プロが教えるわが家の防犯対策術!

大学でイギリスに関するレポートが課題で出たのですが

イギリス文化であればなにをテーマにしてもいいとのことです。


レポートとはそもそもどのように書けばいいのか は本で読んだりして
学んだのですが

イギリスのレポートに書くにおいて、問題提起が思いつきません。


アメリカがレポートのテーマなら「黒人と白人の差別問題は、黒人大統領が生まれた今も存在するのか」を問題提起としてレポートを書くことを思いついたのですが

イギリスに関しては思いつくことがありません。

こういうのをテーマにしてみては?というのがありましたら教えてください。



周りは「○○について」として、そのことに関する歴史とかをレポートでまとめていましたが
私がレポートの書き方について読んだ本には
まず問題提起をして、それについて具体例であるとか自分の意見に関する根拠をのべ
最終的に「私はこの問題提起にたいしてこういう意見だ」という方向にもっていくのだと学びました。

しかし周りの友達のように「○○について」では問題提起にもなってませんし
そのことについて詳しく書いただけであって自分の意見はないのでレポートになっているのか分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レポートというのは報告です。


企業レポートのように自分の考えを入れてはいけない場合もあります。
例えば地震対策に関して調査せよ・・・主観を交えてはいけません。

ということなので、性質によると思います。
何を要求され、それに対してどのように解釈していくか。
卒業論文のような課題はまさしく、あなたの通りのレポートでしょう。

イギリスというのは4つの国の集合体です。
勿論、主体はイングランドです。
しかし、太古からあるのはケルト文化です。

中村俊輔のいたチームはセルティックですが、これはケルティックです。
この辺を切り口にされてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

かって、イギリスは日の沈まない国と言われ、世界最大最強の国でした。

そのことについて調べてはどうでしょうか。
それはいつごろのことか?
なぜそうなったか?
なぜそんな国が今では日本よりも小さな国に落ちぶれたのか?

今でも世界的にすごいところはあるのか?あるとすればそれは何か?
    • good
    • 2

例えばイギリスの正式国名を紐解いたら、それだけでも何かありそうですよね。


「イギリス」なんて呼んでいるのは日本だけですし。イギリスとイングランドはどう違うのか、イングランドとUKの違いなど、国名と国の成り立ちだけでも興味深いものがあります。

それ以外にも王室を含む歴史や、イギリス国教会のこと、大英帝国と言われていた頃のことから、アメリカやヨーロッパ諸国との関係、EUとの関係と通貨(イギリスはユーロではなくポンドのままです)、最近はあまり問題が起きていないようですが北アイルランド問題と、挙げればキリがないほどです。

レポートについては、課題を出した先生次第のような気もします。
単にこういうことがあったという事象をまとめるだけでもレポートとして認められることもあれば、自分なりの意見まで書くことを求められることもあるかと思います。こういうことって、出題者の意図を測ることも大切な勉強かもしれませんよ。
    • good
    • 0

第2次世界大戦 チャーチル、サッチャー EU など、テーマには豊富だと思うんだけど。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスについてレポートを書きます

今度イギリスについて用紙5枚程度のレポートを書くのですが、なにかおもしろいテーマはないでしょうか?
期限が迫っているので(汗)できるだけ早く決めたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私が書くとしたら、
「なぜロンドンのバスは赤くて2階建てなのか?。」
「なぜイギリスは「ユーロ移行」に賛同しなかったのか。」
ですね。

先月イギリス行ってきました。よく晴れていて良かったです。
失礼します。

Qイギリスについてのレポート

学校の宿題でレポート提出があり、イギリスについて調べています。
3枚くらいにしてまとめたいのですがまだ2枚しかできていません。2枚分は土地について調べました。
あと1枚ぶん何をかこうかと悩んでいます。

その国の特徴を掘り下げてかけ、とのことでした。

残り1枚分どんな内容にすればいいでしょうか?
できればイギリスについてのべてあるサイトも教えていただければうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代後半で仕事を変わった時、休暇をもらい、3ヶ月間イギリスに単身留学したおじさんです。

私がイギリスに行ったのは、長年英語を勉強し、英米文化にも触れていましたので、やはり一度は本場の空気に触れ、自分の目でイギリスがどんな所で、どんな人間がいるか、つまりどんな(これまでに触れたことのないこの国ならではの)特徴があるか確かめたかったからです。

「その国の特徴を掘り下げてかけ」という先生の意図は、やはり、通り一遍のイギリスに関する概論を書け、ということではなく、イギリスならではの日本とは明らかに違う特徴を、あなたのコメントも加えて書け、ということでしょう。

・・・確かにそう言われても実際行ったこともないイギリスの特徴についてイメージすることは難しいと思います。

そこで、ヒントを差し上げましょう。
例えば、
1.私がイギリスに着いた初日、「とにかく町の景色が整然としていて美しい」ことにカルチャーショックを感じてしまいました。イギリス(いやヨーロッパ全域)が日本と違う第1点は「地震が少ないので、石や煉瓦造りの18世紀頃からの建物が沢山残っているということです。
日本のようにスクラップ&ビルド(長くても数十年おきにどんどん壊して建て替えること)ではなく、何世紀も前の煉瓦造りの家(多くは何軒かの家が棟続きになっているテラス方式)がほとんどで、最近建てられた家はほとんどありません。この国では建築業者は商売あがったりなのではないかと思ったほどです。

2.特に教会(英国国教会、カトリック、プロテスタント各派)が多いことにも感銘を受けました。私はカトリックなので、聖歌隊に入り、一緒に聖歌を歌いました。この国も古くはカトリックが主力でしたが、16世紀のイングランド王ヘンリー8世が離婚をしようとした時、離婚原則禁止のカトリックの教皇(ローマ法王)と衝突し、「それならカトリックから離反して、自分が頭になって新しい教派を作る」と宣言して英国国教会というのを作ってしまいました。イギリスの王様も散々わがままを言っていたようです。その後の王様の信じる教派により、イギリスの国の宗教も再度カトリックになったり、又英国国教会に戻ったりコロコロ変わりました。ヘンリー8世の娘、メリー1世などは、カトリック教徒で、異教派の人の首をどんどんギロチンにかけたので「ブラディーメリー((血ぬられたメリー)」と呼ばれ、赤いカクテル(酒の一種)の名前になったほどです。
又、後のジョージ1世という王様は、フランスから来たので英語が話せなかったということです。

3.ヨーロッパは、今ではほとんどEU(ヨーロッパ共同体)という一つの国に近い状態となっています。イギリスもドーバー海峡を隔ててフランスやオランダ・ベルギーと極めて至近距離にありますが、微妙にEUとは距離を取り、通貨もEUのユーロではなく、いまだにポンドを使っています。一応日本と同じ島国で、日本とも似ているところがあるのですが、どうなんでしょうか?日本も韓国と近接していますが、あまり韓国とは仲がよくないのでは?対してイギリスは隣のフランスとはどうなんでしょう?やはりかなりライバル意識が強いような気がしますが・・・。

4.又日本では最近になってようやく外国人の姿を多く見かけるようになりましたが、イギリスはどうなんでしょう。はい、イギリスも黒人系やイスラム系の人も昔から多く、決して白人だけの国ではないのです。彼らはこうした移民に対してどんな政策や対応をしているのでしょうか?

5.イギリスに行って感動したのは、教育制度や医療制度が非常に整備されていることです。イギリスの小学生や中高校・大学生はどんな生活をしているのでしょうか?

6.イギリスよりも絶対日本がよいと思うこと・・・それは何と言っても「食事」と「お風呂」です。日本ではいながらにして世界中の料理が体験できますが、イギリスでは毎日、豆類やじゃがいもなど品数が少なく、又風呂おけに入らず毎日シャワーなので、いやになることもあります。ヨーロッパの人は体臭が強いというのもうなづけます。

・・・このように色々な切り口があり、際限がありません。上記の文章の中のキーワードを入れて、ネットで検索すれば色々出てくると思いますので、あとはあなたの想像力も働かせ、コメントすればよいでしょう。

40代後半で仕事を変わった時、休暇をもらい、3ヶ月間イギリスに単身留学したおじさんです。

私がイギリスに行ったのは、長年英語を勉強し、英米文化にも触れていましたので、やはり一度は本場の空気に触れ、自分の目でイギリスがどんな所で、どんな人間がいるか、つまりどんな(これまでに触れたことのないこの国ならではの)特徴があるか確かめたかったからです。

「その国の特徴を掘り下げてかけ」という先生の意図は、やはり、通り一遍のイギリスに関する概論を書け、ということではなく、イギリスなら...続きを読む

Qポストフェミニズムって?

よく「ポストフェミニズム」という言葉を耳にしますが、一体どういうものなのでしょう?
アンチフェミニズムとは違うのでしょうか?
また、女性サイドから巻き起こった運動なのでしょうか?

Aベストアンサー

フェミニズムについてほとんど知らないので、ご質問を拝見したとき、ポストフェミニズムというのはイリガライやクリステヴァに代表されるポストモダン・フェミニズムのことなのかなぁ、と漠然と思っていました(^^;)。
全然ちがうものなんですね(大汗)。

で、そんな私が回答するのも何なのですが、以前古本屋で買ったまま本棚の奥にしまいこんでいたスーザン・ファルーディの『バックラッシュ』(新潮社)を引っ張り出してみると、そこに出ていました。

1980年代から90年代にかけて、フェミニズムに対するカウンター・ムーヴメントが起こります。
さまざまな局面で起こってきたアンチ・フェミニズムの中でも、とくにマス・メディアなどを中心として、「女性は法的な『平等』を勝ち取ったので、フェミニズム運動は必要ない」というディスクールが登場してくるんです。それがポストフェミニズムであるとファルーディは言っています。
アンチ・フェミニズムのように、公然と敵対的に立ち現れるのではないけれど、フェミニズムを「過去」のもの、すでに達成されて、もはや考える必要のないもの、という態度を取ることで、フェミニズムの運動なり、思想なりを封じ込めようとする、その意味で、まぎれもない「バックラッシュ」(アンチ・フェミニズム)である、と。

具体的にそうした思想を展開している人がいる、あるいは運動がある、というよりも、一連のディスクールをとりあげ、「ポストフェミニズム」とラベリングすることで、人々の注意を喚起しようとする狙いがあるのではないか、という印象を受けました。
ただこの規定がどこまで汎用性のあるものなのかどうかはよくわかりません。

たとえば以下はアメリカのフェミニズム団体のポータルサイトのページなのですが(これはある大学の社会学のページからたどって見つけたところなので、ソースとしては信頼できるのではないかと思います)

http://www.feminist.com/askamy/feminism/fem185.html

回答者ははっきり「ポストフェミニズム」などという概念は存在しない、と回答しています(質問はオーストラリアの学生が“マドンナの経歴に対するポストフェミニズムの考察”についてレポートを書かなきゃいけないので助けてくださいと言っていてちょっと笑える)。

参考URL:http://www.feminist.com/askamy/feminism/fem185.html

フェミニズムについてほとんど知らないので、ご質問を拝見したとき、ポストフェミニズムというのはイリガライやクリステヴァに代表されるポストモダン・フェミニズムのことなのかなぁ、と漠然と思っていました(^^;)。
全然ちがうものなんですね(大汗)。

で、そんな私が回答するのも何なのですが、以前古本屋で買ったまま本棚の奥にしまいこんでいたスーザン・ファルーディの『バックラッシュ』(新潮社)を引っ張り出してみると、そこに出ていました。

1980年代から90年代にかけて、フェミニズムに対す...続きを読む

Qイギリス国教会は何教?

イギリスで、何世紀かにできた国教会というのは、どこの宗派なんでしょう?
国王の結婚問題でもめて、ローマカトリックから独立したという風に
記憶しているのですが、どこの宗派と考えればいいんでしょうか?

あと、イギリスで、国王、政府、神に順位をつけるとしたら、どうなるでしょう?
王は君臨するので政府の上のような気もしますが、
それでは、神は、王の上なんでしょうか下なんでしょうか?

Aベストアンサー

カトリック関係者です。
カトリックでは教義で「離婚」が禁じられているため、
教皇の許可を仰いだが拒否され、ならば自分が教会の頭になればとのことで分離独立しイングランド内の教会を自分の支配下に納めたのが始まりです。

カトリックは親分をローマ教皇としていますが。
イギリス国教会は親分をイギリス国王としています。
(実際にはカンタベリー大主教)

日本聖公会の公式発表

イギリス国教会は16世紀にローマの支配のから分離し独立したイングランド国王の霊的権限を司ることにより成立しました。

成立には当時の、政治的、社会的な事情があったことも事実ですが、信仰内容は、宗教改革により示された「信仰義認(人が神によって義とされるのは信仰による)」「聖書のみ」です。また、古来の使徒的伝承も大切にします。

カトリックとプロテスタントの橋渡しの役目が期待されます。

イギリス国教会は大英帝国の発展と共に全世界に宣教され、アングリカン・コミュニオン(Anglican Communion)と呼ばれる信仰の共同体を形成しいます。

聖公会はカトリック?プロテスタント?
聖公会はその中間に位置付けられます。「中道(Via Media)」の教会とも言われています。

聖公会という名前の由来は?
「聖公会」は「聖なる(Holy)公同の(Catholic)教会(Church)」を表現しています。漢字を用いる国々で用いられる名称です。

キリスト教をカトリックとプロテスタントの2つに分ければプロテスタントですし、キリスト教の宗派としてかんがえれば1.カトリック 2・正教会(オーソドックス)3.聖公会(アングリカン)として3つめの大きな教会組織(宗派?)になります。

他の方も書かれているように神が一番です。
王と政府は時代的によって変わります。

↓日本聖公会公式ページ
 たしか立教大学も聖公会じゃなかったかな。

参考URL:http://www.nskk.org/

カトリック関係者です。
カトリックでは教義で「離婚」が禁じられているため、
教皇の許可を仰いだが拒否され、ならば自分が教会の頭になればとのことで分離独立しイングランド内の教会を自分の支配下に納めたのが始まりです。

カトリックは親分をローマ教皇としていますが。
イギリス国教会は親分をイギリス国王としています。
(実際にはカンタベリー大主教)

日本聖公会の公式発表

イギリス国教会は16世紀にローマの支配のから分離し独立したイングランド国王の霊的権限を司ることにより成立し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング