ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

今アイアンの調子はいいんですが、スイングを少し変えてドライバーだけうまく飛ばせなくなりました・・

若干アップライトです

アイアンとドライバーは同じように振りたいと思いスイングを変えたんですが・・・

A 回答 (2件)

当たり前のことですが、クラブはそれぞれ長さも違いますし、ドライバーとアイアンでは球の位置も違います。


当然のことながら、全く同じスイングにはなりえません。

ただし、同じイメージというか意識で振れる方がいいのは当たり前です。

その上で、スイングのどの部分が同じ意識で振れるのがいいのかは各人それぞれでしょう。

あくまでも個人的な感覚だと、必ず合わせたいものとしてはタイミングです。
例えば、長いクラブは下半身を先行させるとか腕を早く降ろすとかという意識は持ちたくないですね。
ドライバーからウェッジまで同じタイミングとリズムにしたいですね。

逆にクラブごとに変えてもいいものの最優先はアドレスですね。

例えば、ドライバーは少し右体重でとかハンドダウンよりも吊り気味に構えようとかは、クラブごとに変わってもいいと思います。

仮にアイアンをアップライトなスイングを変えたことで、ドライバーもアップライトなスイングになりすぎてドライバーの調子が悪くなったとすれば、
ドライバーのアドレスをアップライトには上がり難いアドレスを作ればいいのではと思います。
個人的には、アドレスでの両肘のポジションで調整します。
ほとんど見た目ではわからない範囲かもしれませんが、左肘を真下に向ければアップライトに上がりやすいですし、少し外側に向ければ寝て上がりやすいです。
また、右ひじを絞ればインサイドに上がりやすいし右ひじを緩めればアウトサイドに上がりやすいです。
(全て個人的なクセなので、万人に当てはまるとは思いません。)
    • good
    • 0

アイアンのシャフトとドライバーのシャフトの長さが


異なりますので、当然のことながら、前傾角度が
僅かに変わります

最初は、違和感があり、同じ結果を求めるのは
自分にかわいそうだと思います
打ち込んで、打ち込んで、両方とも両立できるかどうか
やってみる他ありません
現在ではドライバーに違和感が感じられると思いますが
フォームを変えてすぐに馴染むなどはありえません
時間が掛かります

同じスイングと申しますがあまり意識されない事です
(合う方と合わない方が居ます)
アイアンの長所が出てドライバーの欠点が出る、あるいは
ドライバーの長所が出てアイアンの欠点が出るのが普通で
両方ともベストの状態が出る事はめったに無いでしょう
体がなじんだ結果ベストとは行かないまでも、両方の
80%程度の満足感が出れば最高でしょう
(プロはこれでは通用しないでしょうが)

どちらかのベストが出る状態で
それぞれ別のスイングがあっても良いかと思いますね

参考まで
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング