[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

ノルマン・イングリッシュ以前の英語(古英語)への翻訳サイトを教えてください。もちろん英語→古英語で結構です。

また、「英古語辞典」のようなものは国内で出版されているのでしょうか? ご存知でしたら教えていただきたく思います。

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>þancian pu・・・で、いいのかなあ



þance þe ですね

あと、英語版 Wiktionary もある程度使えます
http://en.wiktionary.org/wiki/Wiktionary:Main_Page
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのレス、þance þe・・・ですね(汗)。

重ねて、ありがとうございます。

お礼日時:2011/12/28 23:00

古英語(Old English)は別名アングロサクソン語(Anglo-Saxon)と言います。


オンライン版辞書がここにまとめられていますのでご覧ください
http://www013.upp.so-net.ne.jp/HEL/links/diction …
ダウンロードできるものもあります

国内の出版社が出している紙の辞書はおそらくないはずです。海外の出版社のものはいくつかあります(例:http://www.amazon.co.jp/Anglo-Saxon-Dictionary-M …

#1の方も挙げている翻訳サイト
http://www.oldenglishtranslator.co.uk/
Modern - Old もできますがあくまで語レベルです。短文でも翻訳できません。ただし、語形変化の詳しい表が出ます。Old-Modern はともかく Modern-Old では文の自動翻訳はなかなか難しいことが予想されます。古英語という時期の中にも変遷や地域差があり綴りも一つに決めらず、現代英語のようなスタンダードが決めにくいことがあります。

文法の入門書は国内でもいくつかあります。一通り学んでおかないと上記辞書も使えません。

古英語・中英語初歩 市河 三喜、 松浪 有
古英語の初歩 (英語学入門講座 (第4巻)) 近藤 健二、 藤原 保明 など

自分は「古英語・中英語初歩」の旧版を持っていますが概要を知るには便利です。語形変化特に動詞は少々物足りないところがあり(中英語も扱っているため削らざるを得ないからと思われます)、古英語に絞った「古英語の初歩」の方がいいかなと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

þancian pu・・・で、いいのかなあ。
ありがとうございます。

「コンサイス」が有るんですね。文法書ともども手に入れたいと思います。とはいえ、私は学究の徒ではないので、単語がわかればいいかな…と。

>変遷や地域差があり綴りも一つに決めらず スタンダードが決めにくい
なるほど。

I'm thankful to you for your advice

お礼日時:2011/12/28 18:44

1。

  下記のような翻訳サイトはあるのですが方向が逆で申し訳ありません。
    http://www.oldenglishtranslator.co.uk/

2。  辞書の方は未完ですが下記をご覧下さい。
    http://home.comcast.net/~modean52/oeme_dictionar …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

þancian pu・・・で、いいのかなあ。
ありがとうございます。
活用させていただきます。

お礼日時:2011/12/28 18:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古英語と中英語

古英語と中英語の特徴と違いを教えてください。

Aベストアンサー

 何から何まで違いますというのが適切かもしれませんが、これだけでは回答としてあまりに不親切だと私も思うので、両言語の(...どっちも英語なんだけど)感覚的外形、具体的には「現代英語を知っている人が古英語・中英語のテクストを読んでみた感じ」を述べてみます。
 古英語:字面を見る限り、ドイツ語かオランダ語の変種にしか思えない。実際、英語以外のゲルマン語(上記以外にデンマーク語やアイスランド語を含む)の話し手ならば、素人でも古英語文の解釈が大体できるとかできないとか...。
 中英語:字面を見る限り、近代英語とそう違わない。ただし大母音推移の前なので、読みは全く異なる(たとえばABCDは「アーベーセーデー」)。ちょうど、古典ギリシア語とカサレヴサ(現代文語ギリシア語)の関係だ。
 もっと学問的な回答については、専門書か下記URLに譲りたいと思います。

参考URL:http://www.infoaomori.ne.jp/~sakamon/eigoshi.html


人気Q&Aランキング