とあるSF作品で、月がない場合に地球環境はこうなっていたと語られていました。

潮汐は弱くなる。
潮汐は自転に対しブレーキのように作用するが、それが弱くなるため自転の速度が現在より早くなる。(現在の3倍、一日は8時間)
自転による遠心力で重力が相殺される。(-10%)
月明かりがないため夜は真っ暗。
大気は濃密になる。
自転が早いため東から西へ絶え間ない強風が吹きつづける。
その風にあおられ海の波も常に高く荒い。


作中ではこの設定に基づき生物がどんな進化を遂げたかを考察していました。(生物学カテゴリで質問してます http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7206775.html

実際のところ環境にはどんな違いが出るのでしょう?

腑に落ちないのは潮汐と大気。
月がないなら潮汐は弱まるのではなく無くなってしまうのでは?
大気は重力が弱まるならむしろ希薄になるのでは?
大気も地球の自転に合わせて動くのだから、その自転速度が急激に変化しない限りどんなに自転が早くても相対速度は0であり風は発生しないのでは?(自転が早すぎて大気の加速が追い付かない?)


作中では、月はよそからやってきたのが地球の重力圏に捕まったという説が採られていましたが、もし月がない天体に月並みの質量をもった衛星が突然加わったらどんな変化が起こるでしょう?
そして、もし今の地球にもう一つの月が加わったとしたら…?

潮汐や自転速度の変化から相当な天変地異が発生すると思いますが、具体的にはどんなことが起こるのか?
詳しい人の意見を聞いてみたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 地球に月が無い場合の話のようですが、すでに他の星に地球型惑星が数多く見つかっており、地球軌道とほぼ同じ軌道上にも地球よりも大型の惑星が数多く見つかっていますから、それを考えれば説明出来そうに思えます。



 答えを先に言ってしまいますと、月が無い地球は金星のように自転が止まっている惑星になるようです。これは、地球軌道とほぼ同じ軌道上を公転している系外惑星のほとんど全てが惑星の大きさとは無関係に自転が止まっている事実からも明らかなようです。

 月があると地球の自転軸が安定する他、地球の角運動量が月の公転角運動量に変換されて残るので、地球-月系全体では角運動量が失われないなど、地球と月は角運動量の消耗を防ぐ関係にあります。

 月が無ければ、地球は角運動量を熱として宇宙に放散しながら徐々に自転が遅くなり、最後は自転が止まると考えられるようです。

 月が無ければ、地球は巨大地震が起こらない惑星になる可能性もあります。金星や火星では大きな地震が観測されていないからです。

 おそらく、月が無い地球とは、金星のように高温の惑星で、海も無ければ生命もいない、文明も無いという惑星ではないでしょうか。

 月が捕獲された衛星だという説はありますが、捕獲された衛星だとすると、海王星のトリトンのように逆行軌道を公転していなければならず、地球に異常に近い場所に月があるはずで、説明出来ない矛盾が生じるようです。

 月ぐらいの大きさの衛星が、もう1つ付け加わった場合ですが、自然にはありえないでしょう。人工的に加えたとしたら、軌道によって影響が違いますが、地球の自転の揺らぎが大きくなり、巨大地震の頻度が変わったり、生態系を含めて影響が出るでしょうね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自転そのものの維持にも月が必要となると、月がない地球はまったく別の環境になってしまい、質問のきっかけとなったSF作品の根底を覆すことになりますね。
ほかにも出てくる数々の矛盾。

これをどうにかつじつま合わせるウソを考えるか、そのネタは放棄するか、SF作家ってのも大変ですね。

詳しい回答をありがとうございました。

お礼日時:2012/01/15 10:37

>地球内部に熱量の継続的な発生がなければ、地震や火山活動はとっくに治まっているはずです。



地熱の熱源は放射性物質です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地熱+熱源で検索したところWikiにて以下の文にたどり着きました。


地球内部で発生する熱の大半は、天然放射性元素が崩壊する時の熱に由来する。地熱の45から85パーセントは地殻に含まれる元素の放射性崩壊から発生している。
落下した隕石がもともとの地球の構成中に取り込まれるときの衝撃および圧縮の熱。
過剰な重金属(鉄、ニッケル、銅)が地核に沈降していくときに放出される摩擦熱。
地磁気が作る電磁気的効果によって生み出されるジュール熱。

放射性物質の崩壊熱の他にも色々ありますね。
調べるきっかけをくださりありがとうございました。

お礼日時:2012/01/05 13:18

月がどうやって出来たか。

考えられる事は2つですよね。
巨大隕石の衝突によって、ちぎれ飛んだ物質が丸まり月になったか?
別の天体であった月が太陽の公転軌道に乗り、その軌道が地球に極めて近かった為、相対的停止むみたいな形になり、地球の公転軌道に乗ったか?ですよね。
月の公転と速度と自転速度が一致している、というのは、どちらであっても、起こり得そうな気がします。それが決め手にならなければ、月の起源は解らないということになるのでしょう。月と地球は起源が異なる物質で出来ている、などはないでしょうから?
地球に及ぼす月の影響の最大のものは、朝夕力ですよね。朝夕力と言っても、海水を動かす力
だけではない筈です。地球内部のマントルやマグマも動かしているのではないでしょうか。
マグマが動くとどうなるでしょう。摩擦熱が発生する、発生し続けている事になります。
つまり地球は内部まで冷え、個体化することはない、ある時期からは、高温になり続けている。
だから、マントル対流が起こり、地殻変動、地震、火山活動、などが治まることがない。
地球内部に熱量の継続的な発生がなければ、地震や火山活動はとっくに治まっているはずです。
地球む内部で、核分裂が起きているとは考え難いし、重力=圧力 が圧力=熱 
となったとしても、それは =一定 となる形態なのです。
地球は生きている?のでは。
で、月がなくなったら。地球は死ぬ、内部に熱源がなければ、地殻は厚くなり、その下が、底部が
100度。以下とかになると、地殻に浸み込んだ水は上昇して、戻ってくることがなくなります。
リンゴの薄皮程度の海の水は、たちまち?無くなり。生命体は滅びる。環境がどう変わるか、
の話しではないと思いますよ。
月が無くなると、地球環境は安定する、とかの学者もいたようですが?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

環境の安定に寄与していたという説に対する根拠が述べられていましたが、その逆の説もあるのですか。
宜しければその説の詳細を聞きたいです。

地熱のマントルの対流を起こし熱源になるという話は知りませんでした。
月の影響はこういう面にも出ていたのですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/05 13:09

そのSFの想定はおかしいと思っています。


原始地球に火星くらいの大きさの天体が衝突して月ができたという「ジャイアントインパクト説」に基づいているのでしょう。
でも、月が出来なかったということはインパクトの角度が異なっていたのでしょうから、自転周期がそんなに速かったはずがないのではないかと思います。

そうすると、今の地球に月が無いだけと考えると、他の方が書いているように自転の地軸が不安定になり気候も不安定となったと考えられています。
そんな地球の生物は、気候の激変に耐えられるような進化を遂げるでしょう。
そうすると、地上ではなかなか大型の生物は現れないかもしれません。
海洋では比較的大型の生物も存在できるでしょう。

火星のフォボスとダイモスは小惑星が火星の重力圏に捕らえられたものです。
フォボスは、月と違って火星の自転周期より速く公転しています。
そうするとフォボスの角運動エネルギーは火星の自転を加速する方向に働き、将来的に火星に落下すると考えられています。
そんな小惑星が地球の重力圏に捕らえられるとすれば、地球の軌道に交差する軌道で大きなものはないので、地球の気候に影響がでるほどのものはないでしょう。
逆に、月が大きすぎるので、安定した軌道を持つことができず地球に落下するか、再び地球の重力圏から飛び出すかどちらかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、自転の速度も月の発生と関わっていたのですね。
となると確かに月がない環境との矛盾が出てきます。
まだその作品は完結していないので、その整合をつける展開があるのかもしれませんが。


月がないなら生命が発生してもすぐ滅んでしまうような過酷な環境になり、もしそれを乗り越えられるとしたら海しかないのかもしれないし、そのうえで相当に強靭な生命になっていたかもしれませんね。

余所からやってきて地球の重力圏に入ったとしても安定した軌道は難しいですか。
となると、そういう点でもSF作家はうまい辻褄合わせを考える必要がありますね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/05 12:26

地球の自転軸の安定に月が大きく寄与している


というのを聞いたことがあります。

月がなければ自転軸が不安定で気象が安定せず
生物の生存は難しかったらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気象の安定というのも大事な要素ですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/05 12:12

>月がないなら潮汐は弱まるのではなく無くなってしまうのでは?


太陽による潮汐は残ります。

>大気も地球の自転に合わせて動くのだから、
慣性以外に、「コリオリの力」も考える必要があります。
自転周期が速くなると、コリオリの力も大きくなり、ジェット気流、台風など
大規模な「風」が影響を受けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

太陽による潮汐…すっかり失念してました。
コリオリの力…分かったようなわからないような…じっくり勉強が必要です。

回答と思考のヒントをありがとうございました。

お礼日時:2011/12/24 21:31

 地球誕生以来今日まで、月は無数の小惑星の衝突を地球に代わって受けることで、あのクレーター群を表面に刻んできました。


 月が無ければ未だに地球は生物の住めない、もしくは原始的生物しかいない星だったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

月がバリアーになっていたという説もありますね。
確かにあれだけのクレーターを穿った隕石がそのまま地表に降り注いでいたら致命的なダメージは避けられなかったかもしれません。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/12/24 21:23

おっしゃる通り潮の満ち欠けが無くなります。


質問者様がほとんど正解をお答えになられていらっしゃるので、
答え様がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/24 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の自転速度あるいは自転周期の測定方法

3年半ぶりとなる「うるう秒」が2012年7月1日に「午前8時59分60秒」として挿入されると聞きました。現在の1秒はセシウムを元にした原子時計で定義されるということも分かりました。さて、地球の自転周期がだんだん遅くなっているということですが、この地球の自転速度あるいは自転周期のどのようにして計測するのでしょうか?? 詳細ではなくても良いので大体のところをご教示願えれば幸いです。

Aベストアンサー

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年~西暦1200年頃の自転周期の大きな変動の推定カーブが計算されています。http://www.wagoyomi.info/suiko/suiko.html
 
人類の記録が日付や場所、事実かどうか疑問がある時代や、人類が記録を残せない時代については、サンゴなどの成長が縞となって残っている日輪、年輪を調べるのだそうです。地球の公転1回の間に寒暖があると成長記録の縞でそれが残ります。一日の昼夜の成長記録が縞に残ると日がわかります。1年間に何日あったのかを、太古のサンゴやオウムガイの化石の縞で調べるそうです。また、地層を調べると海の潮の干満がパターンで残っているところがあるので、そうした堆積物の状況でも1年の日数を調べることができます。他の観測や事実確認から、公転周期が大きく変わっていないことがわかれば、1年の日数の変化から、1日の時間の変化が推定できるそうです。 http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf114-3/p419-433.pdf (下の図はp11/15にあります)
 
その他にも月の運動を調べる方法で、太古の地球の自転が1日10時間以下だったらしいという推定もあるそうです。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/chishiki/answer06/index.html
「そもそも地球が誕生したころは、自転周期は5時間程度だったと考えられています。6億年前でも約22時間程度で、今よりもずっと早く自転していました。では、どうして地球の自転は遅くなっていくのでしょう。 地球の自転にブレーキをかけているのは、主に「潮汐作用」です。とりわけ月の影響が大きくあります。月は1年に約3cmずつ遠ざかっています。ぐるぐる回る地球の自転のエネルギーを、潮汐作用を通じて月が受けとっているため、月はしだいに遠ざかってしまいます。その結果、エネルギーを吸い取られた地球は、自転が遅くなります。 地球だけに限ってみれば、自転が遅くなるのはわかりやすいといえます。潮の満ち干によって移動する海水と海底との摩擦で、自転のエネルギーが失われます。正確にいえば、地球潮汐(地殻の上下)や、地球の中心の液体核、それに地球の大気と地面との摩擦なども効いています。さらに細かく調べると、地球の自転速度が遅くなっていくペースも一定ではないことがわかってきました。過去の日食の記録による調査からは、地球の気候変動が自転速度に影響を及ぼしていることや、最近の正確な地球の自転運動の研究から、大きな地震の前後で自転速度が変化してしまうことなどがわかりつつあります。」
 
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html
「地球の自転速度は、長期的には、主に「潮汐摩擦」(潮の満ち引きによって起こる海水と海底との摩擦)によってだんだん遅くなっています。 しかし、数年から20年ぐらいの期間で考えると、地球内部にある「核」の運動の変化や、地球規模での水(海水、陸水、氷河)の分布変化などが原因となって変動し、自転速度は、必ずしも一定の割合で遅くなっているわけではありません。 それでは地球の自転はどのぐらいの割合で遅くなっているのでしょう。 19世紀の約100年間の地球の自転による1日の長さの平均が24時間に等しくなるように定められましたが、1990年頃には、地球は24時間より約2ミリ秒(1ミリ秒は1秒の1000分の1)長くかかって1回転しています。1回転にかかる時間が100年間で2ミリ秒長くなっていることになりますので、もしもこの割合がこれからもずっと続くと考えると、5万年で1秒、1億8千万年で1時間長くなることになります。このことはつまり、1億8千万年後には、1日の長さが25時間になってしまうということを意味しています。 しかし、この割合でずっと地球の自転が遅くなり続けるのかどうかはわかりません。現に、2003年現在、地球の自転を観測すると、地球は24時間より約1ミリ秒長くかかって1回転しています。1990年のころと比べると、地球の自転速度は、むしろやや速くなっているのです。」

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年...続きを読む

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q地球の自転速度について

現在の地球の自転速度は23時間56分4秒と聞いていますが、
月の影響で、少しずつ遅く(早く?)なっていると聞いた事があります。

実際にはどの程度の影響度なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLによると,1年に0.000015秒の割合で遅くなっているようですね.ざっと計算すると1億年で25分ほど長くなりますね.

下記によると,10億年後に自転と公転の周期が同じになる(つまり1日=1年)と出ています.
http://www.laublinde.com/a-kagaku/k-03sa.html

いずれにしても,あまり気にしなくてよさそうです.

参考URL:http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/qa_a13.htm

Q地球の自転の速度 一秒

地球の自転の速度は、
一秒間に何メートル進むのですか?
秒速何メートルなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地球は24時間で一周します。360度を24時間なので、秒速0.0041666度ということになります。
地球一周を4万Kmとすれば、赤道上ではを1秒間に462メートル動いてる計算になります。
ま、北極点南極点なら0メートルです。
東京だと北緯35度なので....

Q地球が火星の近くで発達した場合、大気ははどのように変化するか。

あまり、よくわからず困っています。
大気のみ変化する理由だけではなく、全体的にどのようになるのか、詳しく教えて頂きたいのです。
いろいろシミュレーションしてみましたが、説得力のある答えに仕上がりません。
皆様のご意見を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さんからの回答はありますので、考え方の参考コメントまで。

「地球が火星の近くで発達した場合」という想定ですね。クリエータ(創造主)になって考えてみましょう。
主なものは、
1. 生物や人類の生存に適した環境をつくる。
2. 水が必要なので海がいる。
3. 雨を降らすために暖かい大気がいる。
4. 夜をにぎやかにするために月をつくろう。
  月と海で潮汐を起こし、生物の誕生環境を促進しよう。
ぐらいは考えますね。
火星の位置は1.5天文単位だから地球の位置に比べれ太陽からのエネルギー
密度は約半分か、それでは寒すぎるので、厚い大気を作り、少し火山も増やそう海も暖かくするために、海底火山も増やそう、それで大気温度は赤道上空で30度以上になるか。
ということで、生物の生存条件をいかによくするかがシュミレーションで
問われるのではないかと思います。
地球をそのまま持っていっても、条件が違いますのでただ凍りつくだけです。まず新しい生存環境条件を設定して、それを元手にモデル化してみたらどうでしょうか。
参考になるかどうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報