AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

政府が「原発冷温停止を宣言」したことに反発が報道されていますが、私にはそれがよくわからない。「圧力容器の底の温度が100度以下」という原子炉の状態と周辺住民の状態とは別もののハズなのに、「福島原発周辺住民は納得していない」などと報道されています。知事も文句を言っています。住民ではなくて原子炉の後始末(廃炉)のための工程がテーマなのですから、たとえば「3年でステップ3が完了出来るのか?」などといった技術論をして欲しいと思うのですが、報道される「専門家」の意見も妙に反政府的で、monster parents (?) の意見ばかりが報道される状況が私にはよくわからない。工程表の「除染」には取りかからずに「冷温停止」を後1年先延ばしにでもしたら皆さんは納得されるのですか?

予定:
ステップ1:原子炉の安定冷却を目指す      目標5月~7月
ステップ2:原子炉が冷温停止状態になる   目標12月
ステップ3:中期的課題、除染本格化       3年間程度
ステップ4:燃料棒の確認、専用容器で運搬搬出  6年間程度
ステップ5:原子炉の廃炉の為の、封じ込め    20年間程度

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

政府の発表で「事故収束」の表現が使われた事に関して怒っているのでしょう。



福島県の知事など、原子力発電所の事故で全国的に有名になった人は、「事故収束」によって、自分の言動への注目度がさがる事を懸念しているのではないでしょうか。

私個人的には、現福島県知事の方は福島県全体の評判を下げるお人とお見受けしますので、この民主党政治家個人がこれ以上注目されない方が、福島県民にとっては良いと思いますが、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「現福島県知事の方は福島県全体の評判を下げるお人とお見受けします」とは面白いご意見ですね。思わず笑ってしまいましたが、私もその意見に心から賛成します。
「事故収束」の表現に過敏に反応したということは地元の発言として理解出来なくはありませんが、「工程表」とは切り離した感情的な議論に持って行ってしまったのは知事の発言としては良くないですよね。むしろ(湿原問題での沖縄県知事の発言のように)「工程表については今は論じる余裕もありません」みたいな言い方をしていたらもっと良かったのだとおもいます。

お礼日時:2011/12/19 19:01

#3です。



頑張ることですか?
質問者さまが質問文に頑張ることを列挙しているじゃないですか。
また今は冷温停止ですが、これを維持もしないといけません。
さらに今後の災害に対する備えもいります。
汚染水については、今後の状況によっては冷温停止が維持できるかの問題にもつながります。
何を頑張る?なんて状態ではないですよ。

例えるなら、交通事故後、爆発炎上は収まったが、残りの燃料に引火しないように消化剤をまき続けているのが今です。
どう見ても「事故処理中」で、せめて一車線は空いて、消防は撤収をはじめ、竹ぼうきで掃除しているような状態で「事故収束」でしょう。

また政府の発表に住民には無関係はあんまりですよ。
もちろん質問者様の言われるとおり、ある程度の線引は必要ですが、その線を越えて不審を抱かせたのは政府なんです。
わざわざ焚き付けるような発言をしなきゃいいのに…と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「どう見ても事故処理中」であるならばその内容を精査してたとえばステップ3に入るのはまだ無理であるとか、そういう観点の技術論がほしいのですが、それが何処かの報道機関らも来ないとは思いませんか?
これまでしばらくの間、新聞報道は補正予算など住民の生活に関するものばかりでした。原発については水漏れ位でした。そのような限られた報道からだけでは「どう見ても事故処理中」とは判断出来ないと思うのです。例えば素人の(失礼)あなたや私にステップ3に入れないと判断出来るだけの情報が報道されていたでしょうか。
廃炉作業は戦争と同じで一箇所に多少問題が残っていても次の目標に歩を進める必要もあり、木を見て森を見ない評論家にはなりたくないと思います。
工程表は原発の設備の廃炉のためのもので住民の環境の議論は含めるべきものではないと思います。むろん工程は住民の環境にかかわって来ますから、その観点の議論はどこかでされるべきです。でもそれは場所を改めて国会や国と知事の対話でなされるべきであって、工程表の進捗状況はあくまで廃炉に向かっての技術を論じるものです。報道からその視点が抜けているように思えて残念でなりません。
並行論になりかけていますから、ここらで議論を閉めたいと思います。

お礼日時:2011/12/19 18:49

ちゃんとニュースを見ていれば、怒っているのは“そこ”じゃないと分かると思うのですが…



原子炉が冷温停止の状態にあること自体は、とてもいいことです。
それは周辺住民はもちろん、国民が一日も早く願っていたことです。

怒っているのはそこではなく、政府の発表で「事故収束」の表現が使われていたことです。
質問者さまが出されたとおり、事故の終息に向けたステップはまだまだあり、時間もかかります。
政府が事故の収束のアピールに躍起になるのは分かりますが、まだまだ頑張らねばならない最中に、この発言は不用意だといえますね。
(宿題はまだいっぱい残っているのに「終わりかけ」と言うようなもんです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

廃炉とは技術のテーマですから、「事故収束」という言葉は技術論として低温状態がほぼ安定して来て装置の「除染」というステップに入ることを表す技術の言葉として不適切とは私は思えないのですね。むろん十分にステップ2が終わったのかどうかと言う専門家の意見は聞きたいですが、そんな報道は何1つありません。
「まだまだ頑張る」ことがあると言われますが、それでは何を頑張るのですか? 「住民の意識」といった別次元の議論を「事故収束」という言葉尻に結びつけるような報道だけでは困ると思うのです。工程表は廃炉のための技術を議論するためのものであって、「住民の意識」などとは無関係だと思うのですが。地域全体の除染だとか、地域の復興といった議論は工程表の外の話しでしょう? 別物であるべき工程表に地域の復興を絡めたらおかしな議論になると思わないのですか。

お礼日時:2011/12/19 15:30

福島原発で原子炉が冷温停止したことは、前向きなニュースと考えています。


レベル7の事故を起こした後、その原子炉は廃炉でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も前向きなニュースと思うのです。イヤなのは報道が廃炉のための技術的工程表のステップの検証という主題は脇において、住民の気持ちを持ち出すという、いつもの「政府いじめの姿勢」に戻ってしまったことです。

お礼日時:2011/12/19 15:07

概ねは、現状を安全サイドに見れば、「ステップ1.5くらいでは?」と言う指摘でしょうね。



確かに現時点では、冷温停止状態と言えるのでしょう。
しかし冷温停止を「宣言」しちゃうと、一種の「安全宣言」だから永続性・確実性が必要です。

言い換えたら「再臨界の可能性がゼロ宣言」ですから、あきらかに「言い過ぎ」の感じはありますよ。
「可能性ゼロ」だと、ある意味「今、同規模の地震があっても大丈夫!」って言ってる様な部分もあります。

また、ステップ3に移行する宣言でもありますので、これは福島原発に裂くマンパワー,予算,時間を減らすことにもなりますしね。
これも言い換えたら、「事故現場は手抜きする宣言」でもあります。

政治家は「そんなコトはない」と言いますが、如何に国家とは言え、ヒト,モノ,カネや時間は有限ですから、物理的に不可能です。
ステップ2であれば最優先課題として、予算を掛けてマンパワーを集めることも出来ますが、冷温停止宣言をしちゃった後は、ステップ3にも絶対に予算を掛けねばなりません。

「それでホントに良いの?」って言う疑問が起きるのは当然かと思いますし、政権自身が、自分で自分のクビを締めてちゃってる部分もありますし・・・。
当然、両立するには、間接的には「最後はカネ」ですから、消費税増税論議なども増税側に拍車が掛かることにもなりますし・・。

従い、現状では「冷温停止状態回復宣言」くらいに止めた方が、無難で正確だとは思います。
それを「工程表を意識し過ぎて、12月中の収束宣言に拘ったのでは?」と言う疑問から来る批判は、的は得ていると思います。

それと、宣言するのは宣言者の勝手で良いんですけど、その宣言の受け手が納得するか?も重要です。
例えば、リコールを出した自動車メーカが「安全宣言」をしたら、スグにそのメーカの自動車を買いますか?ってコトですヨ。

「社長が責任を取って辞めました。問題が起きた自動車はもう絶対に安全です。」って言われても、「お宅の会社、前から『絶対に安全』って言ってるよね?」って思われるのは、仕方が無いでしょ?

問題が起きた自動車の安全性が向上することは「最低条件」で、社長が引責辞任したコトは、企業が責任を果たしている証明でも何でも無いですから。
信頼回復には、まず機能面とか、そもそも何故そういう問題が起きて、それを改善するために、どう言う対策を行ったか?と言う説明が不可欠です。

例えば安全宣言に至る会議などの経緯を、国民に公開したと言うなら判りますが、相変わらず密室で決められた「安全宣言」を、「判りました!」って受け止める方が難しいと思いますよ。

細野大臣も露出しまくりで、必死の弁明はしてましたけど、それら疑問を完全に払拭するには至っていません。

冷温停止宣言(安全宣言)自体は、国民にとって嬉しいコトですが・・・。
その宣言の安全性は、何も担保されていない様に思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ステップ3に移行する宣言でもありますので、これは福島原発に裂くマンパワー,予算,時間を減らすことにもなる」と言われますが、工程表は福島原発を廃炉に持って行くステップですから、ステップ3の工程に取りかかるからと言って予算を削減する話しとは違うと思うんですよね。ここで言う除染って福島原発からの除染でしょう? 太平洋戦争で言えばフィリピンは占領したから次はシンガポールを占領すると言っているのと同じような宣言ですよね。

お礼日時:2011/12/19 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング