出産前後の痔にはご注意!

中学 3 年の数学で,2 次関数の特別な場合である関数 y=ax² を学びます。
しかし,1960 年代は一般の 2 次関数 y=ax²+bx+c を学んでいました(選択だが)。
一般の 2 次関数を扱った方が,2 次方程式の実根の個数と,放物線と x 軸との共有点の個数が等しいことが扱え,2 次方程式の理解が深まるのですが,なぜこんなにも内容が貧弱になってしまったのでしょうか。

A 回答 (4件)

(私立)中学入試に算数は不要である、という論を唱える方がいるからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/20 03:36

y=a×2  y1×a2×2=2×2×2=8÷4=2

    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味不明です。

お礼日時:2012/02/26 22:27

考えようによっては、


y=ax^2を覚えただけで、y=ax^2+bx+cの問題も
解かなければならないので、
応用させるという点ではレベルが上がっている

という考えはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味が分かりません。

お礼日時:2012/01/12 15:44

小学校の算数で、 円周率を "3" として計算するようにしたことと同じような理由だと


思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意味が分かりません。

お礼日時:2012/01/12 15:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング