ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

電球、蛍光灯、LEDライトでのワット数の比較で、お教え下さい。
同じワット数での明るい順番、時間当たりの電気代比較など、
お教えください。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

これまでの蛍光灯器具や電球器具で表示されているワット数とは、明るさの単位ではなく、まさしく電力消費量の単位です。



本来ですと、明るさの単位は「ルクス」や「ルーメン」等で表示されるべきなのですが、これまでは便宜上「ワット」で表示されていました。

LED照明が出てきて、省電力で明るい光を出力できるようになり、LED器具では一般的には「ルーメン」で表示されています。

ですから、商品に表示されている「ワット数」はそのまま電力消費量として考えれば間違いないです。


一方、明るさの比較ですが、仮に同じ「ワット」数で比較するとすれば、
明るい順に、LED>蛍光灯>電球 の順になります。

ただし、LEDにおいては100Wとか60W等と言う大きな「ワット数」の商品はほとんどないと思います。
(逆に言えば、それだけ小さなワット数で大きなルーメンを稼げる・・・と言う事です)

繰り返しますが、「仮に同じワット数の商品で比較するとすれば」 LED>蛍光灯>電球 の順になります。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

目からウロコが取れました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/23 09:25

LEDは千差万別です。

あれは電球1つで電化製品です。
例えば掃除機でも炊飯器でも値段によって性能違うように、LED電球もまともなものは高いです。

イルミネーションのように自身が光るだけならLEDで十分ですが証明のように他者を照らす場合、LEDは指向性があるので全周囲を照らすのには向きません。同程度の明るさの蛍光灯電球とLED電球では価格差がでかすぎて、電気代で逆転するのは難しいです。企業のように購入代金が経費で落とせるなら別でしょうが・・・
そしてLED電球結構壊れやすいです。

コストと維持費考えて、同等の明るさの電球で比べるなら
まだ蛍光灯>白熱灯>LED電球でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的に、分かりやすく結論付けていただき、ありがとうございました。
LEDは様子見にします。

お礼日時:2011/12/20 18:50

そりゃ、LEDですよ。

電気代では安いかもしれませんが、商品がまだ高い。
ちなみに、クリスマスのイルミネーションで電球を使っていたんですが、これを点灯するときはテレビは使えなかった。LEDに替えたら、見れるようになったと喜んでいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

購入費用の問題がありましたか。うっかりしていました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/20 18:48

ワット数が同じなら、どれも電気代は同じです



同じワット数での明るさは、最高性能での比較だと
蛍光灯>LED>白熱電球

最近のLEDは、並の蛍光灯と同等の省エネ性能になってきました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡潔明瞭に、ありがとうごいました。

お礼日時:2011/12/20 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング