出産前後の痔にはご注意!

子どもの習い事、塾代などに多額な金銭を使う必要あるのでしょうか。

小学生になれば、学校で国数社などの知的教養のほか、音楽などの芸術分野、水泳などの体育、それに運動会など団体行事など幅広くいろいろなことを学校で教えてくれます。

中学生になれば、部活動なりも通じてさらにいろいろなことを学べます。授業で習ったことはしっかり復習して、わからないことは学校の先生に聞けば教えてもらえるのではないでしょうか。

高校などについても子どもの学力に見合った学校へ進学すればよいのではないでしょうか。

子どもの教育費をケチりたくもないのですが、低収入の家庭で子育てをする限りどこかを絞る必要があると考えているのですが、皆様の考えはいかがなものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お金をかけなくても良い成績を取れる子もいますよね。

やはり いくら勉強や習い事に時間とお金をかけても思ったように成果の出ない子供もいます。私も3人育てていますが、やはり一人一人個性があり能力も違います。結局は子供のやる気努力次第だと思います。環境を整え規則正しく生活していても 子供がやる気がなければ始まりません。頑張ったことをほめてあげる事が一番やる気が出るように思います。お金は違う形で使う方がよいと私は思います 何かを達成した時のご褒美として!その方が子供もやる気になります。
    • good
    • 0

書道、珠算、電子オルガン、絵画、日舞、華道、茶道。


今思うと親は随分と私に期待していたんだなあと申し訳なく思う次第です。
正直この中で活かせているのは何かと言いますと全てにおいて活きています。
社会人になり仕事柄様々な場面に遭遇した時に、あぁ習っていて良かったと思うことがしばしばありました。
同行している上司に恥を欠かせずに済んだことが多々あったからです。
教養は人間を豊かにしてくれます。
人や物の良し悪しを判断出来る目を培ってくれます。
一通り知っていることで自分に自信が持てるのです。
趣味の範疇でもそうなのですから、勉学に関しては尚の事。
そこそこで良いとお思いならそれまででしょうが、やはり親として、子の将来を左右する教育に関しては十分にしてやりたいと願うものではないでしょうか。
    • good
    • 0

はじめまして



親が出来ることは、環境を整えてあげること。

環境を整えるのには、お金は必要です。

ですが、ほとんど多くのお金は、もぅ整える必要もないところに、垂れ流しています。

つまり、お金持ちは、垂れ流すことができるので、ナンダカいっぱい使って

教育ダラケにしてるように思えますが、本当に必要なのは、一部だと思います。

ただし、この選択をするのは、親の仕事です。

元金がなければ、親が、このセンスをあげるしかありません。

お金があるなら、こんなこと考えず、ローラー作戦すればいいだけのことです。

で、結局はその選択のできる親と豊富な資金を兼ね備えた子供が一流になっていくんだと思います。


なんでもかんでも学校任せでは、センスがないのと同じです。ご注意ください
    • good
    • 0

結構だと思いますよ。

教育費をかけない子育て、ぜひ実践してください。
けれどまあ現実は、塾も習い事もしないで育ったお子さんは、大学進学は難しいです。
せいぜいが専門学校ですが、多くの専門学校はお金がかかるばかりであまりメリットがありません。
専門中退の後フリーター、プータローという末路ですね。
工業高校などに行って高卒で就職する道もあるにはあります。
でも高卒で就職できたとしても良いのは若いうちだけ。
年齢があがるにつれてあなたと同じように低収入に苦しむと思います。
それも人生さ、と割り切れるなら良いでしょう。
残念ですが今の日本では学歴はお金で買うものです。

ちなみにご近所で優秀なお子さん3人をもつご家庭があります。
その家の子は塾や予備校には通ってません。
勉強ができるお子さんなら必ずしも塾に行かなくても通信などでやれます。
そもそもなぜ勉強ができるかと言えば、まず高学歴のご両親のDNAを持ってます。
そしてご両親自らが勉強を教えて育てました。
でもまあ習い事の一つくらいはさせてましたよ。英会話とかスポーツとかね。
もちろん低収入と言うわけじゃありません。

言えるのは義務教育だけでは十分な学力をつけられないのが現実です。
最低限の文化生活を営める人間になるべくの知識教養はつく、という程度。
公立中学の部活動にも期待はできません。
部活の顧問の仕事は先生にとってはボランティアです。
先生の情熱だけに支えられていて学校も教育委員会もなんのサポートもしてくれない。
健全で有意義な活動ができてる部の方が少ないと思います。

高齢化社会でお年寄りにかかるお金が嵩み子供の教育にまわせる分がこれからもっと減るのでは。
ますまず教育の衰退が進み社会全体に負のスパイラルが蔓延しそうです。
    • good
    • 0

35歳の長男(独身)は、私達夫婦にとって 初めての子供でしたから



教育にも非常に 力を入れたのを思いだしました。

習い事(お絵かき、習字、柔道)とお勉強の塾にも行かせました。

あの頃は、「自分の息子は習わせれば、すべて上達して、才能を伸ばせる」

なんて、、、今、思えば笑ってしまいます。

習い事は「本人が興味を持たなければ、才能は『伸びません』」

習い事をしなくても、本人が 興味をもてば 興味を持った方面の

才能は伸びます。

長男は、すべて何一つとして、身に付きませんでした。

ただ、お勉強の塾には通わせましたが、高卒で就職しました。

高卒でしたが、上場一部の会社に入社できました。

もちろん、名のある大学を卒業した方は、会社内でも、大事な?

部署にいて、神経をすり減らして、会社を代表して働いておられますが、

息子は、わが身を壊してまで働くほどの人間ではなく、趣味の世界を楽しんで

暮らす、、、というタイプです。

長女には、ピアノを6年間習わせました。が、音楽関係には興味はなかった

ですね。

ただ、娘の子(2歳半)は、音感がいいようです。

婿さんは、理系で音楽には あまり興味はないようですが、6年もピアノを

習わせた娘より上手に弾きます。ピアノを習ったことはないそうです。

何でなんでしょうねぇ~~?

また、この婿さんは お勉強の塾にも行かず、母親や父親も

「勉強しなさい」など一度も、言ったこともないのに、常に学年トップで

大学も〇稲田をトップで卒業し、司法試験も在学中に合格したそうです。

子供には、各自、それぞれ 生まれ持った才能があります。

これを 天からもらった才能だから「天才」と言うのです。

子供の才能が開花するのは、塾にやったから、、、とか、習い事を

やったから、、、ではありません。

もともと、もって生まれた才能なら、習い事をしなくても、塾に行かなくても

開花する才能は開花するのです。

私の友人の話ですが、、、。

友人の長男は、とても、のんびりやさんでした。

友人は、毎朝「早くしなさい」「学校に遅れるわよ!」「何をぐずぐずしてるの!」と

朝から、一日中 早くしなさい、早くしなさい、、としかこの長男には 話かけて

なかったそうです。


「早く、ご飯を食べなさい」「早く、お風呂に入りなさい」「早く、お風呂から上がりなさい」

「早く、寝なさい」と、早く、早く、、、、。

ある日、いつものように 「早く、学校に、、」と言いかけたとき、長男が

「お母さん、宇宙って 広いんだねぇ~」と言ったのだそうです。

そのとき、友人は、ハッと 気が付いたそうです。

「私は、常に、時間に縛られて 早く、早く、、、」としか、息子を見てなかったけど

息子のこの小さい頭の中は、広大な「宇宙のこと」を考えていたのか!!  って。

それから、友人は、この、のんびり屋さんの息子の見方をかえて、息子の、のんびりを長所

としてみられるようになったそうです。

この後、この息子さんは、宇宙や地球、、とかに興味を持ち、

大学も(私には難しい大学名はわかりませんが)、アメリカの大学に行き、

nasaに勤めるように なったそうです。

英語はもちろん、フランス語、ドイツ語も流暢に話し、中国語も 日常会話は

こなすそうです。

子供の、生まれ持った才能を伸ばせるのは、その才能に気づくことのできる、母親、父親

でしかありません。

無暗やたらに 「塾に行かせればいい」「習い事をさせればいい」とかでは

ありません。

また、別に、海外で活躍しなくても、人様の役に立てれる様な仕事に就くことが

出来れば、その人は成功者だと思います。

「働く」というのは「傍の人を楽にさせる」。つまり、周囲の人のお役に立てれば

いいと言うことです。

その人の、持ってる才能や力で 周りの人のお役に立てれることが、

成功者、、、と言えるのです。

お子さんに、どのような才能が 潜んでるのかを見つけ出すのが

お母さんの役目だと思います。

昨日、テレビで「シツシルミシル」という番組で 九州新幹線の特集をやってました。

新幹線を下がどのようになってるか、、と、カメラが 車輪とかを写してましたが、

あの車輪や 軸も、すごい技術者が作ってるんだろうなぁ~と、

しみじみ、縁の下のみなさんの働きに感激しました。

海外でNPOで 働くもよし、 小さな部品一つ 作るもよし。

その、働きが、多くの人の幸せに貢献できれば、その人の 人生は

成功したのだと思います。

貴女も、お子さんが、どのような才能(手先が器用とか、物事をじっくり考えられるとか、

一瞬の判断力に優れてるとか等)を持ってうまれてきたのかを

見つけ出してあげてください。
    • good
    • 1

 義務教育に期待しすぎですよ。

芸術や運動、学校で教えてもらえる程度のことで才能が開花するなら誰もがプロフェッショナルになります。それが見つけられないから、と言うより満足できないからお金を支払って習い事をするんです。中学で学べることで満足できるのなら誰もが塾に行かずに進学校に入学できるでしょうが、現実はそんなに甘くないですよ。
 例外はあるかも知れませんが、質問者様の考えは負のスパイラルってやつです。世の中、低収入の子どもは這い上がるにしても限度があるのです、所詮、蛙の子は蛙。鳶が鷹を生むのは年末ジャンボの1等の当選確率と同じです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング