特性や個性に気が付けて自分を好きになれます。

今は苦しい時期だと思います、がんばって乗り切ってください。
    • good
    • 0

理想に近づく努力をするのは現実を知らないガキがすること。



自分を受け入れる努力をするのは現実を知って絶望を味わった大人がすること。

で、君はまだ前者だ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング