マンガでよめる痔のこと・薬のこと

質問したいのですが、どこまでの暴力を受けた場合、正当防衛として行動出来るのでしょう?
例えば、胸ぐらを掴まれた。手で思いっ切り押された。強く掴まれた。退路を断たれ、囲まれた。脅迫的な発言をしてきた。
どこまでされたら、コチラは正当防衛として行動出来るのでしょうか?

それは、主観的に「暴力を受けた」としても大丈夫ですか?
それとも、客観的に「暴力を受けてる」と判断されない限り、行為自体には問題ないのでしょうか?

お手数ですが、ご意見・ご回答をお願いします。

A 回答 (3件)

胸ぐらを掴まれれば、それに対して正当防衛は


出来ます。

手で押された、強く掴まれた、退路を断たれた、
囲まれた、脅迫された・・いずれに対しても
正当防衛は可能です。

ただ、相手の不正の侵害に対して、相応の防衛行為
をしないと、過剰防衛になってしまう、という
だけの話です。
過剰防衛は犯罪です。

胸ぐらを掴まれたので、銃で撃ち殺した、てのは
明らかに過剰防衛です。
しかし、胸ぐらを掴まれたので、その手を払った
というのは正当防衛になります。

正当防衛は、不正と正 の関係ですから、それほど
厳格な法益の均衡は要求されません。
又、他に手段が無かった、なども要求されません。

特に、盗犯防止法では、正当防衛は広く認められて
います。
    • good
    • 0

暴力を受けて、暴力で返すのは、ただの喧嘩です。


暴力を受けて、自分が死ぬおそれがある場合、暴力でそれを回避するのが正当防衛です。

貴方の質問にあるような内容では、脅迫罪になるかも知れませんので、警察に相談してください。

ただの暴力であれば、病院で診断書を貰って、それを元に告訴します。
上記は刑法ですが、
同時に民法で、裁判をして、慰謝料、治療費を請求するのが、正しい方法です。
    • good
    • 0

正当防衛というのは、「ある」行為に対して、「その」行為でしか離脱することができない場合に適用されます。



つまり、「逃げる」という選択肢が得られない場合です。

胸ぐらを掴まれて・・・
それ以前の状況も加味されます。
そこに至るまでに離脱できなかったのか。
わざわざ捕まえられに、自分から行ったのでは正当防衛は端からありません。

放すよう要求したり、態度に出したりしたのか。
それ無しで、いきなり顔を殴れば正当防衛を越えます。

暴力から逃げるために、その方法しかなかった。というのが正当防衛です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング