ネットが遅くてイライラしてない!?

「物をもらう」「様式をもらう」「計算機をもらう」等、一般的に口から出る言葉がありますが、これらを丁寧語に置き換えるとなんという丁寧語になるのでしょうか。ご存じの方おりましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

尊敬語や謙譲語じゃなくて丁寧語ですか?でしたら「もらいます」になります。


尊敬語だと「もらわれる」か「おもらいになる」
謙譲語なら「頂く」「ちょうだいする」「賜る」です。
丁寧語だと「もらいます」です。
    • good
    • 5

思いつくままに


戴く、頂戴する、

拝領、拝受 :これらは滅多に使われません
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「欲しい」の敬語

韓国の留学生に尋ねられたのですが
「欲しい」は敬語でどう言うのでしょうか。
「ください」かと思ったのですが、正しい敬語になっていますでしょうか?
それとも「頂きたい」でしょうか??

Aベストアンサー

敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語の4種類があります。

尊敬語や謙譲語は相手や自分の動作に使い、上下関係を明らかにすることで、敬う気持ちを表します。丁寧語は「です」「ます」「ございます」のように丁寧な言葉遣いをすることで、相手へ直接、敬意をあらわすものです。

しかし、「欲しい」は形容詞であり動作を表すものではありません。したがって、そもそもが尊敬、謙譲、丁寧を表現するものではありません。
ただし、美化語であれば使える場合があります。美化語は、「お手洗い」「ご住所」というように使う「お」や「ご」のことです。

美化語では、「お美しい」「お若い」というように特に相手への敬意をこめて形容詞に使う語があります。しかし、「バス」「骨折」「犯行」など使われない単語も多くあります。「欲しい」「赤い」「楽しい」なども使いませんね。
「欲しい」の場合、相手について「ご所望」「ご入り用」「頂戴」と名詞や動詞に置き換えて使うことはあると思います。


もしかすると「て」を前につけて「~て欲しい」という補助動詞の場合のことでしょうか。
その場合でしたら、「ください」は軽い敬意をあらわす丁寧語になります。
「お(ご)~頂きたい」は自分が相手に何かしてもらう場合に限って謙譲語、丁寧語として使えます。
どちらも敬語として正しいと思います。

敬語には、尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語の4種類があります。

尊敬語や謙譲語は相手や自分の動作に使い、上下関係を明らかにすることで、敬う気持ちを表します。丁寧語は「です」「ます」「ございます」のように丁寧な言葉遣いをすることで、相手へ直接、敬意をあらわすものです。

しかし、「欲しい」は形容詞であり動作を表すものではありません。したがって、そもそもが尊敬、謙譲、丁寧を表現するものではありません。
ただし、美化語であれば使える場合があります。美化語は、「お手洗い」「ご住所」...続きを読む

Q「頂く」の謙譲語、尊敬語の使い分け方。

「先生からご説明していただきました」は間違いで、
「先生からご説明いただきました」が正しいと、使っている日本語入力ソフトに指摘されて解説を見たのですが、いまいちよく分かりません;
どなたかご教示いただけると幸いです。
(これはあってるかな。。)

Aベストアンサー

#4ですが、訂正いたします。

「ご説明いただきました」は「ご(お)・・・いただく」という
尊敬表現ですから正しいことになります。
↑これも謙譲表現です。
失礼いたしました。

なお、謙譲表現だからダメということではなく、その動作の
主体を敬う場合は尊敬語を用い、自分(側)の動作をへりくだる
場合は謙譲語を用います。

「ご説明していただきました」は先生の動作に謙譲語を用いて
いるので間違いとなります。

言葉足らずでしたので、補足いたします。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q取りに行くの尊敬語について教えて下さい。

取りに行くの尊敬語について教えて下さい。

明日は都合が悪いので、書類を取りに頂くことが出来ません。

を尊敬語或いは謙譲語にしたいのですが、

明日は都合が悪いため、書類を取りに頂かせてもらうことが出来ません。
明日は都合が悪いため、書類を頂きに上がらせてもらうことが出来ません。

いずれも何か不自然な気がするのですが、
どういう文章を書けば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一応その道の専門家です。

「取りに行く」は、
動詞「取る」と「行く」を助詞「に」でつないだものです。
このように動詞を連続して使用する場合、
最も正しい敬語の用法としては、後に来る動詞のみを敬語とします。
(両方とも敬語にしてしまうと『二重敬語』という誤用になります)

尊敬語か謙譲語か、については、文の主語が誰なのかによります。
(『私』なのか『あなた』なのか、どちらでもない『物』なのか)
この場合は、「私が取りに行く」のですから謙譲語を使用します。

これをふまえて、「取りに行く」は「行く」の謙譲語を用い
「取りに伺う」
「取りにお伺い(を)する」
「取りに行かせていただく」等となります。

では、あなたの文の前文を最も好ましいと思われる敬語に書き換えます。
(あくまでも一例です)
言葉遣いも丁寧に、クッション言葉を入れてみました。

あいにく明日は都合が悪く、
おそれ入りますが書類を取りに行くことが出来かねます。

あいにく明日は都合が悪く、
残念ながら書類を取りにお伺い致しかねます。

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q「寄贈」と「 贈呈」の言葉の使い分け。

「寄贈」と「贈呈」の言葉の使い分けについてです。

意味はさほど変わらないとは思うのですが

どういう立場で使い分けることができるのか

教えてください。

Aベストアンサー

「寄贈」は、相手との関係が対等、または、格下。そして、あるいは、迷惑になってしまう可能性があるもの。例えば、公園内の遊具は、お年寄りの通行の邪魔になる可能性があります。

「贈呈」は、相手が格上、または、尊敬に値する間柄。で、迷惑にはならず、必ず入用なもの。例えば、研究者が先輩教授に贈る場合とか、テーマ対象が同様である同僚に贈る「献本」は、こちらになります。

Q「~していただきまして、ありがとうございました」

日頃お礼状などを書く際に「~して頂きまして、ありがとうございました」と書いていたのですが、
正しい日本語でしょうか?「~して頂き、ありがとうございました」の方が適切でしょうか?
またその際、「いただき」「頂き」と、ひらがな漢字のどちらにするかいつも悩みます。


少し気になったので教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/pdf/kunreibesshi_h221130.pdf
================引用開始
・・・かもしれない(間違いかもしれない。)
・・・てあげる(図書を貸してあげる。)
・・・ていく(負担が増えていく。)
・・・ていただく(報告していただく。)
・・・ておく(通知しておく。)
・・・てください(問題点を話してください。)
・・・てくる(寒くなってくる。)
・・・てしまう(書いてしまう。)
・・・てみる(見てみる。)
・・・てよい(連絡してよい。)
・・・にすぎない(調査だけにすぎない。)
・・・について(これについて考慮する。)
================引用終了

 No.5で回答した者です。
 No.5の〈■補助動詞の表記〉の項に当方の勘違いがありました。
 下記のように修正します。申し訳ない。

■補助動詞の表記
 表記の問題ですから、どちらでも「間違い」ではありません。 
 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。
『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。おそらく、本動詞の「...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング