『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ファイブエイスとセブンエイスが
それぞれ、どの様なポジションだったかが知りたいです

ファイブエイスと言っても、7人制フォワードの頃のソレであって
現代的な、SO+インサイドCTBのユニットの事ではありませんので、ご注意を

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

余った選手で構成するファイブエースやセブンエースはルール変更によって滅びたフォーメーションです。


セブンエースは国内だと20年くらい前の慶應が最後、ファイブエースは更にそれ以前に使われなくなっています。で、この頃は現在のようにポジションの流動性のない時代で、ムーブなどそもそもやっていない時代です。

セブンエースは当時だと、オフェンスではラインに入るかFBの代わりにカンペイに参加するくらいで、ほとんどはラインを増やす作用をしていました。
ファイブエースに至っては、NZ流の第一センターをスタンドオフと並べてツープラトーンでプレーすることに比べてのアドバンテージが無いので滅びてしまったフォーメーションです。第二センターに運動量の大きいプレーヤーを配置して左右に動けば結局同じだからだし、フラットラインなら最初からインサイドセンターに放れば良いからで、明示的にFEシステムを取る意味がありません。

なお、FEの変形として、スクラムでのハーフのボールインと球出しを分離するダブルハーフというシステムもあり、この場合、NO.8無しでハーフの出来るプレーヤーを入れることもありましたが、これは現在のルールでは不可能です。

こういう化石のプレーが知りたければ、当時のラグビーマガジンを探してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2011/12/24 07:30

ファイブエースはFive Eighthで5/8、スクラムハーフ(4/8)とTBライン(6/8)の間の位置にスタンドオフ(フライハーフ)と並べてエキストラマンを配置したフォーメーションで、NZなどではエキストラマンとしてインサイドセンターを使うことが多いですが、これを7人フォワードにして、余った選手を使うこともあります。



セブンエースも同様に7/8の位置、TBライン(6/8)とFB(8/8)の間、大概はフルバックと縦並びにエキストラマンを配置したフォーメーションです。
なお、早稲田の縦十字のようなTBが縦に並ぶフォーメーションではこういう呼び方はしません。
こちらの場合は、7人フォワードで行うことが通例で、攻撃時にはライン参加のサインプレーのパターンが増えるし、単純にライン参加しても相手マークが一人減ります。ただし、ブレイクダウンで後手に回るのでフォワードがよほど頑張らないと逆効果です。

現在は、スクラムを8人で組むことが義務づけられており、退場などで選手が減った場合でないと7人フォワードは出来無いので、実質、選手は余りません。
また、役割が流動化しており、フォワードがラインに入ることも珍しくなくなった現在では、フォワードを減らしてまでバックスという考え方はあまり流行りません。

この回答への補足

エキストラマンとだけ言われても分からんです
出来れば、代表的なム―ヴ等も教えて頂きたいです
パス&ランの時に、どう動くのか
キック及びキックチェイスの時に、どう動くのか

補足日時:2011/12/22 17:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の方、ぶっきら棒になってしまいまして、すいません
回答の方、どうも有り難うございました

お礼日時:2011/12/22 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラグビー用語について教えてください。

スリークォーターバックと言えば「左ウイング、左センター、右センター」の3人を指すのでしょうか?もし、そうである場合、なぜ右ウイングはスリークォーターバックに含まれないのでしょうか?

Aベストアンサー

本来のスリークォーターバックは(11)~(14)でNHK中継などでは、左右センター、左右ウィングという呼び方をしています。

ただ、最近のラグビーでは、スリークォーターバック(TB)に限らず、スクラム一列を除けば左右の分担は流動的になっています。センターはインサイド、アウトサイド、ウィングはブラインドサイド、オープンサイドという形でポジショニングしています。

オフェンスの場合、インサイドセンター(12)はスクラムに近い方に位置し、攻撃時には第二スタンドオフとペネトレーター(ディフェンスラインの突破役)を兼ねます、アウトサイドセンター(13)はペネトレーターが主な役目です。
ブラインドサイドウィング(11)はスクラムとタッチが近い側に位置し、オープンサイドウィング(14)はスクラムとタッチが広い側に位置し、一番足の速いバックスのエースのポジションになります。

上記のなかで、TBに含まれない可能性のあるポジションはインサイドセンターです。ニュージーランドではこのポジションはスタンドオフ(SO)と併せてファイブエース(FE)と呼ばれます。その場合、(10)が第一FE、(12)が第二FEです。
古いフォーメーションには、NO.8がスクラムを外れてTBラインに入り、いずれかのウィングがFBと並んだりFBの前に位置するセブンエースというポジションがありました(No.9がそのまま入ることもある)。現在はスクラムを8人で組むことが義務づけられており、このフォーメーションはあり得ませんが、この場合は右ウィングがTBからはずれるケースもあったと言えるでしょう。

ひょっとして誤解されているかも知れませんが、スリークォーターバックのスリーは人数(クォーターバックが三人)ではなく、ポジションのを分割して前から3/4の位置にいるという意味です。

1/8 スクラム一列(プロップ、フッカー)
2/8 スクラム二列(ロック)
3/8 スクラム三列(NO.8、フランカーも現在はロックの脇に付くことが多いが本来はここなので三列と呼ぶ)
4/8=1/2 ハーフバック
5/8 スタンドオフ(ファイブエース)
6/8=3/4 スリークォーターバック
7/8 セブンエース(現在は消滅)
8/8 フルバック

本来のスリークォーターバックは(11)~(14)でNHK中継などでは、左右センター、左右ウィングという呼び方をしています。

ただ、最近のラグビーでは、スリークォーターバック(TB)に限らず、スクラム一列を除けば左右の分担は流動的になっています。センターはインサイド、アウトサイド、ウィングはブラインドサイド、オープンサイドという形でポジショニングしています。

オフェンスの場合、インサイドセンター(12)はスクラムに近い方に位置し、攻撃時には第二スタンドオフとペネトレーター(ディフェンスライ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング