医学部の学士入試と修士入試はどうちがうのでしょうか?学士の方は医師免許がとれて、修士の方はとれないということだけでしょうか?研究がしたいので、医師免許はとれなくてもいいと思っているのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般に医学部の学士入試というのは、6年制の医学部医学科に途中編入することを指すと思います。

つまり、医師免許を取る予定で入学するということです。一方、修士入試は、医学部の大学院に入学することではないかと思います。医師免許が不要とのことでしたら修士入試でよいのではないかと思います。

学部に編入するか、大学院に入るかということで、実際は内容も全然違います。学士編入であれば、医師になる勉強やトレーニングがありますが、大学院に入った場合、基礎医学の科目はあるとは思いますが、医師になるわけではないので、臨床医学を学ぶことは少ないと思いますし、病院実習などの臨床トレーニングはありません。
    • good
    • 0

学士入学は単に「大学卒」の人が踏む手続きであって、普通に医学部に入学するのと同じだと考えていただいていいと思います。

阪大とか東海大とか有名ですね。ですので6年課程(学士入学なら一般に5年)の医師免許が取得できるような方向になりますね。それに対し修士課程、すなわち医科学研究科とか医学系研究科は医学部卒業者ではない大学卒業者を対象にした課程ですね。つまり医学の研究者を養成するのが主旨です。ですから修士課程に進まれた方がご希望に添うようですね。ただ入学にはそれなりのしっかりした研究したい分野と内容・将来の展望、大学で学んだ、それ基本的に何でもいいはずですがそれをどう活かすのかの意思が明確でないといけないでしょう。筑波大とか慶応大とかにありますよね。医師免許は研究に必要ないかといえばそれは必ずしもそうではないですね。分野によってはあった方がいい場合もあるかもしれません。それはしかしケースバイケースで具体例は挙げにくいです。
学士入学はそれまでの経験を活かして臨床医を目指すという目的がありますが医学部に入学するのと同じ、修士課程は医学部卒業者ではない人が、単に医学の分野の経験・知識に固定されないで、様々な分野の知識・経験を医学の研究に役立ててもらえるよう設置されている、と言うことですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私大大学入試問題の作成と得点率における質問

こういうことを、受験する側の学生が知らなくてもよいことなんですが、疑問に思っているので質問します。

私大の入試問題は、どういった人が作成しているのでしょうか。大学の先生が作っているのでしょうか。
また、そうであるならば、学部ごとに多少の問題形式の差異がありますが、それぞれ別の先生が作成していると考えてよいのでしょうか。

あともう一つ質問があるのですが、関西の難関私大の問題は、だいたい各科目何割の得点をすれば合格圏でしょうか。

どちらか一方の御答えでもよろしいですので、お願いします。

Aベストアンサー

>私大の入試問題は、どういった人が作成しているのでしょうか。

 私が大学生のとき、丁度研究室の先生(当時
助教授)が入試問題作成の担当になりました。

>あともう一つ質問があるのですが、関西の難関私大の問題は、だいたい各科目何割の得点をすれば合格圏でしょうか。


 それはどのの何学部かはっきりさせて、
大手予備校の受験相談会なんかで
聞くと、具体的に聞けるかもしれません。

 具体的な傾向はそれぞれ違うはずですが、
60~70点を合否の境になるように
毎年の傾向から受験問題を作って
いるはずです。

 ただ仮に70点としても
単純に平均で70として考えている
ところもあるでしょうし、
全ての科目の点数が60点以上で
平均70点以上と考えている
ところもあるでしょう。

Q基礎医学研究者になるために医学部医学科に進学することについて

唐突ですが、基礎医学の研究をしたくて国立医学部医学科に入ることで何か注意点などがありますか?
私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。
ただ周りの9割以上が臨床医希望の人で研究への情熱が湧きにくいとかがあるのかなぁとふと思うことがあります。
また、私は臨床医として働くことは考えていません。(但し医療分野には興味はありますが…)

医学部生の先輩方や医療従事者の方、またはこのような事情に詳しい方の意見を頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由を教えていただけませんか??
私はそんなことはないと思います。寧ろ本当に再生医療しかやらないのであれば、医師養成課程を卒業するのは遠回りすぎます。医学科って学生の間には研究するカリキュラムになっていません(卒論はなく卒業試験、研究室配属もなし)。もちろん自主的に研究室に出入りする学生はいますが、その人たちはほとんどが基礎医学にも興味がある臨床志望の学生です。医師になる上で興味のある基礎医学分野を学生のうちから深く学ぼうとする学生です。

一番現実的な道は、理学部や農学部の生命科学系の学科を出て、京大の医系大学院に入ることだと思います。

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由...続きを読む

Q都立高校、自己作成校入試対策

現在、塾で非常勤講師のアルバイトをしているものです。

中3数学担当で、都立高校(共通問題を利用する高校)を受ける生徒と自己作成校を受ける生徒をもっています。
どちらも生徒も塾で手に入れられる古い過去問(15~18年度)は終えてしまい、19年度以降は自主的に生徒が終わらせている状態です。
教室長(中3英語担当)からは、「それなら都外や私立の過去問をしろ。自己作成校は受けない自己作成高校でもいいからやれ」と言われたのですが、都立高校と県立高校の入試の傾向や難易度が異なるのに、やらせるべきなのでしょうか(ちなみに、私はV模擬やW模擬の過去問をやらせようと思っております)。
また、たとえば国分寺や八王子東を受ける生徒に、他の自己作成校の問題を解かせる方がいいのでしょうか。
小さい塾で、あまりにも演習教材がなくて困っています。

Aベストアンサー

アルバイトとはいえ、同業他社の先生にに具体的なアドバイスをするのはさすがに気が引けるので、アプローチの仕方だけを。

教室長のアドバイス(指示?)に納得できないのならば、そう言えば良い。納得できる返答を得られるかもしれない。納得できなかったら、自分の思うやりかたで進めてみるとよい。それでうまくいかなかったとしても経験は得られる。どちらにせよ、まずは自分で解くことからはじめよう。1教科なら30分とかからないでしょう。

ちなみに「自校作成」です。

Q医学部の、学士、修士、について

医学部は6年間だと思いますが、その6年間すべてを終えて初めて学士となるのでしょうか?
それとも、一般の学部と同じで4年住めば学士、5年目から修士となるのでしょうか?
初歩的な質問ですみません・・・。

Aベストアンサー

No.2です。再度お邪魔します。
No.1の方へのお礼の文を拝見して、ご質問の理由がわかりました。
No.4さんのおっしゃることと同じことなのですが、実は医学部の大学院にも修士課程がある所もあります。
これは医学部医学科(つまり医師を養成する学科)以外の大学卒業生(たとえば理学、薬学など、4年制の学部卒)で、基礎医学を専攻したい人を対象にしています。
基礎医学というのは、生理学、生化学、薬理学などで、こういう分野は医師免許がなくても研究できます。
したがって、23歳で医学部の大学院生というのは、あり得ます。ただし、No.3の方がおっしゃるように、医師免許をもつ方ではないと思います。

蛇足ですが、医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。(ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)したがって、「医学博士」の学位をもっている人でも「医師」でない人もいます。

Q伝票って誰が作成しているのでしょうか?

伝票って誰が作成しているのでしょうか?

つまり、営業の費用なら営業が伝票は作成して、経理にあげてくるのか、それとも、その営業の費用の領収書なりを経理に提出して経理が伝票を作成しているのでしょうか?

Aベストアンサー

伝票にもいろいろあります。
納品伝票・注文伝票などから、経理のための会計伝票があるでしょう。

質問は会計伝票でしょう。
会計伝票の作成は、通常経理が行うでしょうね。
営業の費用などは、営業担当者の作成する精算書や費用支出時の領収書などで現金などを管理する者と現金などで精算を行い、その結果、経理担当者が会計伝票を起こすこととなるでしょう。

もちろん、社内のルールによりますので、営業などが作成しても問題ないでしょう。ただ、そのような場合を想定して、会計伝票の多くには、決済欄があります。決済欄に作成者や承認者の捺印を押すことで、わかりやすくするでしょう。そうしなければ、後々の責任問題などにも影響しますからね。

小さい規模の事業所の場合には、取引内容のわかる資料から伝票の作成、各種帳簿の作成から決算などの一連の経理作業なども税理士事務所などが行うことも多いでしょう。

Q医学部を卒業すれば医師免許取れるの?

 どんな大学でも医学部であれば卒業すれば、医師免許を取得できるんでしょうか?

Aベストアンサー

医学部にも保健体育学科等があり、医学部医学科を卒業すると、医師国家試験の受験資格ができます。

医師国家試験に受かると、研修をして、本格的に医師として仕事ができるようになります。

大学院で医学系研究科を出ても、医学博士を取得しても医師にはなれず、学部卒業の国家試験合格または、海外で医師免許を取得し、国家試験を受けて合格すると医師免許が登録できます。

つまり、医学部に在学し、修了または卒業しても保健体育学科ではだめですし、大学院だけでは医師免許は取得できません。

Q作成者「keisuke kaminaga」って誰?

wordで文章を作成し、CDに焼いて別のパソコンで開いたのですが、
ふと作成者を見たら、「keisuke kaminaga」と書いてありました。
しかし私は、カミナガケイスケではありません。
これは誰ですか? みんなそうなるものなのですか?

Aベストアンサー

> みんなそうなるものなのですか?

他者が作成したテンプレートなどを使って作成した文書では他者の名前が表示されます。
下記URLのページのように、文書を作成する時、他者の名前で作成することも出来ます。

「文書の作成者名を変更する」
http://office.microsoft.com/ja-jp/word-help/HA010024061.aspx

Q国公立大学の医学部医学科で、一浪でも公募推薦入試やAO入試など、前・後

国公立大学の医学部医学科で、一浪でも公募推薦入試やAO入試など、前・後期の一般入試と異なる選抜試験を受けられる大学はありますか?
ちなみに東京都在住で東京の私立高校を卒業したので、一部の地域枠等は受験資格が無いと思います。

私立大学の医学部に行く財力はないため、1つでも多く国公立の医学部を受けるチャンスがほしいのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大分大学医学部医学科のAO入試は「平成21年3月以降に卒業した者及び平成23年3月卒業見込の者」と書かれているので該当すると思いますよ。
ほかにも探せば多分あるでしょうが、それはご自分で大学のサイトを探して下さい。

忠告しておきますが、AO入試は面接やらなんやらと秋頃からかなり時間を取られることもあり、一般との併願は精神的にも学業的にも結構厳しいと思います。
チャンスは増えるでしょうがその分学力が中途半端になって1回1回の合格可能性が低くなることだって十分あります。
(去年受験生だった医学部生の助言として小耳に挟んでおいて下さい。)
財力が問題ならば、完全にタダの自治医科大学や防衛医科大学、若干高くなるが産業医科大学などと言う選択肢もなきにしもあらず。

頑張って下さいね。

Q学校のホームページは誰が作成・更新しているのでしょうか

学校のホームページは誰が作成・更新しているのでしょうか

いつもお世話になっております。
学校のHPは誰が作成・更新しているのか
ふと疑問になりました。

先生、事務職員、業者、生徒・・・
色々と考えられるのですが、やはり先生や生徒が一般的で、
事務職員や業者は関係していないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

どこの自治体もお金がないので、教育に予算はかけていられません。
そのため業者にHP作成・管理を依頼するということはあまり見られないでしょう。

基本的には教員が作成をしていることが主ではないでしょうか。
また、先の回答者様の通り、一部のページ(例えば保健関係は養護教諭
児童のクラブ活動の様子などは運営委員会、インフルエンザ情報などは
自治体からの通達後に管理職が、等)が作成していることはあるでしょう。
事務の先生が、というのは周囲ではあまり聞きませんね・・。
(もしかしたらあるかもしれませんが)

加えて教員の中でも情報機器に比較的なじみがある
視聴覚情報担当の教員が作成していることが多いかなとも思います。
ただ、HPに時間を取られるわけにはいかないので、
最初のレイアウトを作ったら、あとは月一とか学期で一回とかで
更新する・・・、といった感じでしょうか。

Q国立大医学部(医学科)の、いわゆる選挙の「1票の格差」ならぬ推薦入試の「1枠の格差」!?について

地方の国立大学の医学部医学科で一般推薦の他に、地元の高校から毎年10人程度地域枠推薦(卒後資格取得後、僻地医療が何年か義務として課せられます)を取ります。

5教科7科目センター試験付なので、数学や理科といった科目は必然的に高校の理系クラスや理数科といったクラスに在籍していないと(数学III, 数学A及び数学Bを, 物理II, 化学II及び生物IIのうちから2科目以上が必須)センター受験することは不可能と思えるのですが、今年県内のかなり田舎の(失礼!)小規模高校(公立)から2名合格者が出ました。
詳しく調べてはいませんが、その高校は普通高校でもいわゆる都市部の進学校ではなくおそらく理数科といった理数系専門のクラスも無いと思います。
では、どうして受験科目的に不利な高校から2名も合格者が出たのでしょうか?
はっきりいって残り8名の枠に県内上位進学校のしかも優秀な生徒が殺到するといわゆる選挙の「1票の格差」ならぬ推薦入試の「1枠の格差」だとも思えるのですが・・・このあたりどうなんでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自治医科大学のような制度が、国立大学でも導入されましたね。さしせまった高齢医療は無視できませんので、とても良い制度だと思います。
さて、合格の理由ですが、A.No1様のご名答に付け加えさせて頂くならば、無名公立高校ならではの、高い内心点も合格理由として挙げられるのではないでしょうか。
内心点制度は相対評価に基づきますので、名門高校の中では平均レベルの実力・内心点の生徒でも、地方の無名高校に在籍しているならば、最上位の実力・満点に近い内心点をとれる可能性があります。

医師に求められる能力には、学力以外にもたくさんあると思います。
推薦・AO入試等は、一般入試制度とは目的を異にし、学力以外の能力を評価する目的で始まった制度とも考えられます。
よって、これを格差と表現することは、適切ではないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報