ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

週1回鍼に通いだしてそろそろ半年になります。
たまに治療院が休診で1週開くこともありますが、ほぼ毎週真面目に通っています。
治療目的は慢性疲労と育毛です。

先生の言葉を信じて続けてきましたが、これは私には合っていないのではないかと思い始めています。体の不調は細々としたものがたくさんあるのですが、どれも劇的に変化はしていません。
今までもあらゆることを試しては効果なし・・ということを繰り返してきたのですが、途中でやめてしまったものもあるので、途中であきらめずがんばろうと思って鍼に通いました。

体のだるさも、肩こりも、冷えも、生理痛も治りません。短小毛の抜け毛もあり、地肌が透けていて、頭皮改善にもいいということで、高めのコースでお願いしていますが、改善は見られません。

初めて行った時は顔色を見られるかなと思い、スッピンで行きました。翌週、化粧をしていくと「ほら、先週鍼したおかげですごく顔色がよくなってる」と言われたのですが、すぐに説明できませんでした。
爪を磨いていくと、「爪の血色がいい。針のおかげね」と言われたので、今は何もしないで行くようにしています。

頭皮も何も変わっていないのに、太くなっているとか地肌が隠れてると言われます。
言葉で暗示にかけるというと、言い方が悪いですが、あまりに言われすぎて返答に困ることが多々あります。「良くなっています」とか、先生を賞賛しないといけないような雰囲気もあって、1度「相変わらず、しんどくて辛いです」と言ったら、明らかに不機嫌そうでした。だからh、今は何も言わないようにしています。

ただ、そこは患者さんも多く、何年も通っている方もいるので決して先生の腕が悪いわけではないと思います。私には合っていないんじゃないか・・と思うのですが、そういういうことは先生には聞けません。
このまま続ければ、改善は見られるのでしょうか。それとも、これはもう止めてもいいのでしょうか。

せっかく高いお金を払って続けてきたので、どちらにも決断できず困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

我々の体は健康な状態から逸脱するとたちまちそれを元に戻そうとする力が働きます。

これが体に備わってる自然の治癒力です。この治癒力の低下を防ぎ元の力を取り戻せば健康になります。体が自らの力で治さない限りは治らないのです。
肩凝り、腰痛、冷え、便秘、倦怠感、疲労など不快な症状はすべて治癒力の低下のサインですが治癒力低下には必ず原因があります。この原因を治療することが根本治療です。たまたま、偶然に、運悪く体調を悪くすることはりません。原因があっての結果です。
では原因はというとその人の生活、生き方そのものにあります。ほとんどは心や体にかかるストレスが原因ですが、中身は人間関係、働き過ぎ、過重労働、睡眠休養不足、バランスの悪い食生活などです。心や体の無理が自分の適応力を超えてしまった状態から回復できないないのですから回復できるように自助努力することが最も大切なことです。これにはいままでの生活を見直す以外ありません。
鍼や漢方はこの治癒力を引き上げてくれる助けになりますが、あくまで補助ですし、自助努力をしてこそその力が最大限に発揮されます。治療をすべて他人にお任せでは元の原因はそのままですので効果があっても限定的で止めるわけにもいかなくなります。しかも次第に効果は薄れてきます。
鍼治療がうまくいっていないのは施術者の力量もあるでしょうがそればかりではなく治癒力の低下が深刻だということでもあるわけです。
しっかりと生活そのものを見直してできるだけ心や体のストレスを減らしていかなければなりません。それをほったらかしにして他人の力で健康になるなんてありえません。

病気を治すことができるのは体の防衛力、自然の自己治癒力だけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>治癒力低下には必ず原因があります

そうですよね。原因を突き止めてそこを改善しない限り元気な体にはなれないと思います。自己分析では子供の頃からとにかく考え込む性格で、ストレスをためやすく、すぐ眠れなくなる性質でした。そういう積み重ねが今の不調を招いたのだと思います。社会人になり約10年、だましだましやってきましたが人並みに人生を楽しむことができません。

鍼の効果が出ないほど、深刻だということを改めて認識しました。
規則正しく、なるべく気をつけてきましたが精神面を含めまだまだ自分でできることを探してやってみようと思います。参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/19 14:13

鍼灸の効果には個人差があるとの回答が多いのですが、患者の個人差よりも施術する側の個人差です。


鍼灸師の97%がインチキだと言っても過言ではありません。

それは鍼灸学校では鍼灸の勉強をしないからなのです。
鍼灸学校はただ国家試験を通す為だけの授業しかしません。
だからどの学校も「国家試験合格率○○%」だけが生徒集めの宣伝文句になっています。

ではまともな鍼灸師はどういう人か?

「素問」「霊枢」「難経」「傷寒論」これらを原文で読んでいる人です。
更に脈診が出来る人です。

鍼灸師を選ぶ上で、この二つの条件が絶対必要です。

脈については施術中に何回も何回も診ます。
そうして問診と脈状の一致を確認しながら施術するものです。

体のだるさも 肩こり 冷え 生理痛 このくらいは鍼灸で充分に治癒します。
抜け毛については漢方薬との併用の方が絶対に有効です。

また貴女の症状を現代医学で治癒させるのは難しいと思います。

さらに言えば遠慮し過ぎです。
言うべきこと、疑問に思うことはすべて忌憚なく話すべきです。
それで逆切れする様な鍼灸師であれば鍼灸師失格であり、手切れの良い機会になるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ちょうど先ほど♯1さんのお礼欄に書いたのですが、舌は初診時に1回診たきりで脈もほとんど診ません。ただ、何を訴えても「じゃあ今日もやっていきますね。大丈夫ですよ。良くなっていますよ」と言われます。

冷静になって思い返せば、ここが止め時だったな思う点は多々あったのですが、疑問ばかり持たず先生を信じて続けてきました。

>鍼灸師の97%がインチキだと言っても過言ではありません。

なんか納得してしまいました。鍼自体に効果はあるが、効果を出せるだけの本物の鍼灸師がほとんどいないということですね。
確かに遠慮しすぎでした。口はものすごく上手いのでどうしても黙らされてしまうというか;そういう点は私に落ち度があったと思います。漢方薬もまた試してみようと思います。

参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/19 09:38

こんにちは。

鍼は個人差が大きいです・・・

文面から想像すると漢方薬が効果があるように感じます。漢方医を捜して見たらどうかな! たいがい保険適用です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんにちは。実は漢方薬局で漢方も試したことがあるのですが、お金ばかりがかかり効果は出ませんでした。これも合っているものを飲まないと意味ないでしょうね。今は病院で漢方も出している所が増えているようですし、近くにないか探してみようと思います。参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/19 09:26

残念なことなんですが、鍼灸の技術とか知識というのは「個人差」がすごくあるものなんです。


西洋医薬を使った治療なら、禁忌の薬を使うとか、間違いを犯さなければ、どんな医者でも効果は出せますが、鍼灸はそうじゃないんです。

それと西洋医は、個人での触診とか、問診とかで病状を判断する一方「検査」を行い、数字で見たり、映像で確かめたりできますよね?。
それで治ってるとか判断が可能なのですが、鍼灸は明確な数値が出ない(ただし、電流の抵抗値などを使って判断する方法もあります)ので、判断は術師個人の「判断」に委ねられるのですね。

つまり「知識と、それに伴う技術」が希薄な方は、効果を出すことができないのです。
経験もありますし、どこまで学習研鑽したかでも「大変な差」が出てしまいます。

それと、鍼灸が「なぜ効くのか?」は、今もって明確な理由が出ていないのです。
長年の「歴史資産」が、一番の頼りなのは、今も変わっていないんですね。
まさしく「中国三千年の歴史」です。

本場中国とこちらでの学習内容にも大きな違いがありますし、実は「鍼灸学校」と一口に言っても、中身には大きな差があるんですよ。
いろいろと不安定なのは確かなんですね。
だからこそ、足で探すしかない、というのが現実なんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり技術の差が大きいようですね。
現在の所は年配の男性の先生で経歴は立派なようにも感じますが、それと実技は別物なんでしょうね。

知り合いの妹さんが私と似た体質で、鍼で相当な効果が出たと聞きました。そこは目が見えない先生だそうです。通える距離にあれば良かったのですが。

1回で確かな効果が得られない分、足で探すには労力もお金もかかります・・・。参考になりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/19 09:23

こんにちは



化粧を間違える事自体変では?
わたしは、針治療に長年通いましたが無意味でした。
西洋医学で薬剤服用の方が合ってました。
高額な金額投資と思いますが・・・
整形外科での診察の方が、効果は有るのでは・・・
東洋医学の方からは、批判承知で投稿しました。

灸を検索したらこんな事書かれてますよ
http://tubo.gin-hp.com/tubo/harinokouka.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

化粧の時は確かにびっくりしました。
舌と脈もほとんど診てくれないのですが、どうなのかなとも思っています。
URL拝見しました。個人差があるんですね~。先生の腕もそうだし、相性もあるんでしょうね。載っていたツボ押しも簡単そうなのでやってみようと思いました。

病院で色々検査しても異常はないので鍼にかけていたのですが残念です。
整形外科は行ったことがないので検討してみます。
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/19 09:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鍼治療に8回通いましたが、効果なしです。

首肩背中の凝りがひどく、鍼に8回通いましたが、効果はありません。

治療を受けたその日は、なんとなく軽くなったような気はしますが、翌日には元に戻っています。
毎回、先生が「どうですか」と聞くのですが、もうどう言えばいいのか分からなくなってきました。
こんな状態で通い続けてもムダな気がしてきました。
1回30~40分で、4000円します。
毎週ですから、効果ないのであればもったいないですからね。

以前は毎週のようにマッサージに行ってましたが、これもそのときだけで依然として頑固な凝りは取れません。

整形外科へは、5年ほど前に一度行きましたが、別に異常はないと言われました。
もう一度、別の整形外科へ行った方がいいのか。
それともペインクリニックなるところへ行き、痛みを取ってもらった方がいいのか、迷っています。
ペインクリニックだと、痛みを取るだけで凝り自体を治すのでないから根本的な治療にはならないような気もします。

やはり家でストレッチを根気よく続けるのが一番いいのかどうか。
また、肩こりに効く薬を飲んだ方がいいのか。

もうこれからもこの頑固な凝りと付き合っていくのは嫌です。
ほんとにしんどいです。
なんとかしたいです。

なにか良い方法はないものでしょうか。
よろしくお願いします。

首肩背中の凝りがひどく、鍼に8回通いましたが、効果はありません。

治療を受けたその日は、なんとなく軽くなったような気はしますが、翌日には元に戻っています。
毎回、先生が「どうですか」と聞くのですが、もうどう言えばいいのか分からなくなってきました。
こんな状態で通い続けてもムダな気がしてきました。
1回30~40分で、4000円します。
毎週ですから、効果ないのであればもったいないですからね。

以前は毎週のようにマッサージに行ってましたが、これもそのときだけで依然として...続きを読む

Aベストアンサー

整形外科で飲みぐすりを処方してもらってはいかがでしょうか?消炎剤は
数十種類あり、お薬の相性があえばかなり違うと思います。一回効かなく
てもお薬を変えれば効きます。

ご自分で出来る対策としてはウォーキングなど軽めの運動、ストレッチ、
正しい枕を使うなどです。逆に寝ながらテレビを見ない、運動をしない、
枕が低すぎるなどの悪条件を出来るだけ減らすことに勤めましょう。

それでもダメであれば内科的なことも調べてもらったほうが良いかもしれ
ません。眼、血圧、歯などに肩こりの原因がある場合があります。


治療院についてです。
接骨院、整骨院とは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)など、いわゆるケ
ガを治療するところです。骨格の矯正などを行うところではないですし、
肩こり腰痛も治療の対象ではありません。保険の偽装請求の問題もありま
すので行く時は注意が必要です。
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html

整体、カイロプラクティックは無資格の素人さんです。病気・病名によっ
ては、注意が必要だと思います。看板に、鍼、灸、整骨、按摩、指圧、
マッサージと揚げているところは国家資格者です。(スタッフに無資格者
がいる場合も・・・)

治療院を選ぶ基準は、ケガ(急性)なら整骨院です。肩コリ、腰痛など
(急・慢性)は鍼灸、マッサージ院です。


鍼治療は一箇所だけですか?鍼とは施術者の技量や相性がものすごく大き
い治療法方です。ですから数件受けてみることをお勧めします。



生活全般を見直し、整形外科で飲み薬やシップ、リハビリ(一回の効果が
薄いので週三回以上根気よく通いましょう)などを処方してもらい、それ
に鍼治療を加える。というのが良いと思います。

これでも良くならない場合は整形外科を変えて、もう一度レントゲンで調
べてもらうか、ご自分の体調を見て眼科、歯科、循環器科など適切な医療
機関で調べてもらったほうが良いかもしれません。

整形外科で飲みぐすりを処方してもらってはいかがでしょうか?消炎剤は
数十種類あり、お薬の相性があえばかなり違うと思います。一回効かなく
てもお薬を変えれば効きます。

ご自分で出来る対策としてはウォーキングなど軽めの運動、ストレッチ、
正しい枕を使うなどです。逆に寝ながらテレビを見ない、運動をしない、
枕が低すぎるなどの悪条件を出来るだけ減らすことに勤めましょう。

それでもダメであれば内科的なことも調べてもらったほうが良いかもしれ
ません。眼、血圧、歯などに肩こりの原因...続きを読む

Q自律神経の不調に鍼灸治療は効きますか?

自律神経のバランスが崩れているので鍼灸治療を受けようかと考えています。
長年ストレスにさらされてきたらしく、根が深いようです;;


おなじような自律神経失調症の方
鍼灸治療は効きましたか?

また、どの程度の間隔で期間はどのくらい通われましたか…?


よろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

まずは・・・体が教えている不調を解消されたら如何でしょうか?

御自分なりに自らの不調と積極的に向き合い、

戦っていく・・・という姿勢は大切だと思います。

鍼灸治療は、効果が薄れてくる前に、次の治療を受けられると良いと思います。

間隔は個人差もあり、一概には言えないのですが、1週間、鍼治療の効果が持続するなら
週に1回でよいと思います。

また、保険の適用が効く鍼灸院もたくさんあるはずですので、
経費のことが問題なら、そういう鍼灸院をお探しになられると良いと思います。

背中や、後頭部にかけた懲りは、御自分でやれる方法をネットで見つけられると良いと思います。

どちらにせよ、これの解消を積極的、優先的にやらないと、長い間、苦しまれることになると思います。

また、鍼治療などの東洋医学系統の治療で、1回や2回の施術で問題が解消されることは
まず、無いと前もって知っておくとよいですね。

残念ながら、現在の人類の持っている治療法には、
治癒に関して、即効性を見せるものは無いということも、知っておくべきでしょう。
これは、西洋医学にもあてはまるはずです。

年齢や、現況の体調がわかりませんので、これ以上のことは推測しかねますが、
冷えやコリの放置は先々、更なるトラブルへと繋がっていくと考えます。

冷えがあるなら、冷えの原因を正しく把握すること。
ストレスに起因するなら、鍼治療も良いでしょうが、自律神経の回復の一助として
規則正しい生活を始めること。
不眠の原因も良い鍼灸の先生なら、鍼や灸で ある程度は解消してくれるはずです。

ネガティブ思考からの脱却はあなたの人生を左右する大きな課題です。

愛されることばかり考える己が心のゆとりの無さ・・・に気づき
自ら、積極的に全てを愛することのできる人間へと進化していかなくては
生まれてきた意味が無いというものです。

あなたの中にある無限の可能性や計り知れない神のちから・・・自然治癒力を働かせるためには
己自身へのこだわりを捨てていけばよいでしょう。

悩むのではなくて、考えること。
ここにも、天と地ほどの相違があることがわかりますよね?

心と体はひとつ・・・
今、あなたにはそれが理解できるはずです。

あなたが幸せになられますように・・・

まずは・・・体が教えている不調を解消されたら如何でしょうか?

御自分なりに自らの不調と積極的に向き合い、

戦っていく・・・という姿勢は大切だと思います。

鍼灸治療は、効果が薄れてくる前に、次の治療を受けられると良いと思います。

間隔は個人差もあり、一概には言えないのですが、1週間、鍼治療の効果が持続するなら
週に1回でよいと思います。

また、保険の適用が効く鍼灸院もたくさんあるはずですので、
経費のことが問題なら、そういう鍼灸院をお探しになられると良いと思います。

背中や、後...続きを読む

Q自律神経失調症を乗り越えた方、体験談を教えてください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機能も病気と言うほどではないですが低下ぎみで、血液の栄養状態が悪い、食べる量が少ないのでは?と言われましたがむしろ多いほうで、食欲はなくなるということがなく、39度超の熱が出たときも普通に食べ、おかわりしたくらいです。
今、内分泌代謝内科に通院中ですが、一向によくならず悪化していくので、先生も甲状腺のせいばかりではないと、漢方の専門医を紹介してくださり、3週間漢方薬も飲んでいますが、今のところ改善しません。
一時3ヶ月寝込んだときにものすごく体力が落ち、運動は大事と思い、辛くても通勤時間に歩くようにしていましたが、この一年でだんだん歩ける時間が減り、今では歩けない日のほうが多くなり、仕事も週に1度は休んでしまう状況になりました。
ストレスがかなり強いので、思い切って仕事はやめようと思っています。
しかし、仕事をやめれば治るのか…。不安です。
克服された方、どのくらいの期間でどんなことをして治りましたか?
体験談をお聞かせください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をしても一時的なものになってしまいますし、考え方云々だと変な宗教に走ってしまう場合もあるので^^; まずは、あれこれしようとせず、長い目で回復を考えた方がよいです。私は最初の時は病名もわからず色々と試しましたが、何一つ効果があった克服方法はありませんでした。

一番効果があったのは、「時間とゆとり」です。仕事を辞めて、家事手伝いで半年~1年弱過ごしたことです。それで回復しました。自分が自信のあること、できる事から少しずつ始めて、ストレスや急な環境の変化に自分がついていけるように慣らしていきました。二度目の自律神経失調症の時は、その原因であるストレスから逃げられる状態ではなかったので、友人に悩みを聞いてもらったり、心療内科のカウンセリングを受けながらストレスを自分で解消できるようにしていき、焦らないで日々を過ごすようにして、自然に治癒していきました。

未だにストレスには弱いですが、焦ったり、対策したり克服したりしようとするのが一番治癒には良くないように思います。長い目で、ゆったり、ゆっくり。日々の季節の流れや、道端の草花に目を向けて、ゆったり過ごしてみてくださいね。

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をして...続きを読む

Q鍼灸 > 鍼が刺さる時の痛み と 「ひびき」

こんにちは。

腰痛に生理痛に冷え性に鼻炎に精神的なものまで。。。
慢性的になっているので 昨日の夕方、
初めて 鍼灸を受けてきました。

「鍼は痛くないんだけど、
もし 痛かったら遠慮しないで正直に言ってね。
すぐ抜いて やりなおすから」と言われ、
鍼を肩や腰など 鍼を刺す度に「痛くない?」
と聞きながら やってくれていたんですが、

ごく僅かですが鍼が刺さる時に
足のすねの毛を抜いた時のようなチクっと感が
あったものの、
痛いうちには入らないだろうと思って
「大丈夫です」と答えていました。

同性(女性)の先生ですが、
初めての場所&初対面の先生、痛みに弱い(心配症)
なので緊張が解けきらなかったから
抵抗があった&敏感になっていたから
、だと自己解決していいのか それとも正直に言ったほうが
良かったのでしょうか?

深く刺してる時?や
(うつ伏せなので見えないし、感覚的には刺さる時のみなので
筒を外してから更に入れているのかは分かりませんが)
刺している間~抜いてから、
「重だる~くなったりしてる?
『ひびき』っていうんだけど」
と言われたんですが、
生理前で 全身が重だるかったので、
「生理が近くて重だるいから『ひびき』が
どんな感じなのかが分かりません^^;」と
伝えたんですが、

『ひびき』って どんな感じなんでしょうか?
その感覚がないとダメなんでしょうか?
(先生がではなく受ける側が)

個人差が大きいでしょうが、
みなさんは どんな感じがしましたか?

さしつかえなければ、
回答時に 男性か女性か も お願いします。

こんにちは。

腰痛に生理痛に冷え性に鼻炎に精神的なものまで。。。
慢性的になっているので 昨日の夕方、
初めて 鍼灸を受けてきました。

「鍼は痛くないんだけど、
もし 痛かったら遠慮しないで正直に言ってね。
すぐ抜いて やりなおすから」と言われ、
鍼を肩や腰など 鍼を刺す度に「痛くない?」
と聞きながら やってくれていたんですが、

ごく僅かですが鍼が刺さる時に
足のすねの毛を抜いた時のようなチクっと感が
あったものの、
痛いうちには入らないだろうと思って
「大丈夫です」と...続きを読む

Aベストアンサー

女です。
刺す時にチクっとするのは普通ですね。
刺さる瞬間も筒で押さえてるのしかわからないような時もあります。
鍼の太さや場所によっては反射的に身体が動く時やちょっと痛いなと思うこともあります。

ひびきですが、筒を外してから鍼をちょこちょこ動かして刺激をすると刺した部分が「ズシ」っと重くなる感じ・神経に沿って「スドーン」と重くなる感じがします。
例えば、指圧でツボを押さえると、押さえた部分だけでなくその先までジワ~っと痺れてるような痛気持ちいい感じと似ています。

それが強すぎて「痛い」と感じたり、ピリッと電気が流れるような痺れ・痛みは良くないです。やりすぎです。
身体に力が入ってしまうと効果なくなりますから少し引き抜いてもらいます。

グッと押さえられている様な重さとかが気持ち良く、マッサージなどと違いちゃんと痛みが取れる鍼がやめられなくなりました。


経絡の刺激で痛い部分には直接刺さない場合だと、刺している間は全く重ダルさとか痛みはなく、でも症状はとれていくということが多いです。
例えばお腹が張ってて、鍼を刺して寝てるだけでお腹が動きだすとか。


治療が終わってからしばらくの間だるさが残り、鍼のせいで悪くなったんじゃないの?と思うかもしれませんが、家に帰ってそれが取れるとスッキリです。

鍼が初めての方だとあまり深く刺したりせず刺激を少なくしていると思います。
刺して「どう?」と聞かれたら、聞かれなくても「刺しても何も感じない」と言ってみたら良いと思います。(刺さる瞬間のチクッは別)

女です。
刺す時にチクっとするのは普通ですね。
刺さる瞬間も筒で押さえてるのしかわからないような時もあります。
鍼の太さや場所によっては反射的に身体が動く時やちょっと痛いなと思うこともあります。

ひびきですが、筒を外してから鍼をちょこちょこ動かして刺激をすると刺した部分が「ズシ」っと重くなる感じ・神経に沿って「スドーン」と重くなる感じがします。
例えば、指圧でツボを押さえると、押さえた部分だけでなくその先までジワ~っと痺れてるような痛気持ちいい感じと似ています。

それ...続きを読む

Qはり治療ってどういった原理で治療するのでしょうか?

 最近坐骨神経痛らしき症状があり、はり治療しており気になった事があるので質問させて頂きました。
 風邪は抗生物質等を飲み、風邪の菌を殺す事により治療しますが、はり治療はどういうプロセスで治療するのでしょうか?
 神経痛は神経が筋肉や骨や軟骨に引っかかって刺激される為に生じる症状であると認識しております。
 神経にはりを刺すと神経が麻痺するので痛みが取れるのでしょうか?もしそうだったとしたら抜本治療とならないのではないかと思い質問させて頂きました。
 はり治療の原理や、メリット、デメリットについて教えて頂きたいです。
 また、はり治療によってとんでもない症状が出た事のある方がいらっしゃいましたらそれも教えて頂きたいです。
 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。
治療内容に不安を感じている様子なので、少しだけ補足をします。

>いたずらに神経や筋肉を傷つけてよい物なのだろうか?と不安に思っております。
治療に用いる鍼の直径は髪の毛ほどです。
微小の傷を作る事で、その部位を治そうとする力(自然治癒力)を引き出してあげるのが鍼灸治療の基本です。

傷ついた筋肉の回復は早いので心配ありませんよ。
また、神経にはまず刺さりません(もし刺さったらとても耐えられないと思います)からご安心下さい。

>腰に鍼をさされたのに、足や足の指先までもが痺れたので、特に不安が増幅しました。
これは「経絡感伝現象」だと思われます。
解剖学的には比較的大きな神経の近くへ鍼先が到達した際に起こる神経の興奮現象とされています。
東洋医学的には経絡(気の流れ道)に沿って気が通ったと考える事ができます。
中医学的な治療をする先生は、この現象や得気(鍼の響き)を重視して治療する場合が多いものです。

ちなみに、日本式の鍼灸治療ではこれらの現象を出さずに治療する事ができます(気が至る事を目的としており、患者に気を感じさせる事が目的ではないためです)。
鍼の感覚がどうしても気になる場合は、術者に伝えておくと良いですよ。

効果が続かないようですが、これは施術者の技術不足か病位の深襲、病期の長期化が原因だと思われます。
技術不足であればどうしようもないですが(笑)、ある程度病が深い場合や慢性化している場合はとても1回や2回の治療で完治させる事は困難です。

僕等は『気』という一般の方には理解しにくいものを治療の対象としているためか、どんな病でもすぐ治ると思っている方が以外と多いんです。

焦る気持ちもわかりますが、鍼灸もきちんとした治療理論の上に成り立っている治療法です。
僕等も神様ではないので、過剰な期待をせずにじっくりと腰を据えて治療に望んで頂ける事を切に願います。

でも、鍼灸以外にもいろんな治療法の選択肢はありますから、これだけにこだわらずにいろんな方法を試してみるのも良いと思いますよ。
一番納得できる治療法を選択する事もまた、早期回復への近道になると思いますから。

#2です。
治療内容に不安を感じている様子なので、少しだけ補足をします。

>いたずらに神経や筋肉を傷つけてよい物なのだろうか?と不安に思っております。
治療に用いる鍼の直径は髪の毛ほどです。
微小の傷を作る事で、その部位を治そうとする力(自然治癒力)を引き出してあげるのが鍼灸治療の基本です。

傷ついた筋肉の回復は早いので心配ありませんよ。
また、神経にはまず刺さりません(もし刺さったらとても耐えられないと思います)からご安心下さい。

>腰に鍼をさされたのに、足や足の指先...続きを読む

Q鍼灸師をやめてしまおうかと考えているのですが。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職しても、ほとんどマッサージにまわされてしまいます。そのため、技術向上のための機会にほとんど恵まれず、技術に対して自信がもてません。また、マッサージに関しても、本来、学校に行って資格を得たものではありませんし、職場で教わっただけのものですから、それに対しても、自信がないです。またたいていの整骨院は労務環境が悪い、(賞与・昇給・退職金・昇進なし、低賃金、拘束時間が法定労働時間を越えている)です。
 では鍼灸院については、自分が住む県に関して言えば、鍼灸院の雇用はほぼゼロです。 また病院は鍼灸師が働く環境が整っているところは極めて少なく、雇用する相手側の院長が鍼灸治療に対する理解がほとんどないというのが現状ですし、。ともすれば雑用係にまわされたこともしばしば、というのが実情です。
以上の現実を踏まえますと、もう鍼灸師としてのキャリアを捨て、別の職業に就いたほうがいいのではないか、という考えが浮かんできます。 もちろん、他の仕事も厳しいですし、現在の年齢から言えば、それほど恵まれた職業にありつけるとは考えていませんが…、 鍼灸師、及び、他のコメディカルの職業についておられる皆さん。こんな自分の考えについて意見をお聞かせください。

こんにちは。ぜひとも相談に乗ってほしいことがあります。自分は、某県に住む、32歳の男です。5年ほど前に、鍼灸師を養成する学校を卒業し、その後、整骨院で、3年ほど勤務しました。その後、キャリアアップを目的に、某大学の医学部を再受験したのですが、結果はおそらく不合格になりそうです。また鍼灸師としてのキャリアを生かした仕事に就きたいと思うのですがここで大きな不安に突き当たってしまいます。
 現在自分が住む県においては、鍼灸治療を希望する患者は少なく、鍼灸師として整骨院に就職して...続きを読む

Aベストアンサー

関係者として一言アドバイスを。
鍼灸師の中には、マッサージ師、柔道整復師の資格を持っているものも多いのですが、現実的には鍼灸よりもマッサージの需要が圧倒的です。
また、新規開業では鍼灸師に限らず5年から10年は客層の開拓に苦労するのが普通です。
好きでなった仕事なら、家や土地がおありなら、自宅を利用しての開業が長い目で見れば、一番有利かと思います。マッサージ師の仕事を続けながら、適応のあるお客さんには(十分信頼されてから)針治療をお勧めするというようなやり方が良いと思います。
病院で鍼灸師が働く環境が整っているところが、きわめて少ないとのことですが、鍼灸や整形外科、ペインクリニック、疼痛関係の学会に出席しますと、鍼灸師を雇用して集学的な治療を積極的に行っている施設も数多くあります。
そうした関連学会に出席したりして情報収集されたり、これはという施設がありましたら、自分の思いを話してアプライされたらいかがでしょうか?

Q首の痛みでハリ治療を行ったら、今まで経験した事の無い手のしびれが・・・

40歳、会社員男性です。
今から半年程前、
朝、起床時に首の激痛で目が覚め
その足で整形外科に行きました。
少しでも動かすと激痛が走り、レントゲンを撮って頂き
「頚椎椎間板ヘルニア」
と診断されました。

痛くて堪らず、恥ずかしながら先生に
「何とかしてください!」
とお願いしました。

ブロック注射をうたれ、その場の痛みは取れました。
筋肉を和らげる薬と痛み止めの薬を処方され
しばらくは痛みが出ずに生活しておりました。

が、1ヶ月半程前から
あの激痛は無いものの、首から二の腕にかけて
張る様な痛みを覚え(しびれは無い)整骨院のドアを開けました。

先生に今までの経緯を話した所
マッサージと針治療。及び首の牽引治療を行うように言われ
約1ヶ月間、1日置きのペースで通院しました。

はじめての針治療で不安と緊張がありましたが
首を曲げるのすら億劫な為、治るなら・・・と思い
治療を続けました。
2週間を過ぎても中々効果が出ず、
その旨、先生に話すと
「電気針にしてみましょう。」
と言われ、電気針治療を受けました。

1週間程経つと
今までに無い、腕のしびれに悩まされる事に・・・
肝心な首の痛みは以前より無くなって来ているものの
左腕全体がしびれ、親指まで約1~3分位のしびれが
1~2時間毎ペースでやって来ます。


首の治療とはこんなモノなのかな?と
思いながら知人や家族に何となく尋ねると
「針は即効性があると聴くから、貴方にはあって無いのでは?」
と言われ、このまま治療を続けて良いものか悩んでおります。

通っている整骨院の先生は
「痛みが少なくなって、しびれに変わったのは
 治って来てる証拠です。」
と、仰り、電気針治療の継続を促します。

同じ様なご経験のある方
またはご専門科の方のご意見を伺えたらと存じます。

よろしくお願い申し上げます。

40歳、会社員男性です。
今から半年程前、
朝、起床時に首の激痛で目が覚め
その足で整形外科に行きました。
少しでも動かすと激痛が走り、レントゲンを撮って頂き
「頚椎椎間板ヘルニア」
と診断されました。

痛くて堪らず、恥ずかしながら先生に
「何とかしてください!」
とお願いしました。

ブロック注射をうたれ、その場の痛みは取れました。
筋肉を和らげる薬と痛み止めの薬を処方され
しばらくは痛みが出ずに生活しておりました。

が、1ヶ月半程前から
あの激痛は無いものの、首から二...続きを読む

Aベストアンサー

 補足説明です。
 温熱、冷却療法は、癒力や自己免疫を向上させるに、最も効果的で、副作用のないものです。
 どうしても一言では伝えることができませんので、少し長くなりますが、以下が、温熱と冷却療法の功罪と実施例です。
 参考にしてください。
 注意:※には特に注意!

<冷却と温熱療法の功罪>
1 冷却と温熱療法の功罪 
筋肉等を傷めたとき、冷すべきか、それとも温めるべきか、いつも迷うところですが、一般的には、傷めた直後は冷却し、その他の場合は温めるのがよいとされています。
 しかし、それぞれ功罪があり一概にはいえません。下記(1)、(2)項にそれぞれの功罪を挙げてみました。

 (1) 冷却療法の評価…10~15分程度冷却
<一時評価(冷却時)>
・ 血管収縮
・ 浮腫が現象(功)
・ 炎症抑制(功)
・ 麻酔効果:痙攣性の痛みに効果(功)
・ 活性酸素発生の抑制(功)
・ 冷却効果が深部まで達する(功)
・ 新陳代謝の減衰(罪)
・ 凍傷の危険性(罪)
<二次評価(冷却後)>
・ 血管拡張効果
・ 一時冷却後数分で局所温度が上昇その評価は温熱療法にほぼ同じです。ただし、温熱に比べ深部まで到達するとされています。

 (2) 温熱療法の評価…10~15分程度温熱
・新代謝の亢進(功)
・免疫系の活性化(功)
・血液濃縮(罪)
・活性酸素増(罪)
・疲労物質の蓄積(罪)
・一時的リンパの停滞(罪)
<二次評価(温熱後)>
・リバウンドで筋(皮膚)温低下(罪)

  注意: 功・罪は筋肉の疲労や損傷に対して評価をしてみましたが、対象が違う場合は必ずしもイコールとはなりません。

2 冷却か温熱療法かの判断

(1) 冷却療法
・ 打撲、捻挫等の直後。(腫れや内出血を防ぐ)
・ 運動等で筋肉が炎症(オーバーヒート)をおこしている場合。(過剰反応を抑える)
・ 筋肉の痙攣による場合。(痙攣は冷却により麻痺させることで弛緩)
・ 強い炎症(疼痛)がある場合。(痛覚神経を鎮静)
・ 対象部位が深部の場合。
・ 温熱療法のリバウンドである二次的筋温低下が抑制できない顔面など。

(2) 温熱療法…冷却療法により凍傷の危険がある部位
・ 対象範囲が広い場合。
・ 冷え性の方の四肢。
・ 内腿等の皮膚が柔らかい部位。
・ 就眠直前。


<具体例>

1 対象範囲
痛めた箇所に関連した部位のすべてを対象とします。

2 冷却か温熱療法かの判断
「冷却療法と温熱療法」の「冷却か温熱療法の判断」の項参照 
 
3 冷却、温熱時間及び頻度・・・※
(1) 冷却、温熱時間は10分から15分の範囲を目安とします。
但し、湯船に浸かって、温熱シャワーを利用する場合は5分程度とします。
(2) 頻度は一日1~6回程度と考えてください。

4 冷却、温熱の方法
冷却:「氷」、「保冷剤」等で冷却。直接肌にあてずハンカチやタオルを挟む。

温熱:
(1) 熱めの温熱シャワーが効果的。
(2) 熱いお湯に浸したタオルをよく絞り、直接対象部にあて、サランラップやアルミホイルで覆い、更に毛布等をかけ保温する。

5 具体例(手法例)
(1) 打身・捻挫(手首の例):(温) 
指先から肘まで満遍なく温水シャワーをかけながら、痛くない範囲で手を開いたり閉じたり、手首を回転させたりします。

(2) 肩こり、寝違えの場合:(温)・・・疼痛がある場合は冷却
湯船に正座で浸かり(下半身浴)、両肩に満遍なく温水シャワーをかけながら、痛くない範囲でゆっくりと肩を動かします。
 ※・・・・あなたの場合この方法が良いのではないでしょうか!!!

(3) 腰痛の場合:(温)
湯船に正座で浸かり、痛くない範囲でゆっくりと腰を前後左右に振(捻じ)ります。
(4) 坐骨神経痛:(冷)

痛い側の腰部(10~15分)及び臀部(10~15分)を交互に冷却。 
(5) 頭痛:(冷)
以下の部位を連続冷却します。 特に冷却の順位はありません。
・後頸部(偏頭痛であれば痛い側の頸椎1番:後頭骨下部)を10~15分冷却
・前頸部(偏頭痛であれば痛い側の頚動脈:顎の下部)を10~15分冷却
・前頭部(偏頭痛であれば痛い側の額)を10~15分冷却。

6 注意点・・・※
  ・ 長時間の冷却や温熱は避けてください。「功罪」の「罪」が勝ってしまいます。
  ・ 食事の直前、直後は、胃の消化力を妨げてしまうので避けたほうがよいでしょう。
  ・ 温熱療法の後は、リバウンドで冷えてしまわないよう、タオル等をあて、できるだけポカポカの状態を保ってください。特に患部の修復は深夜から早朝にかけて行なわれることから患部を寝冷えさせないように注意してください。
そのポカポカが治癒力を高めます。
・ 冷却の場合には凍傷に注意してください。

 補足説明です。
 温熱、冷却療法は、癒力や自己免疫を向上させるに、最も効果的で、副作用のないものです。
 どうしても一言では伝えることができませんので、少し長くなりますが、以下が、温熱と冷却療法の功罪と実施例です。
 参考にしてください。
 注意:※には特に注意!

<冷却と温熱療法の功罪>
1 冷却と温熱療法の功罪 
筋肉等を傷めたとき、冷すべきか、それとも温めるべきか、いつも迷うところですが、一般的には、傷めた直後は冷却し、その他の場合は温めるのがよいとされています。...続きを読む

Q<妊娠もあり得る?>体温低下で生理が来ると思ったら翌日上昇

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝、36.46度迄上がっていました。
これ迄生理前の体温は、必ず徐々に、又は急激に下がる一方で、決して直前に一旦又上がってから生理がくる事はありませんでした。

■生理かと思う位体温が下がったのに妊娠していた、という事がある方、聞いた事がある方のお話をお聞かせ下さい。
これで生理が来ても参考にさせて頂いて、今後、ドンと構えていられるようにしたいなと思っています。

生活が不規則のため、計る時間がマチマチです。
(10/16迄の周期平均…低温期36.18度、高温期が36.63度)
10/13 周期24日 高温 11日目 36.77 (毛のう炎(湿疹みたいの)が腹/太股/二の腕に沢山)
10/14 周期25日 高温 12日目 36.81 ↓
10/15 周期26日 高温 13日目 36.55 ↓
10/16 周期27日 高温 14日目 36.65 ↓ (断続的に胃~喉がムカムカ)
10/17 周期28日 高温 15日目 36.24 (右耳に膜が張ったような感じで聞えにくくなる事も)
10/18 周期29日 高温 16日目 36.46 (ダメ元の検査薬…陰性)
-------------------------------
9/15 周期23日 高温9日目 36.68
9/16 周期24日 高温10日目 36.87
9/17 周期25日 高温11日目 36.48
9/18 周期26日 高温12日目 36.45 (体温調節困難/手足のしびれ)
9/19 周期27日 高温13日目 36.37 (膣?周辺が縦にチクチク痛)
9/20 周期1日 低温1日目 36.25 (生理)

7月~妊娠を希望しています。
基礎体温は2層に分かれていて「全くの理想とは言えないまでもほぼ良いグラフ」と婦人科医に言われ、もっと36.7度を越えて欲しいと言われました。
私はそんなに気にしていませんが一応、黄体機能検査を先週受け、結果は週末に。
生理周期は27-30日です。
昨日、生理周期28日目に36.24度に下がったので生理が来るな…と思っていたら来ず、昨日の夜の温度(舌舌測定)は37.43度と今まで出た事のない高い温度でした。
(夜の温度は高温期で大体36.9-37.2度位なので。)
周期29日目の今朝...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。
このグラフ妊娠した時に病院へ持参しました。
その後数回持参しましたが、
先生何も言わなかったですよ。
しいていえば、「このあたりが排卵かな?」と
34日~35日あたりを指差しておっしゃったくらいです。

のんびり構えていると案外妊娠したりするので(私は2回の妊娠がそうでしたから)のんびり赤ちゃんが来るのを待っていてくださいね。

Q針治療で肺に穴?

宜しくお願い致します。

8月29日14・30頃ギックリ腰の治療で針治療をして頂きました。
その際背中の左寄りの肩甲骨と背骨の間の辺りに針を打ちさらに針を入れていく時「ウッ」となり痛かったのですが(針治療は何度か経験あります)
17:00頃からその辺りが痛く
20:00頃風呂に入ったとき背中と肩甲骨の間の辺りが息もつけないくらい痛いような苦しいような状態でした。
さらに22:00頃から15分位、左胸に激痛があり8月31日に病院にいったところレントゲン・CT検査の結果
肺に穴が開いて空気溜まっているとの事でした。
左肺の上部が黒かったです。(これが空気との事です)

私は48歳女身長157cm体重52kgです。

先生が仰るには肺に穴が開くのは男性で若く細い人との事です。私の場合は針治療の針で肺に穴が開いた可能性があるとの事ですが、その様な事があるのでしょうか?
何センチぐらい針をを刺したら肺に穴が開くのでしょうか?
ちなみに針治療の針は使い捨てではなく殺菌してまた使用する方法のようです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

鍼灸師です。

鍼治療による気胸事故の場合、そのほとんどの例が頚肩部からの刺入によるものです。
背中からの場合は非常に珍しいと思いますが、深刺すれば可能性はあります。

普通の東洋医学的な鍼治療(気の調節を行う目的での鍼治療でこちらが本流)では深くても1~2mmほどしか刺入しません。
古典的治療ではこのような事故は起こりえないわけです。
一方、現代医学的な治療(ペインクリニック的な西洋医学の原理に基づく鍼治療)では深刺する事が多くなります。
おそらく事故だったとすれば、後者の治療を受診されたのだと思います。
そして、気胸事故を起こす術者は一般的に『技術のない良い人』が多いといわれています。
深く鍼を入れてたくさん響かせる事で患者さんが喜ぶと考えていて、サービスのつもりでどんどん鍼が深くなって事故を起こす・・・というケースが圧倒的多数です。

#1さんの文面では損害賠償請求はできない・・・とありますが、可能だと考えます。
ただし、気胸が鍼治療によるものであるという医師の診断書等が必要になると思います。
因果関係さえはっきりすれば損害賠償請求は可能です(ほとんどの場合、術者が加入している損害賠償保険からの保証になると思います)。

とにかく、事故を起こす術者は同業者としても非常に迷惑な存在です。
一度弁護士や主治医にご相談してみてはいかがでしょうか?

鍼灸師です。

鍼治療による気胸事故の場合、そのほとんどの例が頚肩部からの刺入によるものです。
背中からの場合は非常に珍しいと思いますが、深刺すれば可能性はあります。

普通の東洋医学的な鍼治療(気の調節を行う目的での鍼治療でこちらが本流)では深くても1~2mmほどしか刺入しません。
古典的治療ではこのような事故は起こりえないわけです。
一方、現代医学的な治療(ペインクリニック的な西洋医学の原理に基づく鍼治療)では深刺する事が多くなります。
おそらく事故だったとすれば、後者...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。


人気Q&Aランキング