痔になりやすい生活習慣とは?

映画俳優の『ロバート・デ・ニーロ』と『アル・パチーノ』。どちらが好きですか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

きゃ~。

パチーノ派が多いようですねぇ~。

どっちも好きだけど、私は絶対、デ・ニーロ派、きっぱり。

でも、二人ともイタリア系で。。私は白人俳優は彼等のみならず、イタリア系を贔屓にしています。やっぱりなんたってチャーミングなんですよね、イタリア系って。彼等が「ゴッド・ファーザー」等のイタリア系映画を演ずる時のイタリア系の独特の訛りや、サイン・ランゲージは女心をく~っとさせるんですよ。

他に有名無名、名優駄目優を考えずに比較したいのはニコラス・ケイジ、アンディー・ガルシア、ダニー・デビート、ラルフ・マッチオ、ビンセント・ドノフリオ(Love Ya!)。デヴィッド・カルーソも入れちゃおう(100%イタリアンじゃないけど)。ジョン・トラボルタだっていけるぞ。イタリア系贔屓おばさんのオピニオンです。

私はデ・ニーロ派なのは、う~ん、特に理由はないけど、良い年の取り方をしたなぁ~、じじい。って感じるのが一番の理由かも。パチーノの老け方はちょっと。。「そりゃぁねえだろ。。」って感じあり。

イタリア系俳優の虜になると、WASPやらアイリッシュやらオージーやらブリティッシュの俳優なんてちっともセクシーじゃない。けっ。

とりあえず、パチーノ派の多いお答えの中、デ・ニーロに1票入れさせて頂きます。
    • good
    • 0

こんばんは。


デニーロももちろんいいですが、自分はパチーノかなぁ。
セルピコ、シー・オブ・ラブ、喝采の陰で
も良いですぞ。

パチーロかぁ、面白いですなぁ。
ドラゴンボールみたいにフュ~~ジョン、ハッ!ってなったら
どんな役者が誕生するんでしょうね。
ここへ、さらにダスティン・ホフマンが加わったらどうなるんだろう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『シー・オブ・ラブ』なんか、アル・パチーノの独特の緊迫感があって面白いですよね?。『喝采の陰で』みたいな感じも好きです。『アル・パチーノ』も『ロバート・デ・ニーロ』も『ダスティン・ホフマン』も、世界中の今の役者に影響を与えているんでしょうね?。自分の映画を観る時の見方は、『役者がどれだけ役になりきって、リアルな演技をするか?』という観方をするので、役者がリアリティに欠けてるとダメなんです。いくらお金がかかってても、内容が面白くても、役者が下手だと嫌なんです。監督を追っかけて観る場合もあります。いい監督はいい役者を使ってますよね。『ダスティン・ホフマン』も好きですね、全ての作品は観ていないですけど。ほかにも好きな役者たくさんいます!。回答ありがとうございました。***三人合わせて『ダチーロフ』なんてどうですか?(笑)。だ、ダメだ!『パチーロ』にはかなわない!。(笑)。

お礼日時:2011/12/24 21:55

人生に疲れた感がにじみ出る役が多い



アルさんに一票です

地味な映画ですが

カリートの道

は凄く良かった
ヤクザから足を洗おうとしているアルさんが一番の恩人としている男がとんでもない外道なもので 疲れて苦悩している様子が絵になる

義理を立てれば道理が立たない中で 次こそは 今度こそは と頑張るんだよなぁ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『カリートの道』恩人の弁護士の役は『ショーン・ペン』ですね。アル・パチーノにおとらず、素晴らしかった。髪の毛抜いたりして、役作りしてて、マヌケな私は気付かず観てて、クレジットで初めて気付きました。『アル・パチーノ』の存在感は、いいですねー?。最後は仲間にも裏切られてしまう。監督は『ブライアン・デ・パルマ』好きで何度も観ていますが、いつも気になるのが、アル・パチーノが死んで行く中でナレーションで事の成り行きを語る所。あれだと最後死なずに助かったとしないと、いまいちリアリティーに欠ける、なんて思ったりします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/22 13:37

アル・パチーノが気になります。



キネマ旬報社から発売されているアル・パチーノのインタビュー本を読んで、アル・パチーノの映画がすごく観たくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『アル・パチーノ』いっすねー。『ジャスティス』なんて、どうでしょう?。マフィア系とか以外でコレを観た時、『ああ、オレこの人好きだなー。』って思ったのを覚えてます。弁護士の役ですよ。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/21 15:59

やっぱりアル・パチーノでしょう。



彼の映画によくある終盤のパチーノ節はファンにはたまらないシーンですね。

そのなかでもやっぱりセント・オブ・ウーマンのラストは最高ですね。

スカーフェイスなんかもリメイクの話題がでてるようですが誰がやっても失敗するとじゃない

かな。彼以外のトニー・モンタナは考えられない。

ただあのアクの強さが駄目って人が友達には結構いて、デニーロは万人受けするのに対して

アルは好き嫌いがかなり分かれるみたいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あーっははは!。『スカーフェイス』のアル・パチーノのコカインの吸い方!。(笑)。カミソリとかじゃなくて〝手刀〟ですよ?。ぶっ飛び過ぎだ!(笑)げらげら。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 13:20

良い質問ですねぇ・・・(笑)


私も、あなた同様聞いてみたい。

大福の餡と皮で・・どちらもねぇ・・・両方素晴らしいです。
デ・二ーロの、くぐもった声もいいし、パチーノのガラガラ声は、
吹き替えでは無理!魅力が半減です。
それは、エデイ・マーフィも同んなじ!

それで、さあ、どっちと言われると・・・少し、パチーノかな?
二人の映画はほとんど見ましたが、
デニーロは、全てに完璧にうまいんですよ。
全部が、フ~ンと納得出来る。

パチーノは、デニーロ程には、守備範囲が広くない。
でも、これはパチーノ以外は無理だろうと言う役がある。
ですから、壷にはまった役柄は、もうこれはパチーノ・・!
何でもこなすデニーロは・・・少し、損!

そう言うことで、私は、少し・・・・パチーロ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ、うむうむ、、、。あれ?。パ、パチーロ?。あーっははは!。(笑)。わ、わかりました!。『パチーノ』と言ってはみたけれど、やっぱり『デ・ニーロ』も外し難い。という事でしょうか?。わかりますわかります!。ありがとうございます!。あなたみたいな人が言う『エディ・マーフィー』注目してみます!。知ってますよ!『ビバリーヒルズ・コップ』あれは最高にゴキゲンな映画です!。音楽もいいし!。他のも観てみます!。回答ありがとうございました!。

お礼日時:2011/12/20 00:31

こんにちは。


私はどちらかというと『ロバート・デ・ニーロ』のほうでしょうかね。
渋い役はどちらもいいですが、コメディーをこなしたときのデ・ニーロの演技(表情変化)が大好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい!。質問しておきながら、少々意地悪な質問かな?とは思ってますが、どちらも好きなので、どちらかの意見が出た場合、なるほどなるほどと、ほくそ笑むつもりでいました。でもでも、「どちらか選らばなきゃブッ殺すぞ!」と、こめかみに銃を突き付けられたとしたら?、デ・ニーロかな~。理由は、両者とも舞台役者さんでもありますが、なんと言ってもこの二人は映像、映画だと思います。『デ・ニーロ』は完全に映画、映像芝居。『パチーノ』の作品には舞台色が出ている作品があると思うのです。(ゴッドゴッドファーザーPARTIII等)しかし、やはり『パチーノ』も外し難い!(笑)。(カリートの道。フェイク。リクルート。)等もパチーノの好きな作品です。是非観てなかったら観てみてください。デ・ニーロは観てるだろうから一個だけ上げます。『アイリスへの手紙』なんかどうですか?。ロバート・デ・ニーロの本質って本当はこういう人間なんじゃないかな?、と思ってしまった映画です。(実は不器用そう、という意味で。)長くなりました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 01:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工事現場の騒音は泣き寝入りするしかないのですか・・・・・

自宅マンションの表裏、両方で分譲住宅の工事をしています。その騒音たるや、筆舌に尽くしがたいほどです。わたしは夜間仕事をしていて、日中寝ることになります。が、工事現場の重機の音でなかなか寝ることができず、睡眠不足におちいっています。工事は仕事ですからしかたがありません。しかし、近隣の住民に対してあまりに配慮がかけていると思います。工事を請け負う建設会社は紙切れ一枚で御協力のほど宜しく、と、誠意が感じられません。工事現場の騒音に対する法的規制はないそうです。役所は苦情は聞き入れても、ただにいちどだけ建設会社に電話をするだけです。建設会社も法的規制がないだけに強気です。わたしは業を煮やして建設会社に直接電話しました。建設会社の担当者は、騒音問題や仕事終いの時間など法的規制がないから、近隣住民の話は聴き入れられない、と、けんもほろほろに一蹴されました。法的規制がない故に、だまっているしかないのですか?
誠意ある対応を望んでいるだけなのに、何か良い対処方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

電気工事の仕事をしているものです
騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます
現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です
そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る
そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので
そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず
大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。
これを何回もやられると相当きついはずです
後は、消防と警察へ通報する
消防へは少しくらい大げさに土煙がすごいことになっているが心配なので確認して欲しいと通報する、警察へは隣の現場内ですごい罵声が上がっていて不安なので見に来て欲しいという感じの電話をする。
これも同じで監督はびびります、そして、何より怖いのが警察よりも消防に見に来られるのが嫌なものです
施工途中の現場内を消防に見られるのは何も違法なことをやっていなくても消防の見解しだいで施工方法を簡単に直されるので、見られたくないものです

というように、少し一般の人が見ればせこいやり方かもしれませんが現場では上記の3者が来るのが本当に嫌なものです

後はその現場の設計監理者または建て主が必ずいますのでそこに電話するのもきついと思います
現場監督でも設計監理者や建て主へは絶対に頭が上がりませんので
その人の耳にこういう問題が入れば後々の現場進行にも
影響が出るんではないか?と思ってしまい改善への一歩になるかもしれません

最後になりますが最近は近隣の騒音問題はかなり重要視されてきており、われわれ現場サイドの人間も本当に関心がある問題です
そこの、担当者の態度は許されることではないので
少しくらいきついお灸をすえてやるというような感覚でも私はいいと思います
すべての工事現場で働く人がそうではないというのもわかって欲しいと思いますので
ちょっと、一般の人には知らないようなことを教えちゃいます
それでは

電気工事の仕事をしているものです
騒音への対策でのうら技的なことをこっそり教えます
現場での仕事で一番怖いのが労働基準監督署です
そこで、その監督署に苦情の電話または手紙を送る
そうすると、だいたいは監督署で現場を確認に来ますので
そのときは是正事項はなくとも現場では労働安全に関する違法行為をまったくしていないということは皆無です必ず
大なり小なりあるものなので、現場の監督連中はびびります。
これを何回もやられると相当きついはずです
後は、消防と警察へ通報する
消防へは少...続きを読む

Qゴッドファーザーの魅力は何ですか?

ゴッドファーザーの魅力は何ですか?

ゴッドファーザーを観ました。Part1~3すべて観ました。
でも高い評価を受けている理由が分かりませんでした…。

検索してみたところ、Yahoo!知恵袋で同様の内容の質問があったため
読んでみましたが、それでもよくわかりませんでした。
Yahoo!知恵袋での回答をまとめると以下のような感じです。

ゴッドファーザーを最近みたのですが、あの映画はなぜ高く評価されているのでしょ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214353102
・実話が原作だから
・犯罪を扱った映画なのに人間ドラマを描いた稀有な映画だから
・(当時にしては)映像効果が先進的(いまだとありきたり)
・イタリア系移民の歴史と人間群像は見事
・画面からにじみ出る「におい」
・文章で説明できない
・演技を通り越して地を剥き出しにした生の迫力
・重厚な画面
・容赦ない殺戮と暴力描写

「暴力・迫力・人間ドラマ」というような理由であれば、
北野たけし監督の暴力映画や任侠ものでも
同じことが言える部分が多いと思います。

しかしゴッドファーザーは格別ともいえる
最上級の評価を得ていることが少なくありません。


どこが魅力ポイントなのか、どのように評価されているのか
把握したい為、以下について教えてください。

ゴッドファーザーの魅力は何でしょうか?
個人的な観点でも、一般論でもかまいません。
(どちらであるかは明示してほしいです)
・ストーリーがいいのでしょうか?
・邪魔だと思ったら殺しあうところがいいのでしょうか?
・演技や映像効果がいいのでしょうか?
・「昔の映画にしてはすごい」ということなのでしょうか?
・それ以外の何かなのでしょうか?
・説明できない要素だったり一部の人にしか理解できない魅力なのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

ゴッドファーザーの魅力は何ですか?

ゴッドファーザーを観ました。Part1~3すべて観ました。
でも高い評価を受けている理由が分かりませんでした…。

検索してみたところ、Yahoo!知恵袋で同様の内容の質問があったため
読んでみましたが、それでもよくわかりませんでした。
Yahoo!知恵袋での回答をまとめると以下のような感じです。

ゴッドファーザーを最近みたのですが、あの映画はなぜ高く評価されているのでしょ...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214353102
・実話が原作だか...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと違った観点から、書いてみますね。

ごく一般的に評価されている映画は、ストーリーが面白いとか、脚本がよくできているとか、出演者の演技がスゴイとか、そういったことが主な理由になりますが、映画評論家や映画関係者からも高い評価を受けている作品は、また違った専門的な観点を含んでいるものが多いです。

「ゴッドファーザー」でまず関係者が評価したのは撮影の技法です。
ゴードン・ウイリスというカメラマンが撮影していますが、カラー作品で陰影に満ちた画面造りが画期的でした。
たとえばトップシーンのドンを演じたマーロンブランドの顔ですが、目のまわりが影になっていて、表情がはっきり窺えません。以降も室内の場面では色彩を琥珀色っぽい画調にし、屋外の場面とはっきりした違いを持たせています。
ライトを被写体に直接当てずに、間接照明にしたり、高い位置からライトを当てず、被写体よりも低い位置から当てるなど、凝りに凝った画面造りをしています。
当時画期的というよりも、現在でも同じことが出来るカメラマンは少ないと思います。

イタリア人作曲家のニーノロータの音楽も高く評価されました。
公開時には日本語の歌バージョンまで発売されたくらいヒットした曲ですが、シチリア出身者たちが抱える心の内部を音楽で表現したとか言われ、高く評価されました。
ただあの有名なゴッドファーザー愛のテーマは、実はロータが1950年代に他の映画のために書いた曲だったことがばれてアカデミー賞は獲れませんでしたけど。

他には映画ならではの表現方法が随所にちりばめられていて、このあたりも大いに評価されました。
例えばアルパチーノがレストランで復讐を果たす場面ですが、画面には一切映っていない列車の走る鉄道音(車輪のきしみや轟音)を巧みにすごく効果的に使っています。
こういうところは見逃しがちですが、監督や音響関係者など専門職の目からは高く評価されてます。

脚本に関しても、1作目は早々に結婚式の場面を持ってきて端的に主要な登場人物の紹介(なんせ出てくる人間は普通の映画よりもたくさんいますし)を済ませたり、2作目は現在のドンと移民してきたばかりの元のドンと二部構成を同時進行させるなど、これらも高く評価されています。
ちなみに結婚式による人物紹介は黒沢作品の「悪い奴ほどよく眠る」を真似たとコッポラが言ってます。
三作目は1作め2作目ほどは評価されませんでしたけど。

文字数に制限があるので長々とは書けませんが、ストーリーや人物の描写など基本的なことに加え、”映画的な表現(映画言語とかいろんな言い方があります)”も卓越していた、ということもこの作品が評価されている大きな要因です。

ちょっと違った観点から、書いてみますね。

ごく一般的に評価されている映画は、ストーリーが面白いとか、脚本がよくできているとか、出演者の演技がスゴイとか、そういったことが主な理由になりますが、映画評論家や映画関係者からも高い評価を受けている作品は、また違った専門的な観点を含んでいるものが多いです。

「ゴッドファーザー」でまず関係者が評価したのは撮影の技法です。
ゴードン・ウイリスというカメラマンが撮影していますが、カラー作品で陰影に満ちた画面造りが画期的でした。
たとえばトッ...続きを読む


人気Q&Aランキング