マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 私、趣味で科学活動をしているのですが、小学生の子ども達となぞなぞ形式の実験をしたいと思いまして以前も同様の質問をさせていただいたとことがあります。 何人かの皆さんからご回答を頂いて空いた時間を見つけて予備実験をしたのですが、どうも変化が分からないものがあります。どなたか、さらにご教授いただけるとうれしいのですが・・・。よろしくお願いいたします。

 1 一滴プレパラートの上にたらす。
  (結果)スライドガラスにたらして見ましたが、どちらも薄く広がってしまい顕著な差を見つけられませんでした。

 2 油をたらす。
  (結果)それぞれの水の上に油が浮き、同じ結果でした。これで良いのでしょうか?

 3 コップ一杯まで注ぎ足す。どんな違いがでると思いますか? これは面白いです。
  (結果)ガラスコップ、プラコップで試しました。いずれも表面張力で盛り上がりましたが顕著な差を見つけられませんでした。

  4 氷を入れる
  (結果)食塩水に入れた氷のほうが溶けきるのに時間がかかりました。凝固点降下が作用しているのでしょうか?

 5 ガラス板を入れてみる。これもはっきりした違いがでるので面白い。
  (結果)スライドガラスを入れてみましたが、顕著な差を見つけられませんでした。

 6 鉄釘を浸して銅版の上に置く。一瞬で結果が出ます。
  (結果)銅板の上に釘を置き、それぞれ水道水と飽和食塩水を釘の周りにたらしましたが、特に変化は起きませんでした。(一晩放置すると釘がさびておりました。)

  7 吸水性ポリマー(オムツや生理用品から取り出す)を入れる。
  (結果)食塩水の方の吸水が弱いのか、水中での広がりが小さい結果になりました。これは、食塩のイオンが水の吸収を妨げるためなのでしょうか?

  8 シリカゲルを入れる。
  (結果)粒状のシリカゲルを使用しましたが、どちらも水中でパチパチとはじけて楽しいのですが、双方に顕著な差を見つけられませんでした。

  9 スライムに加えて見る。(保冷材をあけてその中身に入れても良い) これもあっと驚くかも。
  (結果)少し緩めのスライムを作ってそれぞれ混ぜてみると、食塩水の方はスライムが白濁して粘性が低下しました。スライムの何か(ホウ砂orPVA)と塩のイオン(Na+orCl-)のいずれかが結合してしまうのでしょうか?

 10 卵(白身)に入れる。
  (結果)卵白は、水に沈み、食塩水に浮きました。これで良いのでしょうか?

 11 澱粉を溶かしてみる。
  (結果)双方に上から振りかけてみると、水では比較的均一に沈んで行き、食塩水ではダマになって沈んでいきました。これで良いのでしょうか?

 12 ペットボトルに入れて振ってみる。
  (結果)食塩水のほうが泡がシュワシュワと炭酸飲料のようなはじけ方をして、なおかつ白濁しました。これはナゼなのでしょうか?


 以上になります。断片的でも結構ですのでご教授をよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

科学といいながら、単なる羅列は根拠が不明確で、非科学的



物理では、比重に差が出る
 同じ容器を満杯にし、重さを測る。
 浸透圧に差が有るので、メダカを泳がすと、差が出るかも

化学なら、
 融点や沸点に相違
 水道水は、塩素が入っているので、DPD試薬
  http://www.pinet.co.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?C …
飽和食塩水は、NaClが入っているので、硝酸銀を加える。
  水道水は、塩素であって、塩素イオンの濃度は低い。

生物では
 舐める
 動物に、飲み水として与える
 メダカを泳がすと、差が出るかも
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いろいろと試しておりまして御礼が遅くなりました。
 個人でやっていますので硝酸銀は手に入らなくてできませんでした。生物系もオフィシャルな環境でやりずらく思い、まだ試しておりません。ただ、子ども達にはぜひトライしてもらいたいものです。

 「重さを量る」「沸点、融点」は、確かに差が出ました。ありがとうございます。

 今回の試みは、確かに「単なる羅列」ではあるのですが、子ども達で試しましたところ「他に何か方法はないか?」と考える姿や、「子ども達が考えた案をすぐさま試してみる」といった点で意外に興味を引いたようです。まぁ、理科教育ではありませんので遊びの延長と考えれば楽しい経験でした。

お礼日時:2012/01/09 22:36

先ず実験された結果の解釈。



2. 普通の油ではだめです。
 比重が水より大きく、濃食塩水より小さい油もあることは
 ありますが、毒性大とか入手が困難とかで没です。

3. 濃食塩水に、普通の水をを壁伝いにそっとそそぎ込むと、
 比重の違いですぐに混じらず、しばらく二層になりますが
 テクニックがいります。    没でしょうね。

5. 両方の液を同じ深さに透明な容器に入れ、液の深さより
 大分長いガラス板(棒でも)を同じように入れて立てかけて、
 斜め上から見ると屈折率の違いで、液面でガラス板が
 曲がっての見え方が違う可能性がありますが、その差が
 判定できるかどうか。

  分かりやすい方法をひとつ。
あらかじめ焔で先端を焼いて置いた銅線の先端に液を付け
焔で焼くと、食塩水の方はナトリュウムの炎色反応で黄色に
光ります。
残った食塩で少し白い粒が見えるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 あれからいろいろとやってみておりました。御礼が遅くなりすみません。
 炎色反応については、一定時間炎の色を見続けたいと思い、燃焼皿に食塩水と燃料アルコールの混合物を入れて着火してみました。水で薄めてただけのものと比較して食塩水のほうが黄色かったのですが、写真で見るより赤みを帯びていました。おそらく、燃焼皿の汚れかと思います。次回は、よく磨いたものでリトライしてみようと思います。

お礼日時:2012/01/09 22:26

 10 卵(白身)に入れる。


  (結果)卵白は、水に沈み、食塩水に浮きました。これで良いのでしょうか?

比重の違いを理解させるためにはこれでいいでしょう
もしくはもっと違うもの、たとえばスーパーボールのような中身の詰まったボールで
浮き加減の差をわかるものを探すとか・・・

導電率の違いを理解させるため添付のようなものではいかがでしょうか
水道水では点灯しない
食塩水では点灯する
LEDは小電流で点灯する赤色です、白色や青では点灯しません
「(水道)水と(飽和)食塩水の見分け方」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりました。

 LEDがありませんでしたので、2.8Vの豆電球で回路を作ったのですが、最初3V(電池2本)では反応が無く、6V(電池4本)にしてようやく豆電球が点灯しました。食塩水は、飽和を使用したのですが、こんなにも抵抗が高いものなのでしょうか?

 それから、通電後の溶液が黄色く変色をしましたが、あれは塩素ガスの色なのでしょうか?

お礼日時:2012/01/09 22:19

1舐める。


2新鮮卵やジャガイモが浮くか沈むか
3どちらかに色を付け静かに合わせる。
4ボルタ電池となるか。
5切り取ったばかりの植物を差す
6電気分解や通電性(電池と豆球)。
7浸透圧(半透膜を使用、パラフィン紙)
8同容量の重量比較
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 7番以外は一通り試してみました。どうもありがとうございました。5番は、変化が出るまで予想以上に時間がかかりましたが(ひと晩以上)、食塩水に活けた方はいち早くしおれてしまいました。

 5番については、インクで水に色も付けてみましたが予想ほど花びらに色が付かず残念な結果でした。菊、かすみ草、ストックの3種類でやってみましたが、菊とかすみ草はなかなかしおれもせずに色もほとんど付きませんでした。
 おそらく、水を吸いやすくする茎の切り方など、コツがいるのかもしれません。花屋のおばさんは、「専用のインクがあるのではないか?」と言っていましたが、一応染料系のインクを使用しましたので問題ないと思うのですが・・・。

お礼日時:2012/01/09 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水と食塩水・・・・

こんにちは。
今、学校の宿題で困ってます・・・。

水と食塩水が容器に入っています。
見た目では区別がつかない時、いろんな器具や試薬などを使って
この2つを見分けたいのですが、どういう方法があるんでしょう??
なめてみるとか、単純なのもありです。

教えて下さい、お願いします!!

Aベストアンサー

同じ事を書いていてもしょうがないので、他の方には無い意見だけ書きますね。

1.沸騰させる→理論上、食塩水は100度でも沸騰しません(沸点上昇といいます)
2.凍らせる→食塩水は0度になっても凍りません(凝固点降下といい、車に使う不凍液の原理です)
3.電気抵抗→イオンの関係上、食塩水は蒸留水よりも電気抵抗がありません
4.両方を体積・温度ともに同じにした状態で、更に食塩を溶かす→少ない方が食塩水

Q食塩水と砂糖水の見分け方

食塩水と砂糖水を味を確かめずに判断するにはどうすればいいのでしょうか?
基礎的な問題かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おやおや。思い付いたやつがみんな出ちゃいました。
それではちと違うものを。

●ガラス板などに一滴づつ滴らして乾かします。
ドライヤー等でもOK。
結晶を虫眼鏡や低倍率の顕微鏡で見れば一目瞭然。
塩はサイコロ形です。
砂糖は六方晶系といって、板の角を斜めに落としたような形です。

●十円玉と一円玉を一ミリ程離した物を二組作り、それぞれのすきまに一滴づつ落とします。
各組の十円玉と一円玉にテスターや微小電流計をつなげば、大きく振れる方が塩水。
化学電池という反応です。

Q食塩水と水の違いについて

この間理科の実験で、鉄粉と活性炭をまぜ、食塩水を加えて反応が起こると温度が上がる、というものをやりました。
「水を早く凍らせたい時も、温度を下げるために食塩を加えると良いが、なぜ食塩は温度を下げたり上げたりすることができるのか?」
と疑問に思ったのですが、どうしてですか?
それと、鉄粉は細かい方がより温度が上がりやすいそうなんですが、それはどうしてですか??
教えてください。・・・・とここまでは、先日質問して回答をいただき良く分かりましたが、同じ実験の質問の追加をさせてください。
鉄粉と活性炭をまぜたものに、食塩水ではなくただの水を加えても反応しました。でも、その時に上がる温度は食塩水の方が高かったのですが、食塩が混ざるとなぜ反応が激しくなるのでしょうか?
水と食塩水の違いがよくわかりません。
それと、同じ実験を塩化アンモニウムと水酸化バリウムでやると、逆に温度が下がり冷たくなりました。これはなぜなんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

>鉄粉と活性炭を~
これは使い捨てカイロと原理的に同じものを作ったものです。
単純な話、鉄粉が錆びるとき=酸化するときに発熱する減少を利用したものです。

鉄の酸化は水によって触媒されます。(触媒とは化学反応の速度を速める物質のことです。)鉄製品を濡れっぱなしにしておくと錆びやすいですよね。
また、鉄の酸化は、塩化ナトリウムによっても触媒されます。海の近くでは鉄製品が錆びやすいのもこのためです。
ですので、ただの水よりも食塩水の方が化学反応の早さが早くなり、同じ時間の間の発熱量が増えたのです。

このような、化学反応に伴って熱が発生する反応を「発熱反応」と言います。また逆に、化学反応に伴って周囲の熱を吸収する反応を「吸熱反応」と言います。この吸熱反応の代表格が塩化アンモニウムと水酸化バリウムの反応です。

>これはなぜなんですか?
非常に難しい問いです。
化学物質の持つエネルギーという観点で説明はできます。しかし、なぜ吸熱反応が"ある"かという説明には不可能です。
自然界はそうなっているとしか言いようがありません。

Q真水と(飽和)塩水の見分け方

 質問させてください。子供向けの理科実験で「真水と(飽和)塩水の見分け方」をやってみようと思っています。持っている実験本に同様のテーマがありまして、「およそ20種類の方法があります。」との記述があります。
 私の思いつくところは、次の通りですが、ほかにどのような(見分け方の)方法がありますでしょうか。
 実験の対象は、小中学生ですが、予め準備をしておいてどの回答にもできるだけその場で再現してあげたいと思っています。

 1 炎にかざす(炎色反応)
 2 更に塩を溶かしてみる(溶解度)
 3 ジャガイモや卵を入れる(浮力)
 4 真水をたらす(シュリーレン)
 5 凍らせる(凝固点効果)
 6 沸騰させる(沸点上昇)
 7 蒸発させる(結晶)
 8 電流を流す(電解液)
 9 石鹸水に入れる(塩析)
 10 同体積の重さを計る(比重)
 11 植物を入れる(浸透圧)

 私が気がついたものは以上ですが、その本には次の方法も載っていました。が、実際に実験したことがありませんのでどのような変化が起こるかがわかりません。お分かりの方がおりましたらご教授をお願い致します。

 12 濃塩酸を入れる
 13 硫酸銅を入れる
 14 硝酸銀を入れる

 以上、よろしくお願いいたします。

 質問させてください。子供向けの理科実験で「真水と(飽和)塩水の見分け方」をやってみようと思っています。持っている実験本に同様のテーマがありまして、「およそ20種類の方法があります。」との記述があります。
 私の思いつくところは、次の通りですが、ほかにどのような(見分け方の)方法がありますでしょうか。
 実験の対象は、小中学生ですが、予め準備をしておいてどの回答にもできるだけその場で再現してあげたいと思っています。

 1 炎にかざす(炎色反応)
 2 更に塩を溶かしてみる(溶解...続きを読む

Aベストアンサー

対象年齢が書かれていません。
 1 炎にかざす(炎色反応)
 2 更に塩を溶かしてみる(溶解度)
 3 ジャガイモや卵を入れる(浮力)
 4 真水をたらす(シュリーレン)
 5 凍らせる(凝固点効果)凝固点降下ですね。
 6 沸騰させる(沸点上昇)
 7 蒸発させる(結晶)
 8 電流を流す(電解液)
 9 石鹸水に入れる(塩析)
 10 同体積の重さを計る(比重)
 11 植物を入れる(浸透圧)

 12 塩酸はイオン積かな?
 13 硫酸銅(配位)は解りにくいと思います。
 14 硝酸銀は極めて鋭敏ですが、この12-14は、小学校の場合は一般的ではないでしょう。特に13,14は


子供でも簡単に試せる重要な、そして簡単な試験が抜けています。

 15 一滴プレパラートの上にたらす。(1でなくても)
 16 油をたらす
 17 コップ一杯まで注ぎ足す---どんな違いがでると思いますか?
   これは面白いです。
 18 同量の重さを量る。持ち上げただけで解りますよ。
 19 絵の具やインクをたらす
 20 湯煎した同じ温度に加熱した金属球を入れてしばらく置いて温度を測る。
 21 氷を入れる
 22 ガラス板を入れてみる。(=4)
    これもはっきりした違いがでるので面白い
 23 温度計の先端をティッシュでくるんで湿らせて温度を測る。
 24 鉄釘を浸して銅版の上に置く
    一瞬で結果が出ます。
 25 吸水性ポリマー(オムツや生理用品から取り出す)を入れる
 26 シリカゲルを入れる
 27 スライムに加えて見る。(保冷材をあけてその中身に入れても良い)
    これもあっと驚くかも。
 28 卵(白身)に入れる
 29 澱粉を溶かしてみる


 20どころじゃなく、まだまだあると思うけど・・、とりあえず、ぱっと思いついたものだけです。

 この手の実験をさせるときのコツは、何でもよいから身近な材料でためさせて、その結果からなぜかを考えさせることが大事です。実験室にあるものよりは家庭で試せるものが良いでしょう。すべて試してきました--理科少年だったから---多分同業者?(^^)

対象年齢が書かれていません。
 1 炎にかざす(炎色反応)
 2 更に塩を溶かしてみる(溶解度)
 3 ジャガイモや卵を入れる(浮力)
 4 真水をたらす(シュリーレン)
 5 凍らせる(凝固点効果)凝固点降下ですね。
 6 沸騰させる(沸点上昇)
 7 蒸発させる(結晶)
 8 電流を流す(電解液)
 9 石鹸水に入れる(塩析)
 10 同体積の重さを計る(比重)
 11 植物を入れる(浸透圧)

 12 塩酸はイオン積かな?
 13 硫酸銅(配位)は解りにくいと思います。
 14 硝酸銀は極めて...続きを読む

Q食塩水ってなんで物を入れると浮くものがあるの?

 今中一のVRAPUTORUといいます。
 自由研究で食塩水の実験をしたのですが、
なぜ食塩水の中でものは浮くのですか?

Aベストアンサー

水に食塩を溶かすと、水の比重が少し高くなります。
浮力は物体が沈んでいる部分の体積の水の重さと等しい(これをアルキメデスの原理
といいます)ので、水の比重が高くなると浮きやすくなるんです。

アルキメデスの原理については、こちらを見てください。
アルキメデスがお風呂に入ったときに、体が軽くなることから
浮力の原理を発見したといわれています。
http://db.gakken.co.jp/jiten/a/005730.htm

参考URL:http://db.gakken.co.jp/jiten/a/005730.htm

Q食塩水と砂糖水と浮力

夏休みの自由研究で浮力の実験をしました。
じゃがいもを浮かべようと思い、水200ccに塩を入れていくと28gでじゃがいもは浮かびました。
今度は砂糖で実験をしました。28gで浮かぶと思っていたら、なんと60g入れないと浮かびませんでした。
水溶液の密度を考えると同じ量で浮かぶように思うのですが、なぜなんでしょう?
夏休みの自由研究が行き詰ってしまいました。
誰かわかりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

水に物質を溶かした場合、
濃度が同じであっても密度は同じではありません。かなり変わります。
分子やイオンの大きさ、形、水との馴染みやすさ、・・・で違いがでてきます。

砂糖と食塩水では同じ濃度でも密度が同じにならないということが一番大きな理由でしょう。密度を調べることでこれも自由研究の内容の1つにすることが出来そうですね。

理科年表に密度の表がありました。砂糖の値は載っていませんがどれくらいの違いがあるかのイメージを取るためにいくつかの物質を載せておきます。
濃度は10%と20%、密度の単位はg/cm^3です。
NaCl  1.07、  1.15
H2O2  1.035  1.07
HCl   1.05   1.10
NaOH  1.11   1.22
NH3   0.96   0.92
H2SO4 1.07   1.14

かなり変動しています。
ジャガイモの密度はギリギリ浮いた時の食塩水の密度と同じです。
ほぼ1.1という所でしょう。
60gの砂糖を200gの水に溶かした砂糖水の密度がやはり、ほぼ1.1としても濃度的には不自然ではありません。

念のために砂糖と塩で同じ濃度の溶液を作り体積に違いがあることを確めてみるといいでしょう。
 

水に物質を溶かした場合、
濃度が同じであっても密度は同じではありません。かなり変わります。
分子やイオンの大きさ、形、水との馴染みやすさ、・・・で違いがでてきます。

砂糖と食塩水では同じ濃度でも密度が同じにならないということが一番大きな理由でしょう。密度を調べることでこれも自由研究の内容の1つにすることが出来そうですね。

理科年表に密度の表がありました。砂糖の値は載っていませんがどれくらいの違いがあるかのイメージを取るためにいくつかの物質を載せておきます。
濃度は10...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング