最新閲覧日:

メッシ選手は成長に関する病気を抱えていたので、少年時代から成長ホルモンの投与などの治療を受けていたと聞きました。
そこで質問なのですが、その治療のおかげでメッシ選手のサッカーの能力が大きく上がったという可能性はあるのでしょうか?
確かに、幼い頃から上手かったという話は聞くのですが、成長過程でホルモンを投与することでさらにプラスアルファの能力を得たという面はあるのでしょうか?
もしそうなら、優れたスポーツ選手を作り出すためには成長ホルモンを投与すればいいのではと単純に考えてしまいます。
メッシ選手はすごい選手だと思いますし、批判するつもりはまったくないのですが、単純に疑問に思ったので質問させていただきました。

A 回答 (2件)

メッシは成長ホルモンを投与されてやっと標準の成長ホルモン量に近づいたのです。


いわばマイナスをゼロに近づけただけでプラスにはなってないでしょう。

>もしそうなら、優れたスポーツ選手を作り出すためには成長ホルモンを投与すればいいのではと単純に考えてしまいます。
低身長症などの病気治療目的以外で成長ホルモンを投与した場合ドーピング規定違反です。
また過剰な成長ホルモンは先端巨大症の原因となり四肢以外の筋肉発達を阻害したり
骨をもろくしたり糖尿病やアレルギーを誘発したりと成長に悪影響を与えるだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!わかりました。

お礼日時:2011/12/22 20:45

多分それは関係ないです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ