オンライン健康相談、gooドクター

30前半女ですが、年をとる度に自分の心が汚くなってる気がします。

自分でいうのもなんですが…20代の頃は、よく素直や心が綺麗など言われてました。

思い返してみると、自分でも心が純粋だったな…と思います。
その分人に騙されたりもしました。
からかわれキャラなところがありましたけど、何とも思わなかったです。

30過ぎたあたりから、変なプライドが高くなったというか、人の心の裏を読む、人の好き嫌いが激しくなる、気にいらなかったらさりげなく冷たくしてしまったり、冗談でもからかわれたりするとバカにされてる気がし、本気でムカつくのです…。
人間関係も、ギクシャクしてしまいます。

こんな汚い自分に嫌気がさし、自己嫌悪に陥ってます。

一度こうなってしまったら、もう昔の純粋な心を持った自分に戻る事はできないのでしょうか…。
なんか自分に疲れました。

gooドクター

A 回答 (5件)

汚い自分に気付けるってことは


まだまだ綺麗になれると言うことじゃ無いでしょうか

自分がやってる事、言ってる事がどれ程きたないことなのか分かってない他人もいます
酷い場合は、ソレを正義だと信じて疑わない他人もいます、対した根拠も無しに


自分で自分が嫌になった時、喜ぶべきですよ
自分で自分の酷さを認めれるということは
心が綺麗な証拠だと思います
それに多少汚い自分がいた方が
自分を守る事も出来ます

昔のように純粋な心では生きにくいと思います
純粋である事を諦めた人間ばかりだからです
諦めただけの人達だけならいいんですが
もはや人間は、ある意味「純粋」であることを
悪とみなしてます、自分が正になりたいが為に
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます。

お礼日時:2012/02/25 10:16

実はそんなに変わっていないんだと思う。


今でも貴方の中には純粋な部分はある。
ただ、
そういう自分を気持ち良くプロデュースしていけない「今」がある。
貴方も人生経験を積み重ねている。
30を過ぎて、
何となく勢いで暮らせていた20代からの変化がある。
良い意味でも悪い意味でもね。
良い意味では落ち着きが出てきた。
経験値が貴方の行動や対応に活かされるようになってきた。
実は貴方が20代で感じていた純粋さというのは、
色々な事を知っていく「段階」だったからなんだよね?
知らない事も沢山ある。
吸収出来る事も沢山ある。
貴方はそれに対して、
一々踏み留まって意味を付けようとはせずに。
流れの中で、日々の積み重ねの中で柔軟に受け止めていた。
それが今から思えば「純粋」だったと。
今の貴方にも純粋さはあるんだよ。
ただ、経験が邪魔をしてしまう事もある。
周りが以前より見えるようになったからこそね。
貴方の周りの人間関係も変わって来るでしょ?
流れの中で、
無地のキャンパスに色を自由につけていける若い時期から。
今度は自らが経験という「彩」を発揮していく段階に移行している。
貴方はそのプロデュースにやや苦戦しているんだよ。
自分の素直さや無垢さだけではやっていけない部分もある。
相手の色を取り入れていける「ゆとり」があれば良いけど、
良くも悪くも相手に染まってしまう事もある。
影響を受け過ぎてしまう事もある。
心が汚いというよりは、
貴方という色が混ざって暈されているんだと思う。
30代になった貴方は、
これからいいなと思える自分自身を見つけていく。
そのいいなと思える「色」が貴方の中でまだハッキリしていない。
していない状態で、他の影響を受けてしまう事で。
貴方の「色」が混濁している。
でも、それは汚いのとは違うでしょ?
改めて、
貴方自身がどういう自分になっていきたいのか?
どういう自分を良いなと思えるのか?
その為には、今の私から何が必要なのか?
それを丁寧に、「落ち着いて」考えていく事が大事なんじゃない?
それが貴方の「色」になる。
貴方が貴方として存在している限り、
貴方の色が無くなる事は無いんだから。
貴方に必要なのは時間を戻す事では無くて、
「今」の貴方としてオッケーを出せる自分を創り上げていく事。
純粋な自分自身も心地良く発揮していけるようになる為にも、
相手の中にもある純粋さを丁寧に感じていける「ゆとり」が大事。
貴方「だけ」が持っているものではないから。
その人にはその人の「個性」があるから。「彩」があるから。
向き合う相手に対して丁寧に対応していく事。
先入観を持ち込まないで、
今の、目の前の相手を丁寧に感じていく事。
お互いに不安定な部分もある。不完全な部分もある。
その中で人間関係は廻っているんだからね。
改めて、自分を大切に。
貴方と関わりのある、貴方を支えてくれる周りの人たちを大切にね☆
    • good
    • 0

そうして自分を省みて悩めるなんて、何て素直でピュアな人なんだろうと感心しました。

どうぞ今のままで。
    • good
    • 0

それは心が汚くなったのではなく,経験から学習されたのです。


「素直で心が綺麗・純粋」とは,言い換えれば「馬鹿でカモられ易い」ということです。
30歳を過ぎれば,自分や自分の守るべき存在(子どもなど)のために知恵が必要です。
貴女はそれを獲得されてきたのです。
「心が汚れている」とは,自分の利益のために他人を騙して不幸にすることに何の躊躇いも無いことでしょう。そんな人は「自分の心が汚れている」など考えることもないでしょうが。
悩んだり自己嫌悪に陥ったりするのは,貴女が優しい人だからですよ。
    • good
    • 0

それが大人になった証拠ではないでしょうか?


子供の頃は、純粋に自分の心に素直に行動できましたが、人間関係が出来てくればそれなりに建前で行動せざるをえなくなります。

20代までピュワでいられたほうが珍しいでしょう(良い意味で)
だから、心が汚れたのではなく社会に対応するようになったのででしょう。
通常もう少し早い時期に対応していくのに対し、少しゆっくりなために他人に対してきつくなっているのでしょう。

純粋な時代には戻ることは出来にとは思いますが、行動を起こす前に相手の気持ちを考えてから行動すればやさしく出来ると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング